FC2ブログ

仏教国、タイでの葬儀とはいえ

イギリスでの葬儀に続き、タイでもヴィチャイ氏の葬儀が行われ、王族の内親王、いや、姫君も参加される少々堅めの葬儀となったが、イギリスでの別れの会同様、レスターの選手たちもはるばる参列した。

悲しい、ただひたすらに悲しい

死亡した5名は、ヴィチャイオーナーと秘書?を含むスタッフ、正副操縦士であった。キングパワースタジアムの入り口脇は花束やレプリカジャージで埋め尽くされている。
ここまで愛されたオーナーはいるのだろうか。BBCが書いたように「2010年代のおとぎ話」だったのかもしれない。

レスターの悲劇

いつもと同じようなプレミアリーグの試合。レスターシティはアゲンストの展開ながら、後半遅くに岡崎を出し、終了間際に追いついてウエストハムと1対1で引き分ける。試合終了後、いつものようにピッチからヘリが飛び立ち、解説者たちはテレビカメラの前で試合を振り返っている。
その直後、スタジアムを交わしたあたりでヘリはバランスを失い駐車場へ墜落する。GKのシューマイケルが大声をあげながら現場へかけてゆく。いつもなら、いつもなら、ロンドンへ戻るレスターのヴィチャイオーナーが乗っているはず。
90年代に空港の免税店、キングパワーを設立、そしてバンコクに進出、2010年、レスターシティを買収、2015-16シーズン、賭け屋の倍率5001倍(1989年のエリザベス女王杯でのサンドピアリスの単勝倍率が430倍だから、いかにあり得ないと予想されていたかである)でプレミアリーグを制してしまったのである。その後もマメにレスターで観戦していたのだが、今回の事故に同乗していた可能性が高い。

対ブラジル戦

呼ぶのが面倒ってのもあるが、小うるさい本田やいてもしようがないけど香川や、プレミアでも呼べたと思える岡崎を外してもいつもと同じフォーメーション、だが、格上では何をやっても無駄。
いきなりネイマールに決められ、その後も前半だけで3失点、デュエルどころか向こうにボールを持たれっぱなし。後半明らかに手抜きされ、なんとか1点返したけれど(追記、ハリルホジッチは後半は勝ったぞと選手に言ったらしい)、7ヶ月後、同じようなことが他の国相手にされるのが読めてきた。

親善試合

上西小百合衆院議員が、15日の浦和対バルセロナの親善試合を「どうせ本気出してないし」とツイートして大炎上になった。
でも、浦和は必死に戦っていても、バルサはシーズンオフの顔見世旅行で本気出してるわけ無いだろうが。だから親善試合なのに。

AFC裁定

アジアサッカー連盟は、4月25日のAFC1次リーグでの水原対川崎で、川崎サポーターが旭日旗を振り回したことにより、水原サポーターがアウェー応戦席へ襲撃したり、アウェー出口を塞ぐ行為に出た行為に対して、川崎側に1年間の同様の行為が発生しないようにという執行猶予で、川崎にAFC主催試合で1試合の無観客試合と15000ドルの罰金という処分を下した。
試合管理に問題のあった水原に処分が下されたのかがはっきりしないが、世界では触れてはならないことがあるということに対して、川崎も日本協会もあまりにも知らなかったのではないか。

旭日旗

25日のAFC1次リーグでの水原対川崎で、川崎サポーターが旭日旗を振り回したことにより、水原サポーターがアウェー応戦席へ襲撃したり、アウェー出口を塞ぐ騒動になった。
旭日旗は、現在も正式な海上自衛隊の艦旗であり、ガンバのサポーターがナチス親衛隊に似た旗を掲げたことと違い、国際的には何の問題もない。ただ、旭日旗を大日本帝国の侵略の旗印と感じる人間は(東アジアには)いるのである。イングランドのサポーターが国際試合でホワイトエンサインを掲げるなんてするのだろうか。あの国は4地域別々の旗を持ってるからしないと思うのだが。
もちろん、騒動を引き起こした水原にも、アウェーサポーターの安全を確保しないという試合管理に問題があったのは言うまでもないが。
応援のためだというのなら、日本国旗たる日の丸で十分じゃないか。それに噛み付いてくる連中は、もはやどうしようもないが。

産油国マネーに目がくらんでしまったのか

48チーム中、16チームは一次リーグの2試合でおしまい、16チームがトーナメント一回戦を含めて3試合でおしまい(3試合でお帰りになるのは現在も16チームであるが)、出場したという国家を増やすだけで、大会のレベルを低下させてるだけじゃないのか?

