FC2ブログ

チャンピオンズカップ’18 展望

SS様 「リッジマンがステイヤーズステークスを勝ったぞ」
まっく 「それがどうした」
SS様 「庄野厩舎だぞ、長距離でも勝てるぞ(ウリウリ)」
まっく 「いや、目黒記念勝ってるし、スワーヴリチャードのJCだって3着に健闘してるじゃないか」
SS様 「まあいい、今はダートの話をしないと、本命は」
まっく 「ケイティブレイブ」
SS様 「離された二番人気やぞ」
まっく 「何をおいても前走JBCクラシックの勝者、しかも地方でなく京都開催で勝っている」
SS様 「二番手は」
まっく 「ルヴァンスレーヴと言っちゃうと、アンカツさんの予想そのままになっちゃうので、無理やりひねってオメガパヒューム、こっちも3歳でデムーロ鞍上じゃ、弟だけど」
SS様 「三番手は」
まっく 「こっちもJBC組だし、アンジュデジール、何か一発ありそうだし、ノリさんだから」
SS様 「四番手は」
まっく 「ルヴァンスレーヴ、さすがに無印にはできない、ただ、G1勝てないとかつて言われたファンシミン系だけに、そこが不安」
SS様 「五番手は」
まっく 「パヴェル、向こうでもG1勝ってるし、ドバイ遠征でも4着に入ってる、砂競馬に対応できれば本場の格を見せるのでは」

ジャパンカップ’18 展望

SS様 「レイデオロがいない、去年2着馬が出馬登録していない」
まっく 「東京大好き、長距離は無意味と言うくせに2400mは大好きと公言する藤沢先生が使わない」
SS様 「その理由はおそらく」
まっく 「ルメールを先にアーモンドアイ陣営が確保したから」
SS様 「大嫌いと公言する中山の有馬記念(クリスエスやロブロイは使って勝ってるんだけど)を使わざるを得ないと」
まっく 「ノーザンファーム内部の主導権争いもあるんでしょうよ」
SS様 「で、そのアーモンドアイ、お母ちゃんのフサイチパンドラも掲示板に載ってるからまず大丈夫だな」
まっく 「あの差し脚はロードカナロアでもなく、キングカメハメハでもないと、君の子供、一番近いのがディープインパクトらしい、ただ、切れすぎるのがどうでるか」
SS様 「ジェンティルドンナよりも切れるからなあ」
まっく 「中団からだと進路がふさがる危険性もあるんで、差して届かずの危険性もあるので連軸までで」
SS様 「じゃあ、本命は?」
まっく 「デムーロ兄弟のどっちかなんだよね、スワーヴリチャードは天皇賞での大やらかしがあるんで連覇まで考えてシュヴァルグラン」
SS様 「現に去年勝ってるからな、三番手は」
まっく 「キセキ、極悪馬場専用機のイメージをようやく脱しようとしているし、前々で立ち回れるのが主導権を握れそうなので」
SS様 「四番手は」
まっく 「サトノダイヤモンド、スランプを京都大賞典で脱したし、ディープインパクト産駒お得意の府中だし」
SS様 「五番手は」
まっく 「スワーヴリチャード、無視はできないでしょう」
SS様 「外国馬は?」
まっく 「イタリア競馬が崩壊して、金稼ぎの場としていたドイツ馬がアゴアシ付きだから来てたのだけど、JC招待の基準となるバーデン大賞典でイギリス馬に負けちゃって今年は来ようが無いらしい」
SS様 「カプリは?アイルランドダービー勝ってるんだけど」
まっく 「このクラスの馬をナショナルハント(日本で言うと障碍レース:大昔はそう書いてた、最近この表記が蘇るとは)の種牡馬に回すのは忍びないし、去年、アイダホでも掲示板に載れたという自信があるのかな、でもよほどの消耗戦でない限り、勝ち切るのは難しいでしょう、もう一頭はどうでもいいや」

高度成長の夢なんか見てどうするんだろうね

前評判圧倒的有利(相当アフリカ諸国に金をまいた)だから、負けることはないだろうとは思っていたし、舞洲夢洲咲洲が荒れ地でなくなるし、うれしくないといえばウソになるんだが、橋下一派がデカい面してしゃしゃり出るわ、マスコミが提灯持ちしかしなくなるわ、関西電力が妙なCM流してるわ(電気事業連合会の洗脳CMはマシだが裏はある)、いろんなものを建設しようと企むだろうし。
東京オリンピック(モントリオール以来の派手な借金はともかく、感動の押し売りになること請け合い)の二の轍を踏むのかねえ。

