FC2ブログ

6113

G20サミット その

米中首脳会談、決裂しなかったのがマシと言うところでしょうか。安倍首相の顔を立てたのもあるのでしょう。中国に借りができてしまったのでは。トランプはそんな事考えてないでしょうけど。
環境問題に関しては、トランプにはそう響いてないのではないでしょうか。マクロンさんは自国の異常高温もあって必死だったですが、G19+1とか皮肉られていたようで。

で、マスコミセンターのたこ焼き、日本人以外食べてたのでしょうか。

棋王戦第四局

横歩取りを渡辺が受けて立つ。

maniac

馬鹿と馬鹿との争いと言われる2016年合衆国大統領戦の共和党内の争い、かのトランプが今度はクルーズ上院議員をマニアックだと批判した。ライバルを蹴落とすための発言だが、クルーズ陣営は柳に風としているが、クルーズ議員自体、無人の議会で21時間も演説したりする相当の際物で、ガチ保守の反銃規制論者である。
マニアックといえば、1983年のフラッシュダンスの挿入歌だろうが。

マイルチャンピオンシップ’15 展望

SS様 「よ、マツクイーン、本命は?」
まつく 「(こいつ、おそ松さんの第6話見やがったな)、フィエロだよ」
SS様 「去年の2着馬だけど、1着馬を差し置いて?」
まっく 「そりゃあ、このレース、というよりも1600はディープ産駒の金城湯池だのん、ダノンシャークは7歳だからね、相手候補ですが」
SS様 「イスラボニータはどうして?」
まっく 「少し短いのと、秋天からは実績がないので」
SS様 「モーリスは?戸川選手は育成から正規契約になったけど」
まっく 「さすがにポン使いはどうなんでしょうか、このレース、ロベルト系がからっきしってこともありますし」
SS様 「サトノアラジンは?」
まっく 「金失いそうな名前だからね(サミー往年の名機)、でも相手なりには来るので相手候補」
SS様 「アルビアーノは?」
まっく 「使い方めちゃくちゃなんだもん、桜花賞を使わず、マイルカップからダート戦とか」
SS様 「では、フィエロからの相手は?」
まっく 「サトノアラジン、ダノンシャーク、穴はケイアイエレガントの逃げ切り」

対ドラゴンズ12回戦

向こうが近々48になる山本昌なんで、こっちもお試しで岩本にしようって概念がわからない。こういう試合は序盤から点の取り合いになって、選手交代の妙が勝敗を決することが多いんだけど、1回から和田のタイムリーとマートンのツーベースで1点ずつ、3回裏にヒットと盗塁の大和を鳥谷がタイムリーで返せば、4回表に高橋周平のタイムリーで2対2、その裏、良太と藤井の連打で一死一三塁のチャンスに岩本を諦めて代打浅井、ピーゴロに終わるが、併殺を狙うも間に合わず勝ち越し、6回途中で投入した久しぶりに一軍にあげた西村が捕まる。和田にヒットを打たれ、平田、クラークを歩かせて一死満塁、代わった加藤は勤続疲労か、高橋にグランドスラムを食らう。その裏、代打関本のタイムリーで1点を返すも反撃はそこまで、4対6と夏のロードを前に連敗。ウル虎の夏は1勝5敗と勝ち星を相手に「売る虎の夏」になってしまった。

