スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ageガンダム第9話

マッドーナさん、55なのに、嫁は28、45の時に18、こいつ、ロリコンだったのか。35なら8、って犯罪じゃないか。しかもMSヲタなのに。

何故か存在しているUEのモビルスーツ、あれが生物ではなく、中に人間が入って操縦しているだけだったんだ。

そんな中、いきなり動き出すUEのMS、作業用MSでは歯が立たない。ウルフとフリットは止めようとしてシャルドールに乗り込む。退避中のエミリーに鋼材が落ちてくるが、フリットが間に合って、鋼材を受け止めた。
マッドーナ嫁に、フリットに惚れていることを指摘されて、影の女となっても、どんなことになってもついて行こうと決意するエミリーであったが、山田が脳内を占拠しているフリットをどうやって陥とすつもりだ?

工房の外へと逃亡を図るUEのMS、ウルフとフリットの2機ががりでもうまくいかない。
グルーデック艦長の許可を得てバルガスじいさんはガンダムを打ち出してもらったが、どうやって乗り換えるんだ。15秒以内なら息を止めるだけで大丈夫なのか?圧力差はどうなんだ?

まあ、そういうところはどうでもいい。が、タイタスではUEのMSの速度について行けない。とかなんといううちに、MSに逃げ切られてしまった。どうやらデシルが遠隔操縦していたようだ。

さて、グルーデックは、ザラム、エウバ、両勢力の艦船、MSと共同で、コロニーミンス党ミンスリーを経由して、放棄されていた要塞アンバットを攻略する決意、そして自らがディーヴァを乗っ取ったことを乗員に告げた。
頭にバナナを乗せたティネル少尉は反対するが、エミリーがフォンロイド艦長らクルーが逃亡しようとしていたこと(これ自体が乗艦を放棄するという軍法会議の対象だ)を告げ、フリットはグルーデック中佐がUEの攻撃で妻子を失ったこと(14年前に7歳の娘を失ったということは、グルーデックさん、40でも18で結婚か。ということは、もう40代半ばということか、外部から入隊して14年で中佐にまで昇進するということは、よほど優秀ということなんだろう)を話し、先任士官のミレース中尉以下が同意して、ディーヴァはアンバット攻略に出撃することになるが、その前にUEの攻撃が始まった。

スポンサーサイト

あの歌この歌 (その17)



きますよねえ、きゃりーぱみゅぱみゅ。競馬実況アナウンサーでもかんでしまうという。
何?字数オーバーだって?なら、音引き外せばいいじゃないですか。冠号ありならメジロパミュパミュとかね。
中田ヤスタカプロデュースというのがBメロからよくわかるが、この曲、Perfumeに歌ってほしかったなあ。23の彼女らには子供っぽすぎるのかなあ。



ぱみゅぱみゅなら、こっちのほうが合うのかもしれない。
そしてヤスタカなんで、ボーカロイドがあうね。というわけで、鏡音リンの「つけまつける」。



初音ミクの「PONPONPON」。

第37期棋王戦第二局

先手久保の石田流に、郷田が角交換、これに対していきなり久保が仕掛けるが、どうもこの段階からうまく行ってないらしい。

飛車を捨てて成角を作るものの、郷田に自陣飛車を打ち込まれて、さらに飛車が8六~4六~4二と大移動して、飛車が並べてしまう。まるで相振り飛車のような郷田の攻撃陣、ただし居玉である。
飛車2枚と角で攻め込み、飛車角1枚ずつをぶった切って金銀桂をもぎとり攻めてゆき、一方的に攻め込んで久保投了。
久保の王様が9筋まで逃げ込み、8八で投了した投了図だけを見ているとどちらが久保で、どちらが郷田かわからない状態だ。

これで一勝一敗だが、元気のない久保の順位戦最終戦や王将戦共々気がかりだ。

競馬雑談 (その44)