マイルチャンピオンシップ’18 結果分析


まっく 「前半1000mが58秒8、ややスローペースで逃げるアエロリットにはおあつらえ向きなペースだったが」
SS様 「直線たれて12着」
まっく 「スタートでねえ、内からスティルヴィオ、アルアイン、ロジクライ、ウインブライトと飛び出していったからねえ」
SS様 「ロジクライは見事に後退(14着)してしまったが」
まっく 「外人騎手が馬を知り尽くしてないのが理由じゃないし、それじゃあビュイックが勝ってる理由がわからない」
SS様 「アルアインのすぐ後ろを追走して直線内から抜いていったんだよね」
まっく 「で、2着に中団から伸びたペルシアンナイトが入ってるから、Cコースになって、内有利になってるのかもしれない、冬競馬みたいに」
SS様 「同じように人気背負って13着に敗れたモズアスコットは?」
まっく 「4コーナーで接触があったとはいえ、スタート時点から興奮してたからねえ」
SS様 「エキサイトしすぎて、消耗してたこともあるのか」




マイルチャンピオンシップ’18 展望

とりあえず予想だけ 外人買ってたら3着内に2頭来るだろうし、豊さんはノースヒルズではちょっと辛い
本命 モズアスコット
対抗 アエロリット
三番手 ロジクライ
四番手 アルアイン
五番手 ペルシアンナイト

清書はお昼に

エリザベス女王杯’18 展望

 べが 「アーモンドアイはジャパンカップに行っちゃったんだけど」
ほべが 「格上格上と戦ってゆくのも価値を上げる方法だし、間隔を開けたいのと、中2週で二度の上洛はきついと」
 べが 「では、今年の本命は」
ほべが 「カンタービレ」
 べが 「直前までモズカッチャンの連覇と考えてたんじゃ」
ほべが 「リピーターが来るレースなんだけど、今の京都は瞬発力勝負になりそうなので、ディープインパクト産駒のほうが来そうな気がして」
 べが 「じゃあ、対抗は」
ほべが 「ここでモズカッチャン」
 べが 「三番手は」
ほべが 「リスグラシュー、惜しい馬はいつでも惜しい、エタリオウがそう言ってた」
 べが 「四番手は」
ほべが 「ノームコア」
 べが 「本当は切りたいんでしょ、でも今のルメールならロバでも勝てそうだし」
ほべが 「トライアルだけ使って本番出てこないという滅茶苦茶なローテーションだけにねえ」
 べが 「五番手は」
ほべが 「スマートレイアー」
 べが 「8歳牝馬よ、もうさすがに」
ほべが 「ディープインパクト産駒だからね、でも先行しちゃうような気がするけど」
 べが 「豊さんと外人騎手騎乗ばっかりね」
ほべが 「ノーザンさんが日本人騎手に見切りをつけてるからね、ノリさんがJBCで『関東の騎手、ここにいるぞ』って叫んでたけど」

仏教国、タイでの葬儀とはいえ

イギリスでの葬儀に続き、タイでもヴィチャイ氏の葬儀が行われ、王族の内親王、いや、姫君も参加される少々堅めの葬儀となったが、イギリスでの別れの会同様、レスターの選手たちもはるばる参列した。

悲しい、ただひたすらに悲しい

死亡した5名は、ヴィチャイオーナーと秘書?を含むスタッフ、正副操縦士であった。キングパワースタジアムの入り口脇は花束やレプリカジャージで埋め尽くされている。
ここまで愛されたオーナーはいるのだろうか。BBCが書いたように「2010年代のおとぎ話」だったのかもしれない。

最新鋭機の信じられぬ事故

レスターの悲劇

いつもと同じようなプレミアリーグの試合。レスターシティはアゲンストの展開ながら、後半遅くに岡崎を出し、終了間際に追いついてウエストハムと1対1で引き分ける。試合終了後、いつものようにピッチからヘリが飛び立ち、解説者たちはテレビカメラの前で試合を振り返っている。
その直後、スタジアムを交わしたあたりでヘリはバランスを失い駐車場へ墜落する。GKのシューマイケルが大声をあげながら現場へかけてゆく。いつもなら、いつもなら、ロンドンへ戻るレスターのヴィチャイオーナーが乗っているはず。
90年代に空港の免税店、キングパワーを設立、そしてバンコクに進出、2010年、レスターシティを買収、2015-16シーズン、賭け屋の倍率5001倍(1989年のエリザベス女王杯でのサンドピアリスの単勝倍率が430倍だから、いかにあり得ないと予想されていたかである)でプレミアリーグを制してしまったのである。その後もマメにレスターで観戦していたのだが、今回の事故に同乗していた可能性が高い。

