駄目だこりゃ

国会の討議でイスラム国(ISIS)は過激派集団の僭称だと、合衆国が僭称しているISILを使っている。これ自体、思いあがりなんじゃないだろうか。さらに、自衛隊をアラブに送り込んで人質救出できないかと馬鹿極まりない質問をする民主党議員に、首相が同意する有り様である。
国内でもわかるだろ、そういう時は警察の特殊部隊が行くものだって。ハリウッドの映画の見過ぎだろうね。ま、安倍も、前原も、戦争大好きな気違いだけど。

遂に飛べなくなった翼

大々的に格安航空会社として登場したが、もっと安かろう悪かろうのLCCが次々と登場してきた。これで存在が中途半端になった上に、ANAJALの2強の有形無形の圧力も大きかった。神戸空港や茨城空港のような無駄な公共事業の末に建設された存在価値の怪しい空港を活かして来たものの、起死回生を狙ったA380投入計画がこけて、違約金を請求されてしまったのが致命傷になってしまった。
JALは国家丸抱えで再建したが、スカイマークはどこかが救うのだろうか、それとも2強のどちらかかに呑み込まれるのだろうか。

あれから70年、でもあの国の首相には・・・

ソ連軍がアウシュビッツ収容所を開放して70年、英仏独ら各国の首脳が赴いた。もっとも、そのソ連兵がポーランドやドイツ国内で強盗強姦など、暴虐の限りを尽くしていたのはなかったことになっているが。
残念なのは被害者ユダヤ人がパレスチナでやりたい放題をやっていること、開放したロシアは東部ウクライナで内戦に火をつけていること(1943年にドイツとソ連が激戦を繰り広げたところだ)だ。
え、アジアの某国の首相?あんなの来るわけがないだろ?

ギリシャ総選挙

投票前から予想されていたが、金融引締めに反対、借金棒引きを主張する急進リベラル派(というよりも共産主義系左派)のシリザが大勝し、半数に1人欠ける149議席を獲得した。思想は異なるが保守派野党をかき集めて政権を担うようだ。
尽くEUに締め上げられてギリシャ国民の憤懣やるかたなしというところだったのだろう。もっとも、金を持ってる連中は早々に国外に逃げ出しているのだが。
早速、投資家連中はユーロを売りまくる。彼らは人間生活より、銭のほうが大事な人種だし、そもそも年金すら投資の利益で成り立っている。
また、ドイツのような持てる国はギリシャなどの南欧の怠け者(PIGSだっけ)の借金などどうして負担せねばならないのかと別の憤懣やるかたなしってところだろう。

イギリス公開討論会

総選挙を前に保守党、労働党、自由党のほか、緑の党、イングランド独立党など合計7つの政党をBBCに招いて4月2日、16日、30日とテレビ討論会を行うと発表した。これに対して、シン・フェイン党など、呼ばれなかった政党は反発しているが、前回の総選挙前には先に上げた3政党のみであったことを考慮すれば、これでも意見の多様化を汲みとったということなのだろう。スコットランド独立騒動がそのきっかけなのは言うまでもない。
それにしても、前回のテレビ討論を街頭テレビを中継し、それをスケボー抱えて巷の兄ちゃんが見ている光景は、民主主義とはかくあるものかと思わせるものであった。

殿堂入り

物入れの中に1987年5月24日の京都新聞を置いてある。京阪が地下に潜った日のものだが、この日のスポーツ面にプロ野球以外にも京都競馬の予想(東京のメインレースは優駿牝馬、当然本命はマックスビューティ、去年のアルテミスステークスを勝った3歳牝馬のココロノアイはひ孫にあたる)や大学野球の結果が載っている。立命館大の投手は1回生の長谷川滋利(後にブルーウェーブ、さらにMLBのアナハイム)、そのボールを受けていたのは4回生の古田敦也であった。
経歴は省略するが、90年代以降、セ・リーグの盗塁が激減したのは古田の出現が一因であろう。選手引退、監督退任から7年、まだ50になってないとはいえ、殿堂入りが数年遅いかもしれない(同学年の山本昌はまだ現役だが)。

