FC2ブログ

濱中、平野と交換、そして藤本の先行きは

これでいいのじゃないですか。
次は藤本です。このままいても、守備固めがせいぜい、イーグルスという手もあったが、高須の本格化、渡辺、草野の入団と二遊間が埋まり、沖原の二の舞になりそうな気がします。
ならば、内野手の弱いライオンズあたりに出してたって、やったほうがいいのではないでしょうか。
選手会長の赤田、幹部候補生の佐藤(友)、O-30の福地以外の選手、大島か栗山あたりでいかがでしょうか。

JC’07 敗戦記

SS様「まずはダートから」
まっく「エイシンロンバードの逃げでハイペースになってしまい、見事なまでの前崩れになりましたね」
様「中団より後のフィールドルージュが前にいて、それをヴァーミリアンが差す展開だからな」
まっく「ダートで10秒台が出ますから、レコードが出ましたし、前に行った馬は完全にばててました」

SS様「次はターフ」
まっく「ヴィクトリーが出遅れたところで、スローになってしまいました」
SS様「前半1000mで62秒だったな」
まっく「僕が苦手だった瞬発力勝負になりました」
SS様「1着馬は内から伸びましたね」
まっく「2着馬はどうしてバルクの外に出したのでしょうかね」
SS様「サムソンは抑えられても、勝てないな」
まっく「そのサムソン、展開に敗れたことと、大外に回しすぎましたね。ウオッカも外に出した分だけ届きませんでした。内に持っていってパックされるのを恐れたのかもしれません」
SS様「宝塚記念を使ったのが全ての失敗の始まりだったかもしれないな」
まっく「びっくりしたのはデルタブルース」
SS様「距離不足と思われていたが、逃げずにこの結果は大きいな」
まっく「インティライミはG?大将なのでしょうか」
SS様「外国馬はこんなものかもしれないな」
まっく「見事なまでの1着3着、2着3着ですね」

JCターフ’07 展望

こん 「いやな予感がするのですよね」
SS様「有力馬にいやなデータが多いからか」
こん 「前走勝てなかった6歳馬は3着以内にこない」
SS様「これにあてはまるのはポップロックか」
こん 「秋天で勝ち馬から0.6秒以上離された馬はこない」
SS様「これにあてはまるのはアドマイヤムーンか」
まっく「データで残るのが、メイショウサムソン、インティライミ、ウオッカのほか、アルティストロワイヤルとサデックスです」
SS様「コスモバルクが直線右によれるから内枠のポップロックなんて有利なはずなのだが」
まっく「というわけで、すでに買ってある買い目から以上になります」
 ◎メイショウサムソン
 ○ウオッカ
 ▲インティライミ
 △ポップロック
 △アドマイヤムーン
大穴アルティストロワイヤル

JCダート’07 展望

まっく「午前中ですから、熱い黒烏龍茶でもどうぞ」
SS様「今週はJCウイークですから、コイツを呼びました」
こん 「自らはターフ、息子がダートを勝った”世界の”エルコンドルパサーです」
SS様「本命は」
こん 「フリオーソ、ドバイの圧力に負けない高橋力牧場と川島調教師の意地が炸裂するでしょう」
SS様「対抗は」
こん 「JBCでフリオーソを破ったヴァーミリアン」
SS様「三番手は」
こん 「ダートに戻ったボンネビルレコード」
SS様「穴は」
こん 「ダート中距離で好成績をあげているメイショウトウコン」
まっく「幸四郎は大レースでの穴で一発が魅力的です」

マイルチャンピオンシップ結果報告

まっく「なんか、同じですね」
SS様「何が」
まっく「先週と同じなんです」
SS様「何が」
まっく「アンカツさんの乗りかたです」
SS様「女王杯のスカーレットと同じということか」
まっく「スタートと同時にポンと出て、逃げ馬を制してその後に控えて直線先頭というところです」
SS様「あとそこでちょっと外に出す」
まっく「差し馬は大外一気しかできないようにするわけです」
SS様「内から出し抜けをかませばいいのだが、それをさせないのがアンカツさんのすごいところだわ」
まっく「6歳秋で連敗したのでもう終わりと思っていましたが」
SS様「オレの息子は格が違うだろ」
まっく「3着のスズカフェニックスにしてもG?馬はここ一番にはきっちりもってくるものです」
SS様「君、2着多かったじゃないか」
まっく「12勝、2着6回ですが、菊花賞以来、連は外したのは鞍上がミスした天皇賞とそれを引きずったJCターフだけで、馬券には貢献していますが」
SS様「スーパーホーネットは勝ち馬と脚色が一緒になっちゃったなあ」
まっく「私、F-18嫌いなんです。それはさておき、ラストタイクーン産駒って勝ち味に遅い気がします」
SS様「アグネスアークはレース中の故障が痛かったな」
まっく「アグネスタキオン産駒ですからこれ以上の上積みがあるかどうか微妙です」
SS様「人気馬の力勝負になったな」
まっく「ここんところ荒れてましたから」

マイルチャンピオンシップ展望

SS様「もう発走まで時間が無いので本命は」
まっく「スーパーホーネットです。距離延長に不安が残りますが、連勝で臨めるのが大きいです」
SS様「対抗は?」
まっく「1600の重賞を制したマイネルシーガルです」
SS様「三番手は?」
まっく「アグネスタキオン産駒で成長力を疑問視しますが天皇賞最先着のアグネスアークです」
SS様「穴は?」
まっく「相手なりに走るローレルゲレイロです。こちらも三歳馬です」

エリザベス女王杯’07 結果

まっく「見事な逃げ切りでした」
SS様「ウォッカが出ていても差し切れたかどうか」
まっく「2,3着馬が昨年、一昨年の覇者ですから」
SS「結局力どおりになったということだろう」
まっく「ここぞといったときのアンカツさんはお見事ですね」
SS「敗戦記になってないのは?」
まっく「久しぶりに1,2,3着をあてたのですよ」
SS「でも三連複は買ってないんだな」
まっく「安いですからね」

エリザベス女王杯’07 展望

SS様「おい、ウォッカ取り消しだってよ」
まっく「それでも本命はフサイチパンドラです」
SS様「対抗は」
まっく「スイープトウショウです」
SS様「三番手は」
まっく「ダイワスカーレットです」
まっく「続きを読むには、昨日の段階での予想を入れてあります」

more...

石橋女流四段、師匠を破って王位獲得

女流王位戦第5局は、挑戦者石橋女流四段が師匠の清水女流王位を破って、タイトルを獲得しました。
新聞は女流棋士団体間のことばかり書いていますが、渡辺竜王によると、独立騒動の間、彼女は駒を持つことさえなかったそうです。
女流棋士会に残った(実力NO1とNO2が飛び出せば女流棋士会は崩壊しかねない)師匠ががけの上の獅子の如く立ちはだかるのを倒してタイトル獲得しました。
実際のところ、渡辺竜王の「軽すぎる」というご指摘、片上五段のご指摘の通り、両者感情むき出しで戦っていたのかもしれません。女流ってこんなものと思われるかもしれませんが、それだけ意地がはっていたのでしょう。

結局、辞任撤回

何や、あっさり撤回ですか。これでミソがついたのか、ますます自分の意見が通るようになるのか。それとも今度は自民党に軋みが生じるのか。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