天皇賞(秋)’18 展望

SS様 「ワグネリアンが出てこないが」
まっく 「ツキが全部失われてますからねえ、9月の地震でお母さん亡くしてるし」
SS様 「三世代のダービー馬が激突するといっても、こいつら菊花賞すっ飛ばしてるし」
まっく 「ワグネリアンは明らかにスタミナが無さそうですが」
SS様 「使い方がおかしかったのはレイデオロくらいだよ、さて本命は」
まっく 「左回りの鬼、スワーヴリチャードです」
SS様 「安田記念は余計だったけどな」
まっく 「この距離なら大丈夫でしょう、菊花賞で競り負けたミルコの意地が京のスワンステークスで炸裂しましたが、武蔵野でも見せてくれるのでは」
SS様 「相手は」
まっく 「ミッキーロケット」
SS様 「穴っぽいな」
まっく 「アルアインはマイルのほうがいいし、キセキは戻り切ってない、おまけに調教師のやらかしがまだ尾を引いている」
SS様 「レイデオロは?」
まっく 「ミルコが競り負けそうなのと、先週の追切がやらかしたので五番手くらいで」
SS様 「じゃあ、三番手は?、マカヒキは評価してないところを見ると」
まっく 「サングレーザーで、みんな札幌記念を評価してませんね」
SS様 「四番手は」
まっく 「消去法的にヴィブロスで、女王杯使わないんですから」

嘘だといってよ

嘘だといってよ
嘘だといってよ
嘘だといってよ
同級生の和田豊のようには生きられなかったのか
こおろぎさとみさんも渡辺久美子さんもずっとがっくりきてるだろうな

NHKの実写版の「昭和元禄落語心中」を見て、TBSのアニメ版は音響監督の辻谷さんが落語のできる声優を選んだ(林原さん?あの方はキングレコードの推しですし)ってことを思い出してた。そこへきての訃報だよ。嘘だといってよ。

菊花賞’18 結果分析

まっく 「解せん、まだ解せん」
SS様 「関東馬が17年ぶりに勝ったってことがか?」
まっく 「いや、フィエールマンのローテーションが」
SS様 「配合のほうはいいのかい、ノーザンファーム生産馬によくいる中長距離のG1を制した輸入牝馬に種付けした量産型ディープインパクト産駒だけど」
まっく 「でもお母ちゃんはまだイタリア競馬が崩壊する前でG1だった頃ののリディアテシオ賞勝ってるから、弟のラストヌードルはオルフェーヴル産駒だから重くなるのかどうか」
SS様 「ラジオNIKKEI賞、しかも2着から3か月空けてるからなあ」
まっく 「あの重賞はマイル戦にもつながらない、長距離にもつながらないというクラシックロードのミッシングリンクだし、2000mだと七夕賞とかぶるなら、2600mにするとか、新潟2400mでするとか」

SS様 「さて、レースのほうはジェネラーレウーノが好発進して最内のアイトーンが逃げられない展開」
まっく 「前半1000mが62秒7のスローペース、エポカドーロとメイショウテッコンは先行集団、ブラストワンピースは後方、エタリオウはペースを見切って中団」
SS様 「坂の上から仕掛けだし、4コーナー回ったところではエタリオウが外から回って先頭に出る横綱相撲、ここで先行集団はパックされて完全に売り切れ」
まっく 「多少早仕掛けかなと思った、ブラストワンピースより先に行こうとしたんだろう」
SS様 「実際池添騎手は戦前に言ったとおりの仕掛けをやってるんだけどね」
まっく 「勝ったと思ったミルコに先行馬が消えた空間を使って迫りよるルメール、よ~いドンとなればディープ産駒におあつらえの展開、ああ、こうなるとステイゴールド」
SS様 「1勝馬って勝てないんだよなあ」
まっく 「そして3着はユーキャンスマイル」
SS様 「こっちもムードインディゴの子供だからスタミナの裏付けはあったんだわな」
まっく 「キングカメハメハ産駒だから最後の距離が持たなかったか」
SS様 「ブラストワンピースは4着」
まっく 「スパートの差というよりは距離も長いような気がするし、トライアルホースなのかもしれない、大竹厩舎の先輩にも前哨戦で盛り上がって本番は掲示板止まりってのがいたじゃないか」
SS様 「ルージュバックだな」
まっく 「5着がグローリーヴぇイズ」
SS様 「短距離の母系と思ったが」
まっく 「生産者を見て『おっ』と思ってしまう(エヘン)」
SS様 「レイクヴィラなんよね、メジロの血脈恐るべし」

