棋王戦第五局

さあ、最終局。振り駒で佐藤の先手、ということで久保のゴキゲン中飛車。
佐藤が右の銀を早々に繰り出してゆき、久保に7二銀と締まらせて、美濃囲いを完成させない。

佐藤が気持ちよく飛車先を破ってから、四段目に飛車を浮かせる。
ここで久保が9一香、なんと熊ってしまった。これで7筋に飛車を回すつもりだろうか。これに対して佐藤は角を9七にのぞかせる。
中央から仕掛ける久保、これには佐藤が一旦進出した銀を4六に下げて受ける。これに久保は角を3一に引く。桂頭に歩を打って形を乱す間に再び3五~4四銀と進出させてゆく。
これには5四飛と浮かせて受けると佐藤は歩を成り捨てから、3四飛車と銀を守る。ここで3六歩と佐藤の右桂の頭に歩を放つ。飛車を引いて取ればいいが、それは銀を失ってしまう。

5五歩と飛車の頭に歩を打つが、これを久保は銀で取る。この銀を取らせて7四飛車と王手で目障りな歩を払う。
ここで中合いに7六歩がうまい手。3七歩成と桂馬を取るが、6五角~7五銀と久保の飛車を詰ませてしまう。

4四の銀と飛車を刺し違えた後、今度は先手の飛車を追い回してから、7七歩と玉頭に打ち込む。これを桂馬で取った形は、久保の持ち駒に飛車が無いが、底から打たれるともろい。そこから山崎七段が先手負けと指摘してきた局面に流れてゆく。ところが手数はまだ中程、両者ねじり合いになるのか。

久保が佐藤の金を一枚はがすが、その瞬間、佐藤の角と久保の馬との交換になり、と金がそっぽにゆき、佐藤に攻防兼備の角打ちを食らう。5六に桂打ちを利かしてから自陣に7二金と埋め込む。佐藤は桂頭に歩を打ち、と金を消すも、久保の3三の桂馬が角めがけてハネ出す。

佐藤が攻め合いを狙って二段飛車を打ち込んだのに対して、ここで5九金とねじ込んだのが重かったかもしれない。が、清算して取った金で両龍取りが佐藤に激痛だ。龍金交換の後、佐藤はその金を自陣に打ち込み粘る。
ここから久保が寄せに入るが、5九龍と金取りにずれたのが読みに抜けがあったようで、7三歩と打って強化するものの、龍角交換で、佐藤陣への攻略法もつかめない。差し切りかという感じになってきた。
しかし、久保が3五になった角が銀に当り、これを5四へ移動した手が一手パスのような手。
久保の馬が4六~6四へ下がり、佐藤の攻撃の芽を摘んでしまう。最後は久保が玉頭から押し込み、佐藤は必死に。
これで佐藤投了。久保の棋王防衛となった。

マイナビ女子オープン第一局

当日の午後以降Javaが見れなくなったので、今頃に。

矢内女王に甲斐女流二段が挑戦する五番勝負、矢内が振るわけもなく、先手甲斐の中飛車への対抗形に。
なんと、相穴熊に。矢内が熊るとは珍しい。

甲斐が飛車を3筋に回して、金銀交換で快調に攻めるも、矢内は矛先をきっちり止めに行く。逼塞していた角も飛び出して盛り上げてゆく。
甲斐は飛車で金を食いちぎり、その金で飛車角両取りをかけるが、守りの要の3九の金を釣り上げられ、その飛車を7八に打ち込み角金両取りをかける。
甲斐が飛車を取れば、矢内は金を取る。甲斐のやけっぱちの叩き、あるいは焦点の歩になんと桂で取る。ここでパンツを脱げば側面がら空きである。ここは無視して、3九に金を打ちまれたら終わっていた。
敵の打ちたいところへ打てと甲斐が3九に金を打ち込み矢内の龍を追い返してから、敵陣に飛車を打ち込む。
角を取られる間に再度の3四歩から3三歩成と突っ込む。これに4六角が明らかに変調。3七歩と埋められてしまう。
3三周辺で金銀桂の繰り返えが行われ、矢内の持ち駒が角、銀、桂、歩となったところで甲斐が4一飛成。今度は3二で駒の繰り返えが行われて、矢内受け無しで逆転負け。

