スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bリーグチャンピオンシップファイナル

第1クォーターは互角、第2クォーター終了で栃木6点リード。しかし第3クォーター、川崎の猛攻で4点差をつけたが、第4クォーター、逆転に次ぐ逆転、9度もひっくり返り、最後は栃木が6点差をつけて引き離して初代Bリーグ王者の座についた。
NBL時代は強豪でもなく、Bでも東京、千葉といった強豪を押しのけて勝っていたのは何か。一つにはお客さんの存在であろう。川崎の選手が「こんなに客が入る中で試合したことはなかった」と言っていたくらいだ。bjと違って社員がいやいや応援に付き合わされていた実業団ではなく、本当に応援に来てくれているのだから。

川崎に関して心配なのは、母体であり、スポンサーである東芝がどうなってしまうかである。これはこれでまたの機会に。
スポンサーサイト

Bリーグチャンピオンシップ準決勝

NHK-BS1をつけてみると、なんとロースコアなゲームかと、なんのことはない、1勝1敗だった時の第3戦は前後半5分ずつ、言ってみれば延長戦ということである。
第1戦は川崎の勝利、第2戦は第3クォーター終了時に同点、第4クォーターで東京が1点差で逃げ切り延長戦へ、前半は流れで東京がリードするも、後半、川崎がひっくり返した。
一日ずれて行われた栃木対三河の第1戦は栃木の勝利、第2戦は第4クォーターに栃木は猛追するも、三河が2点差で逃げ切り、こちらも延長戦へ。またもや栃木が逆転勝ちして決勝へ駒を進めた。

Bリーグチャンピオンシップ準々決勝

旧NBL勢が上位を占め、旧bjリーグ勢は三遠と琉球とbj上位チームのみ、しかも琉球は大阪と熾烈な争いを演じたと言っても、西地区では唯一の旧NBLの三河が圧倒的に強く、両者負け越しているのだから。
それで西地区の1位と2位をぶつけるというのはどうなんだろうか。当然のごとく三河が連勝した。東京と三遠の2位対決は東京の連勝、三河と三遠では色々わだかまりがあるのかな。栃木は千葉、川崎は渋谷をワイルドカード組を連勝して準決勝に進出した。

日本には不利にはないらないのだろうが

スーパーラグビーのチーム数が来シーズン(’17-’18)から2~3チーム削減されるそうだ。15チームからサンウルブスを含む18チームへ拡大したが、チームのレベル差がひどいため、チーム数を削減するそうである。
なお、サンウルブスは弱いが、日本ラグビー界にヨイショすることへの普及もあってチームは存続し、南アフリカ地区からオーストラリア地区へ移動し、移動の負担を軽減するようになる。

サンウルブス 今シーズン初勝利

劇的なキックで2点差をひっくり返すとは思わなかった。

信じられない快進撃

Bリーグは、予想通り悪の組織NBL勢が上位を占めているのだが、東地区で誰もが強いと思っていた東京と互角の成績をあげているのが栃木だ。
運営がつくばでやらかしているし、田臥ももう過去の人だろうと思われていたなかでの快進撃は信じられない。

Vやねん!リーグ

バレーボール協会はBリーグへの盛り上がりを見て、再度プロリーグ化を構想し始めた。90年代なかば、Jリーグの成功を見てバレーボールもプロ化を目指したが、実業団チーム(しかいなかった)に総スカンを食らって撤退、だが、このままでは行き詰まりを呈しているのか、それとも世界に通用しなくなることを恐れたのか、プロ化を検討しているが、荒波を乗り切ってきた企業チームは、旧NBLよりもさらに退く気は無いだろうに。

Bリーグが始ったよ

bjの雄、琉球とNBLの王者東京との開幕戦、浜松改め三信じゃないのは、NBLを飛び出していったからかな。それにしても派手なこと派手なこと。床にLED敷き詰めてるんだから。元々bjは派手だったんだけど、その比ではないな。
第三クオーター終了まで東京がセーフティーリードで、実業団のほうがレベルは上か(世界的に見れば目くそ鼻くそのレベルの差)と思ったが、第四クオーターに琉球が猛反撃を見せたが、僅差で東京が逃げ切った。
NHK-BSのみならず、フジテレビが地上波で生放送したが、視聴率が5%あまりと批判されているが、好きな人間はBSで見ている可能性が高いので、さほど気にしなくてもよいのではないかな。なにより実際の試合を見に行ってもらいたいのがBリーグの本音だろうし。

Bリーグが始まるよ

ついに統合されたプロリーグが始まる。FIBAはリーグ統合が目的ではなく、それぞれが別の方向に向いて疾走しているチームを統括できない日本協会の統治能力を否定してしまったのが騒動の発端であり、統治能力がある人間が外部から入り、bjと実業団が双方ある程度折れた段階でプロリーグの方は軌道に乗れそうだからだ。
それにしてもbj、NBL一部、二部合わせて47チーム全てが申請し、財務が破綻しているNBLの和歌山と県協会ともめているbjの広島以外の45チームが参加したのは想定外だったであろう。結局、一部18、二部18、三部9という体制になったが、チーム運営があっても上の方にチーム数が多すぎる気がするのだが。本当は一部12、二部12、三部21(東西に分けて10~11ずつ)とすべきなんだが。
あとは、bjがベビーフェイス、NBL、特に実業団が悪役というアングルもできるし。トヨタ系列の2チームを除けば、原発プラント絡みばっかりだし。

