秋華賞’17  展望

 べが 「♪柴田がかんだ小指が痛い~」
ほべが 「作者が小松政夫のドラマ見てたというのがわかるね」
 べが 「伊東ゆかりとジャイアンツの柴田勲が噂になってたってことがあって」
ほべが 「それ、板東英二の本で読んだのでしょう」

 べが 「さて、ソウルスターリングが毎日王冠で逃げて惨敗したのは」
ほべが 「休養明けだし、彼女が3再牝馬の中で抜けて強いわけではないし」
 べが 「本命というか、軸になる馬は?」
ほべが 「リスグラシューね」
 べが 「ここ4戦で1回しか連対がないというのが気になるけれど」
ほべが 「その1回が桜花賞だし、その前はジュブナイルフィリーズ2着があるので、何よりノーザンファームの生産だし」
 べが 「別のノーザンファームの有力馬は?」
ほべが 「アエロリットね、1枠1番だから逃げる可能性も高いけど、クロフネ産駒が2000mになると成績が落ちるのでその分割引、三番手評価」
 べが 「デムーロとルメールの馬は?」
ほべが 「モズカッチャンはローズステークスの負け方がどうもねえ、五番手かなあ、ディアドラのほうが7枠14番だからそう不利もないし、これが二番手、泣き所はハービンジャー産駒で勝てるかというところ」
 べが 「四番手は」
ほべが 「ラビットラン、トライアル勝ってるけども・・・」
 べが 「何が嫌?」
ほべが 「ローズステークスが1800mになって、マイラー寄りのが出てくる感じがして、あと父親」
 べが 「タピットね、向こうでリーディングサイアーになったんじゃ?」
ほべが 「父の父のプルピットが2歳で終わりってイメージが未だにあって」
 べが 「ゲームじゃないから成長度は変わるんじゃ」
ほべが 「母の父がデキシーランドバンドだけに距離も成長力もあるんじゃないの?」
 べが 「気になるのは?」
ほべが 「カリビアンゴールド、ただ、大外18番枠で鞍上が勝春だけにねえ・・・」

スプリンターズステークス’17+α 結果分析

SS様 「レッドファルクスが連覇したわけだが、馬場が合ってたのかな」
まっく 「ミルコが内へ切り込んだのが大きいでしょう、大外ぶんまわしでは届かなかったでしょう」
SS様 「あらまた2着、レッツゴードンキ」
まっく 「引っかかりグセがあるとかそのくせ後ろからはダメとか散々言われてたのですが、岩田がきっちり押さえて内へ潜り込ませたと、夢は見れたのではないでしょうか」
SS様 「3着がワンスインナムーン」
まっく 「シュウジが出遅れて、というか、ノド鳴りもあるので、ノリさんが最後方直線一気を選択したので、スローで逃げられたというのが大きかったのでは、京都牝馬ステークスの1、2着が今回の2、3着ですからねえ」
SS様 「3年前の覇者、スノードラゴンが4着」
まっく 「岡田オーナーですら泣き入ってましたからねえ、9歳馬でも衰えはないってことなんでしょう」
SS様 「5着はブリザード」
まっく 「香港はシーズン開幕当初でなかなか出てこないのですが、このクラスで勝ち負けできるのなら、今後香港スプリントで勝てそうな馬も使うかもしれませんよ」

SS様 「うまくいかなかったほうを、メラグラーナの7着は」
まっく 「レッドファルクスより更に後ろではねえ、この馬の使い方に違和感があってね、自家用で将来繁殖入りなので、遠慮して使ってる感じがして」
SS様 「セイウンコウセイは11着」
まっく 「雨ふらないとダメなんでしょうかねえ」
SS様 「ファインニードルは13着」
まっく 「途中で下げていってるようでは」
SS様 「ダイアナヘイローは15着」
まっく 「押せ押せがここに来てこたえたのか、家賃が高かったのか」

SS様 「エネイブルの強いこと」
まっく 「オブライエンの先行グループをあっという間に交わしてゆくから」
SS様 「サトノダイヤモンドの15着ってのは?」
まっく 「前哨戦でいいところなしの負け方をした段階で、勝てないなと思ってたので」
SS様 「サトノノブレスはなんであんなレースしたんだろう、ペースメーカーをするんじゃなかったのか」
まっく 「どうも精神的に安定させるための帯同馬だったらしいね」
SS様 「どうせならサトノクラウンを帯同させて3頭以上で遠征させるとか」
まっく 「堀厩舎ですからね、厩舎越えては難しいでしょうが」
SS様 「そのへんはノーザンファームが音頭を取れば」
まっく 「JRAが遠征費出ししぶりますからね」
SS様 「馬券売れるんだから遠征費くらい出さないと」

