王位戦第六局

羽生二冠がかど番に追い込まれての第六局、ネット解説の佐々木慎五段の予想通り、広瀬は3手目に6八飛、これに対して羽生は3五歩と突き越し未知の局面へ。広瀬も2二角成と角交換して6五角と筋違い角に、広瀬も当然のように5四角と打ち再度の角交換。両者右金を上げただけで昼食休憩。広瀬が王様を4九に動かしたところで羽生が6四角と据える。確かに3七に後手の飛車角の効きのは恐ろしいが、7四歩と突いてしまうと8二角と収納されて案外とがめにくい。されど飛車先ということもあり、広瀬は6筋の歩をついてゆく。角を引いたところで早速3六歩、3七を受けるために広瀬は2八銀と上げる。本当に角換わりの左右反転の将棋である、ただ、双方とも銀があまり進出していないが。

二日目、双方の左の銀が進出してゆく。小競り合いの中、7八に角を打つ広瀬。狙いはなり込みか。ここは、2六歩と突いて、桂ハネを防いでおくべきだったそうな。
さすればとばかりに広瀬は桂馬を2五にはねる。にもかかわらず羽生はもともと桂馬の前に歩を打つ。でも飛車の効きが止まるのか。
そこで羽生は飛車をサッと3一飛と引く。どうせ馬と交換になればいいと思っている飛車なのに下げる。ここで広瀬はさっきの歩を成り捨てる。
何故?角で取らせて(飛車で取ると金がただ)飛車を動かせないようにしているからだ。そこから歩を打ちあって飛車と馬の交換になった。
と金を取らずに金を滑らせる羽生。広瀬は飛車のコビンを攻められては大変とばかりに飛車の前に歩を打つが、羽生は素抜き筋に角を動かし、さらに広瀬玉の目の前に角を打ち込み、広瀬玉の周囲の駒は瞬く間に薄くなってゆく。
羽生の攻めが細くて、広瀬の歩一枚の囲いが存外固く、これを使ってと金を捨てて羽生の陣形を乱し、角を打って交換して、取られそうな飛車を逃がす。
序盤に打たれた羽生の角は6四~8二~9三~6六~3三~2四~4六と動いて、ついに盤上から消えた。
羽生が成桂で金を取っている間に、広瀬は羽生の守りの金を攻めて、さらに攻めごまにヒモをつけるために角を打ったが、この手が敗着だったらしい。ここで羽生の攻め駒の金を攻めたら有利だったらしい。飛車取りに金を引いたところで羽生は勝利を確信したらしい。数手の後、広瀬投了。二週間後、再び陣屋での一番勝負となる。

菅直人一択だったのに

海江田は経産省の言いなりということは、原発動かしっぱなし。
野田は財務省の言いなりということは、増税ばらまき。
前原は外務省の言いなりということは、東アジア情勢悪化

誰が次期首相になってもだめだったのよ。

結局、野田か。経産省幹部がどうして自分たちと対話をしないのか、知恵を貸すのに、と言っていたが、官僚は国民の任を受けたに政治家に言われて動くだけの存在。自分たちは物を考えたらいけない存在だということに気づかないのか。さっさと辞職してたっぷり退職金もらって、暇つぶしに職安に並べばどうなんだ。

対スワローズ

将軍様がスタメン落ち、今期初一軍の狩野を使うのはいいことだが、二軍でもアラアラ守備のレフトは大丈夫か。上本も疲労ということでセカンドには大和。

2回表、バレンティンを一塁に置いて魔将軍ガイエルが魔法のツーラン。その裏関本が出るが、藤井のツーベースで暴走して本塁憤死。しかし3回裏、久保の振り逃げを皮切りに打者一巡で4点を奪う。5回裏にもマートンのツーベースで村中をKO。7回裏にも柴田のタイムリーや森田のツーベースで2点、8回表に新井さんのエラーやバレンティンのツーベースで2点を失うも、その裏マートンの4安打目で1点を上げて、9対4で勝利。