SS様 「正月開催、消しちゃったんだな」
まっく 「原稿の差しかえ中に消去しちゃったんですよ、それにしても惜しいことです」
SS様 「改めて、何が?」
まっく 「菊池桃子の離婚」
SS様 「WHY?」
まっく 「不肖の旦那は、日西牧場の一族じゃないですか」
SS様 「それで?」
まっく 「彼女が馬主だったら、アラフォーが競馬場へ戻りそうじゃないですか」


SS様 「それはさておき、中山金杯のフェデラリストから」
まっく 「良血開花、というより中山の鬼ですね」
SS様 「勝てずに一旦地方経由の出戻りなんだな」
まっく 「しかも白井先生でも藤沢先生でもなく、松国先生のところだったんですね」
SS様 「中山4戦4勝なんだな」
まっく 「もう、5戦5勝ですけれどね」
SS様 「中山記念の話はしない、ここは1月末のお話」
まっく 「田中剛先生は中山大障害から重賞連勝」
SS様 「あの先生は騎手時代からフラットハードルの両刀遣いだから」
まっく 「そっちの趣味?」
SS様 「違う!!」
まっく 「どっちでも勝てるということですよね」
SS様 「京都金杯はマイネルラクリマ」
まっく 「淀専用のチーフベアハート、1600から3200まで対応可能なんだから」
SS様 「シンザン記念はジェンティルドンナ」
まっく 「お姉ちゃんのドナウブルーで痛い目にあって、見切ったら来られたんですよ」
SS様 「お姉ちゃんの方も、京都牝馬ステークスで勝ってるじゃないか」
まっく 「作者はきっちり外したとのこと」
SS様 「京成杯はベストディール」
まっく 「休養明けとはいえ、百日草特別勝ちは走りますね」
SS様 「日経新春杯はトゥザグローリー」
まっく 「有馬3着が貫禄勝ちですか」
SS様 「中山記念の惨敗は?」
まっく 「それは距離の問題では」
SS様 「有馬4着の貫禄勝ちかい?」
まっく 「AJCCのルーラーシップですか?エアグルーヴの子供って過大評価されますからね」
SS様 「平安ステークスはヒラボクキング」
まっく 「力をつけた上がり馬なのか、不良馬場のおかげだったのか、フェブラリーステークスをまえに休養をとりましたからね」

それ、本性出ただろ

炎上マーケティングを絶賛展開中の橋下市長がツイッターで
「憲法9条はおかしい、誰かが助けを求めているときに、助けに行かないなんて、国民投票で9条の存廃を決めたい、ただし、9条維持と出れば、それには従う」
と発言。

もともとABCテレビの生放送で核武装を主張するなど、原発稼働停止以外は、新保守主義そのものなんだし。
とりあえず、スタートラインには平等に立たせるが、敗者は軍人にして戦地へ送り込もうという塩梅なんだろう。
女子?まあ、慰安婦にでもなればいいということなんだろう。




第61期王将戦第四局

いや全く、fc2の全サーバー停止にはびっくりした。
というわけで、ようやく復旧。

加古川の対局となれば、康光さんには完全アウェー、相手が魔太郎なら、康光さんのほうがホームになるのかもしれないが。
先手久保の石田流に、第二局と異なり居飛車で対抗。早々に角交換したので、どちらも角の打ち込みに備えて陣形は低いままである。今回の康光さんは午前、昼食、午後、いずれもトマトジュース6連投である。

佐藤より三手早く王様を移動させ、いち早く美濃囲いを完成させた久保が一日目昼前に左の桂をはねて、先手から仕掛けてゆこうとやる気満々である。

昼前に佐藤の飛車めがけて久保が角を打ち、佐藤の飛車を巡って両者の手が交錯して一日目終了。

二日目も佐藤の飛車を目標に久保が攻めるが、ここで久保が左金を7八に上げる。そして、ひたすら待って、佐藤の時間を消費させて昼食休憩。これに対してトマトジュースどころかトマトスープまで投入する康光さん。

