意外な評価

芹沢九段が亡くなるしばらく前、87年の春に出した本に「指しつ刺されつ」という本がある。出てくるのは、先輩の物故したベテランや、中原・米長の両巨頭をはじめ、同世代の棋士が中心であり、若手は谷川名人、南八段ぐらいである。
関西が関東よりいい若手が出ているなんて現状認識誤認はひどいものなのである。もっとも当時の若手といえば、中村、塚田といった「55年組」であって、連載と同時期に佐藤と森内がようやく四段昇進を遂げているような時代である。

ところがこの本、実は羽生善治の名前が全く出てこないのだ。まだC2の四段だからということはないであろう。86年度に勝率一位賞を獲得している。
芹沢九段はこの86年、三度の対局放棄不戦敗を喫している。当時の制度では、60になるまではどれだけ負けようが、棋士でいられたのだ。これに関して大山連盟会長を相当非難していたようである。羽生に大山の匂いを感じ、羽生が大山を越える存在ということを薄々感じていたのかもしれない。

羽生、あっさり防衛

羽生王将が久保八段に対して4勝1敗であっさり防衛、久保八段に「何をやっても勝てない」と刻印されなければいいのですが。
森内や佐藤は何度も何度も叩きのめされて強くなってきたのですから。

一方、こういう刻印がなさそうなのは渡辺竜王です。

フェブラリーステークス観戦記

まっく「何か言って下さいよ」
SS様「日曜日に沈黙」
まっく「黙り込んでしまいますね」
SS様「ハイペースで流れて直線突き放す、最後は流す、ただただつおい!!」

フェブラリーステークス’08展望

SS様「寒いねえ」
まっく「京都はまたも芝レースがダート変更です」
SS「ハードル戦が取り止めか」
まっく「着地で滑っちゃう危険性もありますから」
SS様「しかし、琵琶湖特別が芝2400からダート1900に変更というのは大幅な変更じゃないか」
まっく「ダート変更はたいてい距離短縮ですから」
SS様「ダート2600なんか万葉ステークスがダート変更にならないとありえんぞ」
まっく「この時期は小倉開催があるのでダートの長いところは小倉に設定しているし、ダート2600なんて調教師がいやがりますから。スピードがなくてスタミナのある馬は嫌いますからね」

SS様「閑話休題、本題へ行こう、本命は」
まっく「データからすると、距離が短すぎるかもしれませんがヴァーミリアンです」
SS様「対抗は」
まっく「ワイルドワンダー」
SS様「人気どおりか」
まっく「フィールドルージュに比べると、短いほうに好成績をあげています。本命とは調教師の差です」
SS様「で、三番手は」
まっく「ロングプライド、京都1800は先行圧倒的有利のコースです。追い込み不発は止むを得ないものでしょう」
SS様「四番手は」
まっく「フィールドルージュ、前走G?勝ちは大きいです」
SS様「五番手は」
まっく「メイショウトウコン、追い込みはきき辛いでしょう」
SS様「六番手は」
まっく「地方ならこの馬、アンパサンドです」
SS様「大井の2頭は?」
まっく「人材一流、賞金二流、馬は三流の大井ですから」
SS様「何だよ、その上岡龍太郎みたいなフレーズは」
まっく「まとめます」

◎ヴァーミリアン
○ワイルドワンダー
▲ロングプライド
△フィールドルージュ
×メイショウトウコン
×アンパサンド

賞味期限偽装が発覚

さすがはJR東海の100%子会社、賞味期限の偽装をやってくれるとは。しかも発覚しても営業自粛をしないずうずうしさ。
次に疑ってみたいのはJR西日本の子会社FSN、東日本のNREも怪しさプンプンであるが、NREは昔から東京、上野の駅弁を不味い(チキン弁当と深川めしを除く)ながらも製造し、製造時と賞味期限を併記しているのだから、安全とみなしてもいいだろう。

駅弁屋は冷めてもおいしい、長持ちをする弁当を長年研究し、作り続けてきたのだ。それでも何年かに一度、どこかで食中毒が起こっていたのであるが。
こういう偽駅弁と本来の駅弁を一緒にしないでもらいたい。

more...

悪と悪との化かしあい

与党がJR各社の幹部を呼びつけて、整備新幹線の新規着工区間の建設費の一部をJRに払わせようとし、当然の如くJR側は拒否、これに対して、なんとしてでも払わせると息まく与党側。