まっく 「さて、エポカドーロの敗因は距離かな」
SS様 「口の悪い連中はラッキーライラックの秋華賞の負けもあって、オルフェーヴル産駒に成長力が無いとか言ってるが」
まっく 「あっちは仕上がり途上で出したからね」
SS様 「他に何かあるか?」
まっく 「池添騎手が指摘していたように、3コーナーから坂を下るところで局面が一気に動く、実は大嵐で特別と思われてるが去年も前崩れ、オルフェーヴルも中団から仕掛けて4コーナー先頭、ゴールドシップも大まくりを打って3コーナーで先団にとりついてる」
SS様 「というか、28年前の君も先行して4コーナー外から先頭」
まっく 「京都の外回りはゆっくり下るというのがもうやってはダメ、、先行集団も3コーナーで動かないとってことなんだけど、前にいた馬に乗ってたのは」
SS様 「田辺や戸崎、動くに動けないんだよね」
まっく 「一方、1~5着馬の騎手はルメール(’16)、デムーロ(’17)、武(’88他)、池添(’11)、福永(’13)と菊花賞勝利経験のある騎手ばかり」
SS様 「関東の中堅、若手騎手は経験値が少ないと」
まっく 「もちろん、ノリさん(’98)やエビショウ(’01)やウチパクさん(’08、’12)のように判ってる人はいるけどね」
SS様 「戸崎が怖いってそういうこともあったのか、長距離は騎手で買えとも言われるからな、藤田騎手も新潟ばかり行かず関西に乗りに行って経験値を積まないとな」

菊花賞’18 展望

SS様 「オルフェーヴルの応援サイトが荒らしにあって閉鎖されてしまったとな」
まっく 「彼自身なんかは社台スタリオンステーションのサイトとか見ればいいんだろうけど、産駒情報とかが見られなくなったのが痛いと」
SS様 「ところが20年の歴史を誇る老舗サイトで何とかみられるらしい」
まっく 「それ、マックイーンならびにその産駒応援サイトだな、母の父、母の母の父、母の父の産駒とかまで個人サイトで調べ上げてるという」

SS様 「こういう前振りをしてるってことは、エポカドーロ本命にしたいんだな」
まっく 「菊花賞とリンクしてる皐月賞を勝って、ダービー2着の馬だけに、オルフェーヴル産駒だけにスタミナや成長力が無いとは思えないんだけどねえ」
SS様 「ネガティブに考えるの母親が早熟なマイラー、馬体が長距離馬のそれでない、前哨戦でけつまづいた、鞍上が関西でさっぱり」
まっく 「その辺はオリエンタルアートはダート1800の馬、ポイントフラッグも長距離勝ってるわけではない、しゅがはさんはバクシンオー産駒、ヒシミラクルは胴長でなかった、戸崎騎手は出たとこ勝負と考えてしまえば」
SS様 「二番手は」
まっく 「エタリオウ」
SS様 「ミルコだし、いかにも勝ちきれないのが、まだ1勝馬ってのはさすがに」
まっく 「2着はありそうで」
SS様 「三番手は」
まっく 「ブラストワンピースは切れすぎる上に大竹厩舎ってのが嫌、ルメール、モレイラは乗り替わりでとりあえず乗ったという感じがするし、そもそも関東馬がマンハッタンカフェから勝ってないいうのもあるし、というわけでアフリカンゴールド」
SS様 「中18日やぞ」
まっく 「日本では社台グループが手を出さない短距離で稼いでるけど、世界的に見ればマクトゥームはエクステンドでガンガン稼いでるし、京都大賞典から中1週ってのもあったし」
SS様 「他には」
まっく 「メイショウテッコン、2400mでエタリオウにも勝ってるので」