まっく 「マカヒキにせよ、サトノダイヤモンドにせよ、日本の超高速馬場限定機なんて言われてますよね、四半世紀前に僕が行ってればここまで呪縛にならなかったのでは」
SS様 「まあ、オルフェーブルが好走できたのは外弁慶のステGと君の血との共同作品だったし」
まっく 「キレ重視型は考え直したほうがいいかも、以前書いたように、超近親配合ですけれど、そういう配合で好走した日本調教馬がいました」
SS様 「エルコンドルパサーのことか」
まっく 「スペシャル=リサデルの全姉妹の4×3・4、ノーザンダンサーの4×3、ネイティブダンサーの4・6×5と、現役時代は超近親配合の代名詞でそれ故か若死にしましたけど、あのスタミナはサドラーズウェルズからでしょうから」
SS様 「ほうほう」
まっく 「エネイブルの母の全姉の産駒、つまりいとこにフリントシャーがいます」
SS様 「パリ大賞典や香港ヴァーズを勝った馬だな」
まっく 「これの父はダンチヒ系のダンシリですが、この馬はイルドブルボンの4×4、一代おいてノーザンダンサーの4・6×3・6という配合です」
SS様 「この段階でノーザンダンサー系だらけだな」
まっく 「この馬がアメリカの2000mのG1勝ってるんですよ、しかも去年ですよ」
SS様 「しかし、凱旋門賞で2度(勝ったのは2回ともトレブ、ということはオルフェーブルどころかキズナにも先着されている)、全部で9回もG1で2着がある2ゲッターじゃないか(2ちゃんねる、どうなるんでしょうね)」
まっく 「その辺がイルドブルボンなんでしょうね、それでも2着ということは優秀だし、半妹のようなエネイブルが圧勝するのも理解できますよ」

スプリンターズステークス’17 展望

SS様 「また間隔あけて、国内政治もきな臭くなってきたよ」
まっく 「見捨てられないようにしないとね(しかも書いた原稿ファイルが開かないときたもんだ)」

SS様 「大混戦なんだよね」
まっく 「レベルが高いからか低いからかの実力伯仲はわからないけど、こういう時あっさり上位で決まるのですよ」
SS様 「不要なのは」
まっく 「外国馬、3歳馬、ソウルスターリング不在と見て、短距離も秋華賞路線へいってしまいそうで」
SS様 「リエノテソーロがダート路線へ、ジューヌエコールは故障と」
まっく 「単勝20倍下回っている9頭なら、どれがきてもねえ」
SS様 「あえて絞れば」
まっく 「去年の覇者、レッドファルクス、適度に間隔を開けたセイウンコウセイ、前哨戦を勝ったダイアナヘイロー、ファインニードル、ワンスインザムーンまで」

競馬雑談 (その111) 2017年7月

まっく 「最近のヨーロッパの重賞勝ち馬の配合は凄いね」
SS様 「ノーザンダンサー系の濃いインブリードがあるとか、ノーザンダンサー系の三段がけとか」
まっく 「ネアルコ三段がけでも頭がパーの産駒が出ると書いていた中島国治さんならどう評価するか」
SS様 「そんな中、キングジョージを勝ったエネイブル、サドラーズウェルズの3×2ですよ」
まっく 「しかも同系配合か、牝馬の場合、そこまで気にしなくてもいいし、ガリレオで0の遺伝が生じてるので大丈夫ってことなんだよね」
SS様 「オークス、アイルランドオークスと2400mのG1を勝ち続けてきて、次の大目標は凱旋門賞ですか」

