FC2ブログ

ディフェンス無視で戦っても

先発の読み違えで藤本を一番に据えたものの、安藤の突如の乱調で代打を出した関係でそこに投手が入った関係で九番一塁に今岡。スタメンからセンターは桜井。
超攻撃的オーダーというより、守りきれないオーダーということ。

にもかかわらず、打てないこと。

これは守れる選手を確保するために緊急トレードが必要なようである。ベイスターズの大西、ジャイアンツの工藤、オリックスの大村あたりを狙うべきだろう。奇しくも三人とも移籍組である。
ただ、こちらが出せるのは藤本、福原、杉山あたりなので、大西あたりが狙い目か。仁志が引退を表明しているので、二遊間がガタガタなベイスターズなのでちょうどよさそうだ。

勝手に負けてくれたのはありがたいが

スタミナ切れで撃沈した下柳にたいして、ベイスターズも小林を下げてくれたおかげでベイスターズ投手陣が勝手に自壊してくれての逆転勝ち。別に見るべきところなし。
問題は逆転される前に赤星が腰痛で退場したということ。
守備・走塁の要でとって代われる人材がいない。ありえないことだが金本が故障しても(とても足りないが)桜井で穴埋めできる。しかし、返る人と外野守備の要がいないのだ。

平野が替わって入ったが、なぜかセカンドに回り、センターにまた桜井を入れた。
守備力からすると平野>>桜井だと思うのだが。そもそも赤星の休養時のリザーブとして平野を獲得したはずだが。
和田コーチの中に桜井育成が入っているのだろうが、駄目なものはどうしたって駄目なのである。

どうして上がるか理解不能

麻生内閣の支持率が二ヶ月連続で上昇している。

勿論、最大の理由は小沢民主党党首の不可解な献金と弁解せずに黙りこくっていることであるが。

あるいは高速道路1000円乗り放題にまんまとひっかかっているのか。
もしそうなら、後先のことを考えない日本人は相当の馬鹿としかいいようがない。

まきもまいたり 15兆円

これだけばらまくなら、JR在来線ならびに関係する路線の標準軌改軌費用や、小学校の校庭の芝生化の予算も入れておいてほしかったなあ。

どうせ、こんな補正予算、国民の総スカンを喰らうんだろうが。

競馬雑談(6)

まっく 「いよいよクラシック開催となってきました」
SS様 「では日経賞のアルナスラインから」
まっく 「2着つづきで去年の秋は使いたいところに使えなかったですから」
SS様 「それよりスルタンの10着はどうだい」
まっく 「馬が緩んでましたからねえ」
SS様 「まあ、藤田騎手も長距離に好成績がないし」
まっく 「マッキーマックスのダイヤモンドステークスぐらいでしょうか」
SS様 「ノーザンディクテーターも本州では通じないんだよ」
まっく 「北海道では逃げ切れるんですけれどね」
SS様 「雄さんも2400までは強いけれどエアダブリンのステイヤーズステークスぐらいしか好成績はないもんな」
まっく 「この一叩きで一変したらいいんですけれどね、宝塚の父子制覇も見たいのですが」
SS様 「典さんはスクリーンヒーローに乗るからなあ」
まっく 「本番の鞍上を確保しないといけませんね」
SS様 「続いては毎日杯のアイアンルック」
まっく 「皐月賞をぶっちしてマイルCですか、ハーツクライのパターンですか」
SS様 「宮記念はローレルゲレイロ」
まっく 「2着大王にもついに春が訪れましたか、父子制覇ですね」
SS様 「マーチステークスはエスポワールシチー」
まっく 「BT牝馬にゴールドアリュール、GMSはブレベストローマン、ダート配合ですね」
SS様 「ダビスタ全国版みたいな呼び方は何だ、ブレイヴェストローマンだろう」
まっく 「牝系は伝統のチップトップ系で四代続けてシチーですね」
SS様 「ダービー卿チャレンジトロフィーはタケミカヅチ」
まっく 「最強の一勝馬もやっと勝てましたね、二週連続勝利のゴールドアリュール祭りですね」
SS様 「大阪杯はドリームジャーニー」
まっく 「斤量差があったとはいえディープスカイを破ったのですから」
SS様 「古馬になったらG2どまりかもしれないがね」
まっく 「我々の血が入ってますからね、本当に3200mに挑むのでしょうか」
SS様 「ニュージーランドトロフィーはサンカルロ」
まっく 「ナシュアのインブリードもあるので距離伸びて面白そうですが、逆にダート馬の可能性もありますね」
SS様 「阪神牝馬Sはジョリーダンス」
まっく 「高齢(失礼!)牝馬でこの成績は立派ですね」
SS様 「桜花賞はブエナビスタ」
まっく 「もう強いとしか言いようがありませんね、スペシャルウイーク産駒なのでオークスも楽勝かもしれません」
SS様 「マイラーズCはスーパーホーネット」
まっく 「こっちのうがG?大将なような気がしますよ」
SS様 「皐月賞はアンライバルド」
まっく 「前崩れでしたね、名前負けすると思ってましたが」

あれから4年たちました

さすがに全国ネットのニュースで取り上げられるぐらいだから、まだまだ風化することも無いと思うが、3桁の死者を出す事故なんて戦中戦後か高度成長期の無理をしていた時代しか考えられないことが起こってしまった。

マスコミはこの事故以外JRを批判できない状態は続いているのではないだろうか。放送局もスポンサーが次々と去ってゆく中、貴重なスポンサーだろうか。

そしてJRの体質なんて一日で変わるわけがない。事故がどうして起こったかといえば、遠因には民営化したからだ。

この程度はよくあることよくあること

なんて書くと、日本人は酒に寛容とかいうんでしょうねえ。渡辺文学さんあたりが。
ツヨポンもあの程度のことぐらいは何日もブタ箱入りする理由もないので、一晩お灸をすえられただけで十分でしょう。

しかし、問題は降板したCM、合計で億単位の損害が出たことは反省しないとね。

「最低の人間」が非難の対象となって発言撤回に追い込まれた鳩ぽっぽ。竹山さんが捨てたキレキャラを目指しているんでしょうかねえ。

青い人妻が僕を責める

それは青いイナズマだろうって。というか酒におぼれたチョナンカン容疑者が赤坂の公園で夜中の3時に裸で暴れていたいうことで逮捕。
大騒ぎしすぎ。
家宅捜査までしたのが大騒ぎになっているが、これは薬物中毒を考えに入れたのであろうか。

鳩山総務相、地上波デジタル放送のキャラクターの不祥事に「最低の人間」って、酔ってバチカンで醜態をさらした中川君はどうなのかね。

おわび

14日にパソコンが熱崩壊いたしまして、21日に旧式の予備機を接続してようやくネット環境を復活していますが、このOSがMeなもので、なかなかうまくいきません。

書きかけのもの、書くべきだったものは順次埋めてゆきますので。

そこまでするのか、周防さん

朝日放送と松竹芸能が音楽事業者協会を退会してたそうだ。芸能プロダクションの協会であり、本来は所属タレントの引き抜き防止などに効力を発揮する組織だが、ここから放り出すということまで北野誠氏の発言で追い込む必要があるのだろうか。

芸能人のスキャンダルはもみ消してしまえばよいと言うわけは無いと思うが。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