土曜日、スタメン発表後中止、夏休み最後の土曜日だったので強行したかったんだろうね。でも、将軍様が出てたからね。

1回裏、柴田、鳥谷が歩いても新井が三振。3回裏も平野が歩いて、柴田が送って鳥谷が歩いて一死一二塁、ここで由規が冒頭で二三塁、が新井はショートゴロ、三本間に挟まれた平野があわよくばホームインを狙ってタッチアウト、もっとも鳥谷がすでにサードベース上にいたのだが。なんとここで新井がセカンドへ突進してタッチアウト。記録上は走塁死なんだが、二三塁で、ゴロを打ってゲッツーを放てる新井さんて一体・・・。
由規、メッセンジャーの両先発が0点に抑えてきたが、7回裏、藤井、代打桧山、平野の三連打で1点をあげ、榎田~球児の完封リレーで逃げ切った。

3月のライオン(5)後編

夏の新商品を考える三日月堂の面々、ひなはいつものように絵におこしているが、どうも元気が無い。
翌日、夕食食べにおいでと呼ばれた零、そこに帰宅したひなたの靴は左右バラバラ。

3年になってから、クラス内でいじめが始まった。その理不尽さと小学生からの仲良しということで、いじめに加担しなかった。担任は我関せずで、いじめはますます悪化して彼女は精神を病み、新潟へと転居していった。
こうなるといじめの対象はひなたに移ってくる。小学生の時からずっと孤立していた零にはその気持ちが痛いほどよく判る。自分が守るしかないと誓う零であった。

3月のライオン(5)前編

もう6巻も出て久しいのに、5巻をまだまとめてなかったよう。と、いうわけで。

天童将棋まつりに島田八段と同行する零、天童駅に人っ子ひとりいないって、大丈夫か山形新幹線。名物の人間将棋(とんねるずのジャイアント将棋ではない)も室内で行われ、百面指し、集落起こしのために将棋クラブを作った島田八段とそれを支える地元の人達、そこに人間一人では生きて行けないと思う零。一方、月島では新商品の開発に余念がなく、その中で零が戻ってくる。

そして新学期、クラス替えでも零の居場所はない。おまけに林田先生ともクラスが別れた。相変わらず一人の零に林田先生は自分の担任の生徒を置いてまで、零に将棋部を作って仲間をつくろう(本当は零が指導してくれるから)と持ちかけるが、誰も来ない。やむを得ず科学部に行くが、ここも部員が一人足りない状態。では零を入部させればどうかということで話がまとまる。

同じ頃、名人戦である。隈倉九段(この世界では藤本が棋竜、柳原が棋匠のタイトルホルダーで残り五冠は全て宗谷のものであるから、タイトル3期獲得よりも八段昇段後250勝した可能性が高い)はケーキ3個一気食いで有名である。脳内にブドウ糖を叩き込むためであるが、宗谷に至っては砂糖の代わりにブドウ糖を紅茶に入れている。
ここは頂点レベルの棋士ゆえのハイレベルな戦い、隈倉九段のモデルになりそうな棋士はいない、佐藤康光や森内俊之とはイメージが違いすぎるが、お互いにお互いが相手のことをブン回しても壊れないおもちゃと思っているような気がする。

両者3勝3敗で迎えた箱根での第七局(陣屋ではないんだね)、零に絡む二海堂、いつしか検討の場で口論となり、柳原につまみ出されそうになる。
その後島田八段が、獅子王戦の後、抜け殻のようになっているとからかう棋士に対して、入室してきた後藤九段が「タイトル戦も経験してない人間がいうことではない、一旦バラバラに壊して、そこから勝ちだすんだ」と言い放つ。零には香子を傷つけるのも後藤、島田をかばうのも後藤、どう対応していいのかわからない。
その後後藤は妻の入院している病院にいこうとすると、そこには香子が仁王立ち。化粧品を見繕ってもらって病院へ。妻は目を開けることさえ無い。その後自宅へ。そこにはクリーニング店の引換証を抜き取って洗濯物を引き取ってきた香子が。追い返そうとするが入り込んでしまう。やむなく腕を縛っておく後藤。

一方、名人戦のほうは、隈倉有利と見えたが、宗谷の妙手で隈倉投了で宗谷名人位防衛。翌朝朝イチのロマンスカーで隈倉九段は帰京、ただし、旅館の壁を蹴り飛ばし、穴を開けていた。

