揚陸艦の使い方

現在の海軍では揚陸艦が大流行している。空母なんて持てやしない(無謀にも合衆国以外で小型空母を持っている国(インドなど)も存在するが)が、ヘリ巡洋艦やヘリ空母では攻撃力や輸送力が少ないことが理由だろう。
イギリスの大型艦はこれしか無い(いつ完成するかわからない空母はあるが)し、スペインや、ロシアに売り損なったフランスも使い道を模索している(エジプトへ売却が決まりました)。某国自衛隊のいずも型ヘリ空母も揚陸艦機能を重視している。
今や、シリアからの難民をギリシャに移動させる闇ビジネスが成立している。ならば、東地中海の公海上に、揚陸艦を配置して、難民を搭載して、マルセイユあたりまで輸送したらどうなんだろうか。軍艦はその国家の領土の延長上に相当するので、入国手続も済ませば、中欧諸国がゴネる必要もなくなるし。

レディー・カガ

いずも型ヘリ空母護衛艦の二番艦が進水し、艦名は「かが」と名付けられた。ひゅうが、いせ、いずもと旧国名を踏襲してきたので、二番艦も旧国名から採用すると思われていたが、「ながと」は安倍首相、「とさ」は中谷防衛相のお膝元とあって使うわけにいかず、「むつ」は原子力船でみそをつけ、「やまと」「むさし」「しなの」は永久欠番、「やましろ」は内陸国で不運が漂う(国鉄~JRの列車名で最も短命だし)、「きい」は建造前に中止されたし、「おわり」も同様だが、こちらはなおさら験が悪い(12月の中京開催の最終日の最終レースが尾張ステークスだった時期がある)。で、出てきたのが「かが」である。ついに空母の登場である。
え、「そうりゅう」がすでにいるって?ま、あっちは潜水艦ですし。まさかオリンピックに飽きたらずに森喜朗が余計なちょっかい出したわけでも無かろう。
出雲と加賀の関係?そりゃあ、1932年の上海事変とか、1937年の日中戦争の序盤とかで同じ部隊ではないが戦闘に参加しているし。

1920~30年代、合衆国の大型空母レキシントン、サラトガをレディーレックス、レディーサラと呼んでいた。もちろん、他に大型空母なんて合衆国にもいやしない、日本の赤城と加賀しかない時代だ。今例えれば、まさにレディーカガとなるのだろう。別に加賀温泉の女将のグループのことではない。

今の客船は相当バランスが悪そうだから

長江で南京から重慶へ遡上する観光クルーズ客船が竜巻で転覆した。建造して20年ほど経つものの、上甲板の上に3層というと結構重心が高いような気がする。ましてや長江とはいえ、川船である。

余談ながら、現在のクルーズ客船やフェリーがそびえ立つような外観なので重心は大丈夫かとも思いたいが、水面下に伸びている(日本海軍はそういう設計思想だった)と思いたい。
日本人にとって客船なんて氷川丸、せいぜい橿原丸(=空母隼鷹)しか発想できないからなあ。氷川丸は最上甲板の上には3層だけ、しかも上2層は船長室と操舵室しか無いから。今はその後方にズラリと客室が並んでいるから。

それ、金かかるから無理でしょう

甑島の沖合いに沈む戦艦大和を自民党の若手議員が引き揚げようかという話が出てきた。やめときなさい。カネがかかりすぎます。宇宙戦艦ヤマトの西崎プロデューサーも、角川書店も(「男たちの大和」の著者の辺見じゅんさんは角川家の出身)も諦めたんだ。まさか艦隊これくしょんのからみでもう一度角川に頼むってわけでもあるまい。
それに沈没船は墓銘碑のようなものなんだから。

それなら1分の1のレプリカでも建造したほうがいいんじゃないの?「バトルシップ2」がもし制作されたら、絶対にハリウッドが使うだろうし。
いや、いっそガチで建造して中国ににらみを効かせたほうがいいかもしれない。ズムウォルト級駆逐艦(って巡洋艦だろ、アレ)2隻分より安いんだから。