これで面白くなったね。

開幕シリーズを振り返って

土曜日は勝たせてもらっただけ。上園が失った2点目は守ったことの無いマートンともはや守れない金本の拙守だろう。寺原の乱丁で逆転しても、追いつかれ、次打者が公式戦で打席に立っていない俊介なのに、城島を敬遠せよという命令を出しそこねて、城島がサヨナラホームランを打つという相手がベイスターズなんで勝てただけ。
しかも俊介は桜井の守備固めに入り、センターは最後までマートンのまま、一打席でも立たせたいのならライトに回すべきだろう。
平野に関本を代打を出すのは理解できるが、何故か関本がそのままセカンドに入らない。去年よりコーチ陣の馬鹿さが強化されている。

日曜日は下柳の5回2失点はやむなし。もともと6回までしかスタミナがないのだから。8安打も打たれたからだろうか。
それにしても毎試合毎試合、筒井、久保田、メッセンジャー黒田を投入してどうする。
スロースターターとはいえ、金本の不調は気になる。もう引導を渡す時がしているのかもしれない。

高松宮記念’10  結果分析

SS様 「1200戦って判定勝ち」
まっく 「7度目の挑戦での初G1ですから」
SS様 「♪七度うまれて君が代を~」
まっく 「まもるといひし楠公の」
SS様 「いしぶみ高き湊川」
まっく 「ながれて世々の人ぞ知る」
SS様 「なんで神戸やねん」
まっく 「それより著作権大丈夫なんですか?」
SS様 「キングヘイローもそうだったんだが、宮記念はこういう苦節何年というパターンが多いんだ」
まっく 「そしてガルダンがまた2着」
SS様 「パチもんな名前だからかな」
まっく 「ビービーガンダムだとサンライズから抗議がきますよ」
SS様 「いいじゃん、昔ヒヤキオーガン(クモハタ×十九照)って名前の馬がいたんだから」
まっく 「重賞3勝(阪神大賞典、日本経済新春杯、中京記念)もしてますね」
SS様 「商品名そのまんまの名前の馬がよく審査を通ったものだ」
まっく 「アルティマトゥーレの出負けは痛かったですね」
SS様 「2馬身ほど遅れたところで1200mではさらに痛かったな」
まっく 「スズカコーズウェイは6着」
SS様 「やっぱり地元馬主は強いね」
まっく 「ヘッドライナーが7着」
SS様 「ゴール前100mまでは夢をみたんだが」
まっく 「作者が逃げ馬好きなのがよく判りますね」
SS様 「14点も買ったのは買いすぎだったな」
まっく 「6-17の1110円ではトリガミですが、この組み合わせでこんなについたとはびっくりです」

ドバイワールドカップ’10  結果分析

SS様 「グロリアスノアの4着はご立派」
まっく 「海外での騎乗経験か無い小林騎手もうまく乗ったようですね」
SS様 「もっとびっくりしたのがローレルゲレイロのゴールデンシャヒーンの4着」
まっく 「オールウェザーはハゲた司馬のようなものですから」
SS様 「司馬先生は君のように見事な芦毛じゃないか、まさかDURA?」
まっく 「作者の打ち間違いをネタにしない、芝でしょうが」
SS様 「いつも交わされておしまいなんだが」
まっく 「香港遠征も駄目だったのですけれど」
SS様 「惜しかったのはシーマのブエナビスタ」
まっく 「サタうまの生中継で見てたんですが、惜しかった2着ですねえ」
SS様 「JRAのHPにある負担重量超過って何なんでだよ?」
まっく 「ペリエの体重が絞りきれなかったんじゃないですか」
SS様 「1kgで1馬身差だから、規定重量では4分の1馬身差だよ」
まっく 「一気に突き抜けていればねえ、まあ、ステG君もハーツクライも勝っていますけれどね」
SS様 「残念だったのがワールドカップのレッドディザイア」
まっく 「トライアル同様のスロー逃げなんだったのですが、馬群でエキサイトして消耗しちゃったんでしょうか」
SS様 「今回はマークされていたようだし」
まっく 「同じてつは二度踏ませないっといった感じか」

