秋天’09 展望

まっく 「さあ、日本最低のG1レースですよ、というわけで予想はなし」
SS様 「お前、毎年のように恨み事をいうなあ」
まっく 「ぶっちゃけた話、コース改修しても東京2000はひどいですから」
SS様 「札幌記念をG1に、秋華賞、菊花賞を一週ずつ下げたほうがいいだろうなあ、その辺は」以前にも書いているけれど、それより本命は」

まっく 「やっぱりウオッカなんでしょうが、ここは東京巧者のシンゲンと行きます、というかシンゲンの複勝一点勝負とします」
SS様 「でも、今年の大河ドラマはケンシンなんだぜ」

悪くはないと思うが

法政の二神のほうが、菊池より使い勝手がある野で、この指名はありがたい。上園、石川と中途半端な投手が多いので、是非エースになってもらいたい。まだエースは井川だと思っているので。もっとも彼は日本を捨てたので、ヤンキースの3Aをクビになっても、日本球界の復帰はなく、少年野球の指導でもして余生を過ごすのだろう。

藤原はひじを痛めているので、ものになればすばらしい。でも、中継ぎの左は大丈夫か。

地方のリーグで都市部のリーグとの実力の比は不明だが、相当の強肩のようだ。ただ、今必要なのは俊足、そして盗塁センスのある選手だ。これが甲斐にあるのかどうか。

秋山は外れ1位まで考えていたらしいのだが、これは本人が甘く見過ぎだ。

問題は藤川。3位までならプロ入り、4位以下なら東邦ガス入りを決めていたところに強行指名。下手をすると近大、東邦ガスとも関係がこじれてしまう。

竜王戦第二局二日目

渡辺竜王が森内玉を隅に落としてから角をぶった切るまでは予定の行動だったのだが、せっかく成った飛車を1八まで引いたようでは、森内有利かと思われた。
ところが、渡辺が香車を森内の飛角銀の集中したところに叩きこんでから、流れが渡辺優位に変わってくる。左右挟撃体勢を作り上げ、矢倉囲いの6七の右金が6一まで入り込み、森内の飛車を捕獲、入玉も封じてしまって、最後多少もたついたものの、棋風どおりの完勝となった。

今年は龍言ではないのかもしれない。

竜王戦第二局一日目

今回の舞台は高岡、高岡といえば政府御用新聞といわれていた読売新聞を発展させた正力松太郎の出生地が近い。
かつてはジャイアンツも北陸シリーズを行っていたぐらいだ。

ツンドラ赤べえがいると思ったら、橋本七段だった(ピキ!)。

それはともかく、後手森内九段が相矢倉・脇システムを選んだ。先手渡辺竜王が端攻めを行おうとしたところで封じ手となった。
今日は壮絶な攻め合いとなるだろう。ただ、森内の右の銀桂が立ち遅れているのが気がかりだ。

決めたのはあなたですね

はっきり言えば、強盗と殺人者と強姦魔の集団、さっさと在日米軍なぞ、本土かグアムへでも撤退してもらいたいのである。
それができないから日本政府は困っているのである。

ゲーツ国防長官の脅迫も、オバマ大統領に傷をつけないように自分から発言したものである。

それを鳩山政権内で意見がぶれることをこれみよがしに批判する自民党、あなたもタカからハトまでいろいろいたはずですが。

まあ、日米合意当時の自民、社会、さきがけの議員が今民主党に多数おられますから、自分で決めたと言えばそうなのでしょうが。

このまま沖縄で暴動が起きてもいいのですか。独立運動、暴走して中国になびいたらどうしますか。
使い道のない空港にでも在日米軍を持ってゆくしかないのではないですか。

ジョージ、マッケンジー

はなからホークスは獲得する気はなかったのだろう。

一方、城島はシアトルでエースをはじめとする投手陣に総スカンを食らい、完全に干されてしまっていた。悪いことに捕手出身のワカマツ監督にとっては、「お山の大将」の城島は完全に不要だったらしい。

こうなると、日本へ帰国となるが、ホークスは資本が危うくなってくるし、ドラゴンズを首になって拾った田上が者になってきた。こういうときに嗅覚が働くのが星野スパイ・ディレクターで、WBCルートで城島獲得を考え出したのであろうか。