宝塚記念’17 結果分析

SS様 「デムーロの勝利騎手インタビューの時、場内白けきってたなあ」
まっく 「拍手すら起こらなかったと、ファンも来てるし、サトノクラウンの単勝買ってた人もいたはずなんだけど」
SS様 「で、そのサトノクラウンの勝因は?」
まっく 「雨、これに尽きます」
SS様 「誰でしたっけ、冬しか勝てないって言ってたのは」
まっく 「去年もやや重で6着完敗でしたし、同じ阪神内回りの大阪杯もさっぱりだったと、ただ、今回は金曜輸送から兵庫県知事選挙の選挙カーまで近くを通さない(馬房は西の県道沿いですから)ように要請したとか対策を講じてるんですよね」
SS様 「ゴールドアクターが復活の2着」
まっく 「調子が戻ってきていたということ、中山や阪神内回りには合っているということ、さらにノリさんのアグレッシブな騎乗がハマったと」
SS様 「逃げるどころか中団からレースしてたね」
まっく 「別に逃げた馬(後述)がいたってのもあるし、無理に前へ行かなくてもよかったてのもあるでしょう、函館のメインで息子がワンツーしたってのもいい刺激だったでしょうし」
SS様 「直線、インへ潜り込んでたな」
まっく 「24年前のオースミロッチを思い出しましたよ」
SS様 「ミッキークイーンが3着」
まっく 「馬場がパンパンだったらもっと前へ来れたという意見もありますが、重を苦手としていませんし、元々阪神巧者で距離延長というのが好走の原因でしょう」
SS様 「何をしに出てきたのかわからないと言われていた(それでも何かチャンスがあるから出走するのだが)2頭しか後ろにいない9着惨敗を喫したキタサンブラックだが」
まっく 「ノーザンファームに包囲網を敷かれて負けたとか言えば陰謀論ぽくてかっこいいのですが、厩舎もオーナーもバラバラなんでそんなことはありえないと、好発進したシュヴァルグランとシャケトラが逃げてしまったので外枠ということもあって無理に追いかけなかったと、しかもスロー(前半1000mで60秒6、しかしやや重ということを考えれば良なら59秒台に換算されるのでは)に落とされてしまって、一気に交わすこともできず、すぐ脇でサトノクラウンがつついてる上に、4コーナーで一団になってヨーイドンの展開になればさすがにどうしようもないでしょう、海外遠征はどうなるのかわかりませんけれど、案外厄落としになったかもしれません(結局、オーナーが記者会見して海外遠征しないと発表したのですが、サブちゃんは海外で走らせたくないようで)」
SS様 「レースを面白くしたシュヴァルグランは結局8着に沈んだのだが」
まっく 「スタート良く飛び出したのはいいけれど、ただ逃げるだけで、共倒れになってしまいました、オーナーにすればたまったものじゃないですよね」
SS様 「まあ、去年、ゴール直後に故障してそのまま引退へ追い込まれたドゥラメンテと同じ騎手、同じ調教師だし、ドゥラメンテ以て瞑すべしだな」
まっく 「勝手に殺すな、彼は元気にやってますって、種付け三昧ですし」

宝塚記念’17 展望

20本以上書いているのですが、パソコンがハングしたり、一度故障して故障したままで使っているので、アップできておりません。結果の解っているもの(選挙の予測とかも)ありますが、順次あげてゆきます

SS様 「今年の競馬も折り返し点を迎えたわけだが、中距離、選手権距離のメンバーがこぞって安田記念に行ってしまったな」
まっく 「11頭立てといえば、ゴールドシップの一回目の13年とか、テイエムオペラオーの00年とか僕が勝った93年とかありますけれど」
SS様 「本命はサブちゃんの馬でいいな」
まっく 「もちろん、相手探しになりそうです」
SS様 「その相手は」
まっく 「レインボーライン」
SS様 「天皇賞12着だぞ」
まっく 「オルフェーヴルは天皇賞11着から巻き返してますが」
SS様 「あれは調教再審査明けじゃないか、他は」
まっく 「ミッキークイーン」
SS様 「ヴィクトリアマイルは距離が短すぎたもんな」
まっく 「あと、牝馬が来たりしますから」
SS様 「ゴールドアクターは?」
まっく 「何かがたが来たまま走ってますね、有馬と宝塚は共通しているのですが、ここはどうでしょうか」
SS様 「サトノクラウンは?重得意だよ」
まっく 「彼は冬がとくいな馬なんですよ」
SS様 「変換せずというよりはけものフレンズを意識してるな、大魔神の馬と鮭虎は?」
まっく 「シャケトラはまだ本格化してない、本格化は秋以降では、シュヴァルグランは回復しきってないような気がしますので」

安田記念’17 結果分析

SS様 「まさかのアラジン大開放」
まっく 「前哨戦も負けてたし、もういいかなと考えてました、血統的にはラキシスの全弟ですから、いつかどこかで勝つかもしれなかったのですが」
SS様 「同じくなめられてたロゴタイプが去年とは一転のハイペースの逃げ」
まっく 「おかげで先行勢は壊滅、人気のイスラボニータもこれに巻き込まれて8着、ブラックスピネルはどんじり18着ですからね、中団グループもバテた先行馬を交わすのに手間取って、外をぶん回した馬が1着3着」
SS様 「レッドファルクスの3着は」
まっく 「デムーロで人気先行、1400mまでしかもたないと思ってました」
SS様 「グレーターロンドンが4着」
まっく 「こちらは内を突いて成功した組ですね、不謹慎ながらロンドンで色々ありましたし」
SS様 「本命のエアスピネルは5着」
まっく 「こっちはハイペースを予見したのか最初に最後方近くまで下げて最内を突こうとしたのですが」

