対カープ8回戦

ジャイアンツ戦からは逃げまわるのにタイガース戦をカモにする前田健太。一方、こちらはお試し枠の秋山。
1回表からルイスの打球はライトへ、伊藤のまずい守備もあってツーベースに。これが大学日本代表の四番、ポスト金本なのか、打てない守れない走れないってところが金本なんだろうか。ここで菊池が送って丸がレフトに犠牲フライを打ち上げてカープ先制。
さらに2回表、ツーベースの梵を前田が自らタイムリーで返して追加点を入れた。
3回裏、日高がヒットを打つが、秋山はバント失敗でランナー入れ替わり、ここは秋山を打たせてみたかった。この後、西岡、大和が連続ヒットを放つが、秋山を本塁突入させたのはまずかった。
前田もヘタってきたのか、8回裏、代打今成、西岡が連打した所で大和の一塁線バントは失敗、ここも併殺はまず無いので強打でよかった。9回裏、マートン、辛いの連打で無死一二塁、ここで無策のままゲームセット。ここで送らせたほうがよかった。良太に関本を出して、バントか進塁打で一死二三塁で桧山、セカンドゴロでも1点は入るだろうし、次の日高勝負でも良かったのでは。



対カープ7回戦

1回表からルイスにヒットを打たれ、菊池を歩かせ、昨日の最終打席では左右病患者のノムケンに代打を出された松山に2点タイムリーツーベースを打たれる。さらに3回表にはルイスにソロムランを食らう。
4回表、大和が歩いて盗塁、ここでマートンにタイムリーが出るという昨夜と似たような展開。
続く5回裏、良太、日高の連打で無死一三塁、メッセンジャーを早々に諦めて代打今成、だがファーストゴロで良太が三本間に挟まれて一死二三塁、ここで西岡はピッチャー強襲内野安打で1点を返し、大和のセーフティーバントは成功し、三塁走者もホームインして追いついた。
今日は鹿屋から弾丸ツアーで両親や鹿屋市長らが観戦に来ているだけに、いいところが出せた。
あとは中継ぎの我慢比べ。9回裏、日高の代打高山、福原の代打関本が連続四球、西岡は倒れたものの、投げてるのが左腕の久本だけに、代打が出ることは元からあり得ないし、こういう日にはいいところ見せてやろうとするのが和田監督。大和が猛打賞になるレフトオーバーのサヨナラタイムリーツーベースを放って4対3のサヨナラ勝ち。応援団も大喜び。

対カープ6回戦

日程のズレと交流戦があるとはいえ、まだ6戦目とは。
1回裏、西岡が歩いたものの、大和はバント失敗、作戦を切り替えたものの、盗塁失敗、それは仕方ない。
が、4回表、ルイスの四球を皮切りに、丸と会沢のライト前タイムリー2本で先制を許し、スタンリッジは激おこぷんぷん丸。それにつけても隼太の弱肩よ。
6回表、松山にまたライト前タイムリーを打たれて3点目。しかし、武内とかいう聞いたこともない(一度甲子園で投げたことがあるらしいが)投手に6回までノーヒット。横浜スタジアムでは山井がノーヒットを続けていた(最終的にノーノー達成、今度は岩瀬の出番なし)から、同日2試合達成の悪夢もよぎったが、7回裏、大和が初ヒット、盗塁も決めてマートンのセンター前で1点を返した。
が、8回裏、またライトに狙い打たれ、今度はエルドレッドdeハッスル(最末期の大阪近鉄バファローズのキャチコピーか!)のタイムリーツーベース。エルドレッドは飛び出しでアウトになったが、丸の足では、悠然とホームインできたので、「早く試合終わらせよう」のノリだったんだろう。

ここから別の試合

レフトとセンターに守備固めを入れ、丸をセンターからライトへ、松山をライトからファーストへ移動させたが、良太を打ちとったものの、伊藤にヒットを打たれてノムケンはパニックになったのか、桧山に河内を投入、しかし、歩かせてしまい、さらに慌てて8回からミコライオを投入するもの、西岡のファーストゴロを松山が悪送球、ここで大和にバントさせる和田も大概だが、その送球をショートの安部が落球、鳥谷はセカンドゴロに打ち取るが、1点差になって、マートンの逆転タイムリーヒット、さらに7回に代打で出て、そのままマスクをかぶった今成(今シーズン2試合目のマスク)がタイムリースリーベースを放ち、一挙6点をあげての逆転勝ち。加藤にプロ入り13年目で初のセーブがついた。
いやあ、ノムケンの采配で勝てたような試合。

ワールドカップまであと1年で

ザッケローニが解任されることはないだろう、ピッチ上にいる選手にとって彼は都合がいいからだ。
国内組はすぐ見限る、いや、国内組は大したことがないという論戦は無意味なので省略する。
岡田時代から何の変化もないのにザッケローニが選手に支持されているのは、選手が好き放題させてくれるからである。要はなめられてるんだけど。
3-4-3をやりたくても、ディフェンダーが4人にこだわり、ここでダブルボランチで司令塔を置けば、4-2-1-3か4-2-3-1しかできなくなる。またミッドフィールダーばかり育ってしまうことから2列目ばかり出てくる。
そもそも、本田と香川は併存できないのかもしれない。さらにドリブルできない岡崎、ゴール前まで戻って守備をするとほめられるトップ、これではダメだ。
どうせ個人技のレベルは低いし、後ろ6人はいじれないのなら、本田と香川を両サイドハーフにしての4-4-2、あるいは本田と前田あるいは国内組での4-4-2なんてのも考えてみたらいいなのかもしれない。