あとは「戻ってくるならホークス」と言われて送りだしたホークスファンを説得するだけである。
王会長が出馬したのは形作りであろう。

さあ、これで狩野の立場がどうなるかと言われているが、城島のリードは感性に基づくものであるので、合わなければどうしようもない。とりあえず、第二捕手から、地位奪回を目指すべきだろう。
外野コンバートは関川、浅井の二の舞である。

時代に合わなくなったのか、時代がおかしいのか

小学館が来年春を以て小学六年生と小学五年生を事実上の廃刊とすることを発表した。
直接的にはネットの普及(生まれたころにはWindow95が存在した)による活字離れでの部数の減少なんだろうが、数年前、まんが中心から、アイドル情報中心のローティーン雑誌に変貌を遂げていた。
低学年と比べて、少年少女たちの需要が多様化したのもついてゆけなくなった大きな要因だろうか。
何より学習部分がほとんどない。昔の学年誌は、親が読むべき個所もあったが、今は存在しえないのだろうか。
いや、昔もそうだったのかもしれない。私だって四年生までしか、しかもとびとびにしか買ってなかったのだから。

「ドラえもん」だって、連載開始当初は一年生~四年生の連載だったのだ。だから未来に帰ってしまうという、今や幻の最終回が存在したのだ。ところが次年度から六年生まで連載が拡大されたこともあり、USO800を飲んだのび太が「ドラえもんが帰ってくるわけがない」といったので、ドラえもんが戻ってくるというストーリーが作られたぐらいだ。
やはり、四年生と五年生には大きな境目があるようだ。大人の階段というものだろうか。

まずは日本で鍛えてから

泣くぐらいだから、よほどメジャーに行きたかったのだろうが、高校生の直メジャーでは成功もおぼつかない。通訳も付けて至れり尽くせりなんて待遇もあり得ないだろう。田沢とて4年間の社会人暮らしの後である。
それでも2Aで育成されて、投手陣のコマ不足で緊急でメジャーにあがっても、通用したという程度である。
ならば、今はNPBで投げて実績をあげて、それからMLBに行っても遅くはない。

菊花賞’09 結果分析

まっく 「まさに、下剋上」
SS様 「春の有力馬が不安定だからこうなる可能性もあったのだが」
まっく 「スリーロールスは好発進で、絶好位につけて、そのまま押し切ってしまいました」
SS様 「距離経験は2000mまで、勝利は1800mまでというのが弱みと言われていたが、関東にもっていって九十九里特別(今年の勝ち馬のロードアイアンは抽選除外)を使うか、距離不足でも野分特別を使わざるを得ないんだな」
まっく 「ダンスインザダーク×BTという血統屋が泣いて喜びそうな配合だけに」
SS様 「こういう馬は穴人気してこけるケースが多いのだが、今年はリーチザクラウンが引っ張る消耗戦の展開になったから」
まっく 「浜中騎手もは初体験での勝利」
SS様 「伝説の新馬戦の4着ということで注目していた向きもあったようだが」
まっく 「違った形で伝説に1ページが加わりましたね」

SS様 「ハナ差まで追い込んだのがフォゲッタブル」
まっく 「2億4500万円のおぼっちゃまだったのが、負けまくってセントライトの3着でつかんだチャンスをものにしましたが」
SS様 「貴種流離譚だな」
まっく 「ここで、デュレン兄さんとアプレザンレーブが出てくるとは思いませんでした」
SS様 「ダンスインザダークの1-2フィニッシュになったし」
まっく 「一番複雑なのは橋口先生でしょうね」

SS様 「3着はセイウンワンダー」
まっく 「これが来なきゃ、作者の馬券は的中していたのですが」
SS様 「1、2、3着を持っていて、ワイドの軸が4、5着ではなあ」
まっく 「それなりにまとめてきますし、やはり長距離はリアルシャダイですね」

SS様 「イコピコは後ろすぎたのじゃないのか」
まっく 「まくる展開にもっていきたかったのでしょうが、京都外回りで4コーナー16番手からの大外一気は難しいですよ」
SS様 「1-4-1-4-1ときて」
まっく 「4着というのはお約束ですか」