闇カジノ謝罪

桃田は無期限の対外試合禁止と30日の出勤停止、田児は首の上に
それにしても協会の再発防止策ってのが
●代表の茶髪、アクセサリーの禁止
●海外遠征時は公式ブレザー着用
●海外遠征時のカジノ出入り禁止
●公営ギャンブル、パチンコの禁止
中学生か!

闇カジノ謝罪

桃田は無期限の対外試合禁止と30日の出勤停止、田児は首の上に
それにしても協会の再発防止策ってのが
●代表の茶髪、アクセサリーの禁止
●海外遠征時は公式ブレザー着用
●海外遠征時のカジノ出入り禁止
●公営ギャンブル、パチンコの禁止
中学生か!

犯罪ではないのであるが

バドミントンの男子トップ選手の桃田賢斗と田児賢一の両選手が錦糸町にあった闇カジノに出入りしていたことが発覚した。これは公認カジノ建設のためへのスケープゴートなのではないだろうか。
それにしてもいかにも馳文部科学大臣、アングルが当たり前のプロレスラー上がりの人間に八百長につながると言われるのは、腹が痛すぎて救急車が必要なほどだ。

こいつは面白いや

箱根駅伝を連覇した青山学院大の原監督が、箱根駅伝の全国大会化などを提案している。もともと関東大学陸連のローカル大会であったが、ラジオ、そしてテレビで全国中継されて久しく、大学の陸上長距離が関東地区ばかりに選手が集中してしまう欠点がある。
現在20校と学連選抜が出場しているが、これに全国の10校ほどを参加させて全国大会にしてはどうかという提言である。
それなら、学連からを以前の15校に戻し、全国から10校+学連選抜にしてみてはどうだろうか。

他にも、繰り上げスタートの時間の繰り下げ、復路は本当の順位がわからないという欠点がある。往路で遅れたが、復路だけめっぽう早い大学があって、先頭を走っているのに、果てはトップでゴールテープを切っているのに首位でないとか、10分で繰り上げスタートというのは、道路占拠時間を少しでも短くするためなんだが、どうせ正月なんだから、社会はそう動いていないのだし、占拠時間も30分も延びるくらいだろうに。
監督が給水することの復活、何がダメなんだろうか、戦術を教授するチャンスなんだし。
観客スタンドの設置、これは難しいかな、金がかかるし、できても大手町と箱根くらいと思う。

そして、3月に高校、大学、社会人の合同の大会を作る、高校生は難しいが、駅伝シーズンが延長できるので、大学と社会人で真の日本一を決める大会だったらいいなあ。伊勢か出雲(ヘリ空母みたいだな)をこっちにずらすとか。

大体、箱根ばかりに一所懸命になりすぎて、そこで燃え尽き、マラソンがダメになってしまっているのだから、ここまで荒療治しないとダメなのかもしれない。

高校ラグビー開幕

五郎丸に続けとばかりに、今年は記念大会ということもあって、地域枠での出場校も増やしている。高校サッカーが開催地枠で東京が2チーム出すようなものか。初日から天理が出てくるのか、初戦はレベル差が激しいので100点ゲームのような大味な試合になることが多いのでそれを防ぐためかと思ったら、今年はシードになっていないとのこと。例年、28日から1日おきに試合が開催されて、合間に大学選手権や社会人選手権が開催されていたのだが、大学も社会人も日程が前倒しされてしまったので、休養をとるためか、3日から中3日と高校サッカーより間隔をあけるようになった。テレビ中継が望み薄なのかもしれないけど。さらに残念なのは急行が東花園に止まらないことだ。

トップリーグ終了

もう終わるのか、たった7試合しかないのか、それはこの後のスーパーラグビーが開催されることと、ワールドカップとの日程がタイトだからである。
五郎丸効果か、さすがに観客数のMAXをわずかながら更新した。というか、トップリーグで今まで25000人入った試合があったとは。

大ミハ

JRの所属符号(戦前の流電や117系新快速がいたの大阪管理局宮原電車区)のことではない。フィギュア日本選手権を制した宮原知子のことである。大阪の宮原ということは一緒だけど。「全盛期の」浅田真央のような華麗さはないが、とにかく正確に回る。今、高校三年生だし、日本の女子フィギュアのエースは村上佳菜子を一気に飛び越えてしまったのかもしれない。
一方の浅田真央、全く精彩を欠いている。何か燃え尽きた感もある。NHK杯~グランプリファイナル~日本選手権と中1週というのもあるが、なにか抜け落ちている感じがする。それでも3位に入り、2位がジュニアの選手なために、世界選手権への出場資格を手にしたわけだが。