競馬の話だけじゃないんだわ

SS様 「あれ、菊花賞の予想じゃないのか」
まっく 「それはまた明日、スーパークリークにはつながるかもしれないが」
SS様 「昭和最後の菊花賞馬だな、伊藤修司厩舎の」
まっく 「伊藤先生の義理の兄にあたる古川清蔵さんが96歳でお亡くなりになられたんだ」
SS様 「評論を書いてもらってたサンケイスポーツは18日にでかい記事を出してたけど、日刊スポーツなんか19日に野球面の一段訃報記事だったけど」
まっく 「戦中戦後、プロ野球選手だったんだ、しかも1400安打以上放っているし、ホームラン王2回、370盗塁やで、レッドスターよりは少ないけど」
SS様 「ホームラン王といっても8本と4本」
まっく 「1942年と43年やで、ニューボールの入手困難だし、ボールが全く飛ばない時代やで」
SS様 「ということは、パンチョ伊藤さんが少年時代に見た延長28回のゲームに出場していた・・・」
まっく 「9回に同点ツーランを放っている」
SS様 「戦後はすぐに戻ってきたものの、赤嶺派(出身が鹿児島で社会人が八幡だからね)ということでドラゴンズを退団してブレーブスへ」
まっく 「年間56盗塁(1950年、これでも盗塁王じゃない、パ・リーグ盗塁王は木塚の78個)、延長戦とはいえ1試合7安打(1953年)、通算370盗塁は通算12位、今年引退したドラゴンズの荒木が378、ジョイナス高木が363だからねえ、指導者にならなかったので野球ファンから忘れられた感もあるね」
SS様 「今で言えば、赤星が競馬評論家になるようなものだろう?」
まっく 「岳父が伊藤勝吉調教師、義理の弟が伊藤修司調教師だったからね」
SS様 「2014年の段階で競馬記者OB(会友)で元気にされていたようだけどね」
まっく 「奥さんを兵庫県南部地震で亡くされて23年、96なら大往生なんだけど、こうして戦中の職業野球を知る人がまた一人消えてゆくのは寂しいね」

人生かくありたし、されど健康に優るものなし

弱冠20歳でビルゲイツと組み、マイクロソフトを設立、28で病に倒れマイクロソフトを離れるものの復帰、MS-DOSやWindowsシリーズを開発して世界中のパーソナルコンピュータの基礎を作り上げた。アップルがパソコンメーカーだと覚えてる人はおっさんってことになるのか。
マイクロソフトの株式を売却すればそこに残るは巨万の富、合衆国のノブレスオブリージがすべきこととして慈善団体やエボラ出血熱や大学への寄付、シアトル・シーホークス(NFL)やポートランド・トレイルブレイザース(NBA)の所有、シアトル・サウンダース(MLS)の半持ち、人間だったらやってみたいよなあ。この辺りは孫正義氏がホークスにかける思いと一緒か。
そして祖父、そして戦没者への思いか、軍用機のコレクション、それのみならず2015年3月にはシブヤン海での戦艦武蔵の発見、8月には巡洋戦艦フッド、2017年8月には巡洋艦インディアナポリス(処分場所は判っているとはいえ、沈めたほうの伊58も別ルートで日本近海で確認されている)、年末にはスリガオ海峡で沈んだ戦艦扶桑や山城の姉妹艦などを、続いてオルモック沖で沈んだ駆逐艦島風などを次々発見し、折から「艦隊これくしょん」がレイテ沖海戦モチーフのイベントを行っていたため、リアル艦これプレイヤーの尊称?まで一部では賜った。
何かを急ぐように、2018年2月には珊瑚海で空母レキシントン(現在保存されているのものの先代)、そしてフィリピンシーに眠る艦船(まあ、空母翔鶴か大鳳ってことだろうけど)の探索に挑もうとしている矢先であった。
しかし、金があろうともがんには勝てず、リンパ腫によって65で亡くなってしまった。宇宙を行く武蔵に乗り込んでいるのだろうか。え、それは姉の方が有名だって?