自民党に頼めばよかったのにね

鹿児島の離島航路存廃を衆院予算員会で訴える議員、だが、太田交通大臣も安倍首相も奥歯に物が挟まった答弁、やっぱり質問者が共産党だからだろうか。

見つかっていないとは思わんかった

世界の大金持ちランキングをフランスドゥー(チャンネル2、けっして2ちゃんねると読んではいけない)で放送していた。1位のビル・ゲイツを筆頭に上位8名は全てアメリカ人で、フランスで一二を争う金持ちはヴィトン+萌えモエ+ヘネシーのCEOくらいであるという。
このランキングの51位にもランクされているアラン・ポール氏、ゲイツと一緒にマイクロソフトの共同創始者であるが、あり余る資産で宇宙探索や沈没船捜索をやっている。
フィリピンはシブヤン海で沈没船が見つかったという、その部品には日本語が書かれていたり、船首には菊の御紋の台座が残っているという。というか、シブヤン海で沈んだと確認されている日本海軍の艦船は武蔵のみである。姉は宇宙に飛んで行ったりしてあまりにも有名であったが、妹の方は余り知られていなかった。
戦没後70年以上を経過して、当時の乗組員もほとんど残っていない。本土へ帰還中に輸送船が沈没したり、陸上部隊に多くが転勤させられたりしたので、当時ですら500名くらいしか帰還していないはずである。水深1000mにあるので引き上げなど考えずに、そこを墓標としておいたほうがいいだろう。
ポールさん、次は信濃だよ。

more...

これ、日本へ飛び火するんじゃないだろうな

セウォル号の舵に問題があったと、いうから、建造して使用していた日本の責任にされそうな気がしてきた。昔、航空戦艦改造時まで、伊勢型戦艦の舵がピーキーだったこともあるし、それぞれの船の癖なのかもしれない。

一方、パク首相は、さっさと退船した船長ら幹部船員に責任を押し付けている。そのくせ黄色いヒトラーの支援は断り続けている。ま、行方不明者の名簿の前で記念撮影するなんて、日本の官僚ですらしないことをするんだから。

それは経験不足とは言わないのでは

珍島でのフェリー転覆事故で、事故当時、25歳の三等航海士が当直であったことが問題視されていたが、世界中おかしなことではない。
そもそも商船は航海と機関の二系統があり、操船、洋上の監視、出入港の種々の関連行為は航海科が担当する。
通常、ブリッジでの部下の管理は一等、二等、三等の三名の航海士が4時間ずつ輪番で担当し、三等航海士が8時~12時(と、20時~24時)が当直なのは別におかしいことでもなく、出入港時と潮流が複雑でもない限り、船長が船橋から離れるのもよくある話である。食事、仮眠もあるのだから。昔の長距離客船など、客の前に出たり、夕食会に参加したりしたこともあったし。本当だって?キャメロンのタイタニックにそんなシーンあったかなあ、あの船は六等航海士までいたが、普通は一等二等三等が2人ずつ配置されたり、航海士長(事実上の副船長)が置かれたこともあった。

それに、昔の海軍じゃ、兵学校卒業して1年たたない少尉が航海士になって、海図もろくに無い海原を走っていたものだが。

何やら連絡船みたいで・・・

17日のうちはあまり報じられなかった(MBSのラジオニュースが報じたくらいか)が、船内の車が一方向に動いたために、バランスを失って横転したのではないかということである。
もう60年前の話であるが、洞爺丸台風で沈んだ連絡船のうち、三角波を補強部分に受けて一瞬で轟沈したケース(第十一青函丸)や、海底の流砂をスタビライザーが引掛け、それで転覆したケース(洞爺丸)もあったが、貨物船の沈没理由は、海水が船尾の貨車出入口から入って石炭庫に流れ込み、水没させ、ボイラー出力を低下させ、傾いた貨車で傾斜した船体を復元できなくなって沈んだということを思い出す。

一体何が起こったのか

テレビ東京のニュースを見ていたら、300人近く行方不明と言いながら、さらりと流していた。どこも理化学研究所の騒動のほうが大事らしい。
仁川から済州島に向かう韓国のフェリーが、珍島沖で傾斜して転覆、そのままあっという間に横転し沈没した。
このフェリーは日本で建造されたとのことだが、そんなにあっさり横転するものなのか、昨今の客船、特にクルーズ船は客室を増やしたり、眺望を増すために高層ビルが建っているように見える。
それ故に重心が上昇して横転しやすくなったのではないか。

これがイタリア気質か

Facebookにあった書き込み、ある島の女性から、兄が乗り組んでいる船が沖合を通りますと、兄は件の客船の給仕長で、年末年始の多忙で帰省出来なかったゆえに、船長が故郷の島の脇を通ろうとして座礁したのが理由とのこと。

おまけに、いかに陸岸接近コースがとれるかが、イタリアの船乗りの誇りだと。その割には船長がさっさと下船してしまったんだが。
先客や他の乗組員が下船してから船長が下船するキャプテンラストは、命を粗末にするという理由で撤廃されたが、こうも簡単に下船されたら、イタリア政府はたまったものじゃないだろう

凪に衝突 月夜に座礁

クルーズ客船が座礁して死亡者が出ているなんて、フィリピンあたりのふぇりーならいざしらず、地中海でこんなことが起こるなんて考えられなかった。

オートパイロットの設定ミスと言う話が出ていたが、それなら手動での操船に戻せば済む話なのに。

しかし、15層で水線上52mとは重心が高くないか。不安定だったのかもしれない。
帝国海軍(海自でもまだ使っているかもしれないが)の若手士官への戒めに
「カームに衝突 月夜に座礁」というものがある。油断するなという意味だが、油断するとこうなってしまうという見本か。

こんな船があれば

26日の報道特集でも取り上げられていたし、元々私の考えではない。
元ネタは国が病院船を建造すべきである。

総トン数10000トン、あるいは現在のクルーズ船のように25000トン以上でもいいのかもしれない。
平素は海自がクルーズ客船として運用するか、船会社にリースする。後部にプールは不要だろうね。平坦にしてヘリコプター発着能力を持たせたほうがいい。
災害発生時には病院船として客室は病室、あるいは避難民の収容に充てればいい。

やっぱり政治が間違えてる・・・のが理由か?

