追い抜き

トリノで新設されたスピードスケートの追い抜き(パシュート)、リンクの反対側から2チームがトーナメントで戦ってゆく競技。
これなら、普通のスピ-ドスケートもコースチェンジのないこの方式でやればいいのにとも思うのだが。
しかし、この競技を面白くしているのは、3vs3の団体戦であるということだ。
誰かがヘタってしまう、空気抵抗のために交互に先頭にたつ、あるいは一人が残る二人を引っ張る、そう、この競技
  氷 上 の 自 転 車 競 技
なのだ。交互に先頭にたつのはロードレース、一人が引っ張るのは競輪のライン戦である。そしてゴールは最後の選手の最後部がゴールを通過する瞬間である。

日本の戦術は徹底して先行逃げ切り、最後アラアラになりながらもゴールへ駆け込めば勝ちという哲学、ずっとこの作戦で勝ち上がってきたが、ゴール前、日本の選手の後足が流れた分、0.02秒差で敗れた。

でもトリノの4位から2位だ。

棋王戦第二局

佐藤が先手ということで、予想通り後手中飛車。
佐藤は角交換して丸山ワクチンに、そして7八金、3八銀と備える。そして佐藤は7七経由で玉を移動する。まるで昔の森安九段のように。
久保は玉頭の歩を突き、佐藤も端歩を突いてから、9八香と上がったところで、久保が2四歩と突いて戦闘開始。
銀を捨てて桂馬を取って飛車を成り込む。龍をぶった斬って、端攻めの準備か。
しかし筋悪そうな田楽刺しから銀を取って、筋の悪そうな攻めで金を打ち、飛車角を責める。
久保は飛車を取り、佐藤も久保の馬を取り、両者大駒の取り合いになる。
佐藤は二段目に飛車を打ち、7二銀を動けなくする。ここで3二歩と打つと2八飛成と粘られてしまうとのこと。
久保はそれでも7九金と筋悪そうに銀を取って攻める。この金を取られたら、玉頭に打ち込まれることは明白なのに。
そこで、佐藤陣を崩して、玉を9七に移動させてから7四銀と佐藤の角筋にフタをする。
佐藤は6九に桂馬を打つも久保はばっさりと飛車を切って刺し違える。その桂馬を8五に打ち込む。7七の桂馬で取ることもできない。取れば退路が断たれるだけだ。

82手で久保の勝利。両者1勝1敗のタイになった。

来るべき人と去りゆく人

21日の三段リーグ一局目で菅井三段が、13勝目を挙げ、他の棋士が全勝しても13勝どまりの上、順位1位(前回次点)ということで、4月1日付での四段昇段が決定した。岡山県在住ということで、松江なら電車で行けるということもあって、師匠の井上八段について王将戦に連れてってもらったのだろう。

一方岡山県出身といえば、NHK杯予選で有吉九段が予選を突破した。すでにC級2組順位戦で3度目の降級点をとり、フリークラス落ちとなるのだが、フリークラスの定年は60歳まで、すでに有吉九段は74歳なので、3月31日を以て引退となるはずであった。
ところが、出場権を獲得している棋士が強制引退というのもおかしな話である。結果、引退予定日の段階で勝ち残っている棋戦で全て敗れた日を以て引退日と泥縄的に改正された。

理論上は勝ち進んでゆけばNHK杯決勝の放送日までは現役でいられるということなのだが、それ以前に勝ち残っている竜王戦と棋王戦で勝ち進み、タイトルを獲得したらどうなっちゃうんだろうか。

あれほど完璧に飛ばれては

国際スケート連盟は、3回転半や4回転を滑りうる女子フィギュア選手は今後もそんなに多く出てはこないだろうとかんがえているのだろう。トリノで荒川静香が金メダルを獲得できたこともこれを物語っている。
よって3回転を最高難度とみなした現行制度ができるのである。キム・ヨナとその陣営はその採点方式を最大限に活かす戦術をとった。

伊藤みどり以来の美しさにかけるスケーティングではノーミスであっても、浅田真央が金メダルを獲得する可能性は低かったであろう。だが、より高度な戦いを挑めないだろう。児玉清さんなら「なぜ果敢にアタックしない!」とお怒りになられるだろう。
これで、ヨナは史上最高得点を獲得した伝説のスケーターとなるのかといえば、そうとは限らない。男子でも批判が出ていたように、規定がまた変わる可能性が高いのだ。
あたかもファン・エマヌエル・ファンジオ、ニキ・ラウダ、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハの誰が最も速いドライバーかということを比較すること同様無意味になるだろう。全員がマクラーレン・ホンダMP4/4に乗ったとしてもだ。