再開後、久保の角を釣り上げて5七に歩を垂らす。久保は7筋を成り捨てて金を寄って、佐藤から動いてくるのを待ち続ける。
ここで、久保の左銀を釣り上げて、空いた8八に角を打つ。馬は作るものの、拠点の歩を取られ、さらに持ち時間も少なくなってきたことで佐藤は局面を悲観視しだしたようだ。
ねじり合いが続く中、久保は8筋でと金を作る。このあと、と金を寄せて銀取りの手が手順前後。先に角を上げておけばもう一手久保が早かったようだ。

この段階で、「勝てるかも」と桂交換から突っ込む佐藤、しかし、すでに一分将棋である。飛車交換から、敵陣に飛車を打ち合い、それを両者取りにかかるが、ここで久保の飛車を取りに行ったのが敗着らしい。お互い飛車をとったあと、久保が佐藤の馬まで取ってしまえたことで、一気に久保が有利になった。それでも、負けないような手を指し続ける久保、逆に1筋から攻めて、佐藤投了。4たてを免れた。

どの面下げてつながろうなんて言えるのか

三陸鉄道が募金で復旧費用を集めている。
が、10万人が1000円ずつ集めても1億円、そのうち1万人がさらに10000円寄付しても1億円だ。

復旧費用など、政府が出すべきなんだろうけれど、震災復興の手順で霞が関が未だにもめている。
新幹線建設費用(再来年に開業しようが、この段階で工事は全て打ち切り)も東北の復旧に回すべきであり、JRにも強制的に出させるべきではないか。
地方を切り捨てる過去30年の政策が、東北の惨状を招いているというのに。

何が「つながろう、日本」だ。他人の金で新幹線造らせてつなげようというんじゃないのか。自分たちの今ある路線網も無視してどうする気だ。
全国一社に統一しても不採算とわめくだろうから、やはり再国有化しかない。このためには国民の意識改革が何より必要だが、インチキ弁護士にまんまと騙されているこのざまでは難しいのだろうか。

ageガンダム第8話

序盤は前回の換装シークエンスの詳細、軸一本ですべての換装と指令系統の接続ができるのかいな。by wireなのは当然としても、角度のずれなく填まるんだろうか。

ビームエネルギーを左腕に集中させるラリアットでUEの重モビルスーツを破壊。
ボヤージとラクトは呉越同舟で戦うが、共倒れの危険性大となった時に、フリット戦場到着。
「ザラムだエウバだと争っている場合ではない、敵は大阪維新の会UEなんだと叫ぶフリット。

内輪もめで遊んでられるのも、ファーデーンが存在しているからだと得心するボヤージとラクトであった。
それにしても、非正規のモビルスーツをどうやって確保しているのだろうか。詳しくは9話で。
そして、怪しい商人、ヤーク・ドレとは何者か、まあ、UEに近い人物なんだろうけれど。

第50回三段リーグ17回戦まで

対局翌日に成績表更新とは、連盟も随分サービスのいい話である。
15回戦までの成績上位は
斉藤三段(順位 5位:11勝3敗)
八代三段(順位15位:11勝3敗)
石井三段(順位 1位:10勝4敗)
慶田三段(順位28位:10勝4敗)
宮本三段(順位 2位: 9勝5敗)
福間三段(順位12位: 9勝5敗)
荒木三段(順位21位: 9勝5敗)
竹内三段(順位31位: 9勝5敗)
谷合三段(順位33位: 9勝5敗)
と、なっていた。なお、青文字は、次点持ちである。

3敗の斉藤、八代両三段は、ともに連勝して11勝3敗を維持したが、石井三段が連敗で6番手まで後退して、自力昇段の可能性はなくなってしまった。まだ、次点2回でフリークラス経由での四段昇段の可能性はあるが。
慶田三段も5敗目を喫した一方、宮本、竹内のそろそろ年齢制限が迫ってきた両三段が連勝して3番手、5番手に浮上したが、最終日の午前に斉藤対八代の直接対決があり、どちらかは最悪4敗で済むので、宮本三段の昇段のチャンスは、自分が連勝して、かつ午前中の直接対決の敗者が午後も敗れることである。
ただし、斉藤は連敗して、宮本が連勝しても最悪3番手ということは、フリークラスでの四段昇段はすでに可能である。この場合、三人とも四段昇段の可能性がある。
また、宮本が敗れた瞬間、斉藤、八代の四段昇段が決定する。