そんなん大会レベル低下するやん

ワールドカップの出場国を48チームも膨れ上がらせてどうするつもりだろうか。32チームが延々トーナメントをしてどうするつもりか。それなら6チームずつ8組で一次リーグを戦い、上位2チームが二次予選へ、4チームずつ4組が二次リーグを戦い、上位2チームの8カ国が決勝トーナメントを戦うほうがまだ面白いと思うが。そもそも西アジアや東アジアからの収入がほしいのではないか。出ちゃ負けを繰り返しているのは当のアジア勢なのだが。

その勢い、とどまるところを知らず

強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。

夢は見させてもらったが

52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいのではないか。

ジャイアントキリング

メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、それが一本筋の通った鹿島のサッカーと言うものになったのだろうか。

メデジンの悲劇と呼ばれるようになるのか

ボビー・チャールトン、マンチェスター・ユナイテッド、いや、イングランドサッカー界の最大のレジェンド(2008年に来日したときに中継ゲストの明石家さんまが我を失って舞い上がったくらいだ)だが、彼は若手だったときの1958年2月、チャンピオンズカップ(現在のチャンピオンズリーグ)でマンチェスター・ユナイテッドはベオグラードに赴き、鎖国に近い状態だった当時のイングランド協会によってタイトな日程を仕組まれたこともあり帰国を急ぎ、1958年2月6日、雪がシャーベット状に積もっていたミュンヘンのニーム空港でチャーター機が離陸に失敗し、乗員乗客44名中、選手8人を含む23名が命を落とした。
精神的に傷を負ったチャールトンが、そこから回復し、8年後にイングランドをワールドカップ制覇にまでもってゆくのだが、ここまで前フリをしての本題は、メデジン近郊で、南米杯決勝に赴く途中のブラジル1部リーグのシャペコエンセのチャーター機が墜落し、乗員乗客77名中、ディフェンダー2名、控えゴールキーパー1名(片足切断の重傷)、他乗員2名、マスコミ1名の6名のみが生存し、残る71名が亡くなった。その中には神戸をかつて率いたカイオ・ジュニオール監督や、川崎にいたマイア、セレッソや千葉にいたケンペスなど、日本ゆかりの選手も亡くなった。
(3日追記)原因は燃料不足というか、航続距離を超える飛行であったらしいが、途中給油で降りなかった理由は不明である。

控えジャパン

いつものメンバーが選ばれているが、カップ戦要員ならまだましな方、ベンチ入りすら出来ていない選手ばかり。どうせ同じパターンの試合を見せてくれるのだろう。

GOOD BYE ENGLAND

欧州選手権2016の決勝リーグ一回戦で、プロリーグのないアイスランドにイングランドが1対2で敗れてしまった。準々決勝の英仏決戦だけを考えていたらこの始末である。
サッカーは22人が戦って、最後にドイツが勝つスポーツなどの迷言を残しているゲイリー・リネカー氏(元名古屋)は、「プロ選手より火山の数のほうが多い国に負けてしまった」とツイートしている。
アイスランドの放送局は、「EUからもEUROからもさようなら、もう来ないでね」と言われる始末。名誉ある孤立どころか追いつめられて孤立になってしまったのである。

こっちのレベルも維持できるか

プレミアリーグはイギリスのEU脱退に際して、ボスマン協定が適用されなくなるので、EU域内選手を優先的に起用できなくなるが、それでも優秀な選手は残ってくれる、逆にポジションが空くので若手選手が起用されると根拠の無い希望的観測を述べている。優秀な選手は出てゆき、非EUの選手に占拠されて若手が伸びてこないという危険性を感じられないのか。

キリンカップ・対ブルガリア戦

本田欠場、そこへ小林を入れたいつもの4-2-1-3。開始直後から岡崎が叩きこむなど、誰を入れてもゴールに叩きこむというメシウマ状態で7-2の大勝、が、交代枠6人、おまけにこんな時に日本へ来ているということは、欧州選手権には出れていない国。海外組の招集の容易さも考えて、国内組が海外遠征したほうがアウェー感を経験出来るだけいいのかもしれない。

彼が大久保を呼ばないわけ

ザッケローニ監督がどれだけ活躍しても大久保を代表に呼ばないのは、本田が遠慮するからではなく、ゴール前にしかいないからだそうである。岡崎は献身的に味方陣内まで戻って守備をしてくれると言いたいのだろう。わずか5ゴールでも、献身的に最前線から戻ってくることがレスターで評価されているのと同じ理由だそうだ。

more...

開催へこぎつけられたことは素晴らしいが

勝てないのは仕方がない、巻以外さしたるメンバーはいない。ホームのピッチは支援物資の置き場に転用されたままだ。それでも試合ができたことがすばらしい。
ただ、家族から離れられないと口にする選手が結構いたが、鳥栖、福岡、北九州あたりでもっと早くに代替ゲームができなかったか。

八百長厳禁

三菱自動車が日産自動車の傘下に入るとなれば、浦和はどうなってしまうのだろうか。日産は依然として浦和の最大株主である。富士山グループが、ベイスターズとスワローズの双方の株を持ちながら有耶無耶だった時代があったが、サッカーはそういうわけにはいかぬ。三菱自動車が浦和の株を手放すってことになるんだろうな。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