安田記念’17 展望

SS様 「短距離路線組だけじゃなく、大阪杯でキタサンブラックに破れた組がみんなここへ来たな」
まっく 「例年ならあそこから天皇賞に行くのもいるのですが、長距離路線でサトノダイヤモンドとやりあったほうがいいってことだったのでしょう」
SS様 「さて、ロゴタイプとイスラボニータ、同じように皐月賞を勝って1600~2000で長年戦ってるのに、前者は8番人気で後者は1番人気というのは?鞍上ルメールで4週連続G1勝利って期待?ロゴタイプは去年の勝者だよ」
まっく 「ロゴタイプの場合、中山記念から3ヶ月開いてる、しかも間に一頓挫あったようで、互角だと思いますけど」
SS様 「安田記念だけは来る香港勢は?」
まっく 「モレイラが乗って、先月G1勝ってるコンテントメントですけれど、去年どんじり負けしてるのですよ、こっちの主力が香港で掲示板に乗るクラスですから、ビューティーオンリーともども、掲示板に乗るくらいでは」
SS様 「ステファノスとアンビシャスは?」
まっく 「紛らわしいからどっちもいらないわ」
SS様 「二つの尖晶石は」
まっく 「こっちのほうが来そうな気がします、先週の音無厩舎ということも」
SS様 「それならアンビシャスのほうが、同じ厩舎、同じオーナーなんだけど・・・」
まっく 「あと、遅れてきた大物、グレーターロンドンも面白そうなんだけど、重賞経験がないってのがどうも」

まとめると
本命 エアスピネル
対抗 イスラボニータ
単穴 ブラックスピネル
穴  ロゴタイプ
穴  グレーターロンドン

more...

東京優駿’17 結果分析

SS様 「1000mで63秒1、オークスより遅い、1800mで1分53秒1、ダート戦か」
まっく 「タイムから見れば酷い凡戦ですよね」
SS様 「というか、このレースのMVPはノリさんだろうなあ」
まっく 「あとの17人が魔法にかけられたと」
SS様 「biwichedだね」
まっく 「奥様の名前はサマンサ、旦那様の名前はダーリン・・・、確かに『奥様は魔女』の原題だけど」
SS様 「ノリツッコミありがとう、というか殿堂入りしてる歴史的名馬だよ」
まっく 「アッシュランドステークスやヴァニティステークス(当時はヴァニティハンディキャップ)とかのG1を勝ってますね」
SS様 「単勝180倍以上だし、参加してるだけなんてことはどの陣営にもないだろうし(レイデオロの皐月賞は参加してるだけだったけど)」
まっく 「オーナー(引越し屋の女将)は大金持ちですし、最近高野連の偉いさんに就任しましたし」
SS様 「で、唯一魔法から覚めたのがルメールだったと」
まっく 「2コーナーを14番手で回って行った時に、この位置じゃ絶対に届かないと思ってましたけど」
SS様 「向正面で逃げ馬のすぐ後ろについて、3コーナーでは逃げるマイスタイルの後方に」
まっく 「これでラスト600mを33秒8で駆けられたら後ろはどうしようもないでしょう」
SS様 「スワーブリチャードが2着、複勝的中おめでとう」
まっく 「出遅れることもなく、正攻法でレースをしたのですが、勝ちきれないところがハーツクライらしくて、左回り巧者とか言われてますが、サトノダイヤモンドのように、最後の一冠を狙ってアドミラブルと対戦してほしいものです」
SS様 「そのアドミラブルが3着、結局三連複はガチガチ」
まっく 「いくらヨーイドンでもラスト32秒台で走るのは無理でしょう」
SS様 「4着がマイスタイル」
まっく 「先述したように一番見せ場のあったのはこの馬でしょう」
SS様 「5着がアルアイン」
まっく 「先行したのですが、スワーヴリチャードとぶつかって飛ばされたりしてましたし、けっしてスタミナがないわけでないでしょう」
SS様 「6着ダンビュライト、7着ペルシアンナイト、8着トラスト」
まっく 「結局、前に行った馬がこうやって残ってるのですよ、トラストは逃げなかったのではなく、逃げられなかったのですが」