それにしてもエキスパート表彰の票が割れて誰も入れないほうが問題だろうなあ、一人あたりの持ち得票を増やすしかないだろうに。新聞屋の創始者を殿堂入りさせるくらいなら。

ハピネスチャージプリキュア 48話~49話

荒ぶるレッド、その力は4人のプリキュアを変身解除状態に戻すほど強い。そして、ラブリー以外の3人と誠司と妖精たちをを取り込んでしまう。
自らが神であったセ界一のスプリンター赤い星が滅んでしまい、命あるものは必ず死ぬのだからと地球も滅べと迫ってくるレッド。
だが、エターナルフォームに変身し、愛は永遠だと戦うラブリー(後3人はいいのか、どうせ放送に間に合わないし、商品化しないから関係ないのか)、そしてそこだけ緑の草原に倒れるレッド。そこへ現れるブルーとミラージュ。
ブルー「兄さん」。兄弟かよ、これがどんでん返しか。

そして最終回Bパートはいつものように後日譚、ひめは故郷にはしばらくは戻らないという、というか、その辺、投げっぱなしに近いんじゃ。そして誠司の本心をはぐらかして先に行くめぐみ、本心隠しちゃダメじゃないか、で終了。

年末年始のカレンダー配列、海外ゴルフ中継の中継日で、もう1~2話できたんだがなあ。

Gのレコンギスタ 17話

シラノ-5の外壁が破れてしまう。当然、土砂やがれきが外へ飛び出してデブリになってしまう。当然、デブリ回収せねば大変なことになるので、デブリ回収の名目でメガファウナは出港する。
一方、クンパ大佐はドレット将軍から試作機のビフロンを借り受け、マスク隊に送り込んだ。二代目邪悪なミンキーモモバララが搭乗して出撃、シャアもどきマスクも護衛で出撃する。これを見て嫌がらせにクリムとミックも出撃する。

宇宙に飛び出したメガファウナの乗員はフォトン・バッテリーの輸送船、カシーバ・ミコシを初めて見る。その威容、まさに神輿。ベルリはレジスタンスのロルッカ達がクンパを知っているようだと聞いて、クンパは以前にトワサンガに来たのか、あるいは出身ではないかといぶかる。一方、アイーダがドニエル艦長にドサクサに紛れてトワサンガから逃亡しようと提案する。チートがいるとはいえ、戦艦1、モビルスーツ7では他の勢力に対抗しづらいからね。
ノレドはラライヤの記憶が戻って、メガファウナですることがなくなってしまって気落ちするが、メディー軍医やナースのキランから「すべきことは一杯ある」と諭され、ナースを目指そうかと考えるのであった。
一方、デブリ掃除のためにラライヤはネオドゥで出撃するが、コントロール不能に陥り、ビフロンと交戦寸前になる。ベルリはラライヤを押しとどめるが、これ幸いとちょっかいを出すアメリア軍、だが、ロックパイ率いるデブリ回収部隊が網を持って登場、「小競り合いを続けているとフォトン・バッテリーを地球に渡さないぞ」と脅迫し、ようやくその場を落ち着かせ、総員デブリ回収に向かわせた。
同じ頃、メガファウナの非常用ハッチに接続する一隻の小型艇、そこから潜入するのは何とクンパ、これを目ざとく見つけたのは別の小型艇でトワサンガに戻ろうとしていたロルッカ、アイーダとベルリを地球に捨て子として送り込んだのはクンパ・ルシータことピアニ・カルータじゃないかと詰問するが、ロルッカ自身、スパイじゃないのか?