地震と各放送局の対応

メッセンジャーの完封勝ちと小出先生のインタビューを聞いて22時半過ぎに一旦寝る、1時過ぎに風呂に入ろうと起きるが、意識が飛び気づけば2時、入浴して3時、FAXのネタを考えつつ電気をつけたまま寝てしまう、目覚めれば5時半、直後にガタガタと揺れを感じるが、兵庫県南部地震の時より揺れは小さい。おまけに今回は部屋は明るい。夜もあけていたし。
部屋の隅で音が鳴っている。コートのポケットに入れたままの携帯電話の緊急地震速報だろうと思ったら、そのとおりだった。
昨夜のままMBSになっているラジオをつける。金曜深夜に番組やって、土曜早朝の生はキツイだろうなあ。局内で仮眠取ってるんだろうか。「たねまきジャーナル」やらであれだけ地震について放送していても、あれだけのベテランでも噛みまくるんだね。
ABC(おはよう浪曲だった)、OBC、ラジオ関西、いずれも録音でまるで何もなかった平穏さ。MBSも天理教の時間で余震情報も入らない。むしろ、在京局のテレビニュースのほうが大騒ぎしている。

18年前あれだけの修羅場を経験した豊島美雪ですら余震のニュース以外通常営業。むしろ電車が止まっているほうが大事。JR西日本がJR東日本なみの慎重さ。そんな中、保線点検し終えた直後とはいえ、何もなかったように始発から新幹線を走らせたのはJR東海、金づるは離さないってことか、新大阪に行くすべがないんだけど。

びっくりだけど、惜しいとは思わない。

いつもの二人が夏休みで木曜日のように静かなたねまきジャーナルとTEPPENラジオの間、MBSをつけっぱなしにしていたら、城ちゃんがNMBを抜けるって?しかもMがようやく16人揃った初日に。

そりゃあ、みるきーの不祥事休養中、秋元康の無理やりゴリ押しといってもいい選抜入り、それ以降もずっと選抜入り、一方、Nはしっかりしてても、Mはそうでない。その中で中1の少女がアンチにも耐えなければならない。
AKBへ転籍させろと、ヲタは無茶を言うが、中学生にできるのか?珠理奈の兼任は高校入学後だぞ。
せめて、Mにななあいにゃんのどちらかがいれば、バックアップできたものを。

4年たって(ちょうど高校卒業だ)まだNMBが残ってたら、戻ってくるかどうか決めたらいいよ。

銀英伝

銀英伝絡みのコメントが続きましたので、久しぶりに全10巻(文庫版は全20巻なんだって?)+外伝を引っ張りだして読んでいます。お陰で睡眠時間が短くて・・・。

自由惑星同盟の腐敗っぷりが今の日本、そして民主党の体たらくを予見したかの文章です。
6巻に「御用学者」まで出てきたのは夜中にもかかわらず、爆笑しました。ブレーンとふりがなを振ってましたから、なおさらのこと。

台風接近なので2日ほど休みます。

60分押しの「Smile×Songs」、時に構成作家にいじられ、時にスタッフに突っ込みながら軽快にしゃべる河田アナ、全てのコーナー進行を終えたはずが・・・まだ10分近くある。

一方、10日の早朝、大阪の花博近くで一件の交通事故があり一人の青年が亡くなった。被害者の名前はどこかで聞いたような名前。この二つがつながった、5月の月間ゲストのボーカルじゃないか。
3時間陽気にしゃべっていたのは、そしてホームページ上での書き込みは全て演技だったんだろうか。

痛すぎる。17歳のガキが無免許を見つかりそうになって急発進。それで交差点でぶつかってって・・・。
(追いかけた大阪府警を責められない)。少年法で守られるなら、そんな法律止めてしまえ。人間はそうこう簡単に更正なんてできない。
17歳だから無免許と分かっていて車を貸した人間も名前をさらせ。

私が見抜かれやすいタイプとはいえ

nanaponさんのブログにあるのでやってみた。
その結果は

神経質度: ★★☆☆☆
自己中度: ★★★☆☆
偽善者度: ★★☆☆☆
社交辞令度: ★★★☆☆

性格
冷静なときと熱いときの温度差が激しいです。やるときとやらないときの差がはっきりしています。ON/OFFのスイッチが頭の中にあるようです。自分のことは自分でやるという信念を持ちます。
頭の回転が非常に早く、自分の世界を造り上げて行きます。なかなか他人に理解され難い人で、あなたはさらに常軌を逸しています。人の予想の斜め45度上の結果を出します。
平気で他人を利用してしまうところがあります。

