FC2ブログ

大統領の目があ、目があ

フランス大統領選挙の左派候補決選投票で、アモン前教育相が優位を伝えられていたバルス前首相に勝利した。これでバルス氏は大統領への道が閉ざされてしまった。どちらが勝っても右派統一候補のフィヨン氏や中間派から出馬するマクロン前経済相、一定の支持がある国民戦線のル・ペン党首相手に決選投票まで持ち込むのは相当困難だろうが。

最初からひん曲がってるのを知らなかったのか

アパホテルの各々の客室に元谷社長の旦那が書いたアンチ中国本があり、対外的に問題になろうとしている。だが、中韓を含む海外からの旅行客にも人気のアパホテルだが、ここの経営者夫婦はガチ保守派で有名で、田母神俊雄が小松基地勤務時代からの付き合いで、あの思想もその頃から醸し出されてきたのだから。

これはパクリではないと思うのだけれど

お笑い芸人(父が音楽評論家で母がピアニストというえらくお坊ちゃまみたいだが)のパーマ大佐が発表した「森のくまさん」に、訳詞をつけた作詞家がかみついた。しかし、この作詞家も、合衆国の民謡だった原曲を作詞作曲とも自分にして、結局、日本語版作詞という事になったのだが。この曲、1970年代前半にNHKの「みんなのうた」で紹介されたと言うが、意外と新しい割にはよく知られてるね。

今回の場合、替え歌というよりも、既存の歌に加えているということで、「とってもウマナミ」と「君の瞳に恋してる」のような関係ではないだろうか。「とってもウマナミ」も当初はMEN‘S5の作詞作曲ということになっていたが、後年、カバー扱いということになった(「マキバオー」のエンディングアニメーションでのマキバオーの振り付け、あれ、ボーイズ・タウン・ギャングのバックダンサーの振り付けと一緒じゃないか!こっちの方はバレるまではそのまま突っ込め、バレたらごめんねというスタッフの意思表示だったのだろうか、年間4兆円も勝馬投票券が売れていた時代で、当初2クールの作品が5クールまで延びたのだし)。

原子力大国ですら先行きを読んでいるのに

日本のみならず欧州を襲う大寒波、停電の危機があったが、原子炉1基を再稼働するだけで停電を回避できているフランスは、風力、太陽光の再生可能エネルギーが貢献しているようである。
原発大国のフランスですら再生可能エネルギーにシフトしてきている。なのに、原子炉を爆発させた国が、プルトニウムを混合した燃料をまた一つの原発で使用しようとしている。

パレスチナを助けようとしているのだけれど

オランド大統領の置き土産なのか、パレスチナ諸国を集めて国際会議を行ったが、自分達がパレスチナ全土を占拠することを当然とみなすイスラエルも、それに反発するパレスチナも参加しなかったが、自分達以外は全て敵になっても被害妄想の激しいユダヤ人にはもう他人の痛みは理解できなくなってしまったのだろうか。

それに対してあのバカは

前日のオバマ大統領の演説と真逆の、いつものツイッター垂れ流しを報道陣の面前で行っただけだった。でもこれを信じている国民も多いということなのだろう。いや、信じないとやっていけないのだろう。自分達の雇用がないのは海外生産への移行というよりも、産業構造が根本的に変わってしまった、という事実もあるのに。

産油国マネーに目がくらんでしまったのか

48チーム中、16チームは一次リーグの2試合でおしまい、16チームがトーナメント一回戦を含めて3試合でおしまい(3試合でお帰りになるのは現在も16チームであるが)、出場したという国家を増やすだけで、大会のレベルを低下させてるだけじゃないのか?

そんなん大会レベル低下するやん

ワールドカップの出場国を48チームも膨れ上がらせてどうするつもりだろうか。32チームが延々トーナメントをしてどうするつもりか。それなら6チームずつ8組で一次リーグを戦い、上位2チームが二次予選へ、4チームずつ4組が二次リーグを戦い、上位2チームの8カ国が決勝トーナメントを戦うほうがまだ面白いと思うが。そもそも西アジアや東アジアからの収入がほしいのではないか。出ちゃ負けを繰り返しているのは当のアジア勢なのだが。

いい記者会見だった

本来、大統領の最後の会見は通常ホワイトハウスで行われるが、ミシェル夫人との思い出の地、シカゴでの会見となった。
日本ではバカッターと呼ばれ、偽情報、特にツイッターに振り回される人がいるが、偽情報に振り回されることへの警戒感をオバマ大統領は述べた。同じことを「嘘を嘘と見抜けないようでは・・・」と17年前に西村博之氏が既に発言しているが。

こんなところで足の引っ張り合いをやってどうするんだよ

2016年末に釜山港に設置された少女像、この撤去を要求して日本政府は通貨スワップ協定の交渉中止と大使の一時帰国を命じた。韓国政府がコントロールされていないこともあるが、そもそもの原因は年末の稲田防衛大臣の靖国参拝が原因だろう。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