こういう輩に夜行列車維持期成同盟とかを作って、政治献金をしてやると、彼らは応じてくれるのだろうか。

もうお金がないのだから、赤字を返し、国家財政を均衡させてから工事をすることを考えないといけないことをどうして判らないのか。

必要な道路はどこなのか

19日に行われた東国原知事と菅民主党代表代行との討論会を聞いて、双方共に違和感を感じました。

明らかに必要なところにも道路を造るなというのもおかしいですし、地方での唯一の産業が道路建設というのもおかしいです。食料安保のためにも農業振興を考えるべきだろう。

さて、いかなるところに高速道路が必要なのか、それは若い国道番号、1から10までであろう。
現在未開通の区間は
 3号線の八代~鹿児島(人吉経由で高速はある、関係ないが新幹線が並行している)
 5号線の函館~八雲
      長万部~小樽(室蘭経由で高速はある)
 6号線の富岡~仙台(磐越道で東北道と連絡している)
 7号線の村上~秋田
      能代~弘前
 9号線の丹波~山口(南の中国道と米子道、浜田道でつながっている)
10号線の北九州~宇佐
      津久見~宮崎

ぐらいだろうか。
2時間に一本、3~5両の古ぼけた特急電車しか走らない宮崎県北部にどうして高速道路が来ないのか。あれほど自民党議員を擁しているのに。原因はこれだろう。

大分で社会党が強かった

新規騎手・調教師合格者

今年も騎手、調教師試験の合格者が発表された。今回の目玉は、大井の内田騎手の中央移籍であるが、騎手免許の中央・地方の一元化は早急にせねばならないはずであるが。山野さん、国際化の次はこれですよ。国内の足腰を強化しないと。
ところで、大江原騎手は、父が大江原隆調教助手、伯父が大江原哲調教師なのに、関西にゆくのはなぜかと思っていたら、今年の競馬学校卒業者はわずか3人、しかも残り2人が関東所属というからくりがあったのか。
関東の新規調教師は調教助手出身ばかり、関西は騎手、元騎手、調教助手と三者三様となった。笹田調教師はあともう数年合格が早ければ、伊藤雄二厩舎を丸ごと引き継げたのに。

more...

京都市長選挙

わずか950票差で元教育長が勝ったわけであるが、4党相乗りに対して、民主支持の過半数、社民支持のほとんどは共産党候補を支持、無党派は共産党候補に40%、30歳の元市会議員に30%と新市長にNOを突きつけたのである。

それにしても30%程度の投票率は何とかならないのであろうか。国立の大学生は後期試験か卒業論文製作の真っ最中、私立はすでに休み中ではないか。

橋下その2

ウェークアップでの江川紹子さんに噛み付く。
それよりも中田横浜市長と竹中平蔵の見苦しいヨイショ。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’17 展望 (06/24)
  • 20本以上書いているのですが、パソコンがハングしたり、一度故障して故障したままで使っているので、アップできておりません。結果の解っているもの(選挙の予測とかも)
  • 安田記念’17 結果分析 (06/04)
  • SS様 「まさかのアラジン大開放」まっく 「前哨戦も負けてたし、もういいかなと考えてました、血統的にはラキシスの全弟ですから、いつかどこかで勝つかもしれなかった
  • 安田記念’17 展望 (06/03)
  • SS様 「短距離路線組だけじゃなく、大阪杯でキタサンブラックに破れた組がみんなここへ来たな」まっく 「例年ならあそこから天皇賞に行くのもいるのですが、長距離路線
  • ああ、遂にやっちまいやがったあの馬鹿 (06/02)
  • 娘のイヴァンカさんや、ティラーソン国務長官(石油企業エクソン・モービルのトップだった人だ)らの反対を押し切り、トランプ大統領は気候変動に対するパリ協定から脱退を
  • 東京優駿’17 結果分析 (05/29)
  • SS様 「1000mで63秒1、オークスより遅い、1800mで1分53秒1、ダート戦か」まっく 「タイムから見れば酷い凡戦ですよね」SS様 「というか、このレー
  • 太鼓持ち (05/29)
  • G7サミットではトランプ大統領が貿易問題や環境問題で暴走する中、6対1に流れてしまう傾向が見られた。そこで必死になって欧米の間に立ってなんとかまとめようとしていた
  • 東京優駿’17 展望 (05/28)
  • SS様 「混戦だ、牝馬より弱いとか言われてたけど、それなりにメンバーが揃ったんじゃないか、で、本命は」まっく 「それでもスワーヴリチャードです」SS様 「左回り
  • Bリーグチャンピオンシップファイナル (05/27)
  • 第1クォーターは互角、第2クォーター終了で栃木6点リード。しかし第3クォーター、川崎の猛攻で4点差をつけたが、第4クォーター、逆転に次ぐ逆転、9度もひっくり返り
  • それにつけても・・・ (05/26)
  • 木曜夕方、騒ぎが走った。明治が8月をもってカールの生産を大幅減少し、近畿以西のみの発売とすると。今後は小浜、関ヶ原、名張、熊野では入手できず、舞鶴、米原、宇陀、
  • さすがにタイトル戦まで進出してくると (05/25)
  • かの中学生棋士藤井聡太四段は、近藤誠也五段を破って19連勝を果たした。早指し対局なんかではない。七大タイトルの一つ、持ち時間5時間の竜王戦6組決勝戦である。次は
ニー屋 腕時計 通販ショップ