仕事
気分で結構かわってしまいます。だめなときはイケてません。
相手次第で自分の態度を変えます。実は小心者です。どこでも生きて行ける素晴らしい生命能力をもち、存在感を回りにアピールします。
他者とは一線をおいて付き合い、プライベートを大事にします。それはあなたはどちらかというと変だからです。
自己中心的です。

恋愛
熱しやすく冷めやすいところがあります。正直ちょっと相手に甘えてしまいます。また、温和で無難な付き合いを望んでいます。
抜群の集中力をもち、周りの人の話題になる人です。毎日一緒にい過ぎるとマンネリ化します。しかし理解されがたいのはあなた自身です。
なんだかんだ下心がむき出しです。

個性の激しいA型
ひねくれてます、部屋が汚いタイプ。

ほっといてください。当たっとるじゃないですか。

一つの時代の終わりと新しい時代の胎動

4日の朝刊に「トヨタ、F1撤退」と書かれ、その日に撤退記者会見となった。
昨年末にホンダが撤退した時は物笑いの種、さらに引き継いだブラウンGPからチャンピオンが出たということで、さらに物笑いの種となったが、今回の撤退発表は、笑いどころではない。

いまやトヨタもプリウスのみが売れる状態なので、数百億も要するF1に投ずる資本は無いといえば、身も蓋もないが、「トヨタの車は面白みがない」と言われながらも、クルマが好きなのは一緒なのである。そりゃあ、泣くだろう。

ガソリンを使って高速で走るというF1の時代は終焉を告げたのだろう。90年代からの大手メーカーの激突の場から、しばらくはプライベーターのみになってゆくのかもしれない。そのほうが70年代の実質上のDFVワンメークレースのように手作りの面白みがあるだろうし、新規参入が次々と出るかもしれない。
今後はハイブリッド車や、ソーラーカーになってゆくのかもしれない。
そうすると、エンジンメーカーではなく、モーターのメーカー、電池のメーカーが覇権を争う場になっているかもしれないが。

S&Gコンサートに行く

昨日の札幌ドームでのコンサートで、「これで最後かも」とうわさされるサイモンとガーファンクルの日本コンサートツアーは終了した。

8日のナゴヤドームとどちらにするか迷ったが、13日の京セラドームのほうにした。名古屋→東京(2days)→大阪という妙な移動(しかも武道館で追加公演ということで再び東京へ)は、12日までと14日からオリックスの試合が京セラドームで組まれていたからだろう。

阪神なんば線では、開業日でも見たことのない乗客が難波から乗ってくる。ほとんどがドーム前で降りるということは、みなこれがコンサートの客ということだ。

6月中旬にようやくチケットを買ったので、内野席上段で、二人の姿は小さくしか見えないが、アリーナ席と違って見下ろすことはできる。

18時55分、間もなく開演を告げるアナウンスが入る。標準語でしゃべろうとしているが、どう聞いても「ど角」だ。「ぷいぷい」が17時48分に終わって速攻で来たのだろう。別に主催がMBSだからというわけではないらしい。

ステージ両脇と上方の三面のスクリーンにここ40年以上程のニュース映像が流れてゆく。19時10分、流れ終わったころ、舞台に二人が立っている。ツアータイトルどおりの「旧友」だ。70になった時のことを歌っているが、二人はもう68だ。「冬の散歩道」も「I Am A Rock」もずいぶんスローテンポで歌っていた。衰えたかと思っていたが、5曲目から7曲目まで、彼らの少年時代の曲のカバーや「Tom&Jerry」で出した「Hey Schoolgirl」、さらに「ビーバップ ルーラ」のカバーをオリジナルよりハイペースで歌い出したことで、彼らは衰えていないことを認識させれた。もちろん、クスリの使用もあったが、アートの声の伸びは全盛期に比べて落ちているが。