SS様 「藤沢先生が遂にダービーを勝ったとえらい騒ぎだけど」
まっく 「でも菊池一雄厩舎時代に調教師が入院してたので、番頭としてカツトップエースを仕上げてるので、36年前に事実上勝利してるのですけれどね」
SS様 「このあとどうするかね」
まっく 「ノーザンファーム(というか、俊介さん)のご意向が強ければ凱旋門賞、藤沢調教師のご意向が強ければ秋天、キャロットの会員から三冠完走という声が出れば、上洛して菊、どのルートをとってもその次がJCターフでしょう」
SS様 「JRAにとってもうれしいだろう」
まっく 「ホープフルステークスステークスを勝った馬がダービーを勝ってくれるという筋書きを完成させてくれたのですから」

東京優駿’17 展望

SS様 「混戦だ、牝馬より弱いとか言われてたけど、それなりにメンバーが揃ったんじゃないか、で、本命は」
まっく 「それでもスワーヴリチャードです」
SS様 「左回りのほうが向いていると言われてるし、バンドワゴンの弟ってのもあるからな、心配点は」
まっく 「庄野厩舎はダート得意で、この馬の前の芝の重賞勝ちは08年のホクトスルタンまで遡る、しかもそれが唯一という」
SS様 「あの頼りない四代目か、相手は」
まっく 「絞りきれませんが、まずレイデオロ、皐月賞はたたいただけでしょうから」
SS様 「次は」
まっく 「アドミラブル」
SS様 「青葉賞のジンクスがあるが」
まっく 「2着か3着の気がします」
SS様 「後は?」
まっく 「池江厩舎の3頭ですが、アルアイン>ペルシアンナイト>サトノアーサーの順で」
SS様 「順序付けの理由は?」
まっく 「サトノアーサーは間隔あけすぎ、ペルシアンナイトはハービンジャーが信用置けないと」
SS様 「他には」
まっく 「1勝馬がきたことがないとういうジンクスを破れるのかというのでダンビュライトです」

優駿牝馬’17 結果分析

ほべが 「ガチの内有利、ミエミエのスローペースでの上がり勝負」
 べが 「逃げたフローレスマジック(結構人気してて5番人気)が6着に粘ってるくらいだし」
ほべが 「その後ろに入れたソウルスターリングには何もかもうまく行ったというわけですか」
 べが 「同じく1枠のモズカッチャンも前々でレースをしてあわやというところを見せての2着だし」
ほべが 「リスグラシューは出遅れたけど、内へ強引に突っ込んでの5着」
 べが 「デイアドラが後方から内を狙って4着と、中1週のきついローテーションにしては頑張ったし」
ほべが 「アドマイヤミヤビは大外だし、つくづくウンのない馬だこと」
 べが 「穴に推したハローユニコーンは14着だけど」
ほべが 「下見所でも発汗ひどかったし」
 べが 「田辺騎手が午前中に負傷して乗り替わりってのも痛かったね」

優駿牝馬’17 展望

ほべが 「別路線組も多数いたり、桜花賞惨敗組が回避したりして500万条件でも抽選で出走可能になったわけだけど、本命は?」
 べが 「リスグラシュー」
ほべが 「内有利の馬場なのに、14番枠でいいの?」
 べが 「先行するわけではないし、というか、桜花賞上位組が惨敗する気はしないのだけれど」
ほべが 「レーヌミノルは?ダイワメジャー×タイキシャトル×ロイヤルスキーなんだけど」
 べが 「ダイワメジャーは2000mのG1勝ってる、アグネスフローラはオークス2着だし、勝てはしなくても惨敗はないのでは」
ほべが 「ソウルスターリングは」
 べが 「パンパン馬場だし、勝ち負けになるのでは、オークスってスタミナ型がたまに来るけど、大抵は絶対能力でカバーしていることが多いですし、韓国の大統領選挙もあったことですし」
ほべが 「別路線で面白そうなのは」
 べが 「忘れな草賞を勝ったハローユニコーンを」