SS様 「ドリジャニがシーマに出て勝ったら親子制覇なんだけど」
まっく 「その話はせんとくん」
SS様 「俺も頭にツノをつけてっと」
まっく 「こういうのを『うましか』といいます」

高松宮記念’10 展望

SS様 「なんだ、まだ予想できてないのか」
まっく 「群雄割拠ですし、地元馬主で穴馬一発と思われていたスズカコーズウェイは武豊騎手落馬と後続馬に腕を蹴られたようで乗り替わりになってますし」

SS様 「いつのも流しではなく、BOXかもしれんなあ」
まっく 「軸になりそうなのはキンシャサノキセキとアルティマトゥーレ」
SS様 「前者は肝心なときに勝てない馬か」
まっく 「あとはビービーガルダンぐらいでしょうか」
SS様 「作者が勝ったら面白いと思ってるのは?」
まっく 「そりゃあ、ショウナンカザンですよ」
SS様 「テスコボーイ系同系配合でサクラユタカオーの3×3だからな」
まっく 「で、これで勝ったら父子制覇なんですよ」
SS様 「誰かさんより早く親子四代G1制覇達成か」
まっく 「放っといてください、大賞典の負けがこたえてるんですから」

SS様 「で、結局相手は何?」
まっく 「内からショウナンカザン、トウショウカレッジ、カノヤザクラ」
SS様 「それから」
まっく 「ファイングレイン、ヘッドライナー、エイシンタイガー、BBガルダン(笑)」
SS様 「倍率で買った馬が何頭かいるな」
まっく 「夏女とか玉砕逃げを買ってますね」




民主党さん,出番ですよ

検察審査会が三悪人を起訴相当とみなし、これで起訴が確定した。
しかし、経営者が沿線全てのカーブを認識しているかなんとことは考えられないだろう。
過去も書いたのだが、そもそも民営化したこと、しかも労組つぶしのために地域別にバラバラにしたことが、安定経営のために無茶な行為に走ったことは事実だろう。ここまで裁判の場で発言されたら、この四半世紀、政府も国民も誤った道を歩んできたことに気づくだろう。だからマスコミも事故は批判できても民営化そのものの否定が出来ないのである。いまどきこんなこと共産党でさえ言わないが。

自民党はついでに社会党の弱体化に成功したが、ライバルがいなくなったら、自分たちも、経団連も同様に弱体化してしまったのはある意味当然のことだろう。

その脇の記事で火災がリニアの売り込みに皮脂になっている記事があった。今更マグレブ方式なんてと思ったら,カレの夢なんだな。

ワレ、空母二隻ヲ撃沈ス

オープン戦終盤の不調を引きずったままの安藤に、三浦でなくてもベイスターズに負けるのか,末代までの恥かと思われたら、生え抜きのスラッガーにライパチは無いだろうと桜井の一撃。

まあ、ヘナチョコ新井が天井二塁打を打てるぐらい心理的に優位に立ってたのだけれど。

鳥谷がノーヒットといっても、調子良さそうなので大丈夫。

一方、ディフェンス面、こちらはつらそう。城島も打者ならスゴイがリードはイマニなのは全然変わっていない。代打の代打に矢野を出したときに、城島を下げずにファーストに回すオプションも試してみたい。藤川は城島を信頼していないので。

マートンを最後までセンターに置いたのも問題。練習代わりならOKだが、ああいうエレベータープレイヤーは、どうして出場機会がほしいので「やります」としか言わないから。そういう場合は、桜井を下げたときにライトに回すようにせねばならない。

タイトルはベイスターズの先発、二番手がランドルフ(CV-15)、そして加賀だからね。


競馬雑談(19)

SS様 「さあ、開催替わりで中山、阪神、そしてこの開催で大改装に入る中京について振り返っておくか」
まっく 「宮記念がもう一週ありますけれどね」
SS様 「山田雅人、まだ東海テレビの司会やってるんだろうか」
まっく 「ういきぺでぃあでも見てくださいよ、それより今年で50ですよ」