8曲目からは「エル コンドル パサー」「Mrs.Robinson」「America」などのヒット曲が続き、20時過ぎ、「マイフレンド、アート・ガーファンクル」といってポールが退場、「New York」など4曲を歌ってポールに交代、ポールはバックにアフリカンを揃えているのか80年代の「グレイスランド」あたりを歌い、「コダクロ-ム」は歌わなかった。もっとも「グレイスランド」は東京では歌わなかったようだが。

ポールのソロの4曲目のラストにアートが現れてLP「明日に架ける橋」から何曲か歌って20時45分ごろ、「明日に架ける橋」で一気に盛り上がる。

アンコールは当然あの曲だろうと思っていたら、やはり「サウンド オブ サイレンス」。ただし、ポールのギターソロ、アコースティックバージョン、シングルバージョンの三通りで演奏していた。拍手はなおも鳴り止まず、「Boxer」を。すでにアリーナ席は総立ちである。ノリノリのまま「いとしのセシリア」が。一旦メンバー紹介の後、再び「セシリア」で終演。一体どこまで予定されていたアンコールなのか。

35000人の退場はさすがに難しく、徐々に退場してゆく中、ステージの解体は早くも始まっていた。東京への輸送、翌日は野球があるのだから。

球場外に出てしまえば、あとは混雑を避けることは容易だ。市バスで難波へ移動すればよいのだから。

どついたらあかんねん 

路上で殴って捕まったのは近大ボクシング部の学生、殴られたほうも近大生であった。
これで大学側は1943年以来のボクシング部の廃部を決めた。

文部科学相が「そこまではやりすぎ」といっているが、プロボクサーがけんかで拳を使ってはならないことと同様、アマチュアでも殴って犯罪をするというのは許されないのだろう。
もっとも、多数の部員が無賃乗車をやっていた亜細亜大の野球部は半年の対外試合自粛で平然と復帰している。早稲田大の野球部が不祥事を起こしても、2011年秋まではうやむやになるだろう。
ハンカチ王子の価値を守らないといけないから。

タイトルはもちろん、近大ボクシング部のOB、赤井英和氏からとっているのはいうまでもない。

エメラルドはもう輝かない

ノアの花形レスラーであり、社長である三沢光晴さんが、広島でのGHCタッグで斎藤のバックドロップをくらって頭部を強打、そのまま亡くなってしまった。

84年に佐山サトルがマスクをはずした後、二代目タイガーマスクになり、90年代は小橋や川田らと全日本プロレスをけん引し、99年5月には1月に亡くなったジャイアント馬場の後を継いで社長に就任している。

翌00年5月、兄貴分のジャンボ鶴田さんが亡くなり、その頃馬場未亡人と衝突して、全日を脱退を計画するも、川田以外の主力、若手、ベテランまで50人もの選手が脱退し、プロレスリング・ノアを旗揚げした。
新日のみならず、古巣全日(すでに川田もフリーになっていた)との交流戦も行い、盛り上げたが、今年4月には日本テレビの中継も廃止されてしまった。

受身もできなかったと言う話もある。最初から体調が悪かったと言う話もある。
なんとも惜しい方を失ったものだ。もうエメラルド・フロウジョンを見ることができないのだ。

おわび

14日にパソコンが熱崩壊いたしまして、21日に旧式の予備機を接続してようやくネット環境を復活していますが、このOSがMeなもので、なかなかうまくいきません。

書きかけのもの、書くべきだったものは順次埋めてゆきますので。

ホンダ、またも赤っ恥

大雨の中のマレーシアグランプリ、フェラーリやマクラーレンが本領を発揮できない天候であったが、打ち切り時点の勝者はバトン、ブラウンGPは連勝である。
ホンダから離れるとかてるとは、またも赤っ恥である。