伊勢湾フェリーが9月いっぱいで伊良湖-鳥羽の航路を廃止すると発表した。
伊勢湾に橋をかける計画を実行してもらうために国道42号の起点を松阪から渥美半島の南岸(北岸は国道259号線)を走るルートで浜松に変更し、海上国道として機能していた。

が、利用客は1994年を頂点にして14年で三分の一にまで減少した。鳥羽から静岡以東へ向かう場合には確かに便利なのだが、こんな道路誰も使わないと酷評されていた伊勢湾岸道から伊勢道へ走れば、昨今の割引で安く行けるのも事実だ。自民も民主も救いようがないが、1000円高速はそんな以前から制定されていないので、単に高速道路を降りずに走れるので大回りしても構わないといったところだろうか。

車を使わない人間には、鳥羽→名古屋→豊橋→伊良湖と大回りで時間も金も必要になるのだが。

宇高航路のように地元が資金援助できぬものなのかねえ。
1000高速も無料化も打ち切って、エコの為に大幅値上げ(トラックは物流コストのために値下げをしてもいいが)をするべきなのに。

また廃止って

3月26日限りで、宇野-高松間のフェリーを運営する2社が運行を打ち切ると発表した。
瀬戸大橋が開通した’88年当時は料金の馬鹿高さと乗務員の休憩時間を兼ねることもあって、フェリーの利用も減少しなかったが、1000円高速よりもここ数年の瀬戸大橋の大幅値下げで利用客が激減した。
この航路は国道30号線の一部という海上国道であったが、これで国道30号線は中途断絶状態になる。
すでに大鳴門橋の開通で国道28号線が、フェリー会社の経営不振で国道57号線が中途断絶状態である。
まあ、べつに中途断絶でどうなることもないが、二輪車での移動はどうなってしまうのだろうか。

前原ぽっぽ君は本当に中身の無い人で、ば官僚どもの言いなりだからなあ。

ただ、道路予算の仕分けをやっていると批判を受けているが、無用な道路と山間部の土砂崩れの復旧とをごちゃごちゃにして批判するのも考えものである。
毎日新聞で風知草というコラムを書いている山田某は去年の衆院選以前からアンチ民主だけれどね。

いつかあった光景

熊野灘でフェリーが座礁横転して一週間がたつ。昨週末は大量のやじ馬が押し寄せたらしいが、船内の油が流出すると、地元のイセエビ漁師さんは困るだろう。

この傾いた状態、洞爺丸台風のときの函館湾のようなものであろう。石炭炊きの船なら、水が西端個に入って連絡船のように沈んでいっただろう。
船内のトラックやトレーラーが傾きバランスを失って傾いてしまう。これも、連絡船の貨車や客車が傾いてしまったのと同じだろう。
船内に水がたまってしまう。これが船内を走り回り、傾斜を増大させることもある。北見丸は傾斜を修正しようとして沈んだ可能性があるのだ。
沈没を避けようと、海岸近くまで持ってきて、フェリーは横転したのだが、海岸の砂にビルジキールが引っかかって横転した洞爺丸を想起させる。

ところで、乗客がわずか7人しかいなかったことが、高速道路に客を取られたのではないかと思われているが、多少はあるだろうが、東京と志布志で2夜かかるのはさすがに時間を要するし、志布志港が不便であることも考えれば、東京-志布志の利用客は少ないだろう。
では、トラックはどうなのか、最近はトレーラーが主になっており、牽引車は陸上において、積み込み引き出しのときだけ乗船させるのある。

減って、減って、減ったら大変だ

明石淡路フェリー、通称たこフェリーは菊水丸師匠のCMでおなじみの、明石と岩屋を結ぶ航路で、海上国道(28号)も兼ねている。

明石海峡大橋が神戸、さらに山奥へ向かっているので、淡路島北部から明石に向かうにはこちらのほうが便利であるが、それだけでは利用客が減り、そのために社員の希望退職を募集したら、退職者が相次ぎ、64便を48便に減らす羽目になってしまった。

