女流名人戦第二局

後手里見藤花は意地でも中飛車というわけで、清水女流名人は一手損覚悟で二度の角交換するも結局後手中飛車に。
先手は矢倉、ここで渡辺竜王なら遮二無二熊るのだが。NHK杯では久保棋王相手によもやの相振り飛車。
後手は左金を3筋に回しているので、片銀冠。8一桂をはねるべきなんだろうか。7四歩を突いているから跳ねざるを得ないが、飛車交換になればノーパンでスカートをめくられるような状態になるので不安な形である。
後手が3三銀を引いたところで先手が2四歩と突っかかる。放置して4三銀と上がれば、2三歩と垂らす。これには4二角。3三でないのは、4五桂はねの際に角にあたらないためか。これで先手の飛車を追いやり、2四歩とフタをする。
先手は5六銀と飛び出すが、5五歩と突かれて6七銀と後退して結局銀矢倉になる。ということは、4七金から上がってゆくのだろう。その前に飛車を4筋に回す。この間に後手は垂らされた歩を金で取って、3二に戻ってくる。
先手が4七金と上がったところで昼食休憩。NHK杯は渡辺の完勝、あんな裏芸持ってるんですね。

再開後の手は、逆に左から攻める2五歩。さらに2四角とのぞく。これに対して先手は7筋の歩を突いて3八角と打って7三の桂頭を狙う。
これに対しては5六歩の焦点の歩。先手は自ら角道を止めるが、後手は左銀を5四に繰り出し、左桂を調子よくはねる。先手は飛車を2筋に回すが、後手は金の頭に歩を打って先手の金を後退させる。
5五歩と打って、後手の右銀を6三に後退させる、といっても後手の囲いは強化されるが、8三銀にも3八角が狙いをつける。
ここで先手が2五桂とはねるが、2八歩と先手の飛車の頭を叩いてから4六角と飛び出す。飛車を避けたところで2五で桂交換の後1九角成。
ここで5四歩と突き出して飛車成を狙うが、2筋は封じられ、4五飛と回るも、銀にぶつけられ、後手の飛車の頭に歩を打って飛車なりを狙うも、飛車がお尻に逃げ込んでしまった。
7四に桂馬を打ち込み守りの銀と銀桂交換、いっぽう、馬道を開いたところで、先手は5一歩成、これを飛車で取っちゃった。5二銀の両取りが見え見えなのに。
と思いきや、6三に銀を打ち込み、金銀交換に。やはり飛車を攻められるが、放置して7四馬。飛車はとられるが、6一香と受けて、2二飛の王手も馬の利きで受けきり、清算されたところで最後の突撃も交して138手で里見の連勝。

王将戦第二局

やはり1000本目は社会派なものにするつもりが、後回しになっているのでこれが1000本目になってしまった。

久保棋王が後手なので、当然のごとくゴキゲン中飛車。この形で対久保に7戦全勝の羽生王将も当然対策を講じてきて、両翼の銀を繰り出す対策。
4五銀と早めに繰り出す手がいいのか、先手優勢に思えるが、一日目終了の段階で銀桂(ここでなぜか桂銀淑を思い出してしまう)と角の二枚換えが確定。
その角で馬を作った先手有利かと思いきや、その馬を目標に銀を打つ後手。この辺りの手順を読みきっている将棋ソフトも恐ろしい。
なんと先手は受けのために7七歩と打って、角道をふさいでしまった。この前の女流名人戦での清水女流名人の封じ込まれた角を思い出させる。
6五銀と悠然と引き上げた手で先手の6四銀が危なくなっている。ここは2六馬か(12:50書き込み)。

あれ、この2六馬がなんかよさそう。銀に突入されそう(13:40)
3三桂は好調そうなんだけど(15:10)
その桂馬に向かう先手の3四飛が強烈すぎる、これは羽生有利か(16:00)
ここで逃げ道を作っても・・・(17:45)
何か怪しくなってきたなあ、久保棋王の本質は、さばきのアーティストというよりも、関西風粘りのアーティストみたいだし(18:05)
怪しげな7二と
後手玉が逆に6筋へ逃走(18:35)なんとこれが敗着とは。

