対スワローズ17~19回戦  三試合連続で逆転されるなんて

左の村中なんで、大和がスタメンなんだろうか。
1回表、平野がヒットで出て、大和が送ってブラゼルのタイムリーで先制、が、その裏、スタンリッジが川畑にタイムリーツーベース、畠山にツーランをくらう。
2回表の金本のヒットは後が併殺で得点にならない。アレのヒットは大体そうだ。
が、3回表、ブラゼルのスリーランで再逆転する。スタンリッジを3回途中で諦め、必死の継投で逃げるが、6回裏、川島慶三に同点の内野安打、そして川端にグランドスラムを食らって万事休す。

秋山が今季ようやく初登板、初先発の水曜日、2回裏に藤井のエラーと青木の押し出しで2点を失うも、3回表、辛いさんのスリーランで逆転し、バカボン七条をKO、試合はそのまま6回表まで流れる。
6回裏、引っ張りすぎた秋山がバレンティンにツーランをくらい逆転、さらに宮本にヒットを打たれた所でKO、藤原、西村も炎上して打者一巡の6失点。
8回表、エラーを絡めて2点を返すも反撃もここまで。しかも、9回に一人ランナーが出れば金本に回るという理由で柴田を下げてセンター威助(爆笑)。外野手の間を抜けてれば、ランニングホームラン必至だったろう。

藤井が不調と見て、ついに小宮山に先発マスクをかぶらせた。もう手遅れだが。
1回裏、いきなりバレンティンのスリーランを食らうものの、そこから6回裏の青木のフォアボールと7回裏のバレンティンのヒットまで能見は完ぺきに抑えてきた。
一方、3回表の金本の大飛球は青木のファインプレーに阻まれたものの、5回表にはマートンを一塁においてライトスタンドへ叩き込み(肩は自然治癒してますよ、故障してから2年経ってるのですから)、6回表には鳥谷のツーベースとブラゼルのタイムリーで逆転に成功した。
肩は完治しても動体視力低下で守備がアラアラの金本を下げるのも当然のことである。もう1打席回ってくる間にどんなお笑い守備をされるかわからないからである。
8回裏、ここは中10日の球児投入であろう、しかしイニングまたぎをすると確実に打たれる球児だから、9回にすべてを託して榎田投入であろう。
が、能見続投である。川島慶三を歩かせてからメッタ打ち。中継ぎを投入しても炎上するばかりという、前日、前々日と同じ光景で4対7。
9回表だけでどうなるものではなく、あえなく3タテ。

輸送力第一じゃないんです。

上海で地下鉄が衝突事故を起こしたが、数時間で復旧したことに、「また中国か」の声が日本で上がっているが、日本でも同様の事故なら、事故車を車庫に引き込み、早期の運転再開を図るだろう。事故原因は現場でなくても調べられるからだ。尼崎でのあまりに非常識な事故の結果分析(未だに結論づけられていない)を基準にしてはいけないのだ。

戦闘機のようなマニューバー

那霸から羽田へ向かっていた全日空のB737、機長がトイレに行って戻って来た際に、副操縦士がドアの開閉スイッチと垂直尾翼の舵を間違えて動かしたので、機体が急降下して、CA2名が負傷したのであるが、フライトレコーダーを事故調が調べると、機体は一旦右に振った後、左に旋回しながら効果していた、降下角35度、バンク角に至っては131度!戦闘機の横滑り旋回である。
横倒し以上にバンクしているので、乗客は下方に落下せず、上方(機体の底部)にGがかかったのだ。
ここまでのGは、2.6G、よく機体がもったものだ。

王座戦第三局

第四局が渡辺御用達の「龍言」だけに、ここはあえて様子見でもいいのだが。
渡辺が飛車を振るなんて、まず考えられないので、横歩取りに。
午前中から羽生の飛車が3筋に動いたのを見て、渡辺は8筋にと金を作ると羽生は敵陣に歩を叩き込み、角交換から交換した角を飛車取りに打ち込む。

飛車角交換に渡辺が8二に打ち込んだ歩を避けた桂馬が三段ハネして、渡辺の王様の目の前の5七に成り込み、5九に飛車を打ち込まれる。

夕食休憩後、飛車が縦に並ぶ。このへんからネット解説の宮田六段は渡辺有利と言い続ける。スーパーあつし君とはいえ、兄弟子だからねえ。
有利であっても、二枚飛車に自陣に侵入されれば、勝利はおぼつかない。必死に飛車を追いやる渡辺だが、6六桂と打たれて、3四に飛車を逃げた手はどうだったのか。5六角と打たれて、間接的に両方の飛車取りになっているし、羽生玉も狙われる位置になる。
それでも飛車を見捨てて渡辺陣に迫る。えこひいきする宮田六段以外、どちらが優位なのかわからない。渡辺自身、一箇所間違えれば投了と思っていたのだから。
されど、羽生の攻防の1四角も、2五歩で止めてしまう。8六歩と垂らしても、本来、攻めに打った8二の飛車で成りかえってしまう。
さらには、さっき飛車を責めた渡辺の6六の桂馬が勇躍7四~6二へ成り込む。時間がない渡辺が少し誤ったが、受けきれそうになってきた。渡辺玉周辺で精算したのに対して、羽生が攻防兼備の飛車打ちをするが、渡辺玉は逃げきってしまった。