また、元々第三セクターではあるが、更なる行政に経営支援を求めている。国道はつながっているべきはずなのに、フェリーの廃止で切断された57号、大鳴門橋の建設で切断された28号のような例がある。後者はつながっているといえばそうなのだが、自転車や歩行者の移動手段がない。
民間企業に過度の支援も考えものだが、政府は交通網の維持を考えなくてはならないだろう。

結局補助が要るのだ

和歌山-小松島を結ぶ南海フェリーに対して、和歌山、徳島、両県は補助金を出すことにした。
阪神大震災の直後は、和歌山港に長距離トラックがあふれかえるなんてこともあったが、1998年の明石海峡大橋の開通で、関西から四国への道路交通は明石海峡大橋、大鳴門橋経由が当たり前となり、四国の玄関口は徳島となった。大阪や三宮からは夜遅くまで、高速バスが発車してゆく。梅田にいると、鹿児島行きの夜行バスの後ろに止まっていたりする。
その割に徳島に元気がないのは、長野新幹線ができて、東京に経済が吸い出された長野と同様、神戸に吸い出されているからだろう。

もちろん、京阪地区を通過する関係で高速料金は1000円ではないが、和歌山と徳島の間の輸送量など、たかがしれている。大阪からの移動がないとどうしようもない。
また、南海電鉄の衰退もこれに輪を掛けているのだろう。

こんなことをになるのなら、高速道路1000円は直ちに止めるべきである。無料はもってのほか、エコを考えれば、混雑時は割増料金で当然であろう。
自家用車一律100万円ぐらいでいいんじゃないの。

アスカ・ラングレー?

神戸で建造中の新型潜水艦で感電事故が起こって数名が負傷した。びっくりしたのは艦名が「ごましお」「ねぎしお」なんていう名前ではなく(もちろん、そんな艦名は実在しません!)、自衛隊始まって以来の
         そうりゅう

であることである。昨年秋、防衛省がこっそり命名基準をかえて、伝説上の生物を潜水艦の名前に加えていたのである。
合衆国海軍が潜水艦に海洋生物の名前を(ノーチラスはご存知?)つけていたのを、戦艦に使っていた州の名前や巡洋艦に使っていた街の名前(こちらは古戦場をつけるようになって追い出されたのかも)をつけるようになったのと同じかもしれない。
二番艦は「ひりゅう」、三番艦は「うんりゅう」か?いずれも先代の空母は海に沈んでいる。海自が潜水艦を主力とは思っていないだろうから、さらに基準を改正して空を飛ぶものの名前を使って
「しょうかく」「ずいかく」「じゅんよう」「ひよう」「ずいほう」「しょうほう」「りゅうほう」「たいほう」・・・
なんてつけないだろうね。

ヘリ空母の「ひゅうが」にしろ、今回の「そうりゅう」にしろ
エヴァンゲリオン入ってませんか?
艦好きの庵野監督が第二次大戦中の帝国海軍の艦(駆逐艦は軍艦ではなかったので、軍艦とは書けない)からキャラの名前を頂いたので、かぶって当然かもしれないが、一回りして戻ってきたような気もする。次は「いぶき」?それとも「あおば」?あるいは「ふゆつき」か。

最も心配なのは、建造中の事故は艦にみそがついちゃうことだね。目に見えない不運を背負っちゃうような気がして。

へり空母「ひゅうが」

「利根」を検索して、「巡洋艦」を検索すると、13500tヘリ護衛艦の記事が出てきたが、そこの艦名に「ひゅうが」の文字、更新が8月23日15時23分(日本時間)、さっきではないか。

「はるな」以来、ヘリ護衛艦(どうみても巡洋艦だが)、イージス護衛艦(図体はでかいが、性能がタイコンデロガ級に劣るので駆逐艦でいいような)は全て山の名前
ヘリ護衛艦は「はるな」(141) 「ひえい」(142)
続いて    「しらね」(143) 「くらま」(144)
イージス艦は「こんごう」(173)「きりしま」(174) 「みょうこう」(175) 「ちょうかい」(176)
続いて    「あたご」(177) 「あしがら」(178)
だったので「たかお」「はぐろ」あたりと思いきや、旧国名、軍艦に詳しい人間には事故復旧時に後部に飛行甲板をつけた戦艦「日向」しか思い出せんぞ。とすると二番艦は「いせ」か?
予算も出そうにないが三番艦は「やましろ」?「ふそう」は付けられない、おまけに事故起こしそうだから、四番艦は「きい」?「かが」?「とさ」?
ここまで大型ならヘリ空母、せめてヘリ巡洋艦だろうなあ。ただ、固定翼機(CTOL)は運用不可、がんばってVTOLしか使えない(燃費が悪くなるが)から諸外国から「空母を持ちやがって」といわれても「空母ではない」と反論できるだろう。

TBSのニュースで進水式流しているわ。どうして艦名に突っ込まないのだろうか。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