やっと集まったというのに

トップリーグに18000人、五郎丸の故郷、九州は熊本でってこともあったのだろう。ラグビーバブルでも集まらなかった(近鉄の東花園に臨時停車がないんだから)中で、これだけ集まったのは素晴らしいことだ。だが、五郎丸兄弟対決にもかかわらず、コカ・コーラの五郎丸兄の出場機会がなかったのだ。最後の控え選手で、とっておかなければならなかったとはいえ、もったいない話である。

それでも満員にならぬのか

満員にならない。西京極(近鉄にとっては京都地区への宣伝もあるが)が満員にならないのは仕方がないにしても、バブルの象徴、五郎丸が出る磐田ですら満員にならないとくれば、話は厄介だ。ゴールキックが見れるポスト正面に客がいないのは意外だ。

貴花田よりも朝青龍よりも白鳳よりも強かった

度重なる不祥事で一度理事長をやめ、理事すら辞めた男が再び理事長に戻ってきた時、一度失敗した人間が今更ナニをするんだと思ったのは間違いない。放駒理事長時代に立て直した相撲界をまた過去のようにするんじゃないのかとも思った。
だが、相撲界を変えたのは地道なファンサービスと新しい血であった。ひところとは違って満員御礼も出すようになった。驕り高ぶりが消えたのかもしれない。その代わり、病魔が蝕んでいたとは。白鳳の猫だましも気が気でなかったのであろう。
JRAとのコラボイベントもサイトから消えてしまった。こちらもどうなるのであろうか。

どちらも正論なわけでして

ジョーンズ前ヘッドコーチ(21日に追記、イングランドヘッドコーチに就任するそうです)が、日本のラグビーは高校大学で燃え尽きてしまう。大学に行かせずにエリート養成機関に入れて育て上げれば海外の選手にも対抗できるのではないかと離日の際に発した。
これに対して帝京大の監督が、ラガーはすべて世界レベルに育つものではない。競争の中で育て上げるものではないと反論した。
確かに、帰化した選手でも、コリニアシのように高校から始めた選手もいる。
中卒で純粋培養しても世間知らずばかり作って、世界の一流どころに歯が立たぬ騎手という存在もいる。結局は個々のレベルにもよるんじゃないのか。体がデカけりゃいいってもんじゃないよ。さして体格の変わらないのに、イングランドでは通用しないサッカーの例もあるし。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • さすがに相手の手の内で踊らされたか (07/03)
  • 高校一年生で四段になったものの、ここ数年精彩を欠き、最年少プロも増田四段、さらに藤井四段へと奪われていた佐々木五段。先手佐々木が相掛かり模様から玉を6八に、後手
  • プロ入りから29連勝というのは凄いのだけど (06/27)
  • 角換わり模様から、後手の増田が角交換を拒否して雁木に組むが居玉のまま、それどころか右の銀も右の桂馬も動かない、先手藤井は玉を一路動かしただけで3五歩と突っかかっ
  • チャタリングネイビー (06/26)
  • やえもん先生の初期の作品(「雲の墓標」だったか)に、自分達の戦果を喧伝するさまを表して、あれじゃサイレントネービーでなくチャタリングネイビーだと皮肉る箇所がある
  • 宝塚記念’17 結果分析 (06/26)
  • SS様 「デムーロの勝利騎手インタビューの時、場内白けきってたなあ」まっく 「拍手すら起こらなかったと、ファンも来てるし、サトノクラウンの単勝買ってた人もいたは
  • 宝塚記念’17 展望 (06/24)
  • 20本以上書いているのですが、パソコンがハングしたり、一度故障して故障したままで使っているので、アップできておりません。結果の解っているもの(選挙の予測とかも)
  • 都合の悪いことは口封じしたいんだ (06/23)
  • サウジアラビアなど4箇国が国交回復のためにカタールに突きつけた条件の中に、アル・ジャジーラの廃局というのがある。向こうも一緒なんだ、自分達に都合の悪い真実を流さ
  • ついにタイ記録の28連勝 (06/22)
  • 神谷五段(当時)の記録なんて、凄いメンバー相手に勝っているわけじゃないし、これに並んだと言ってもなあと思っていても、これがデビューからの28連勝となると、驚くし
  • 安田記念’17 結果分析 (06/04)
  • SS様 「まさかのアラジン大開放」まっく 「前哨戦も負けてたし、もういいかなと考えてました、血統的にはラキシスの全弟ですから、いつかどこかで勝つかもしれなかった
  • 安田記念’17 展望 (06/03)
  • SS様 「短距離路線組だけじゃなく、大阪杯でキタサンブラックに破れた組がみんなここへ来たな」まっく 「例年ならあそこから天皇賞に行くのもいるのですが、長距離路線
  • ああ、遂にやっちまいやがったあの馬鹿 (06/02)
  • 娘のイヴァンカさんや、ティラーソン国務長官(石油企業エクソン・モービルのトップだった人だ)らの反対を押し切り、トランプ大統領は気候変動に対するパリ協定から脱退を
ニー屋 腕時計 通販ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。