メイちゃんの冒険

なんと、2020年までの下院を解散して、6月8日に総選挙を行うと英国のメイ首相は発表した。これでEU脱退に対して確たる支持を得てEU、というかドイツ、というかメルケル首相との女の戦いに挑むつもりなのか。
仮に保守党が大敗してもEU離脱交渉は行われるであろうが、EU残留を要望する勢力はどこへ投票するのか?スコットランド民族党か?今度は離脱にNOを突きつけたら、イギリスはどこへ漂流するのだろうか。

大統領の目があ、目があ

フランス大統領選挙の左派候補決選投票で、アモン前教育相が優位を伝えられていたバルス前首相に勝利した。これでバルス氏は大統領への道が閉ざされてしまった。どちらが勝っても右派統一候補のフィヨン氏や中間派から出馬するマクロン前経済相、一定の支持がある国民戦線のル・ペン党首相手に決選投票まで持ち込むのは相当困難だろうが。

パレスチナを助けようとしているのだけれど

オランド大統領の置き土産なのか、パレスチナ諸国を集めて国際会議を行ったが、自分達がパレスチナ全土を占拠することを当然とみなすイスラエルも、それに反発するパレスチナも参加しなかったが、自分達以外は全て敵になっても被害妄想の激しいユダヤ人にはもう他人の痛みは理解できなくなってしまったのだろうか。

それに対してあのバカは

前日のオバマ大統領の演説と真逆の、いつものツイッター垂れ流しを報道陣の面前で行っただけだった。でもこれを信じている国民も多いということなのだろう。いや、信じないとやっていけないのだろう。自分達の雇用がないのは海外生産への移行というよりも、産業構造が根本的に変わってしまった、という事実もあるのに。

いい記者会見だった

本来、大統領の最後の会見は通常ホワイトハウスで行われるが、ミシェル夫人との思い出の地、シカゴでの会見となった。
日本ではバカッターと呼ばれ、偽情報、特にツイッターに振り回される人がいるが、偽情報に振り回されることへの警戒感をオバマ大統領は述べた。同じことを「嘘を嘘と見抜けないようでは・・・」と17年前に西村博之氏が既に発言しているが。

こんなところで足の引っ張り合いをやってどうするんだよ

2016年末に釜山港に設置された少女像、この撤去を要求して日本政府は通貨スワップ協定の交渉中止と大使の一時帰国を命じた。韓国政府がコントロールされていないこともあるが、そもそもの原因は年末の稲田防衛大臣の靖国参拝が原因だろう。

帰ってきてこれじゃねえ

防衛大臣が帰国してすぐに靖国神社に参っているようでは、第二次大戦の戦争犯罪者を美化するとまた海外から叩かれるのに。

四分の三世紀

当選直後にホイホイとトランプ次期大統領を訪問し、「現在誰が大統領なんだ?!」とオバマ大統領ににらまれたこともあり、慌てて防衛大臣を連れて真珠湾75周年のハワイへ赴いた。
アリゾナ・メモリアルでは大人しく振る舞ってはいたが、心中ざまあみろとでもおもっていたのじゃないか。その後ろで保存されているミズーリが「いつでも復帰してやろうか」とにらんでいるように見えた。

いや、朝鮮相手には現役復帰したほうがいいかも。

まったくこいつらのワガママのせいで

安全保障理事会で、イスラエル入植非難決議が成立した。そう、合衆国が棄権したからできたことなのだ。他人の土地に侵攻して入植すりゃ非難を浴びて当然だろうが。2000年経てば占有権など消滅するんだよ。
しかし、トランプ次期大統領の娘婿のクシュナー氏はユダヤ人だからなあ。

234票

234対62、与党からも圧倒的な弾劾裁判賛成者が出た。与党議員の多くにまで見放されてしまった。この段階でパク大統領はレイムダックになってしまうはずなんだが、弾劾裁判所のメンバーが大統領派が多数を占めているので、弾劾裁判を長引かせて任期一杯まで逃げ切るのではないか。

逆に喧嘩売っちゃったよ

パク・クネ大統領のほうから議会に喧嘩を売ってしまった。毎週続くデモの様相から、与党も見限ってしまうのではないか。

オーストリアやり直し大統領選

極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。

これはポピュリストでなくても否定するわ

イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。

もう出れないのか

more...

逃げ切りたいのかな

国会の対応次第で大統領を辞任すると発表したパククネ大統領、大統領が人気な河馬で、もとい人気半ばで辞任するのはよほどのことともいえるが、国会の対応がごちゃついてる間は大統領の座に居座れるし、そのまま任期満了まで逃げ切ってしまうのかもしれない。

ワンサイド

27日に元首相同士のジュペ氏とフィヨン氏が争った右派決選投票で、フィヨン氏が66%以上の得票を集めて、右派の大統領候補になった。左派のほうが、選挙で苦戦し続けているだけに、敵は国民戦線のルペン氏になりそうだし、決選投票にになれば、国民戦線だけはごめんだという左派や極左の票が集まるから次期大統領では優位な立場になった、と今までは言えたが、イギリスのEU脱退に端を発した先進国に吹き荒れるポピュリズムの嵐の影響を読み違えないようにせねばならないのではないか。