先手の3五馬が4五、8一の二枚の桂馬をとって侵入された方がまだ望みがあったとは。これでも後手勝ちの筋は見えないようだが。
5六歩と突いた手が、先手の逼塞していた7九角を働かせてしまったのでは無いかという気がする。

閉じる閉じるよまた閉じる

有楽町西武に続いて、四条河原町阪急も閉鎖を決めた。
有楽町の方はフランク永井の名曲とは何の関係も無く、あちらはそごうで、こちらはもとの有楽町マリオンである。
どちらの店もデパ地下がなく、店舗面積が小さいのである。

さらにいえば、もともとここには住友銀行が建っており、現在も土地を所有し、1階に入っている。
開店が1976年と遅い。京都市電の写真には四条線(1972年1月廃止)のコロは存在せず.河原町線(1977年9月廃止)の最末期の背景にだけ写っている。

都雀たちは、デパートといえば大丸か高島屋であり、事実上ファッションビルに過ぎなかった阪急に来ることは少なかった。
一方、湖東、湖西や亀岡など郊外からの客はJR京都駅構内の伊勢丹に行くようになった。所詮長距離の乗り換え客限定じゃないかといっても、ターミナルデパートとはそういうものだ。
さらに阪急百貨店と高島屋の提携が止めを刺した。なんといっても河原町通の向かい側に高島屋がそびえているのだから。
でも、今後も阪急が使うそうだ。何度もファッションビル(私が知る限りこの20年で3回)として改装したので、今後も1~6階はファッションビル、7~8階は食堂街として使うようだが、それではどうしようもないと思うのだが。

お前、何しに上京した

朝青龍(誰を殴ったか知らないが)の天敵、シーサーやらメデューサやら言われている内館牧子さんが横綱審議委員会を去ることで話題になっていたが、横審委員にあの井手がいるなんて、しかも出席している。

尼崎事故に関しては一切のマスコミの取材を拒否して逃げている男が。

新聞記者も社会部を呼んで取材に行かないと。運動部はビビリの集団か。

空から日本を見てみよう

なんとゆるい番組だろうか。いかにもテレビ東京なといったところか。ひたすら空撮で追いかけてゆく。つまらぬバラエティよりよほどマシだ.
観光地を除いて(次回は箱根だが)線路の上空を行くことが多い。

その割にはちゃちゃを入れる雲が伊武雅刀と柳原可奈子というあたり、こういう所に金がかかっていたりするのだが。
正月明けは京浜東北線81.2km、さすがに一回で収まるわけもなく、2時間スペシャルでも大船から品川までしか行けなかった。田端から大宮は翌週回しで三回分要した。

放送開始直後に京都を取り上げているが、テレビ東京、テレビ大阪、KBS京都の三角関係もあって、ネットはされていないので、当の地元で何をやっているのか判らない妙な状態になっていた。
こちらは同時ネットだが、独立U局の悲哀、妙なところにCMがはさまるのである。

これってパラレルワールドってことなんでしょうね

「BLOODY MONDAY 2ND SEASON」の放送が始まったが、いきなり主要キャラのあおいが殺されるとは思わなかった。
しかも、不用意に呼び出しベルでドアを開けたり、拉致、ぶら下げでそのまま死亡とは。

藤丸がGPSの衛星にハッキングすれば、あっさり問題が解決してしまうので、パニックにさせるようにするだけの演出と思っていたのだが。
今回、原作には存在しない響(原作では矢島の喫茶店のバイトで実は誰かのスパイ:Jか?)というキャラ(えっちな写真集を出した黒川智花)が出てくるので、似た様なキャラは整理したというべきだろうか。TV版では留学生ということらしいが。あるいはスケジュールがあわなくなったのか。

今回、原作とは別世界というコメントがドラマ制作スタッフから出ているので、パラレルワールドとなってゆくのだろう。1ST SEASONから、公安調査庁の矢島が存在せず、彼女をウイルスで死なせたのは霧島という設定になっているのだから。
3RD SEASONがあれば、パラレルワールドなんで、実はこの世界では生きているという設定も可能なので。

