第60期王座戦第一局

渡辺が振るわけはない。矢倉模様から渡辺が先に飛車先の歩を交換して、五段目に浮く。

羽生も飛車先の歩を交換して、角を9七からのぞかせる。さらに守り駒の左の桂馬を7七にはねる。一旦、渡辺の飛車は8三に後退する。7三の桂馬が動けば、受けにも使えるはずだったが・・・終局までこの飛車は動かなかった、というか、なんの役に立ったんだろうか。

9七の角が渡辺の4二銀を食いちぎって開戦、羽生の猛攻が始まる。受け駒まで繰り出しての攻め、だんだん攻めが細くなってゆく。飛車が成りこんで詰めろ、が、羽生の攻勢限界点を超えていた。わずかに渡辺が攻めただけで羽生投了、森内のように羽生を封じれるようになってきたのか、いや、渡辺は森内をオモチャ扱いにしているところからすると、現役最強は渡辺になろうとしているのだろうか。

対ベイスターズ21回戦

もう、どうしようもない左右病。前日猛打賞の大和を外すか。
それで、4回までに3点を失ってしまう。5回裏など、レフト狙い撃ちでレフト前ツーベースが出てしまう。6回表の打席が回ったところで将軍様を下げちゃうぐらいだ。

んが、5回、6回、7回とベイスボール連発で追いついてしまう。そりゃあ、こぼした後、マウンドでヘラヘラする梶谷の顔を見れば、高崎がぶちきれるのも仕方ないだろう。
もっともこっちも7回で桧山を使う、捕手を使い切るなど謎采配連発、大和なんか最後まで使わずじまい。

メッセンジャーの負けは消えたが、将軍様出場の暗黒パワーは健在。8回裏、ラミレスの入団で居場所がなくなった(レフトしか守れない)代打下園に勝ち越しタイムリーを打たれる。9回表に追いつく力なんかもう残っていない。
これでここ12試合で将軍様スタメンは1勝1分6敗、ベンチ、不出場なら4勝0敗、チーム内の雰囲気も悪化する一方である。杉山事務所にでも行ったらどうだ。
かくして夏のロードは7勝3分14敗、途中で3度も京セラドームに帰っているから長期ロードですらない。死のロード?元々死んでるし。甲子園以外納得しない連中はいるが。

負広をGM?実質上のGMは南じゃないか。で補佐が黒い噂立ちまくりでヘッドコーチ解任された(にも関わらず編成部に居残る)木戸に暗黒広報嶌村って、もう闇だらけじゃないか。
それでも次はカープ戦、能無犬はスパイ石原にマスクをかぶらせるんだろうか。

二人あわせて140歳

アシスタントの女子大生が夏休みの道上さん。代役アシスタントがナイトゲームで番組がない褐色のシーサー(©宮根誠司)小山乃里子とは。
さすがに道上さんの暴走にもしっかり手綱を握っている。このクラスでないと抑えが効かないか。
そりゃあ、どちらも1942年度生まれの同学年で70歳。二人で140歳。
裏の浜村さんと桜井さんは140歳を超えてるけどね。

対ベイスターズ20回戦

将軍様はスタメン落ち、ベンチ内で牢名主然している様が痛々しい、というより、腹立たしい。

おまけに先発は10勝するのに15敗する岩田。
4回表、一死一、三塁で狩野のレフトフライでタッチアップしかけた良太が謎のバックをする。馬鹿さ加減は兄ゆずりか。
その裏、筒香のタイムリーで先制される。このままズルズル行くのかとお思いきや、続く5回表に安全牌小宮山がヒットを打ち、岩田が送って上本の同点ツーベース、さらに6回表に良太が汚名挽回の勝ち越しソロムランを放つ。
なんとか抑えきって逃げ切り勝ち。なお、辛いさんは8回表にツラゲを放った。