羽生玉受け無しで投了。王座の連覇記録は19で止まり、渡辺が竜王以外の初のタイトルを獲得した

まだ夢を信じている人たちがいるんだね

原発建設問題で揺れる山口県上関町の町長選挙が行われ、建設推進派の現職が三選を果たした。
落ちたとはいえ、投票率は87%以上あるのもスゴイが、これで建設推進派が9連勝をしている。
現町長が、8年前、町議会議員が投票を取りまとめて逮捕され、当時の町長が辞職している。その前には中国電力の社員が100人ほど不法転入しているという、凄まじい町だ。

そして毎年100人ほどが町から逃げ出している。まだ交付金がっぽがっぽの夢を抱いているんだろうか。

対ジャイアンツ21回戦  

ラミレスを下げて若手の橋本を起用する原監督、前日のお立ち台の柴田を下げて、左の内海というだけで浅井を使う真弓監督。
内海は左に弱く、金本でさえ、今年9打数3安打なのに。浅井はバント1つを決めたものの、ノーヒットだった。

3回表、その橋本のピッチャーゴロが内野安打に。坂本、藤村とヒットが続き、長野のショートゴロも内野安打に、慎之介の犠牲フライとパチスロ屋のタイムリーと3点を失った。
6回裏、マートンのタイムリーで1点を返すも、7回表に矢野と坂本の長短打で1点を失う。
8回裏、日頃は得点に結びつかないのに、金本がこの日3安打目のレフト前ヒットで1点を返すが、ブラゼルが暴走してスリーアウト。
9回裏、柴田が代打で出てきて粘って粘ってヒットを打つものの、後続がダメで、2対4で敗戦。
結局1勝1引き分け1敗の痛み分け。スワローズ、ドラゴンズには及ばないなあ。

対ジャイアンツ20回戦  ザルレフト守備合戦

2回裏、新井のラミレスのお笑いプレーでのスリーベースを皮切りに、ブラゼルの犠牲フライ、マートンのソロムラン、将軍様の凡退で一息つくも、藤井、岩田、平野の三連打で塁を埋めて、柴田が走者一掃のタイムリースリーベースでこの回で東野をKO。
無援護属性の岩田もコレぐらい貰えば大丈夫かと思いきや、3回表、4回表と連続で2点ずつを失い4回途中でKO、先発がこらえられなくなってきている。

6回裏、平野、柴田の連打に鳥谷が歩いてフルベース、肝っ玉の細い辛いさんだけにまたゲッツーと思いきや、センターへのツーベース、さらにブラゼルのタイムリーも飛び出してこの回4点。

渡辺に1イニング3分の2とはいえ、3イニングまたぎをさせた後、藤原、福原、筒井と危ない投手ばかりつなぎ
、9回は投手として西村が登場して逃げ切った。ひどい試合。

対ジャイアンツ19回戦  Bクラス同士の馬鹿試合

狩野が腰を痛めて二軍落ち、キャッチャーやったからじゃないだろうか。

3回裏、将軍様がスリーベースを放つ(先発が広陵の後輩の西村だからなあ、ただ、脚力は衰えていない、代走に使えばどうか)も、後続が倒れて無得点、4回表に寺内、長野新幹線、ラミレスとランナーを埋められてダメ外人のフィールズに2点タイムリーヒットをくらう。その裏、鳥谷のヒットに新井のレフトフライをラミレスが風を読み違えるという将軍様ばりの珍プレーで一死一、三塁でも後続が倒れて無得点。
チャンスの後にはピンチあり、デッドボールの坂本を二塁に置いて慎之介のタイムリーツーベースで3点目を失う。

5回で能見を諦め、6回から渡辺、7回は藤原と福原の一人一殺とベイスボール発動。6回裏にはマートンのセンター前タイムリーで1点を返すも、将軍様が三振、第一打席の接待ヒットの次は三打席連続三振、打席が進むほど打てなくなるなあ。6回裏に上本、7回裏に浅井、辛い弟と惜しげもなく代打を投入するが効果なし。

勝ち試合の選手投入をしながら、8回表、なぜか筒井を投入、パチスロ屋にまたぞろタイムリーをくらう、この段階で1対4。その裏、鳥谷のスリーベースを皮切りに、辛いさんとマートンのタイムリーで1点差。筒井投入での無用の1点が悲しい。マートンが盗塁して一死二塁で将軍様が三打席連続三振、小宮山に代打桧山・・・
キ ャ ッ チ ャ ー が い な い (笑)
そのまま凡退。浅井にマスクをかぶらせたらどないやねん。センターは平野に守らせて、セカンドは大和が残ってるだろう。