2018年に韓国が冬季オリンピックを誘致するときに箔がつく効果はあるだろうが。その頃には金王国が消滅して領土が倍になっているかもしれない。

それよりも、数ヶ月前のどん底から銀メダルまで立て直してきた真央ちゃんは大したものだし、3人が2位、5位、8位と全てが入賞しているのだから。

お飾り大臣でコントロール出来るのか

交通省は東京-名古屋間のリニアモーターカーの建設の検討に入った。JR東海が単独で建設しようとして、長野県がなんとしても諏訪地区にルートを曲げるように主張して、交渉が暗礁に乗り上げている解決案を出そうとしているのだろう。
一民間企業に暴走されては大変だから、国家の介入があって当然だが、よしんば建設するにしても、諏訪地区に駅を造ったら、在来線の経営が一気に怪しくなってしまう。「しなの」の客が減るのも大変だが、「あずさ」の客を奪うと東日本まで巻き込んでの大騒動になってしまう。
それでもまず建設ありきの思考回路しか持っていないし、大臣が馬鹿だから国民の監視がひつようだろう。一ちゃんに「無駄」と言ってもらうのが最良の策だが。そんな金があったらカーリングの強化に回そうよ。

今までの建設費は賄賂が混じっていたので建設費を思いっきり圧縮できるので、八ッ場ダムの建設を逆に推進しようと考えている。汽車ぽっぽ前原ではながされるだけだろうて。結局自裁した元議員のメールを真に受けてしまったのだから。
ダムが必要かどうかではなく、やはり建設ありきの思考回路しかないば官僚だから。

砕け散ったクリスタル

3勝2敗からの四連敗。ダブルヘッダーが続く日程に、スタミナと集中力が保てなくなってしまったのではないだろうか。
チーム内の内紛とか書かれているが、ああいうのはおっさんのひがみなんで放っておけばよい。

ドコのチームもそうだが、ブルゾンとパンツというユニフォーム、清掃会社みたいだ。どうせお掃除なら、メイド服をユニフォームにすればいいのに。

男子スケルトンチームに羽生名人を入れてみたいね。チェスより先にオリンピック日本代表になるんじゃないだろうか。

他の選手は生まれてきた時期が悪すぎるのか

休日だったので生で見ていたのだが、早々に結果を書くとnanaponさんが怒るので、あえてずらしてみた。
女子のショートプログラムで真央ちゃんが初めてトリプルアクセルを成功させたが、ヨナはただ滑っている様に見えるだけで、それを遥かに上回る自己最高得点をマークした。

おそらくヨナは100%の力で飛んでいなかったのではないか。トリプル~トリプルという男子でも真似のできない技を持っている以上、限界に挑まず、魅せる滑りを行えば、自然と高得点が転がり込んでくると見込んでいるのかもしれない。
一方、憧れた伊藤みどりの滑り同様、浅田真央の本質はパワースケーティングである。どうしても多角形なのだ。一方、ヨナの滑りは美しい曲線を描いているのだ。

さあ、大変だ

マートンを責めてはいけない。もともとレフトで、センターは途中出場で1試合だけ、打順も5番、6番、7番、9番が多く、1番、2番はほとんど経験がないのだから。こういう選手を獲得したスカウトが馬鹿なんだろう。
かといって、浅井は俊足でも盗塁できるかといえばまた別の話である。
かくなる上は新人を起用せざるを得ないだろう。金本のフルイニング出場も断ち切らないとイカンのだが。本人が気力を無くしてしまいそうで怖い。

雨ばっかりの宜野座より、寒くても晴天の多い安芸で一軍キャンプを行った方がいいのではないか。
逆に故障者やベテランや二軍、特にリハビリ組は温暖な宜野座でキャンプをしたほうがいいのではないか。
宜野座でキャンプをやってありがたいのは羽を伸ばせるマスコミだけだろう。

ここまで酷評したマートンがヒットを放ち、外野フライでランナーを刺したとのこと。
もっとも、ただ補給するなら一流の外野手ならできるだろうし、刺されたのが威助だから。

あまりにも早すぎる死に

本当は菅井三段の昇段を書かなければならないのだが、

北海道の強豪アマ、現在はアマチュア連盟の理事とともに、子どもたちへの将棋指導で活躍されていた新井田元信氏が19日亡くなられたと将棋パイナップル管理人の松本博文氏の書き込みがあった。
昨年末には観戦記者の池崎さんが58歳で亡くなられているが、あちらは闘病生活の末であった。
こちらはまだ48歳、本当の急逝であった。年末には週刊将棋で初心者指導の話を、亡くなられる前日の18日にも北海道将棋連盟の日誌を書かれている。その内容は妙な先入観が入ってしまうので、触れない方がよかったかもしれないが。
パイナップルのほうにも14日に書き込みがあった。47newsあたりから根こそぎ貼り付ける来生雨処(きすぎうしょ:正体不明だが、逆さにすると『しょうぎすき』)氏の大量書き込みで後ろへ流れてしまっているが。