サルコジ君、アウト~

20日に行われた大統領候補の右派予備選挙で、サルコジ前大統領は3位に終わり、決選投票に進めなかった。決選投票は、ジュペ氏とフィヨン氏の元首相同士の対決となった。一度トップに上り詰めて下野した政治家がもう一度戻って権力の座につくことは至難の業なのだろう。
失敗したのに、どういうわけか総理大臣の座に戻ってい続けている政治家もいるけど、あれは他に誰もいないというのが大きいのだろうか。

何か平清盛を見るような

トランプ次期大統領の政権移行チームに長男、次男、長女、その婿と入っている。大使クラスに元嫁なんて話も出ている。ほかに人材がいないのかとも言いたくなるが、一族だけで固めてしまうとは、まるで平清盛である。
市場は随分強気に盛り上がっているようだが、おごる平氏はなんとやらにならぬように。

そりゃあ、怒るわな

26万人、100万人、126万人、参加者は諸説あるが、支持率5%に低下したパク・クネ大統領への抗議集会へ集まった数である。その中には高校生もいて、制服姿でデモに参加しているのもいる。大体、17日にあの有名な大学入試を控えているのに、デモに参加しているのである。
大体、チェ・スンシルの娘、チョン・ユラ(何故か日本では撮影時未成年だったのか顔にぼかしが入っている)が梨花女子大へ入学できたのが色々とおかしいじゃないか(出席日数が足りないとか、馬術で入学できるのかとか)が受験戦争に苦しむ韓国の高校生の怒りを買っているのではないか。なにより、高校生の支持率は0%である。だれも支持ししていないってのはすさまじいことである。

自分は頼られていると思っているだけだった

各国首脳陣のトランプ電話会談が続く。全くパイプがないのに必死に電話をかける各国首脳、その中で電話会談が9番目になってしまったイギリスのメイ首相、英米の特別な関係はどうなったのだとイギリス国内では言われている。
すでにEU脱退の際に、オバマ大統領から「貿易協定を結ぶなら一からで、EUよりも後回し」と突き放されていた。これはブレア時代にブッシュの犬になったときに国内で言われだしたのではないか。
確かに第二次大戦は合衆国の支援があったからこそ勝利できたが、第一次大戦直後までは、英米対立は十分に有りえたのだ。言語が同じという安心感があったのだろうか。
いまのところはともかく(スペインのテレビが中南米からの移民が心配していると追いかけている)、トランプがどうしようと、合衆国にヒスパニックが増えてゆく。あの国の言語が米語とスペイン語になる日は遠からず来るのだ。そうなれば言語においてのイギリスの優位はなくなる。そのころはスコットランドは別国家だろうし。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • メイちゃんの冒険 (04/19)
  • なんと、2020年までの下院を解散して、6月8日に総選挙を行うと英国のメイ首相は発表した。これでEU脱退に対して確たる支持を得てEU、というかドイツ、というかメルケ
  • 皐月賞’17 結果分析 (04/18)
  • SS様 「アルアインの勝因は?」まっく 「直前に芝を刈って短くしたこと(笑、実際は土曜夜に散水しなかったこともありそうですが)」SS様 「確かに、ディープインパ
  • 皐月賞’17 展望 (04/15)
  • SS様 「低レベルとか言われてる今年の3歳牡馬で、牝馬が距離を求めて食指をのばしてきたのだが、本命は」まっく 「スワーヴリチャード」SS様 「共同通信杯を勝った
  • 桜花賞`17 結果分析 (04/10)
  •  べが 「カワキタエンカが引っ張って、前半800mが46秒5」ほべが 「これは桜花賞ペースですね(笑)」 べが 「杉本清さんじゃないんだから」ほべが 「あの馬場
  • 日本には不利にはないらないのだろうが (04/09)
  • スーパーラグビーのチーム数が来シーズン(’17-’18)から2~3チーム削減されるそうだ。15チームからサンウルブスを含む18チームへ拡大したが、チームのレベル差
  • サンウルブス 今シーズン初勝利 (04/09)
  • 劇的なキックで2点差をひっくり返すとは思わなかった。
  • 桜花賞`17 展望 (04/08)
  •  べが 「ソウルスターリングが圧倒的人気を占めてるんだけど」ほべが 「実際は毎年恒例の社台ファーム対ノーザンファームの兄弟対決で4対7(サロニカが取り消したので
  • 大阪杯’17 結果分析 (04/03)
  • SS様 「サトノクラウンはいいとこなしの6着」まっく 「冬馬だとかいわれてますけれど、レースがチグハグでした」SS様 「キタサンブラックを追いかけてピタリと横に
  • 大阪杯’17 展望 (04/01)
  • SS様 「さあ、第1回なのか第61回なのか知らないが、G1になった大阪杯だ」まっく 「ということは、私のG1勝利数も5になると」SS様 「ならない、遡ることはしな
  • 高松宮記念’17 展望 (03/25)
  • SS様 「去年より更にわからないなあ、ドバイのほうが盛り上がってるし」まっく 「作者に至っては日経賞のミライヘノツバサの複勝を当てたので満足らしいし」SS様 「
ニー屋 腕時計 通販ショップ