フェブラリーステークス’12  結果分析

SS様 「トランセンドの敗因は?」
まっく 「もともとスタートのいい馬ではないですが、加速がつかなかった上に、脇の13番、14番の馬が前へ行っちゃったことでしょうね」
SS様 「中団ままといった感じだったしな」
まっく 「しかも、セイクリムズンと三頭が結構なペースで引っ張ってしまったので」
SS様 「後方有利となったということか」
まっく 「で、勝ったのはウマクハマッタ、もといテスタマッタ」
SS様 「後方待機がうまくはまったのは事実だな」
まっく 「シルクフォーチュンだって後方強襲ですし」
SS様 「ダノンカモンは掲示板の住人と化して久しいなあ」
まっく 「彼は気を抜くところがありますが、それ以前に何かが足らないのでしょう

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • さすがに相手の手の内で踊らされたか (07/03)
  • 高校一年生で四段になったものの、ここ数年精彩を欠き、最年少プロも増田四段、さらに藤井四段へと奪われていた佐々木五段。先手佐々木が相掛かり模様から玉を6八に、後手
  • プロ入りから29連勝というのは凄いのだけど (06/27)
  • 角換わり模様から、後手の増田が角交換を拒否して雁木に組むが居玉のまま、それどころか右の銀も右の桂馬も動かない、先手藤井は玉を一路動かしただけで3五歩と突っかかっ
  • チャタリングネイビー (06/26)
  • やえもん先生の初期の作品(「雲の墓標」だったか)に、自分達の戦果を喧伝するさまを表して、あれじゃサイレントネービーでなくチャタリングネイビーだと皮肉る箇所がある
  • 宝塚記念’17 結果分析 (06/26)
  • SS様 「デムーロの勝利騎手インタビューの時、場内白けきってたなあ」まっく 「拍手すら起こらなかったと、ファンも来てるし、サトノクラウンの単勝買ってた人もいたは
  • 宝塚記念’17 展望 (06/24)
  • 20本以上書いているのですが、パソコンがハングしたり、一度故障して故障したままで使っているので、アップできておりません。結果の解っているもの(選挙の予測とかも)
  • 都合の悪いことは口封じしたいんだ (06/23)
  • サウジアラビアなど4箇国が国交回復のためにカタールに突きつけた条件の中に、アル・ジャジーラの廃局というのがある。向こうも一緒なんだ、自分達に都合の悪い真実を流さ
  • ついにタイ記録の28連勝 (06/22)
  • 神谷五段(当時)の記録なんて、凄いメンバー相手に勝っているわけじゃないし、これに並んだと言ってもなあと思っていても、これがデビューからの28連勝となると、驚くし
  • 安田記念’17 結果分析 (06/04)
  • SS様 「まさかのアラジン大開放」まっく 「前哨戦も負けてたし、もういいかなと考えてました、血統的にはラキシスの全弟ですから、いつかどこかで勝つかもしれなかった
  • 安田記念’17 展望 (06/03)
  • SS様 「短距離路線組だけじゃなく、大阪杯でキタサンブラックに破れた組がみんなここへ来たな」まっく 「例年ならあそこから天皇賞に行くのもいるのですが、長距離路線
  • ああ、遂にやっちまいやがったあの馬鹿 (06/02)
  • 娘のイヴァンカさんや、ティラーソン国務長官(石油企業エクソン・モービルのトップだった人だ)らの反対を押し切り、トランプ大統領は気候変動に対するパリ協定から脱退を
ニー屋 腕時計 通販ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。