ホンダ、赤っ恥

夕方のニュースを見ようとテレビをつけたら、2009年開幕戦のオーストラリアグランプリの終盤戦、開幕戦で各チーム手探り状態の上、ウイングが広がったこともあり、事故続出。しかし、1-2フィニッシュを決めたのはブラウンGP、そう撤退したホンダを引き受けたチームだ。
毎年何百億を投入してさっぱりであっさり撤退していったホンダ、赤っ恥

これ、なんてAV

電車に乗っていると、小さな女の子がくずっている。
「だっこして」「暑いから脱がして」「いや~」「床にすわる~」「おしっこもれる」と駄々をこねてばかり、終いには床に大の字になってばたばたする始末。実際ははなはだ迷惑なんだけれど

「抱いて」
「脱がして」
「いや~」
「おしっこもれちゃう~」

脳内でょぅし"ょAVができてしまった。本当にこんなものできたら児童ポルノ法違反だろうなあ。

落書きと文化

世界遺産に落書きして、大学を停学になったり、野球部の監督を追われたりしてますが、
落書きってある意味文化でしょ。その時代時代に住んでいたの生き様がわかるじゃないですか。また、自分がここまでやってきたという証にもなります。「キルロイ ワズ ヒア」ってことです。
参拝した証として千社札を貼ったことと同じことではないのでしょうか。
奈良の寺なんか千社札だらけで見苦しい限りですが、これも落書きもここまで来たぞという証とも思えば見苦しいなんていえませんね。

むしろ鬼の首でもとったように正義感ぶって大騒ぎをするのはネット社会の怖さですね。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 真の敗者は誰? (07/22)
  • 投票率はわずか48%、2017年の衆議院選挙も大概であったが、あれは台風21号の接近下で行われた選挙である。
  • 高松宮記念’20 展望 (03/28)
  • SS様 「ドバイは結局1年延期、一週前から先乗りしてアーモンドアイの調整に当たるはずのルメール騎手は帰国時の検疫で14日間騎乗不能と」 まっく 「賭けに出て失
  • フェブラリーステークス’20 展望 (02/22)
  • ちゅどーん!!  べが 「何、あの音」 ほべが 「ダイヤモンドステークスでミライヘノツバサが単勝320倍以上の大穴開けて勝ったという、ステイゴールド系によくあるじ
  • 6113 (01/09)
  • 有馬記念’19 結果分析 (12/24)
  • SS様 「アエロリットが逃げて、クロコスミア、スティッフェリオ、スワーヴリチャード、スカーレットカラーなどが先行、アーモンドアイとリスグラシューの二強は中団」
  • 有馬記念’19 展望 (12/21)
  • SS様 「あのアーモンドアイが香港でなく有馬を選択したわけだが、本命でいいんだな」 まっく 「否定する理由がありませんね、去年のJC勝ってるからねえ、兄弟どれも1
  • チャンピオンズカップ’19 結果分析 (12/02)
  •  べが 「ずーっと放置してたのはどういう理由?完全無印のクリソベリルが圧勝したから?」 ほべが 「それしかないでしょ、この文章自体、2日の午前中にはできてたんだ
  • チャンピオンズカップ’19 展望 (11/30)
  •  べが 「なんであたしがダート戦担当なのよ、あんたは砂の女王だからいいけど」 ほべが 「アドマイヤドンのお母さんともあろう方が何をおっしゃるやら」  べが 「それ
  • ジャパンカップ’19 結果分析 (11/29)
  • SS様 「外国馬が来なかったのは検疫のせい?」 まっく 「今までと同じだし、なにか疫病を発生せたら、世論に袋叩きにされて、競馬は滅びるよ、検疫の軽減なんてもって
  • ジャパンカップ’19 展望 (11/23)
  • SS様 「さあ、実質G3のレース」 まっく 「それはレースが終わってから言おうな」 SS様 「西山牧場の社長がJCをどうして12レースにできないのかと、下級条件か未
ニー屋 腕時計 通販ショップ