SS様 「新人騎手が登場、新規開業調教師が開業しましたな」
まっく 「美浦の調教師はそれどころではないでしょうけれど」
SS様 「それよりチューリップ賞のショウリュウムーンから」
まっく 「泥沼馬場までは行きませんでしたが、アパパネの敗戦は馬場によるものだけでしょうかねえ」
SS様 「オーシャンステークスはキンシャサノキセキ」
まっく 「前哨戦はいいんですが、本番はいつも縁遠いので、宮記念は案外こういったタイプが勝つんですよ」
SS様 「弥生賞はヴィクトワールピサ」
まっく 「ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの勝者ですから無様なところは見せられないといったところでしょうか」
SS様 「中京記念はシャドウゲイト」
まっく 「ホワイトマズル産駒って裏街道G2G3だと好走しますね」
SS様 「中山牝馬ステークスはニシノブルームーン」
まっく 「善戦ウーマン、悲願の勝利ってところでしょうか」
SS様 「フィリーズレビューはサウンドバリアー」
まっく 「なんで牡馬が走ってるんですか?それにサッカーボーイ産駒でしょ?」
SS様 「君のいいたいのは1992年生まれの愛知杯を勝ったうまのことではないのか」
まっく 「亡くなったのでしたっけ、もう同名の馬が走ってるんですね」
SS様 「フラワーカップはオウケンサクラ」
まっく 「チューリップ賞で権利取りができなかったのでイケイケの強行日程ですが、これで本番はどうなんでしょうか」
SS様 「ファルコンステークスはエーシンホワイティ」
まっく 「この距離にこの父は合いますね、しかし、中京は改造に入りますから」
SS様 「スプリングステークスはアリゼオ」
まっく 「逃げ切りもアリゼオ」
SS様 「龍馬の真似か?」
まっく 「典さんが隙を見て逃げ切ったんでしょう」
SS様 「ローズキングダム陣営が中山の馬場は嫌だからマイルカップかダービー直行と発言して大騒ぎになったが」
まっく 「ウオッカがやらかした東京一極集中主義ですね」
SS様 「結局、撤回して皐月賞に行くそうだが」
まっく 「距離を嫌って菊花賞を回避するならまだ理解できますが、あの敗因は小牧がよくやるポカですよ」
SS様 「阪神大賞典はトウカイトリック」
まっく 「毎年こりずに出てくるなあと思ってたら、5回目で勝っちゃいました」
SS様 「といってもラスト600mが36秒0だからなあ」
まっく 「スローで流れているように見えて、その実スタミナを削られているというスルタン逃げが復活してきたんでしょう」
SS様 「最後阪神の急坂にたれたんだろうが」
まっく 「ジャミールが最速の上がり、といっても35秒7ですが」
SS様 「勝ち切れない馬だが、半年前の野分特別の2着は運命の分かれ道だったな」
まっく 「勝ったスリーロールスが菊花賞を制して伝説の新馬戦を完結させたんですから」
SS様 「リーチザクラウンの立場は?」
まっく 「(笑)」

やっぱり政治が間違えてる・・・のが理由か?

伊勢湾フェリーが9月いっぱいで伊良湖-鳥羽の航路を廃止すると発表した。
伊勢湾に橋をかける計画を実行してもらうために国道42号の起点を松阪から渥美半島の南岸(北岸は国道259号線)を走るルートで浜松に変更し、海上国道として機能していた。

が、利用客は1994年を頂点にして14年で三分の一にまで減少した。鳥羽から静岡以東へ向かう場合には確かに便利なのだが、こんな道路誰も使わないと酷評されていた伊勢湾岸道から伊勢道へ走れば、昨今の割引で安く行けるのも事実だ。自民も民主も救いようがないが、1000円高速はそんな以前から制定されていないので、単に高速道路を降りずに走れるので大回りしても構わないといったところだろうか。

車を使わない人間には、鳥羽→名古屋→豊橋→伊良湖と大回りで時間も金も必要になるのだが。

宇高航路のように地元が資金援助できぬものなのかねえ。
1000高速も無料化も打ち切って、エコの為に大幅値上げ(トラックは物流コストのために値下げをしてもいいが)をするべきなのに。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