ヴィクトリアマイル’17 結果分析

ほべが 「えらく書き込みが遅れたのは、作者が艦これの春イベントに時間を取られてるから?」
 べが 「映像見る機会がなかった(JRAのHPからレース画像が見られない状態)からだって」
ほべが 「基本的に先行有利な展開だったのですけれど」
 べが 「逃げたソルヴェイグとスマートレイアーが5着、4着と掲示板に載ってるくらいですから」
ほべが 「その中で中団からまくり気味に上がってきたルメールのアドマイヤリードが33秒4の末脚で押し切ったと」
 べが 「ルメールかデムーロは何かやってくれると思っていたら」
ほべが 「転厩ながら、ステイゴールド牝馬でG1勝ってるのって須貝厩舎のみということを皆忘れていたと」
 べが 「あそこには金船君もいましたしね、ステG産駒の扱いに長けているってこともあるのでしょう」
ほべが 「2着のデンコウアンジュにはびっくりと」
 べが 「勝ち馬の更に後ろから最速の上がりだったのですが、届かずじまい」
ほべが 「他に有力馬を、ミッキークイーンは7着」
 べが 「阪神牝馬ステークスで、馬場の影響を受けたと言われてますが、スマートレイアーも同じレース使っているだけに」
ほべが 「ルージュバックは10着」
 べが 「明らかに1600mは短すぎます」

ヴィクトリアマイル’17 展望

ほべが 「本命は」
 べが 「ミッキークイーン」
ほべが 「去年は評価下げてたけど」
 べが 「2着って実績残されたら」
ほべが 「相手は?」
 べが 「短めの距離から来そうってわけで、レッツゴードンキ」
ほべが 「三番手は?」
 べが 「距離短縮組だけど、マカヒキに京都記念で先着したスマートレイアー、去年の4着だし」
ほべが 「不安なのは」
 べが 「アドマイヤリードとクイーンズリング、ルメールとデムーロだけど、ステイゴールドとマンハッタンカフェの産駒は来ないのよ」
ほべが 「望み薄だけど来てほしいのは」
 べが 「ウキヨノカゼとアスカビレン」
ほべが 「前者は旧原口牧場の生産だし、後者は勝てばオーナーが歌ってくれないかなと」
 べが 「生前葬とかやってる場合じゃないと思うのだけど」

マイルカップ’17 結果分析

SS様 「好スタートを切ったのがアエロリット」
まっく 「ただ、少し控えてボンセルヴィ-ソが逃げる展開」
SS様 「そのまま3着と1着」
まっく 「桜花賞の4着と5着の差なんて無かったんですわ」
SS様 「ただ、前に行ったもの勝ちな展開だから」
まっく 「後方ママで惨敗した馬の多かったこと」
SS様 「それにしてもリエノテソーロのあわや2着はびっくり」
まっく 「みんなダート馬と思ってたからね、アネモネステークスでスズカゼに負けてたし、でも次走はジャパンダートダービーの可能性もあるし(12日の発表によると、ユニコーンステークスだそうです)」

more...

マイルカップ’17 展望

まっく 「はっきり言ってわかりませんね」
SS様 「1番人気か10番人気以降、2着も5番人気までと何が何だか分からない」
まっく 「こういう時は適当に探して、BOXで買うと」
SS様 「小島陽菜だな」
まっく 「あれ、名古屋以西では放送してないし」
SS様 「ドバイWCのときに見て、つまらんと思ったわ、で、買うならば」
まっく 「カラクレナイ(コナンの映画やってるし)、アエロリット、ボンセルヴィ-ソ、ジョーストリクトリ、それにフランス大統領選挙なのでモンドキャンノで」
SS様 「本当に適当だな」

天皇賞(春)’17 結果分析

SS様 「ヤマカツライデンの超ハイペース」
まっく 「1000mで58秒3、最初はスタートで時間がかかるので、200mから1200mまでが57秒0、2400mまで2分24秒8というとんでもないペース」
SS様 「前日の2400mの準オープンで2分23秒台が出てたくらいだけど」
まっく 「(2分22秒7で走ってらい、現行レコードより0秒1遅いだけ)これだけのペースでは、後ろから追い抜こうとしても難しいですし、みんなバテてますからね」
SS様 「しかも先行した組が止まらない」
まっく 「サトノダイヤモンドが3着に敗れたと言っても、斤量、距離だけでなく、追いつくのが大変だったと」
SS様 「シュヴァルグランに追いつきかけたところで、突き放されたな」
まっく 「去年の1着3着9着6着が今年の1着2着4着5着ですから」
SS様 「スローでもハイペースでも結果は一緒か」
まっく 「シャケトラが9着だったとはいえ、あの展開では前へ行こうとしたのは間違いではなかったと思うのですけれど」
SS様 「出遅れてチグハグなレースになってしまったと」
まっく 「ゴールドアクターが同じように出遅れて、後方で何もせずに7着だったのに比べれば」
SS様 「キタサンブラックの先行押切は見事だったな」
まっく 「あれは横綱相撲ですよ、先行して逃げ馬を交わし、後ろの馬に何もさせないという(かつての僕のようにね)」
SS様 「隠してる本音が漏れてるぞ」
まっく 「まるで黒王が走ってるようですから、宝塚もいいでしょうが、アイリッシュチャンピオンステークスかフォワ賞へ直行でもいいかもしれません」