対ジャイアンツ16~18回戦  将軍様の白鳥の歌

2回表、新井、ブラゼルの連打、しかしここでブラゼルが肉離れの故障発生。ここは関本のサードゴロで先制するも、ここからヒット打てどもタイムリーなしのスパイラルに入ってゆく。
代表格は新井、イニングを追うごとにプレッシャーを背負い込み、三振、ゲッツーともうぼろぼろ。将軍様の爪の垢でも煎じたらどうだ。
6回裏、坂本、長野を置いて、ラミレスにライト線にタイムリーツーベースを放たれ逆転、7回裏、小嶋が阿部を歩かせてから、坂本を敬遠してから渡辺に交代、それを待って代打谷、で、タイムリーを打たれている。
8回には福原が坂本に打たれて2失点。中継ぎの投入ミスとつながらぬ打線で完敗。

平野の今季初ホームラン(さすがは箱庭ドーム)で先制するも、能見がラミレスにセンターバックスクリーンに叩き込まれる。5回でほぼ100球という球数の多さだが投げ続ける能見、向こうも内海、お互い左腕の主戦投手の投げ合い、点数が入ると考えるほうが甘いか。
8回表、今までなら同点でも守備固めが入っていたところだが、投手戦で2打席しか回っていなかったので、で続けていた将軍様が、塀の外へ一発。そのまま勝利。
任意同行ヒーローインタビューでは、能見に向かって「レフトから守っていて」と痛い発言をを連呼する将軍様、アンタ守れてないやん。

木曜日、二番柴田という思い切ったオーダー。こっちがスタンリッジ、向こうが小野なんだから、早いこと撃沈させないと。
1回表から平野の内野安打、柴田が送って鳥谷がレフト前ヒットで一死一三塁、ここで辛いさんがきっちり三振。逆に2回裏、パンダに一発。さらに3回裏に2点タイムリーとスタンリッジの一人相撲にパンダ祭り。
4回表、あの新井さんがソロムラン。ランナーがいない、3点アゲンストだと打つんだな。5回表には、スタンリッジ、柴田のセンター前ヒットに鳥谷の内野安打で1点返してなおも二死一三塁、ここで新井はライトへ大きな当たり、しかしこれをパンダが好捕やっぱりつらいさんだ。
8回表、新井マートン金本の三連打で同点。ここで金本一塁ベースをオーバーランしてタッチアウト。将軍様が審判に執拗な脅迫抗議をするが認められず。退場にすりゃよかったのに。
4回以降、8かい裏の長野の1安打だけに抑えていたが、こちらも14安打も放ちながら、あと1本が出ずに抑えられて引き分け。まあ、将軍様の連夜の任意同行ヒーローインタビューよりましか。


王位戦第五局

立会人は吉田四段、三段陣は三段リーグのために使えないから。

先手羽生が広瀬に対して「四間飛車穴熊をやってみろ」とふっかけて、広瀬もこれに応じて両者クマー!、もとい、相穴熊に。
羽生が金銀4枚に角をつけた穴熊、広瀬も金銀4枚だが、広瀬の金銀3枚は6筋に並んでいて、7筋に空洞が開いている。
羽生が1六歩と端歩を突き、これを無視して広瀬が7一金と寄ったところで、羽生が2四歩と突いて開戦。広瀬も2二飛と回るおなじみの対抗策。さらに4四角と上がったところで、5一角成と突っ込む。これには3三桂とはねて馬の退路を断つ。
1七の空間めがけて羽生の桂馬がはねる。結局この桂馬は終局まで動きも取られもしなかった。
広瀬は5二銀と引いて次に馬の捕獲を目指すと羽生はその馬で銀と刺し違えて、すぐに飛車、角に当たりをつけるが、成銀はいつのまにやら桂馬を狙っている。羽生は2筋の歩を成り、広瀬も5筋の歩を突き越したところで封じ手、ここまでで66手も進んでいる。