秋華賞’18  結果分析

 べが 「まあ、鎧袖一触」
ほべが 「確かに京都内回りの差し馬で一番勝ちやすいコース(🄫佐藤哲三)なんだけど」
 べが 「逃げたミッキーチャームやカンタービレが残ってる先行有利な展開だったんだけど」
ほべが 「前半1200mで71秒くらいで上り800mが47秒、その段階で15馬身ほど後方の11番手にいたいうことは、44秒台で走ってるんだからスケールが違いすぎると」
 べが 「フサイチパンドラを管理していた白井元調教師(引退後もNHKや復活したBSフジの解説をされてますが)、アーモンドアイの馬体はフサイチパンドラとは違うと書かれてますし、誰かはロードカナロア産駒がみなあんな馬になることはあり得ないって書いてたから、キングカメハメハが出たのかサンデーサイレンスそのものが出たのか」
ほべが 「突然変異なのかいきなり大当たりを出したのか」

 べが 「そして、ノーザンファームがJRAへの挑戦状を叩きつけたと」
ほべが 「どういうこと」
 べが 「お前らはレースだけ用意しておけばいい、調教師も厩舎も騎手も不要ってこと」
ほべが 「国枝先生は二度目の牝馬三冠じゃない」
 べが 「アパパネの時は栗東入厩させた、今回はテンコーから直前で美浦に入れてそして輸送、要は仕上げも牧場で済ませるから調教師なんて名義使うだけだから誰だっていい、ブックの右ページにいる調教師(要は勝ち星が少ないってこと)で構わない、騎手だけは外人乗せないといけないけど」
ほべが 「トレセンも競馬学校も要らないと、自分たちで調教師も騎手も揃えますのでってことね」

 べが 「今回は牝馬限定戦だけど、ウインクスにせよ、エネイブルにせよ、これだけ牝馬が強いってのは雌雄の間に能力差はないってことなのかな?」
ほべが 「中島国治さんがご存命なら、世界的な血統の煮詰まりで牡馬の能力低下って書きそうだけど」
 べが 「ブランドフォード系?社台グループもノヴェリストに必死こいて種付けさせてるけどもねえ」
ほべが 「ヨーロッパなんかノーザンダンサー系の多段掛けだもんね、頭空っぽとか精神おかしいと書きそう」
 べが 「それだけでなく、リボー系とか南米にいるハリーオン系とか」
ほべが 「それよりヘロド系?マックイーンさんは感涙にむせぶだろうけど、他はドゥーナデンしかいないらしいいしね」

秋華賞’18  展望

 べが 「当然のようにアーモンドアイの一本被りなんだけど」
ほべが 「あんたならわかってるでしょ、オークスからの秋華賞直行はきついってのが」
 べが 「勝ったのはあなたで、私は3着だったし(1993年当時はエリザベス女王杯)、関テレ馬場アナウンサーの『ベガはベガでもホクトベガ』でしょ」
ほべが 「あれは1990年菊花賞の『メジロでもマックイーンのほうだ』の二番煎じだけど」
 べが 「で、そのマックイーンの血を持ってるラッキーライラックは?」
ほべが 「ひっくり返せる可能性のあるのは彼女だけでは、ただ、前哨戦が使えず、まだ完調じゃないと」
 べが 「穴になりそうなのは」
ほべが 「抽選を突破した運のいい馬」
 べが 「ダンサールとゴージャスランチね」
ほべが 「前者はミルコ騎乗で穴人気になってるけど」
 べが 「アーモンドアイの後ろにつけて出し抜けをかます」
ほべが 「後者はノリさんが死んだふりからの一発を狙うと」
 べが 「で、外せないけどアーモンドアイは」
ほべが 「次がJCターフって言ってるのがどうもね」
 べが 「浮かれ切っているということね」
ほべが 「慢心は怖いのよ、Vやねんが待ち構えてそうで」

スプリンターズステークス’18 結果分析

SS様 「台風24号で阪神開催が延期になるし」
まっく 「台風が抜けて阪急は始発から動いていても高速道路が不通で結局開催が火曜日になってしまったと」
SS様 「それはともかく、前半33秒0、後半35秒3の前傾ラップなんで、先行有利となって、2、3着馬は前残り」
まっく 「そのなかで差してきたのが1,4,5着馬でした」

