地震国に壊れた技術を勧めるとは

イスタンブールに五輪開催権を譲ってもらったからなのか、年に二度もソープランドトルコ通いのゲリピー。原発を売り込みに行くのに必死だが、地震国のトルコに、地震でぶっ壊れる程度の技術しかない原発を売り込みに行くとは正気の沙汰だろうか。
ドイツからロシアの欧州各国から、どういう扱いをされるか判ってるんだろうか。チェルノブイリは原子炉の専門家を育成して将来の原子炉解体に備えているというのに、フクシマは何重のも下請けの素人ばかりに頼りきっているのだから。

御用学者とその配下の学生を専門家に育て上げる気はないのか。

今必要なのはリベラル派の結集なのに

小泉元総理と名も知らぬ社民党の党首が会談をして、脱原発では合意したけれど、新政党結成はにべもなく断られた。
ま、社民党も議員5人ではどうしようもない。それより自民党に対抗できるリベラル派の結集が必要なのだ。
民主党?岡田、前原なんて第二自民党を夢見た連中はもういらない。大畠?なおのこといらない。

第26期竜王戦第二局

第一局と同じ急戦矢倉、これで森内が勝てば、渡辺は目も当てられない展開。5五~7三と歩交換しながら2手で角を飛車のコビンを睨む要所に据えられる。
森内の左の桂が3三に上がって頼りないが、金銀3枚にがっちり囲われている。名人に定跡形なしというところか。
受けに8四に上げた飛車を渡辺が7筋に伸ばした歩を取って回して7五歩と合わせる。この歩が取れない。しかし、取らないと形が乱される。この段階で森内勝勢ではないか。
7六に取り込まれた歩を金で取って飛車をいじめるぐらいか。しかし、渡辺ぽくない。
しかも、飛車が五段目に上がれば、2五へ回られて飛車交換となれば、森内の低い陣形はともかく、渡辺の方はひとたまりもない。

渡辺は端歩を突いて紛れを求めるが、森内は飛車を3四に回して渡辺の飛車のコビンをあくまでも狙って一日目終了。王様が左へ来ているが、まるで石田流のような攻め方。
封じ手で渡辺は飛車を1筋へずらし、銀取りをかけられたまま1四歩と攻めかかるが、森内にしてみれば飛車交換させてくれる「たりたり」な展開。
渡辺は角も切って攻めるが、もう自爆攻めの体。相手が弱ければ何とかなっても、森内名人クラスではどうしようもない。何か変調。森内玉の付近で散々暴れた後、6四銀をずらそうとするが、手抜かれて寄せられて18時前に渡辺投了。渡辺の右金は8五に置かれたままだった。

天皇賞(秋)’13 結果分析

SS様 「末脚爆発、ジャスタウェイ」
まっく 「ジャスタウェイってのは爆発するものなんだけど」
SS様 「トウケイヘイローのハイペースを上手いこと活かせたな」
まっく 「マダオ卒業ですか」
SS様 「『マ』るで『ダ』いじなところで勝てない『オ』ウマか」

まっく 「元々、ジェンティルドンナのスタートが良すぎてせっつかれたからのペースでしょうが」
SS様 「それでも2着に粘れるあたりはさすがとしか言いようが無いな」
まっく 「エイシンフラッシュは今回は内が開かず、2年連続同じ展開はなかったですね」
SS様 「アンコイルドが4着」
まっく 「まだ勝ち切れないけど、そのうち重賞勝てるんじゃない」
SS様 「コディーノが5着」
まっく 「リスポリ騎手が1600向きって言ってたね、藤沢さんは頭痛いだろうけど」
SS様 「トウケイヘイローは10着」
まっく 「前の馬には辛い展開だったですよね、4コーナーで先団にいたのはジェンティルドンナ以外ケツ3頭ですよ」

SS様 「しかし、ハーツクライ産駒の初G1か」
まっく 「しかも、ディープ産駒の三冠牝馬を破るという親子二代のドラマ」
SS様 「同期の桜のメイショウマンボと同じ年に産駒がG1制覇っていうのも運命ってやつかな」

