東京優駿’15 結果分析

まっく 「またもスピリッツミノルが逃げずにミュゼスルタンが逃げるとは」
SS様 「誰が逃げたってなあ、ノリさん、ホクトスルタンと間違えたんじゃないか」
まっく 「ドゥラメンテが先行して4コーナー前で仕掛けるとなると、後ろの馬には用はないといいうことですよ」
SS様 「ノーザンファームやりたい放題ってレースだったな」
まっく 「ここまで暴力的なレースというと、るどるふさんのときのダービーを思い出しますね」
SS様 「あのときも2、3着は同じオーナーの馬だったな」
まっく 「三冠無用宣言とかされそうでね」
SS様 「強い上がり馬を出して菊を勝たせて有馬で対決させて盛り上げようってことなんだろうけど」
まっく 「るどるふさんの時もこういう話出てましたし」
SS様 「当時の野平厩舎の番頭は今の藤沢調教師だろ」
まっく 「でも、最も活躍したのは、普通に三冠路線を歩み、翌年は春天に行ったゼンノロブロイ」
SS様 「クラブの会員さんがどちらを選ぶかだな」
まっく 「勝己さんはオルフェーブルで経験済みとはいえ」
SS様 「今後、秋華賞と菊花賞を繰り下げる可能性もあるだろうな、95年までの2週間繰り下げた開催に戻せば、凱旋門賞から回ってこれるし、そのまま有馬まで使うか」
まっく 「検疫厩舎から出せませんけどね」
SS様 「一方でJCターフの価値が無くなってしまうけどな」

東京優駿’15 展望

まっく 「ダービーはどちら勝っても勝己の勝ちと申しまして」
SS様 「それを言うなら宗論はどちら負けても釈迦の恥だろうが」
まっく 「しかもリアルスティールがリベンジしても、いや、ドゥラメンテが二冠を制しても菊には見向きもせずにロンシャンを考えてるんだから」
SS様 「10月末が敗者復活戦というより、上がり馬にしてやられるのが目に見えてるな、というか、オルフェーブルで三冠は十分ってことなんだろ」
まっく 「二強にも欠点はありますけれどね、ドゥラメンテは、キングカメハメハ産駒だけに、距離が伸びたら勝てなくなってゆくと」
SS様 「ダイナカール~エアグルーヴの牝系だぜ」
まっく 「能力だけでオークスを勝って、本当にそれに耐えうるスタミナがあるかってことです」
SS様 「リアルスティールは皆まで言うな、福永祐一だろ」
まっく 「その通り、ただ、絶対能力の差で勝ち切ってしまうんじゃないかなと思うのです」
SS様 「三連複か両方から馬連を流せばいいんじゃないか?相手は」
まっく 「サトノラーゼン、それに東京で勝利しているキタサンブラック、レーヴミストラル」
SS様 「穴は先行馬の前残りってことか」

こういう結論は読めていたとはいえ

汚職騒動のさなか、FIFA会長戦況が29日に行われ、1回目の投票で209票中、ブラッター133、ヨルダンのアリ王子73となり、ブラッターが過半数を得たが、当選に必要な3分の2に達さなかったので、2回目の投票を行う直前にアリ王子が投票から降りたことでブラッター会長の5選となった。如何せん、サッカー後進地域のアジア、アフリカをバックにつけているブラッター会長の固定票がでかいので当選は確実と思われていたが、欧米の批判票がかなりのものを占めていたことは大きいだろう。すでに、ソニーがスポンサーから降り、ビザカード、コカコーラ、アディダスなども現状のFIFAではダメだと言っている以上、相当の浄化が要求されるが、ブラッターには無理なんじゃないか?それどころか彼自身がお縄につく可能性もあるのに。
なお、イングランド協会は2018年のワールドカップ不参加の可能性を含ませており、さらにUEFA全体(ロシアがUEFAにいる以上、全加盟国ということは無いが)が不参加ということになったら、FIFAに揺さぶりがかかるが、F1のような金持ち同士の喧嘩となっても無意味になるだろう。
なお、JFAは誰に投票したかは公表していないが、どう考えてもブラッターに投票したことは明白だろう。公言すると合衆国に睨まれるのが怖いから言わないけれど。
やっぱり、アジアやアフリカって、所詮、政治だけでなく、何から何までレベルの低い後進国じゃないの?発展途上国と言わないと差別だって?だって発展しないもの。

対ライオンズ1回戦

メッセンジャーが帰ってきた、不調ではなく、勝てないからの我儘が原因だっただけだから。
しかし、故障明けの今成をいきなり使うのかね、関本でいいじゃないか。上がってきた選手をすぐ使う俺は偉いと和田は思ってるんだろうな。