封じ手は2三のと金で3三の桂馬を取った手だった。と金がにじり寄る前に広瀬は飛車角を浮かせて逃げる。
羽生が目障りな2六に垂らされた歩を飛車を走らせて取ったところで、広瀬に待望の5七歩成。
広瀬に5八角~6七とされてはたまらないので、羽生は敵の打ちたいところに打てと5八歩、これを取っちゃうと5六桂と打たれて、広瀬の6四角の逃げ場がないので、5六歩とでも打つか、それは千日手になりそう。というわけで、5六とと引いてしまった。
攻めろとばかりに2二飛車成り、ここから広瀬は6六歩~6七角とぶちこむ。羽生は5九桂と必死の抵抗だが、7八角成と金をもいで、6六とと捨ててか銀を引きずりだしてから5八飛成と成り込んで金に当てる。
6八歩と受けさせてから5九の桂馬を取らずに龍を6九へ。金を7九に引かせてから桂馬を取ったところで昼食休憩。金が下がったので、9五に桂馬を打ち込むと8七桂不成が強烈だ。
羽生は攻防の一手4四角、広瀬は6一に岩より堅い歩を打つ。両者龍で1筋の香車を取り合っているうちに広瀬が桂馬を9五に、さらに8四に香車を据える。おやつが来るが、食べる前に終局するのだろうか。
羽生は6二とと、金を取るが、二手余裕がある。8七桂不成が炸裂して羽生投了。広瀬が3勝目を上げて、羽生をかど番に追い込んだ。

まだ日の高いうちに両者大盤解説会場へ。

第49回三段リーグ  ラス前まで

現在の三段リーグが少し前に比べると混戦なのは、近年、ネオ・チャイルドブランドと言ってもいいような永瀬四段、阿部四段、菅井五段(いつの間にやら昇段している:21日に大和証券杯を優勝したかららしい)たちが駆け抜けていったからだろうか。

前回、ラス前で痛い目にあった高見三段が前半7連勝の貯金が効いてここまで12勝4敗、最終日9月10日の対局のどちらかに勝利すれば晴れて四段昇段だ。順位が5位なので、連敗しても竹内(貴)、上村、斉藤の三段のうち、二人が連勝しない限り大丈夫なのだが。

いきなり5連勝の竹内貴浩三段、そこからは勝ったり負けたりで11勝敗の二番手、順位が21位と悪いのが、最終日に連勝すると昇段できる。
おなじく4連勝をした上村三段、ここへきて5連勝で三番手浮上、順位が更に悪く、25番手、自力の目はない。そろそろ年齢制限が迫ってきているだけに、なんとかチャンスを活かしたいところだ。

前回次点の斉藤三段、都成三段、池永三段に連敗して四番手に後退、自力の目は無くなったが、上位陣が敗れると他力の目が出てくる。

万歳!  トールユーゲント

♪気にに食わぬ奴は三度歯向かえば クビさ~
(これじゃテレッテー、正確にはクリスタルキングの「愛をとりもどせ」じゃないか)

上司に三度反論すればクビ、校長はマネージャーであって、いかに成績の良い生徒を生産するか、下位校は統廃合対象に。

本性出ましたね。エリート大量育成でヒトラーユーゲント製造ですか。o2さん、いくらでも文句言って下さい。
しかし、北原白秋にとって、こりゃ黒歴史じゃないか。いくら日本はヒトラーにもっと寛容な国家とはいえ。

対ベイスターズ15~16回戦  こっちの将軍様も追放できないものか

金曜日は早くも出現した秋雨前線で中止。土曜日、調子の戻らぬまま、またマートンが一番に居座る。どうしても鳥谷、新井を三番四番として育てたいし、先頭打者ホームランの夢を忘れられないんやね。