天皇賞(春)’17 展望

SS様 「♪立て 飢えたるものぞ 今ぞ日は来たり」
まっく 「なんでインターナショナルなんですか」
SS様 「平日にメーデー開催しても組合員が来ないので、今日やっちまおうという軟弱な労組が結構あって」
まっく 「プロレタリアトが天皇賞に出走するからですか、柳瀬尚紀さんがご存命なら出馬表でどう解説されたかは見ものだったでしょうね」
SS様 「去年の秋は女王杯に出走したじゃないか」
まっく 「推してましたね、2400はともかく、3200はきっついでしょうね、全く人気ありません(単勝200倍以上ついてる)し」

SS様 「さて、二強のどちらを本命にする」
まっく 「キタサンブラックですね」
SS様 「やはり内枠ってことか」
まっく 「この距離で8枠15番はさして気にはなりませんが、外々を回らされる危険性がありますから」
SS様 「二強並び立つってのはまず無いからなあ、去年の有馬はそれで決まったけど」
まっく 「1987年以降の30回で、一番人気と二番人気で決まったのは、89,93,94,97,06の5回のみ、しかも、93年はぱーまー君を、97年はマーベラスサンデーを含んでの三強対決ですから、実質は3回ってことです」
SS様 「ということは、三番手は」
まっく 「鮭虎です」
SS様 「1枠1番が大きいということか」
まっく 「内で我慢して最後に伸びるということです」
SS様 「シュヴァルグランは?」
まっく 「福永ですからねえ・・・」
SS様 「アルバートは?」
まっく 「B級ステイヤー」
SS様 「レインボーラインは?」
まっく 「追い込み効かないですからねえ」

皐月賞’17 結果分析

SS様 「アルアインの勝因は?」
まっく 「直前に芝を刈って短くしたこと(笑、実際は土曜夜に散水しなかったこともありそうですが)」
SS様 「確かに、ディープインパクト向きかもしれないが、カデナもファンディーナもサトノアレスもディープインパクト産駒じゃないか」
まっく 「実際は、他の馬が欠点を抱えていた中、アルアインにはそれがなかったということでしょうに、距離伸びてどうかでしょうが」
SS様 「ペルシアンナイトが2着」
まっく 「坂を登りきったところまでは先頭ですから、追分さん、そしてG1レーシングには悔しかったでしょう」
SS様 「まだG1レーシングは名前倒れでG1を勝利してないからな」
まっく 「進路を探して勝負どころではミルコが右へ左へコース取りをすると」
SS様 「それを10レースでやれや」
まっく 「この作者、10レースのサザナミの単勝買ってましてねえ」
SS様 「ハービンジャー産駒だから、距離伸びて更に楽しみとか」
まっく 「ハービンジャー産駒、意外と成長力無いですよ」
SS様 「3着がダンビュライト」
まっく 「豊さんがサンデーレーシングの馬に乗る、しかも人気がない、10年前では考えられないですよね」
SS様 「10年代前半の完全に干されててた時代ではなくなったということか」
まっく 「この一族、石の名前がついてますからよくわかりますけど、兄がラブラドライト、いとこがクリソライトやマリアライトですから、ルーラーシップ産駒でも距離延長に対応できそうです

SS様 「その前に、勝ちきれない危険性がありそう」
まっく 「結構、晩成型の一族ですし」
SS様 「4着がクリンチャー」
まっく 「ワキノブレイブの弟ですけど、成長力も距離もありそうです、展望でノースヒルズなら人気のないコッチと思ってたのですが、本当に来ましたね」
SS様 「5着がレイデオロ」
まっく 「明らかに目標はダービーって感じのするレースでした」
SS様 「6着がスワーヴリチャード」
まっく 「手前が変えられないわ、3歳春のハーツクライは本格化してないってことか」
SS様 「7着がファンディーナ」
まっく 「牡馬の壁」
SS様 「ディープ産駒なのに9着のカデナ」
まっく 「前が止まらなかったからねえ」
SS様 「サトノアレスは11着」
まっく 「距離の壁に加えて、やる気ナシって感じがしました」

more...