SS様 「リーチザクラウンは5着」
まっく 「ゴール前でまとめて差されてしまいましたね」
SS様 「かといって、短距離には使えないから」
まっく 「スルタンを見ているだけに・・・」

SS様 「ヤマニンウイスカーが6着」
まっく 「2頭出しは人気薄を狙えといいますが、生産者(錦岡牧場:イコピコ)、厩舎(池江厩舎:フォゲッタブル)、ともに人気のある方が先着しました」
SS様 「スタートはちゃんとしたのだが」
まっく 「まだ本格化していないのかもしれません」

SS様 「あと、気になったのは」
まっく 「トラアンフマーチなんですが、道中最後方はいつもの戦法ですが、一周目でコーシローがずっと立ちあがってました」
SS様 「無理やり抑え込んだんだろうなあ」
まっく 「行ってしまうという手は無かったのでしょうか」
SS様 「そして、アンライバルドの15着惨敗」
まっく 「4コーナーまでは引っかかった素振りもなかったのだが」
SS様 「血統的なものではないのかなあ」
まっく 「父のネオユニヴァースもそうだったように、早熟ということでしょうね」

SS様 「君は、デュレン兄さんの追悼馬券と言っていたが、富士ステークスでダイナアクトレスの血をひくアブソリュートが勝った他に」
まっく 「あれは単なる東京巧者では?ダイナアクトレスといえば、南田洋子さんが一口持っていたのところから名づけられたはずですが・・・」
SS様 「ダンスパートナーも南田洋子さんが一口持っていたんだよ」
まっく 「こっちも彼女の追悼馬券で1-2フィニッシュだったのですかぁ、長年KBSのチャリティ番組の司会を夫婦でされてましたから、京の空の上から見守ってられたのかもしれませんね」









菊花賞’09 展望

SS様 「多忙の中、御苦労さま」
まっく 「ダービー馬が仕上げが間に合わずに出てきませんから」
SS様 「一方、人気馬がことごとく弱点を抱えているから」
まっく 「そうなんですよね」

SS様 「前日一番人気はリーチザクラウンだが」
まっく 「逃げ切れるかどうかなんですよ、ただ、武豊騎手の本領は逃げ先行だと思うのですが」
SS様 「皐月賞馬のアンライバルド」
まっく 「こちらはひっかかると目も当てられませんね、兄のフサイチコンコルドも秋はイマイチ、父のネオユニヴァースも成長力に疑問符が付きますから」
SS様 「トライアルレコード勝ちのイコピコ」
まっく 「逆出世レースのラジオNIKKEI賞を使い、しかも負けているのです」
SS様 「でも、ソングオブウインドのパターンじゃないの」
まっく 「神戸新聞杯を好走していますから、売りはそこです、ただ、三代母がカッティングエッジ」
SS様 「アサクサキングスの母だって1200m専門だったぞ」
まっく 「でもその全兄はジェニュインじゃないですか」

SS様 「で、人気三頭で決まると思う?」
まっく 「今日のゲストって吉川晃司なんですよ、彼が今年大河ドラマで演じたのは信長公」
SS様 「信長が上洛ということは、本能寺」
まっく 「下剋上はあるのかということです」
SS様 「♪~何もかもが 君のせいさ となりかねないということか」
まっく 「歌はまずいです、でるた君率いる合唱団が乱入してきますから、まして5年前の今日は晴れ舞台だったのですから」
SS様 「あいつら、『あの素晴らしい愛をもう一度』の練習に忙しいから」