1回表、やっぱりマートン凡退、誰が一番打者でも、打てないと平野はヒットを打つ。平野鳥谷の連続ツーベース、珍しくというか、第一打席だけは頑張る新井さんのライト前タイムリー(彼もまた、右打ちにこだわりすぎているのだろうか)で2点を先制。
2回裏、ハーパーにレフト前二塁打を食わされ(飲まされじゃないのかって?)金城のセンター前、藤田のライトへのツーベースと三連打を食らうが、1点で抑える。将軍様(自分で言ってりゃきりないな)が守っていることをマウンド上の久保はどう思っていただろうのか。
5回表にはマートンの久しぶりの一発という追加点が入るが、6回表に新井がフォアボール、ブラゼルがデッドボールで無死一二塁、ここで関本にバントさせずに強行するもゲッツー。ここで送っても一死二三塁での将軍様の打率は.000。そこで代打桧山が最善手だろうが、将軍様のプライドが許さないだろう。彼自身は試合に出ずに金をもらえるのだからありがたい限りだと思うが。
6回裏には金城藤田の連打を浴び、細山田にバントを決められたところで久保降板、代わった小嶋がノリに犠牲フライを打たれる。
7回表、ベイスターズはルーキーの福山を登板させるが、ストライクが入らない。藤井マートン平野鳥谷とノーヒットで4つのフォアボールをもらうが、ここで辛いさん、きっちりゲッツー。
8回表にはブラゼルのソロムランが飛び出し、久しぶりにダメ押し点が入る。その裏、コバロリが炎上。まず完ぺきに抑えられることはないからね。なんとか渡辺が抑えて、9回裏は球児を投入して勝利。

マートンが出て、平野が送って、鳥谷のライト前、そこまで。よそだと炎上する三浦が打てない。ベテラン陣は長いこと三浦を苦手にしているんだから、若手中心のオーダーにでもすればいいのに。
辛いさんにいたっては5タコ。チキンのくせに責任感だけは背負いたがるんだから。まだマートン4番のほうがまし。上本1番なら鳥谷3番で、そうでなければ鳥谷1番、関本3番のほうがましだろうに。
しかも移動中に敬愛する将軍様に「甘い球が来ないんですけれど」とぼやく有様。残念ながら金本の叱咤のほうが正論。
アウェーの延長戦だから9回に球児投入はやむなし。10回の福原投入は冷や汗モノ、二死満塁にまでいってしまった。なんとか抑えて、11回時間切れ引き分けに持ち込んだが、若手の無駄遣い(何故関本を途中で下げた)とか、使い方がどう考えてもおかしい。

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 高松宮記念’17 展望 (03/25)
  • SS様 「去年より更にわからないなあ、ドバイのほうが盛り上がってるし」まっく 「作者に至っては日経賞のミライヘノツバサの複勝を当てたので満足らしいし」SS様 「
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • 原子力大国ですら先行きを読んでいるのに (01/18)
  • 日本のみならず欧州を襲う大寒波、停電の危機があったが、原子炉1基を再稼働するだけで停電を回避できているフランスは、風力、太陽光の再生可能エネルギーが貢献している
  • パレスチナを助けようとしているのだけれど (01/16)
  • オランド大統領の置き土産なのか、パレスチナ諸国を集めて国際会議を行ったが、自分達がパレスチナ全土を占拠することを当然とみなすイスラエルも、それに反発するパレスチ
  • それに対してあのバカは (01/12)
  • 前日のオバマ大統領の演説と真逆の、いつものツイッター垂れ流しを報道陣の面前で行っただけだった。でもこれを信じている国民も多いということなのだろう。いや、信じない
  • 産油国マネーに目がくらんでしまったのか (01/12)
  • 48チーム中、16チームは一次リーグの2試合でおしまい、16チームがトーナメント一回戦を含めて3試合でおしまい(3試合でお帰りになるのは現在も16チームであるが
  • そんなん大会レベル低下するやん (01/11)
  • ワールドカップの出場国を48チームも膨れ上がらせてどうするつもりだろうか。32チームが延々トーナメントをしてどうするつもりか。それなら6チームずつ8組で一次リー
  • いい記者会見だった (01/10)
  • 本来、大統領の最後の会見は通常ホワイトハウスで行われるが、ミシェル夫人との思い出の地、シカゴでの会見となった。日本ではバカッターと呼ばれ、偽情報、特にツイッター
  • こんなところで足の引っ張り合いをやってどうするんだよ (01/07)
  • 2016年末に釜山港に設置された少女像、この撤去を要求して日本政府は通貨スワップ協定の交渉中止と大使の一時帰国を命じた。韓国政府がコントロールされていないことも
ニー屋 腕時計 通販ショップ