皐月賞’17 展望

SS様 「低レベルとか言われてる今年の3歳牡馬で、牝馬が距離を求めて食指をのばしてきたのだが、本命は」
まっく 「スワーヴリチャード」
SS様 「共同通信杯を勝ったってのが最大の理由か」
まっく 「あとはバンドワゴンの弟ってのもあります」
SS様 「心配なのは、庄野厩舎の重賞勝ち馬ってダート馬ばかりということなんだけど」
まっく 「スワーヴリチャードが勝つまで、芝の重賞勝ったのはホクトスルタンしかいないってのは知ってますよ、親だもん」
SS様 「知ってた、じゃあ、人気順に評価してゆくか、ファンディーナから」
まっく 「牝馬が皐月賞勝ったのって第7回、第8回って、終戦直後の馬も揃ってない混乱期でしょ、勝つか惨敗では、単穴まで」
SS様 「カデナは」
まっく 「さっさと出てゆけ、それに尖閣に対しては近すぎるし」
SS様 「それは嘉手納、イタリア語のカテナチオと同じだね」
まっく 「閑話休題、2着か3着、マカヒキみたいに本番はダービーって感じ、でも鞍上福永だから更に割引」
SS様 「レイデオロは」
まっく 「年明け初戦は辛すぎ、こっちこそダービーが面白い」
SS様 「ペルシアンナイトは」
まっく 「1800使ってても重賞ではないし、池江厩舎ならアルアインのほうがよさそう」
SS様 「ウインブライトは」
まっく 「人気ないなあ、ステイゴールド産駒だし、面白いのでは」
SS様 「サトノアレスは」
まっく 「マイラーなんじゃ、マイルカップで期待」
SS様 「アウトライアーズは」
まっく 「中山得意のヴィクトワールピサの産駒で、何か仕掛けてくる小島先生だから面白そう」
SS様 「まとめると」
まっく 「本命スワーヴリチャード、対抗ウインブライト、穴はアルアインとアウトライアーズ」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 秋華賞’17  展望 (10/14)
  •  べが 「♪柴田がかんだ小指が痛い~」ほべが 「作者が小松政夫のドラマ見てたというのがわかるね」 べが 「伊東ゆかりとジャイアンツの柴田勲が噂になってたってこと
  • スプリンターズステークス’17+α 結果分析 (10/02)
  • SS様 「レッドファルクスが連覇したわけだが、馬場が合ってたのかな」まっく 「ミルコが内へ切り込んだのが大きいでしょう、大外ぶんまわしでは届かなかったでしょう」
  • スプリンターズステークス’17 展望 (09/30)
  • SS様 「また間隔あけて、国内政治もきな臭くなってきたよ」まっく 「見捨てられないようにしないとね(しかも書いた原稿ファイルが開かないときたもんだ)」SS様 「
  • これで一息ついたと思っているのだろうか (09/04)
  • 自分がG20サミットに出席+外遊のために不在中に休会中審査で森友と加計(合わせてもりかけらしい)の集中審議をやってしまおうと考えた。いないから何も言わなくて済む
  • こんな大統領に縋ってやっていくのか (08/14)
  • ヴァージニア州シャーロッツヴィル(シャルロットヴィルとも言うが、これじゃあメジロパーマーのひいじいさんだね)で、南北戦争の南軍の名将リー将軍の銅像を差別の象徴だ
  • ダクトの異常だったとはいえ (08/13)
  • 羽田から伊丹に向かう予定の全日空37便のボーイング777、離陸してしばらく経って機内に煙が出たために急遽羽田に引き返した。原因はダクトの異常だけで、飛行には差し
  • 欠陥品 (08/11)
  • オーストラリアで演習中の岩国に配備されているオスプレイが墜落し3名が死亡した。ティルトローター機そのものが問題があるということに気づいてないのだろうか。VTOL性と
  • グアム攻撃は存立危機事態では (08/10)
  • 今度は中距離弾道弾を4発、グアム沖に発射するぞと、しかも上空2000km以上とは言え、島根、広島、高知の上空を通過させるぞと宣言した。かんしゃく玉破裂させてるだ
  • 休会中審議もこのザマか (08/10)
  • 稲田は休会中審議に欠席して国会内をニコニコしながら歩いてる。政府は南スーダンの問題を最初からなかったコトにしたくて必死。アベルフ首相が命じたのか、ゲッベルスガ官
  • そりゃ、支持率上がって当然だろ (08/07)
  • 内閣改造した安倍内閣の支持率が上昇して、一部の人達は喜んでいるが、上がって当然だろ、内閣改造の直後で、しかも能力の怪しい政治家を外したのだから。これで下がれば本
ニー屋 腕時計 通販ショップ