だが、それがいい

ノーベル賞選定委員会のメンバーの一人が、「ノーベル賞受賞に対して受諾も拒否もせずにいるボブ・ディランは傲慢だ」とスウェーデンのテレビ局のインタビューに答え、それがBBCやAFPのような英仏のメディアに流れ、そこを経由して全世界のメディアがそれをそのまま報道し、ディラン何様という意見も飛び出した。
だが、そのインタビューのラストには、「泰然自若と構えている、だが、それがディランだ」と結んでいるが、その部分を落として全世界に流れてしまったのだ。
全文を翻訳して掲載したのは日本では朝日新聞だけだった。

天皇賞(秋)’16 結果分析

SS様 「♪人生はめぐりめぐり~ 立ち止~まろうとは しない~」
まっく 「堀内孝雄です、僕のギター、もちろん、モーリスギター  ってこのネタ前にやったでしょ」
SS様 「にしても、強かったなあ、なんで予想から外したんだよ」
まっく 「単に1番人気、2番人気、3番人気と並べるのがアホらしいのと、乗り替わりは切れということで」
SS様 「ノーザンファームがムーア乗せたいのと、日本人乗せる気がないので、乗り替わりが頻繁に発生するからなあ」
まっく 「おまけに、種牡馬入りしても、つけられる牝馬少ないですから」
SS様 「産駒段階だと、俺で4代目だからインブリードかかっても気にはならないレベルだろうけどなあ」
まっく 「自分とこのデュラメンテとは違うんですよ」
SS様 「距離の方は?」
まっく 「何の心配もする必要ないでしょ、メジロの牝系なんだから、アメリカの1800~2000を総なめにしてほしかったですね、もとがロベルト系だけに」
SS様 「リアルスティールが2着」
まっく 「祐一だから勝てないのじゃなく、誰が乗っても惜しいレースしかできない、何かあれば1着街道疾走できるのでしょうけれど」
SS様 「2着6回の君が言うと説得力無いけどな、3着がステファノス」
まっく 「去年2着ですし、何が足らないのでしょうかねえ」
SS様 「ルージュバックは7着」
まっく 「前半1000mが60秒8、ヨーイドンになって後方からだと辛いです」
SS様 「エイシンヒカリは12着」
まっく 「スローで逃げたのですが、4コーナーで勝負あったと、内が荒れてたのと、東京が合わないのかもしれません」

天皇賞(秋)’16 展望

SS様 「バースかっとばせバース、ライトにレフトにホームラン」
まっく 「懐かしいの歌うから、投手のバースがタイムリー打ったじゃないですか」
SS様 「ファイターズ日本一か、本題へ行こう」
まっく 「毎日王冠か、間隔を開けるかなんですよね」
SS様 「これに乗り替わりが無い馬を選ぶと」
まっく 「エイシンヒカリとルージュバックってことになりますが」
SS様 「牝馬の勝率がいいからルージュバック、ついに初G1ってことか」
まっく 「牝馬の勝率が高いのは確勝を期していないクラスは女王杯に行くからでは」
SS様 「ということは、勝ちに来ていると」
まっく 「だからあえてエイシンヒカリ、間隔を開けたほうがいいんですよ」
SS様 「最内だし、逃げるしか無いか」
まっく 「それに忘れ物を取りに行かなきゃ」
SS様 「?」
まっく 「1枠1番、鞍上武豊の逃げ馬といえば、ね」

地下鉄に大統領が乗ってこなかったときから42年

1974年8月15日、現在のソウル市地下鉄1号線の開業日、当時投入された旧1000型は日本で製造されたため、車体は幅の広い103系1000番代、電気品は標準軌間の415系と国鉄電車そのもの、そういうこともあって、開業記念式典には国鉄技術陣の要職が多数招待されていた。
だが、記念電車に乗ってやってくるはずの朴正煕大統領の姿はなかった。鉄道ファン74年12月号にソウルに渡った西尾源太郎氏が開通レポートで書かれている。
パク大統領は独立回復式典で文世光に狙撃され、大統領夫人は凶弾に倒れた。これと金大中事件の解決で日韓関係はもめにもめ、70年代後半の朝鮮による拉致多発を誘発させるのである。

一方、娘のクネは母を失ったショックで新興宗教の教祖、チェ・テミンそしてその娘スンシルへと依存してゆくのである。

日立、フランスには縁がないものなあ

アルストムとボンバルディエは共同でパリ急行地下鉄(RER)の新車270両の発注の落札に成功した。ジーメンスはフランスには首を突っ込まなかったようだが、スペインのCAFなどとの争いに勝利した。この受注で、経営難に陥っている両社には干天の慈雨になりそうである。しかし、三大メーカーの内、二社がこの有様ではなあ。