また、プロの連盟にも物の言えるお方だった。。渡辺明ブログにもあるように、イベントの設営にも手馴れておられたようだ。今後どうなるんだろうかという思いはある。

本当に惜しい人を亡くしてしまった。心からご冥福をお祈りしたいです

フェブラリーステークス’10 結果分析

SS様 「ダートナメてんじゃねーぞ」
まっく 「芝からの転戦組はローレルゲレイロの7着が最高でしたね」

SS様 「というわけで10頭立ての結果を、エスポワールシチーの完勝」
まっく 「二番手追走で直線入ったところで勝利確定でした」
SS様 「テスタマッタが2着」
まっく 「中団から伸びてきましたが、サクセスブロッケンを交わしたところまででした」
SS様 「この馬の名前に『がね』をつけたらよぉ、名古屋弁みてゃ~になるがね」
まっく 「そないなもんよぉ、きゃ~むら市長でも使わんがね」
SS様 「で、サクセスブロッケンの連覇はならず、3着まで」
まっく 「フェブラリーステークスの連覇は難しいですね」
SS様 「全く人気のなかったケイアイテンジンが4着」
まっく 「オーナーが東京馬主協会ですから、思い切った仕上げだったんじゃないですか」
SS様 「グロリアスノアが5着」
まっく 「後ろが届かない展開でした、小林騎手のミスではなく、勝ち馬が強すぎるだけでした」

SS様 「で、作者が買ったときに6点しかないのが少なすぎると、1、15、16にまで手を広げたんだって」
まっく 「ワイドを12点買ってあわせて1170円じゃあ、トリガミじゃないですか」
SS様 「そのへんが馬券ベタ」

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 東京優駿’17 結果分析 (05/29)
  • SS様 「1000mで63秒1、オークスより遅い、1800mで1分53秒1、ダート戦か」まっく 「タイムから見れば酷い凡戦ですよね」SS様 「というか、このレー
  • 東京優駿’17 展望 (05/28)
  • SS様 「混戦だ、牝馬より弱いとか言われてたけど、それなりにメンバーが揃ったんじゃないか、で、本命は」まっく 「それでもスワーヴリチャードです」SS様 「左回り
  • Bリーグチャンピオンシップファイナル (05/27)
  • 第1クォーターは互角、第2クォーター終了で栃木6点リード。しかし第3クォーター、川崎の猛攻で4点差をつけたが、第4クォーター、逆転に次ぐ逆転、9度もひっくり返り
  • それにつけても・・・ (05/26)
  • 木曜夕方、騒ぎが走った。明治が8月をもってカールの生産を大幅減少し、近畿以西のみの発売とすると。今後は小浜、関ヶ原、名張、熊野では入手できず、舞鶴、米原、宇陀、
  • 優駿牝馬’17 結果分析 (05/22)
  • ほべが 「ガチの内有利、ミエミエのスローペースでの上がり勝負」 べが 「逃げたフローレスマジック(結構人気してて5番人気)が6着に粘ってるくらいだし」ほべが 「
  • Bリーグチャンピオンシップ準決勝 (05/22)
  • NHK-BS1をつけてみると、なんとロースコアなゲームかと、なんのことはない、1勝1敗だった時の第3戦は前後半5分ずつ、言ってみれば延長戦ということである。第1戦は川
  • 優駿牝馬’17 展望 (05/20)
  • ほべが 「別路線組も多数いたり、桜花賞惨敗組が回避したりして500万条件でも抽選で出走可能になったわけだけど、本命は?」 べが 「リスグラシュー」ほべが 「内有
  • 今度は岡山理科大か (05/18)
  • 岡山理科大が獣医学部を特区で新設するというので、またも首相の口利きがあったとのこと。安請け合いで口約束で役人に押し付けて、発覚したら責任逃れを連発するというのか
  • Bリーグチャンピオンシップ準々決勝 (05/16)
  • 旧NBL勢が上位を占め、旧bjリーグ勢は三遠と琉球とbj上位チームのみ、しかも琉球は大阪と熾烈な争いを演じたと言っても、西地区では唯一の旧NBLの三河が圧倒的に強く、両者
  • 妖怪のせいじゃないよね (05/15)
  • 「妖怪ウォッチ」とその関連商品の2016年の売上が102億円まで低下した。2014年には500億円以上売り上げていたことを考えると、落ち目になったのか、それとも
ニー屋 腕時計 通販ショップ