考え過ぎではないのか

東京都知事選挙で、小池候補に群がる有権者を見て「全体主義だ!」と叫ぶ老女がいたと公式サイトに書いた人がいる。田中龍作さんだからなあ、あの人は反自民、反企業だから。
そういえば同じスタンスの竹中労さんが原発について語ったことがないなあ。

スパイ推奨

ドナルド・トランプが、民主党の中央が、サンダーズ候補でなく、クリントン候補を勝たせたいというメールの漏洩はロシアのハッカーの仕業で、プーチン大統領に、もっとハッキングを勧めるという無茶を言い出してきている。これじゃあトランプはロシアのスパイなんじゃないのか。

遂に世界一周

太陽電池で飛ぶ飛行機、ついに地球一周して出発地のアブダビに戻ってきた。もちろん、物資や人員の輸送には使えないけれど。
ところで、海外のテレビ局がこのニュースで中国大陸からハワイへノンストップで飛行し、日本に立ち寄っていないような記述があったが、実際は小牧に着陸しているのだけれど。

小田原評定

IOCは結局、各競技団体にロシア選手の出場可否を委ねた。ドーピングに厳しい米英独(MLBの薬漬けはどうなんだという疑問はさておいて)ではカンカンで、ロシアがIOCに裏金を渡しただろうといぶかる向きもある。
というか、ニューヨーク・タイムズの一面で堂々と書いてある。

夢だけではいかんともしがたいのは何処も一緒か

more...

連日の首脳会談も

今度はフランスへ飛んだメイ首相、こっちは国内にEU脱退派の国民戦線を抱えているだけに、オランド大統領の言葉もより厳しい。

多忙な限りではあるが

国会もそこそこに日帰りでベルリンへ飛んだメイ首相。メルケル首相と初の英独首脳会談を行ったが、脱退しても人や物に関税がかからないように要望するイギリス側に対して、出るからにはそれ相応の犠牲は必要と建前を並べるドイツ側の隔たりは大きかった。

国家ぐるみの犯行で首謀者はプーチン

世界アンチ・ドーピング機構がロシアのドーピングは国ぐるみの犯行であると発表した。恐らくはプーチン大統領直々の命令だったのではないか。IOCがロシア選手の全面参加禁止に踏み切れるか?リオオリンピック直前であること、ドーピングと無関係な選手まで道連れにしていいのかという疑問(五輪旗の下で参加するという方法もあるが)が残る。

未遂に終わったものの

トルコのクーデターは不発に終わった。国民が政権側に立って軍隊を阻止してしまったのだ。国民、なかんづく貧困層がエルドアン大統領の政策を支持しており、行き過ぎを是正してきた軍隊というこれまでの常識が通用しなくなったのであろう。一方、これが大統領の専制を招くことはないだろうか。

厄介な場所でクーデター

トルコでクーデターが発生した。エルドアン大統領も何処かへ逃げ出したらしい。トルコ空軍の基地からはIS掃討のための米軍機が出撃しているし、なぜかそこに核まで持ち込んできているのだから。何かあったらどうする気だ
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