9回裏、その浅井が凡退するも、平野がライト前ヒット、ここで代走大和、ここで盗塁する必要があるの?しかも次が投手なんで、どうせ代打、敬遠されてまうぞ。結局大和は走らず桧山はフォアボール、ここで代走は・・・
も う 野 手 は 残 っ て い な い !
24日に関本を上げるつもりだったから、今日上げてもしようがないと思ったんだろう。それでもお試し体験で甲斐でも田上でも上げておけばよかったのに。あるいは浅井か威助か辛い弟を落とすとかして。

そんな中鳥谷がセンター前同点タイムリーヒット。が後続は凡退して時間切れ引き分け。でも、シングルヒットで西村が本塁突入なんてことを想定したんだろうか。

ところでバックネット裏にG党の橋口調教師がいたそうな。

シーズン終了まで待てなかったのかい

首位攻防四連戦を始めようとするところで落合監督、今シーズン限りの発表、まあ、8年もやったし、今年で契約が切れるんだけど、あれだけ勝てる指揮官が不要ということは、いかにナゴヤドームに客が入らなくなっているからだろうか。
後任が高木監督ということは、近い将来の立浪監督就任への下地づくりで、ドラゴンズOB会会長で、落合監督の最大の理解者であるので、後任に置きやすいってことだわな。
客の入りが悪いのなら、毎月最低1回、つボイノリオや宮地佑紀生との観戦ツアーをやれば、毎回1000人ずつ集まるだろうよ。

ネット上で落合叩きをやっていたドラファンが意外にもこの人事に異議を唱えている。なんといっても、来年71歳だからだろう。
92年から95年途中まで監督をしていたが、10.8など勝負弱く、高校の後輩の前原(矢野きよ実のかつての旦那)のような情実起用、最後は審判を殴って退場してそのまま監督辞任、おまけに昨今は選手の名前も忘れる有様だけに大丈夫なんだろうか。

だからといって、大島、谷沢、田尾、平野、牛島、みんな出ていった選手ばかりで、生え抜きでぬるま湯野球がお好みの方々には候補者がいない。

局内挙げて万歳三唱なのがCBC、自局の解説者とはいえ、早速高木の爺さんを招いて来季の話を嬉嬉としてやっている。まあ、木俣、小松、彦野がコーチをやったら、また暗黒時代だろうけれど。あとは山本正之ね。

自信過剰も甚だしく

台風15号の暴風雨の中でも走り続けていた東海道新幹線、雨量計と風速計の前に敗れ去り、運転見合わせ、在来線の運休も重なり(そのニュースを台風が過ぎ去って薄日がさす関西で聞いている)、そうなると一気にパニックになってしまう首都圏。

一方、この嵐の中でリニアモーターカーを時速500kmで走行させ、台風下でも定時運行可能なデモンストレーションを見せた。

新幹線はトンネルと高架橋しかないから、運転継続しやすいし、リニアモーターカーはほとんどがトンネルだから、もっと運休しにくいというアピールなんだろうなあ。
プロペラ機でも台風の中を突っ切ったことがあるからね。でも、実際、事故になったらどうするんだろうか。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • チャンピオンズカップ’16 結果分析 (12/04)
  • SS様 「ハイペースの中、巧みに追い込んできたというイメージなんだけど、」まっく 「確かに先行勢で残ったのはアスカノロマンだけですから」SS様 「去年(ここでき
  • チャンピオンズカップ’16 展望 (12/03)
  • SS様 「今年も懲りずにうりほ~」まっく 「日高のり子のファンにしかわからないネタを振っても」SS様 「で、去年は本命にして2着だったけど今年はどうよ」まっく 
  • もう出れないのか (12/02)
  • 逃げ切りたいのかな (11/29)
  • 国会の対応次第で大統領を辞任すると発表したパククネ大統領、大統領が人気な河馬で、もとい人気半ばで辞任するのはよほどのことともいえるが、国会の対応がごちゃついてる
  • 5190 (11/29)
  • ボビー・チャールトン、マンチェスター・ユナイテッド、いや、イングランドサッカー界の最大のレジェンド(2008年に来日したときに明石家さんまが我を失って舞い上がっ
  • ワンサイド (11/29)
  • 27日に元首相同士のジュペ氏とフィヨン氏が争った右派決選投票で、フィヨン氏が66%以上の得票を集めて、右派の大統領候補になった。左派のほうが、選挙で苦戦し続けて
  • ジャパンカップ’16 結果分析 (11/28)
  • SS様 「うわぁ、後ろに何もさせねえや」まっく 「キタサンブラックが逃げを打った段階で、だれも絡みに行かなかった段階で半ば勝負あったってところですし」SS様 「
ニー屋 腕時計 通販ショップ