さいなら ゆみたん

この時期に降板するって?確かに朝日放送は7月改編だけれど。結婚退職?アナウンサーから外れるの?
亀井アナが「そろそろ配転時期なので」と言っていたのはこういうことだったのか。
結局、斎藤(姉)アナは、7月から営業に回らされることになったのだった。2008年入社当初、コミュニケーション障害かとまでいぶかしがられた喋り下手と天然ボケ、ニュースを読んでればいいのに、八光ちゃんのアシスタントという無茶振られをされていた。
2011年4月、深夜放送の曜日統合で小泉エリと組んでから、ボケを突っ込んでもらってようやく味が出てきたのだが、営業なんて出来るんだろうか。ま、20代後半~31までに8人いるからね。
今夜の八光ちゃんのアシスタントが最終泣きか。
この上が八木アナはフリーに、小野アナが旦那の任地に付いて行って退職と、その上も三上アナは沖縄へ、北澤アナは角淳一にいびり倒されて医者に転職と、河田アナのほかはスポーツアナばかりだし。
とりあえず、応急で吉竹アナが出戻るが、そこそこの芸人を従えてテレビで司会しているぐらい経験値を稼いでいるからなあ。3月でテレビの帯番組も打ち切られて暇を持て余しているし。

対ドラゴンズ7回戦

ドラゴンズ主催の北陸遠征、本当に激しい移動である。ベイスターズ戦いが横浜~長野と設定されてれば、長野から富山まで陸路移動できたのに。新幹線?ああいう銭の無駄は知らん。

能見、ブラッドリーの投げ合い、貧打線ではなく、両チームともヒットが出るが、要所要所を抑えて無得点が続く。
7回表、良太が歩き、能見がヒットでつないで、西岡の内野ゴロで先制、8回裏、代打山崎を歩かせ、藤井、荒木の連打で追いつかれるものの、9回表、良太がソロムランを放って勝ち越し。
その裏、和田に内野安打を打たれるが、代わった福原が平田をゲッツーに抑えて勝利。

翌日は大雨で中止。ドラゴンズは星稜出身の西川が先発予定だったが。この代替試合はナゴヤドームである。あ~あ。

金は余れど使い道無し

ブラジルのデモの原因の一つは、BRICS諸国の経済発展が止まってるのも原因だろう。すでに衰退期に入っている日米欧諸国が、金を市場に放流しまくって市場だけを活性化させているのもひとつの原因だろう。

ギリシャやイタリアのように、歴史の第一線から去ってゆくのが運命なんだが、やたら粘るのが問題なのかもしれない。

どうせすぐ駄目になるって

あれだけ大騒ぎして、0増5減案を参議院で審議すること無く、自民民主の与野党呉越同舟でみなし否決で無理やり通しただけ。
これで一票の格差が1.998倍なんで、憲法違反にはならないだろうと甘い見方をしているが、2010年の国勢調査から3年経っているので、事実上2倍は超えているだろう。
おそらく裁判で訴えてくるはずだ。自民党を悪役にできるし。
これ以上どうするの?どこかの政党が得をして、どこかが損をする。それで決めるのは自分たち。そんなの決められるわけがない。小泉純一郎なら強引にトップダウンで決めたかもしれないが。

過疎と過密が起こるのなら、過密地域の一票の価値を下げる、ようは各都道府県全員10人ずつにするとか、官庁があって、そこに企業が集中していくことから考えれば、中央官庁を地方都市に移動させ、霞ヶ関の跡地は公園か原発でも建設するか売却するかしかないのに。

勝者なき戦い

都議選で自民党が候補者全員を当選させ、菅官房長官は手放して喜んでいるが、維新の自爆、民主の試合放棄で、選挙そのものに関心がなかった証拠である。史上最低の投票率がそれを物語っている。
自民への反対票が共産に流れたのも事実だが、公明ともども、宗教のように投票した人ばかりということを物語っている。
石破幹事長以下を投入しても固定票ですら投票にすら行かなかったのが事実である。

全政党が敗者、そして、こういう状態にしてしまった都民も敗者である。

宝塚記念’13 結果分析

SS様 「いや、お疲れさん」
まっく 「別に疲れてないですけど」
SS様 「20年ぶりだろうが、まあ、君に適したコースだったし」
まっく 「なんで私が走ってるんですか」
SS様 「え、君が走ってたんじゃないの?」
まっく 「あれはゴールドシップでしょうが」
SS様 「500kgもある芦毛馬が阪神2200を走ってたからな」
まっく 「乗り移った訳じゃないですよ、しかし、先行できるとは驚きました」
SS様 「ゲートが開いてからひたすらに押していってたからな」
まっく 「何が起こったのかと思いましたよ」
SS様 「前へ行ったのはトーセンラーじゃなくて、ダノンバラードだったとは」
まっく 「それが功を奏して2着に粘ってるんですから」
SS様 「ディープインパクト産駒なんだけど」
まっく 「阪神の重賞勝ってますからね、トーセンラーは京都限定みたいですね」
SS様 「熾烈な3着争いを制したのはジェンティルドンナのほう」
まっく 「ゴールドシップにケツ突かれっぱなしで、4コーナーで体当たりしてもびくともせず」
SS様 「馬場も合わず、おまけに雨まで降ってくるとは何もかも裏目」
まっく 「切れ勝負の馬ですから、桜花賞勝ってるとはいえ、この馬場は不得手でしたね」
SS様 「ステイゴールド産駒なのにフェノーメノは4着」
まっく 「内枠なのに、先行できずに何故か外へ、馬場のせいじゃないでしょう」
SS様 「阪神未経験が出たのでは」
まっく 「調教師が天皇賞で仕上げすぎたのかもしれませんね」




銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