どやさ、じゃなかった

じゃなかった、これじゃくるよちゃんのほうだ。まだこの連休中も舞台に上がっていたというのに。

明徳高校(当時は明徳商業高校、移転前のこの学校へ郵便配達のバイトに行ったことがあった、冬休みや土曜の午後なんで生徒はいなかったが)の同級生、というかソフトボール部の主将とマネージャーということもあり、故郷京都を大事にしていた。
KBSラジオの朝の生ワイドが長らく月-木だったのは、金曜の朝は大物になっても、大御所になっても、KBS京都が倒産しても、いくくる師匠がずっと担当していたからだ。昨年、いくよちゃんがガンになり、闘病から復帰した時も、最初の舞台は祇園の花月だった(新京極の花月は無くなってから30年以上たつからね)。
くるよちゃんはどうするんだろうか。新コンビを組むなんて考えられない、横山やすしの代理としての太平サブローはいない。
よしもとに顧問という形で残ってもらっても、もう舞台に上がることは無いのではないか。

僻んで勘違いした奴も出たようで

FIFAの汚職問題で、ロシアのプーチン大統領が合衆国の陰謀だと批判した。どうやら、18年のワールドカップ開催への妨害と思い込んでしまったようだ。
それなら隣国に圧力を掛けるのを止めることが信用回復への第一歩だと思うが。

対イーグルス3回戦

菊池に手が出ない、枢軸というか、聖域というか、首脳陣が絶対的に信頼して外すことさえ考えない連中だが、たまにヒットが出ても調子が悪いままである。毎日4打数1安打でも、打率は2割5分なんだから。
それでも、オワタのタイムリーで追いつき、延長戦に持ち込み、サヨナラ勝ちを収めてイーグルスに3タテを収めた。
交流戦でイーグルスをカモにしているのは、イーグルスリリーフ陣が毎年弱いというのが理由ではないだろうか。

自分の立場というものをわきまえましょう

答弁にしゃしゃり出てくる位なら、まだ許せる。どの質問にも答えられる覚悟があればだが。すぐ脳内の容量がオーバーフローして、木っ端役人が用意した原稿を全て棒読みするにしても困難が予想されるが。

しかし、答弁中の議員に野次を飛ばすのは自分が誰か理解しているのだろうか。しかもウイットのかけらもない。
(ヤジに関してはしょうがないか、明治の書生以来、元々低レベルでしかもそこから進化してないんだから)

これって相当根深いのでは

FIFAの副会長2人を含む7人が合衆国司法省やFBIに逮捕された。長年黒い噂が耐えなかったFIFAに捜査のメスが入ったのだろう。
これが合衆国に手によるというのが、欧州的なあなあでの金権体質にずぶずぶだったということなのだろう。英仏のニュースが大々的に取り上げているし、UFEAのプラティニ会長も激怒している。
サッカー後進国のアジアやアフリカにとれば、出ちゃ負けの国際大会で出場枠を確保してくれるありがたい存在なんだろうけど。
29日の総会でFIFA理事に就任する田嶋JFA副会長は、「しっかりと捜査をしてもらってうみを出し切る必要がある」とほざいているが、あなた自体が膿なのを理解しているだろうか。

JFAの小倉名誉会長は、「こんなことが起きたことは一度もなかった。逮捕者の中には知っている人もいるが、なぜという理由がはっきりしない」なんて言ってるけど、FIFAそのものが金権体質だったということだろう。
日本のスポーツ界は明治時代の「武士道」からの「球道」が一本大きな軸となっており(それ故、精神論が幅を利かせるという弊害が存在するのは残念ながら事実だが)、企業の論理が前に出てくることは少ない。だから、海外の金権体質とは縁遠くなっているのだろう。

それ、金かかるから無理でしょう

甑島の沖合いに沈む戦艦大和を自民党の若手議員が引き揚げようかという話が出てきた。やめときなさい。カネがかかりすぎます。宇宙戦艦ヤマトの西崎プロデューサーも、角川書店も(「男たちの大和」の著者の辺見じゅんさんは角川家の出身)も諦めたんだ。まさか艦隊これくしょんのからみでもう一度角川に頼むってわけでもあるまい。
それに沈没船は墓銘碑のようなものなんだから。

それなら1分の1のレプリカでも建造したほうがいいんじゃないの?「バトルシップ2」がもし制作されたら、絶対にハリウッドが使うだろうし。
いや、いっそガチで建造して中国ににらみを効かせたほうがいいかもしれない。ズムウォルト級駆逐艦(って巡洋艦だろ、アレ)2隻分より安いんだから。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