じつはこっちの破壊力のほうが大きいんだが

TBSをキー局にした「ネットワークトゥデイ」というニュース番組がある。TBSからそのまま送るところもあるが、MBSのようにCMだけ使って後は自社ニュースと言うところもある。そもそも時間帯がずれている。

ここと16時45分のニュースのほうが、アナウンサーが言いたい放題のコメントをつけているのだ。それはたねまきジャーナルの比ではない。あっちは同じ内容を再放送で流しているだけである。「ざまあみやがれい」管理人は関東在住だから、聞けないのでこちらの破壊力に気づいてないだけだ。

小出先生が出て電力会社の目標になっているが、MBSラジオ報道はきっちり逃げ場を作っている。原発ネタなら
「ネットワーク1・17」で扱えばいいんだし。

対ベイスターズ19回戦

最下位争いの裏天王山、というより天保山の戦い。相変わらずの左右病がひどい。

2回の第一打席からツラゲ。その裏に筒香の何でもないレフトフライをバウンドするまで待ってツーベースにする将軍様。後藤がライトにツーベースを打って、先制点を失う。
4回にもあわやランニング満塁ホームランというレフトフライで2点目を失う。
7回表に坂の内野ゴロ、8回表に平野のタイムリーで追いつくも、ここで大和俊介と守れる選手をそのまま下げて将軍様がまだ残っている。

その裏、ラミちゃんにオーバーフェンスを食らう。あんなもの、レフトが将軍様でなくてもホームランだけど、故障明けの榎田のピッチングの足を引っ張ったことは確かだろう。



ほぼ寝台車

中国新聞によると、広島~横浜間の夜行バスに、29日から航空機のファーストクラス並のシートを投入する事になった。
席数はわずか14、全席仕切りがあってほぼ個室である。もちろん座席は水平にまで倒せる。まるで往年のナロネ22のルーメットである。
法律で路線バス(貸切バスもだが)に寝台を設置することはふかのうなのだが、その域に近づけたといえるだろう。
価格は通常便より2000円高い14000円で新幹線利用の18050円よりもお得で、最終と始発の間を縫って走るので、便利だと思うのだが、これがネット上で非難轟々である。


理由?この車体がヒュンダイの製造ということらしい。現在竹島で盛り上がっているし。これが日野か三菱の車なら、絶賛されるのだろうか。
それと、これなら新幹線とホテルのセットのほうがいいと言う連中の多いこと。お前ら新幹線大好きだなあ。

やはり、逃げないと

福島のこどもの甲状腺にしこりが生じているのが36%っていうことは、どう考えても原発爆発の放射線の影響じゃないのか。

やっぱり、今でも、そして半永久的に福島第一原発周囲100kmに高校生以下は立入禁止にしないと。

切り捨てたいけど切り捨てられるんじゃ

維新の会が衆院議員半減とアドバルーンを上げて、擦り寄ってくる国会議員に値踏みをしているが、永田町では相手にされていないレベルじゃないか。

まあ、外交と軍事だけに専念させるというのは、つまらない陳情から自由にするという点では一理あるが、ある意味国民生活がどうなろうと無関心な夜警国家だし、何もかも州で決定するということは、事実上の国家分割にすぎない。

だいたい、大阪都から道州制にまで飛躍したのは、足手まといの北海道、東北、北陸、山陰、四国、九州を切り捨てたいということだろうから。もっとも、近畿が首都圏、東海(というよりトヨタ)に切り捨てられるということなんだけど。

対カープ19回戦

前夜のプレーに圧力がかかったのか、この日のカープのスタメンマスクはアスリート仲間の石原。
やってくれました。金本のキャッチャーフライを見失い、直後に接待ヒット。さらにブラゼルのスリーラン。

和田監督は「スパイス」と馬鹿にされているが、本当は「スパイ忍ばせてある」と言うつもりで噛んだんだないのか。
その後鳥谷の1安打しか出なかったのはどうなってるんでしょうかねえ。2点を失いながらよく逃げ切ったと思うのだが。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