FBIは世界を闇のどん底に叩き落してもいいのかね

未成年にエロメールを流した議員を捜査していたら、その男の別居中の嫁がクリントンの側近というのでまたFBIがクリントンのメールを調べると言い出した。仕事熱心で正義感があるのはわかるが、ようやく大勢が決しようとしている大統領選挙の投票直前ですべきものかねえ。またクリントンは信用が置けないと有権者が離れ、トランプの場合はどんなことがあっても支持者が離れようとしないからなあ。アレに核のボタンをもたせたらどうなるか。え、ジョージ・W・ブッシュも8年間持ってたって?あれは事実上チェイニーが支配してたわけだし。

民営化は端から成功することはないということに気づくべきでは、だからといって親方日の丸が正しいわけではないが

台風10号で不通のままの根室本線だが、石勝線でないほうの旧線を廃止したがっているし、ほかにも増毛へは廃止になる上に留萌線や札沼線(更に沿線の都市化が進んでいるのだが)まで廃止の話が出ている。新幹線なんか造る金もないのにそこへ金を注ぎ込むからだと批判するのは容易い。それも事実だ。1日の利用客数が300人を下回るような状態なのも事実だ。30年前は2000人で廃止だったのだから、過疎化が進んでいるのも事実である。
だが、このままでは新幹線と大都市の通勤電車という大規模輸送しか残らなくなってしまう。枝がなくなり、幹だけになればその幹も枯れてしまうのである。東北地方太平洋沖地震のときに、ローカル線を駆使して油を運んだという事を忘れてはいないか。新幹線は今のところ物流の役には立ちそうにない。
企業の寿命は30年という説もある。そろそろ形を変えるべき時が来たのではないか

赤字になるのは最初からわかっているのだが

去年から不通になっているJR日高線の不通部分をこのまま廃止したいと地元自治体に申請している。牧場をバックに列車がゆくという光景はいいものなんだが、牧場巡りをする馬好きの多くは千歳でレンタカーを借りるという事が多い。牧場は海岸から奥に入ったところにあることが多いからだ。牧場関係者が生産馬のG1出走で競馬場に行くときも、ほぼ自家用車で千歳に行く(札幌だったら高速バスかもしれないが)。馬を貨車で運んでいたのはシンザンの時代までだ。淀から鳴尾だと戦前ですらトラックに載せていたそうだけど。夕張線支線も同様だが、これほど需要がないとどうしていいのだろうか。

二股膏薬というよりも

中国から来日したドゥテルテ比大統領、親日家と言うと優遇してくれるのを知ってるのかして、日本政府は巡視艇10隻を建造してプレゼント、さらに大型の巡視船2隻の贈与も決めた。それ、中国のために使われるかもしれないのに。
日中両国を手玉に取る外交を二枚舌とか二股膏薬かと考えていたら、サンデーモーニングで懐かしい言葉を聞いた。そう、バルカン政治家だ。バルカン半島諸国の政治家が、大国の間を泳ぐように乗り切ってゆくように、種々の勢力の間を乗り切る政治家のことだ。
例として三木武夫である。数の力でなんでも解決しようとする首相には理解不能の存在だろうけど。

悪いなのび太、天国ゆきは3人までなんだ(まだ来るなよ)

皆、スネ夫というが、代表作というのは、その役ばかり強調されてしまうが、逆にこの人を強調するにはいいことではある。
晩年に差し掛かっての役であるが、NHKのきぐるみ劇「にこにこぷん」のじゃじゃ丸の声を当てていたのも印象深い。ぴっころの横沢啓子、ぽろりの中尾隆聖と共演者が若手(前作の「ブンブンたいむ」の主演が同世代の小原乃梨子)だけに、引っ張ってゆくという役回りもあったのではないか(30年以上、じゃじゃまるが中尾隆聖だと逆に思っていた)。「にこにこぷん」は大当たりとなり、10年続いたどころか、NHKの他番組への出演やフジテレビのポンキッキにまで出演し、今もNHKに登場することもあり、亡くなられる一ヶ月前にもじゃじゃまるの声を当てておられた。

元々ラジオドラマから入ってきたにも関わらず、後輩の声優のみならず、劇団を主宰して役者まで育成しておられた。大隅の名族肝付家の末裔(本名が肝付兼正という武将のような名前)だけにまことのもののふだったのであろう。
昨年、NHKが大山のぶ代夫妻のドラマを放送したときには元気で顔出しで出演されていたのだが・・・。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