SS様 「宮記念とスプリンターズステークスは別物と言われてるだけに、ダブルで勝つのは大したもんだわ」
まっく 「ファインニードルがロードカナロアに匹敵するレベルかどうかはわかりませんが」
SS様 「逃げ粘ったのがラブカンプー」
まっく 「今年9戦目というのが使い過ぎと言われて人気落としてましたが、6月は休ませ、他は1ヶ月間隔で使い詰めという感じではなかったということでしょうか」
SS様 「3着はもっと人気のなかったラインスピリット」
まっく 「ずっと森君が乗っていての乗り替わりですが、4000勝で乗っていた豊さんってのもあったんでしょう、実はセントウルステークスの1,2,5着が上位を占めていたんですよね」
SS様 「人気の一角のナックビーナスは7着」
まっく 「たれちゃったのか、こっちが使い詰めだったのか」
SS様 「香港のラッキーバブルズは競争中止」
まっく 「命だけはとりとめたのは不幸中の幸いでしたが、馬体は増えていた割にはすごくガレて見えたそうですから、調子落ちしていたのでは」


スプリンターズステークス’18 展望

SS様 「随分と手を抜いてるな」
まっく 「一度手抜いちゃうと、中々書きづらくて」
SS様 「阪神開催は月曜に延期になったぞ、阪急が止まっても場外として機械は動かすらしいが」
まっく 「月曜日に仕事しながらネット投票して、倍すっちゃう人もいるわけですよ、というわけで、秋初戦のスプリンターズステークス、中山も台風以前に秋雨前線の影響を受けそうだが」
SS様 「本命は」
まっく 「ナックビーナス」
SS様 「キーンランドから中4週、おまけに鞍上モレイラか」
まっく 「ミルコが騎乗停止、ルメールが訳わからんのに乗ってるし」
SS様 「問題は関東馬ってことだな、対抗は?」
まっく 「重で勝ってるダイメイプリンセス」
SS様 「怖いのは使い詰めってことやね、三番手は」
まっく 「人気でもファインニードル」
SS様 「宮記念とここはリンクしないんだけどな、四番手は」
まっく 「スプリントは無条件に怖い香港馬、ラッキーバブルズ」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • チャンピオンズカップ’18 展望 (12/02)
  • SS様 「リッジマンがステイヤーズステークスを勝ったぞ」 まっく 「それがどうした」 SS様 「庄野厩舎だぞ、長距離でも勝てるぞ(ウリウリ)」 まっく 「いや、目
  • ジャパンカップ’18 展望 (11/24)
  • SS様 「レイデオロがいない、去年2着馬が出馬登録していない」 まっく 「東京大好き、長距離は無意味と言うくせに2400mは大好きと公言する藤沢先生が使わない」
  • 高度成長の夢なんか見てどうするんだろうね (11/24)
  • 前評判圧倒的有利(相当アフリカ諸国に金をまいた)だから、負けることはないだろうとは思っていたし、舞洲夢洲咲洲が荒れ地でなくなるし、うれしくないといえばウソになる
  • マイルチャンピオンシップ’18 結果分析 (11/20)
  • まっく 「前半1000mが58秒8、ややスローペースで逃げるアエロリットにはおあつらえ向きなペースだったが」 SS様 「直線たれて12着」 まっく 「スタートでね
  • マイルチャンピオンシップ’18 展望 (11/18)
  • とりあえず予想だけ 外人買ってたら3着内に2頭来るだろうし、豊さんはノースヒルズではちょっと辛い本命 モズアスコット対抗 アエロリット三番手 ロジクライ四番手 
  • エリザベス女王杯’18 展望 (11/10)
  •  べが 「アーモンドアイはジャパンカップに行っちゃったんだけど」ほべが 「格上格上と戦ってゆくのも価値を上げる方法だし、間隔を開けたいのと、中2週で二度の上洛は
  • 仏教国、タイでの葬儀とはいえ (11/05)
  • イギリスでの葬儀に続き、タイでもヴィチャイ氏の葬儀が行われ、王族の内親王、いや、姫君も参加される少々堅めの葬儀となったが、イギリスでの別れの会同様、レスターの選
  • 悲しい、ただひたすらに悲しい (10/31)
  • 死亡した5名は、ヴィチャイオーナーと秘書?を含むスタッフ、正副操縦士であった。キングパワースタジアムの入り口脇は花束やレプリカジャージで埋め尽くされている。ここ
  • 最新鋭機の信じられぬ事故 (10/30)
  • レスターの悲劇 (10/29)
  • いつもと同じようなプレミアリーグの試合。レスターシティはアゲンストの展開ながら、後半遅くに岡崎を出し、終了間際に追いついてウエストハムと1対1で引き分ける。試合
ニー屋 腕時計 通販ショップ