女流名人戦第一局

清水女流名人も挑戦者の里見藤花も終盤に定評がある。ただし、里見藤花は序盤に難があると言われているので、序盤で不利にしてしまうと、清水優位は動かないだろう。
清水が飛車を振ることはまずありえないだろうから、居飛車振り飛車対抗形になるのは確実と見られていた。

振り駒で里見先手になり、飛車を7八へ。久保棋王同様の三間飛車に対して、清水は船囲いで棒金を選択。玉の守りが薄い上に、4四歩を突いたので2二角が壁角になってしまっている。

7筋から清水の金が進出してきたことに対して、里見が8筋に歩を垂らしてこれがと金になり、左桂を犠牲にする間にと金を使って飛車交換に成功。この瞬間、7七金が先手の角の利きに入り、飛車を打ち込んで抵抗するも、里見も飛車を打ち込み、桂香を拾いながら例のと金で迫る。
清水も角金交換で得た手駒の角を成って自陣に引きつけようとするも、里見に龍の利きで歩を打たれて遮断される。
やっと引きつけた時には、香車を玉のコビンに打ち込まれている。
清水陣は里見のと金と龍であっさりつぶされた。2二角は退路を防ぐ有様であった。いくら清水が女流の第一人者でも角落ちでは勝てないだろう.

王将戦第一局

いい加減、放ったらかしにしておくのもよくないので、扱っておこう。

羽生王将に久保棋王が挑戦した第59期王将戦第一局、先手久保はやかり三間飛車、それに対して不安定な玉を放置して、18手目に羽生の6五歩で開戦、久保有利の中、羽生は5九飛成のただ捨てから、馬も切って久保の玉を裸にするも、じっと手を戻して自陣に3八銀と打ち、羽生が2枚の飛車を入手するも、117手で押さえてで勝利した.

神戸新聞の7日間

実は見ていた。あるブログでは、震災直後の神戸新聞は実質京都新聞と書かれているが、実際どこの新聞でも同じ内容であっただろう。印刷された新聞を配るところも無く雨にぬれていたといっても、倒壊、火災で(東海の葛西帝王ではない)配る場所がなかったというべきであろう。
一昨年夏に京都新聞のマイクロフィルムを見たが、むしろ京都新聞のほうが神戸新聞に引きづられたかもしれない。

なにか問題点があったのだろうか、建物の倒壊やほこりでもっと白っぽく、火災にあったところはもっと茶色いのである。3月の夜、神戸以西が復旧したJR山陽線を逆走していたら、御蔵菅原あたりは夜でもまっ茶色であった。

同様に社屋が崩壊寸前だったラジオ関西の生々しい当時の音声を貼りつけておく。
その1


その2


その3


その4


その5(完結)

私が見抜かれやすいタイプとはいえ

nanaponさんのブログにあるのでやってみた。
その結果は

神経質度: ★★☆☆☆
自己中度: ★★★☆☆
偽善者度: ★★☆☆☆
社交辞令度: ★★★☆☆

性格
冷静なときと熱いときの温度差が激しいです。やるときとやらないときの差がはっきりしています。ON/OFFのスイッチが頭の中にあるようです。自分のことは自分でやるという信念を持ちます。
頭の回転が非常に早く、自分の世界を造り上げて行きます。なかなか他人に理解され難い人で、あなたはさらに常軌を逸しています。人の予想の斜め45度上の結果を出します。
平気で他人を利用してしまうところがあります。

仕事
気分で結構かわってしまいます。だめなときはイケてません。
相手次第で自分の態度を変えます。実は小心者です。どこでも生きて行ける素晴らしい生命能力をもち、存在感を回りにアピールします。
他者とは一線をおいて付き合い、プライベートを大事にします。それはあなたはどちらかというと変だからです。
自己中心的です。

恋愛
熱しやすく冷めやすいところがあります。正直ちょっと相手に甘えてしまいます。また、温和で無難な付き合いを望んでいます。
抜群の集中力をもち、周りの人の話題になる人です。毎日一緒にい過ぎるとマンネリ化します。しかし理解されがたいのはあなた自身です。
なんだかんだ下心がむき出しです。

個性の激しいA型
ひねくれてます、部屋が汚いタイプ。

ほっといてください。当たっとるじゃないですか。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