まっく 「閑話休題、どれか一頭は穴が突っ込んできそうな気がします、とくにアンライバルドとリーチザクラウンの1-2はもうなさそうな気がします」
SS様 「ナカヤマフェスタは?」
まっく 「セントライトの勝ち馬ですね、ここを勝って本番も制したのはルドルフまでないんですよ」
SS様 「アントニオバローズは?」
まっく 「前走が喉の病気とはいえ、負けすぎでしょう、せめて掲示板に載らないと」
SS様 「フォゲッタブルは」
まっく 「典型的人気先行馬、関西馬なのにセントライトを使った、しかも3着、消し要素いっぱいなんですけれど、池江(父)厩舎ですから」
SS様 「デュレンさんが亡くなったこともあるからな、池江厩舎もう一頭のヤマニンウィスカーは?」
まっく 「間に合わずに準オープンを使って出遅れ惨敗で中一週というのは気になりますね」
SS様 「セイウンワンダーは」
まっく 「京都長距離のリアルシャダイですが、牡馬のユーイチというのが信頼できないんですよ」
SS様 「アドマイヤメジャーがそこそこ売れてるが」
まっく 「三連勝、セントライト惜敗も抽選で滑り込みという運の強さでしょうか」
SS様 「スリーロールスは」
まっく 「血統的に一番面白そうですが、2000mまでしか使っていないし、1800mまでしか勝ってないのですよ」
SS様 「ブレイクランアウトは」
まっく 「外国産ゆえに積極的に買いたくないですね」

SS様 「で、買い目は」
まっく 「軸2頭、ひも4~6頭のワイドで」
SS様 「軸候補は?」
まっく 「人気3頭の中から、とりあえずリーチザクラウンは押さえます」
SS様 「ひもは?」
まっく 「スリーロールス、ヤマニンウイスカー、アントニオバローズは買い、フォゲッタブルとアドマイヤメジャーは考えます」



銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 秋華賞’17  展望 (10/14)
  •  べが 「♪柴田がかんだ小指が痛い~」ほべが 「作者が小松政夫のドラマ見てたというのがわかるね」 べが 「伊東ゆかりとジャイアンツの柴田勲が噂になってたってこと
  • スプリンターズステークス’17+α 結果分析 (10/02)
  • SS様 「レッドファルクスが連覇したわけだが、馬場が合ってたのかな」まっく 「ミルコが内へ切り込んだのが大きいでしょう、大外ぶんまわしでは届かなかったでしょう」
  • スプリンターズステークス’17 展望 (09/30)
  • SS様 「また間隔あけて、国内政治もきな臭くなってきたよ」まっく 「見捨てられないようにしないとね(しかも書いた原稿ファイルが開かないときたもんだ)」SS様 「
  • これで一息ついたと思っているのだろうか (09/04)
  • 自分がG20サミットに出席+外遊のために不在中に休会中審査で森友と加計(合わせてもりかけらしい)の集中審議をやってしまおうと考えた。いないから何も言わなくて済む
  • こんな大統領に縋ってやっていくのか (08/14)
  • ヴァージニア州シャーロッツヴィル(シャルロットヴィルとも言うが、これじゃあメジロパーマーのひいじいさんだね)で、南北戦争の南軍の名将リー将軍の銅像を差別の象徴だ
  • ダクトの異常だったとはいえ (08/13)
  • 羽田から伊丹に向かう予定の全日空37便のボーイング777、離陸してしばらく経って機内に煙が出たために急遽羽田に引き返した。原因はダクトの異常だけで、飛行には差し
  • 欠陥品 (08/11)
  • オーストラリアで演習中の岩国に配備されているオスプレイが墜落し3名が死亡した。ティルトローター機そのものが問題があるということに気づいてないのだろうか。VTOL性と
  • グアム攻撃は存立危機事態では (08/10)
  • 今度は中距離弾道弾を4発、グアム沖に発射するぞと、しかも上空2000km以上とは言え、島根、広島、高知の上空を通過させるぞと宣言した。かんしゃく玉破裂させてるだ
  • 休会中審議もこのザマか (08/10)
  • 稲田は休会中審議に欠席して国会内をニコニコしながら歩いてる。政府は南スーダンの問題を最初からなかったコトにしたくて必死。アベルフ首相が命じたのか、ゲッベルスガ官
  • そりゃ、支持率上がって当然だろ (08/07)
  • 内閣改造した安倍内閣の支持率が上昇して、一部の人達は喜んでいるが、上がって当然だろ、内閣改造の直後で、しかも能力の怪しい政治家を外したのだから。これで下がれば本
ニー屋 腕時計 通販ショップ