皇帝、崩御す

兵庫県南部地震20年に押し流された感もあるが、大塚周夫さんが心不全でお亡くなりになられた。そりゃあ、85歳なんだから、功成り名遂げたのかもしれないけれど。
言うまでもなく息子は大塚明夫さんで、親子共演は幾度も果たしてきた(野島父子も果たしているが)。海原雄山はこの人だったが、残念ながら山岡士郎は今やラスボスの名をほしいがままにする井上和彦だったけれど。
ねずみ男の高い声と海原雄山や皇帝ルドルフ一世(銀英伝の方だよ、シンボリルドルフじゃないよ、待て、実在のドイツ皇帝はどうした)の重々しい声、どちらも出せた。息子はハイトーンは出せないし。
大塚明夫さんは昨年末、来年は黒服など着たくはないと言い放っていたが、1月から着ることになってしまった、しかも、自らが喪主として。
しかも、青二の新年会で、野沢雅子さん(彼女もまた昨年ご主人を亡くされている)に、誰も知られていないところでひっそり亡くなりたいと言って、その帰途の地下鉄で亡くなられるなんて、なんという有限実行をしてしまったのか。

まずは餅つけってことなのか

右の人、自己責任だと怒ればイスラム国の手の内に入れられてます。左の人、安倍首相の集団的自衛権はこの際関係ありません。イスラム国は自分たち以外は全て敵なのですから。首相がアラブ諸国を訪問したのをチャンスと思ってるのですから。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • メイちゃんの冒険 (04/19)
  • なんと、2020年までの下院を解散して、6月8日に総選挙を行うと英国のメイ首相は発表した。これでEU脱退に対して確たる支持を得てEU、というかドイツ、というかメルケ
  • 皐月賞’17 結果分析 (04/18)
  • SS様 「アルアインの勝因は?」まっく 「直前に芝を刈って短くしたこと(笑、実際は土曜夜に散水しなかったこともありそうですが)」SS様 「確かに、ディープインパ
  • 皐月賞’17 展望 (04/15)
  • SS様 「低レベルとか言われてる今年の3歳牡馬で、牝馬が距離を求めて食指をのばしてきたのだが、本命は」まっく 「スワーヴリチャード」SS様 「共同通信杯を勝った
  • 桜花賞`17 結果分析 (04/10)
  •  べが 「カワキタエンカが引っ張って、前半800mが46秒5」ほべが 「これは桜花賞ペースですね(笑)」 べが 「杉本清さんじゃないんだから」ほべが 「あの馬場
  • 日本には不利にはないらないのだろうが (04/09)
  • スーパーラグビーのチーム数が来シーズン(’17-’18)から2~3チーム削減されるそうだ。15チームからサンウルブスを含む18チームへ拡大したが、チームのレベル差
  • サンウルブス 今シーズン初勝利 (04/09)
  • 劇的なキックで2点差をひっくり返すとは思わなかった。
  • 桜花賞`17 展望 (04/08)
  •  べが 「ソウルスターリングが圧倒的人気を占めてるんだけど」ほべが 「実際は毎年恒例の社台ファーム対ノーザンファームの兄弟対決で4対7(サロニカが取り消したので
  • 大阪杯’17 結果分析 (04/03)
  • SS様 「サトノクラウンはいいとこなしの6着」まっく 「冬馬だとかいわれてますけれど、レースがチグハグでした」SS様 「キタサンブラックを追いかけてピタリと横に
  • 大阪杯’17 展望 (04/01)
  • SS様 「さあ、第1回なのか第61回なのか知らないが、G1になった大阪杯だ」まっく 「ということは、私のG1勝利数も5になると」SS様 「ならない、遡ることはしな
  • 高松宮記念’17 展望 (03/25)
  • SS様 「去年より更にわからないなあ、ドバイのほうが盛り上がってるし」まっく 「作者に至っては日経賞のミライヘノツバサの複勝を当てたので満足らしいし」SS様 「
ニー屋 腕時計 通販ショップ