第3期女流王座戦第一局

加藤と里見の奨励会員同士のタイトル戦、だが、二段以下で東西に分かれていると、意外と顔合わせがない。
前夜祭も芝苑で行えばいいのに、何故かホテル阪急インターナショナル、食材はお品書き通りのものが出てきたんだろうか。しかし、両対局者とも着物が似合わないorz。
里見が3手目に7五歩と伸ばして石田流を明示、両者美濃囲いに組んで戦闘開始。里見から角交換を行うが、加藤は桂馬をはねて取る。そして8九角と打ち込む。これに対して6九角と打たずに里見は6七角と桂馬の頭をも狙い、3四飛と回る。
加藤は香得を約束される9筋攻めではなく、5四銀とぶつけていった。加藤は8筋の交換に出て飛車を走れば里見は銀交換に応じて2四飛と王手、歩ではなく、銀を打ち込んで受け
角取りに6六歩、里見は金にヒモをつけて5六角と逃すが、ここは8五角と攻めに出たほうが良かった。加藤は角金交換から角取りに金を打つ。
証文の出し遅れのように8五に角を打つが、金を逃げずに金底に歩を打つ。里見は角と金を刺し違えるが、はねた桂馬が気持ち良い。が、これでもまだ先手わずかに有利だったのだ。
里見の攻め駒を責めて、里見が飛車を引いたのが最終的な敗着、ここで王手に桂馬を打っておけば、銀桂どうしの交換から飛車を引いたらさばけていたというのに。

ここからは加藤の一方的な攻めになり里見投了。加藤がまず第一局を制した。


天皇賞(秋)’13  展望

まっく 「依然として欠陥コースのレースめ」
SS様 「お前、それは他のところで語っただろうが、で、本命は」

まっく 「エイシンフラッシュ」
SS様 「理由は」
まっく 「去年勝ってる」
SS様 「じゃ、ジェンティルドンナはどうするんだよ」
まっく 「対抗」
SS様 「東京巧者だぞ、ディープインパクト産駒だし」
まっく 「でも、今年未勝利だ」
SS様 「穴は」
まっく 「ジャスタウェイ」
SS様 「毎日王冠2着だしな」
まっく 「ただ、須貝厩舎に勢いがないのが難点」
SS様 「ゴールドシップが勝てなかったのは淀の超高速馬場が原因だろうが」

最初から生でなかったテレビ

88年の放送開始当初は完全生放送で、夜が明けても怒鳴りあったまま番組が終了したこともままあったが、いつしかきっちり仕切られて終了するようになってきたので、数年前から撮って出しをやってるんだなとは思っていた。田原総一朗の年齢を考えれば徹夜は寿命を縮めることになりかねないし。

で、25日の深夜、原発ネタで出演者の飯田哲也が「朝生収録終了して深夜に山形へ移動」とツイートしたが、ツイッター見ている人間以外気づかないものだった。で、26日2時過ぎの地震、福島沖が震源で震度4なのに、出演者は素知らぬ顔なので、視聴者も気づいてテレビ朝日に問い合わせても、出演者がいるわけない。
番組中に昨夕収録したものですとテロップ入れっぱなしで放送。もう、田原のマスターベーションで、番組の意味すらないじゃないか。
そういえば、古賀、小出両氏が出演しなかったのは、「報道するラジオ」の収録が、「朝生」の収録とバッティングしたからか。

やっぱり、虎に交われば黒くなる

阪急ホテルの上層部、何も反省の色なし。バレることがないと思ってたんだろう。元阪神系のリッツカールトンでも発覚、ドラフトもくそだし、もうどうしようもないな。

もう、このニョーボは実在しない

公人の訃報じゃないから、書くべきかどうかわからないが、漫画家の須賀原洋行氏の夫人、よしえサンが逝去されていたそうな。
肝っ玉の小さい男(今で言えばコミュ障)が福井から立命館に行って、名古屋で小役人人生、そこへ天真爛漫のOLよしえさんが現れ、ネガがポジを、ポジがネガを補完するように付き合いだし、結婚、そして3人の息子、実在OL、実在ニョーボでマンション2軒と車2台を買えるぐらいに稼いだのさ。

よしえさんが乳がん、そして脳へ転移と創絶な闘病、須賀原先生はどう思って書きづづけたのやら。
そのくせ、早くからニフティに染まってネット世界では大きな顔をしていたからなあ。三男坊が中学生だから、社会にでるまでは、今まで稼いだ金で主夫やってればいいんじゃないかなあ。

虎に交われば黒くなる

インチキ食材を使っていたのが発覚して大騒ぎ、でも、スポーツ新聞では完全無視なところがあるのは、阪急グループの悪口を書いてタイガースに取材拒否をされるのが怖いのか。
実際は2006年3月には不正が始まっていたから関係ないのだろうが、阪神なんて客を馬鹿にした企業を傘下に入れたから阪急グループそのものが汚れだしたのではないか。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