FC2ブログ

宝塚記念’18 結果分析

SS様 「サイモンラムセスが逃げ、これにタツゴウゲキと6枠2頭が引っ張り、スマートレイアー、ストロングタイタンが続く展開」
まっく 「その後ろにミッキーロケットとダンビュライト、その後ろにサトノの2頭とノーブルマーズ、その後ろにヴィヴロス」
SS様 「少し離れてステファノス、パフォーマプロミス、ワーザー、キセキ、アルバート」
まっく 「3コーナーでサトノダイヤモンドが仕掛けて馬群が動き、ミッキーロケットは内枠を利して内を突き、4コーナーを回ったところでサトノダイヤモンドを交わして先頭に出る、外からはともに上がってきたヴィブロスを振り切ったワーザーがすごい脚で上がってくるが、なぜか交わせない」
SS様 「あれ見たときに、『後からオペラオーが押してる』と思ったわ」
まっく 「というか、絶対抜かせないのはオペラオーが乗り移ったみたいだったわ、和田騎手も17年前の天皇賞以来のG1勝利だし」
SS様 「ワーザーが2着、場体重27kg減もものかわ」
まっく 「最近のJCでは見られなくなった海外の本物ですわ、香港カップやヴァーズに遠征する組には強敵では」
SS様 「ビックリしたのは12番人気3着のノーブルマーズ」
まっく 「目黒記念2着で調子が良かったのですが、もう夏競馬なんだから、格より調子なんでしょう」
SS様 「もう一つはジャングルポケット産駒が宝塚記念に合わないというイメージ付けがされてたのも」
まっく 「母の父がシルヴァーホークなんだよね、グラスワンダーとかゴールドアクターとか好走してるのに」
SS様 「ゴールドアクターなんか終わったと思われてからの好走、またおかしくなったけど」
まっく 「元がラウンドテーブル系に南米の血統、三代母の父のフォメントってどんな血統だろうかと思ったら、ラブワイズリー~ラタプラン(ストックウェルの全弟)~バードキャッチャーに遡る血統だった」
SS様 「君にも入ってたよなあ(作者は四半世紀前に梅田の広報室に通って9代血統表書きまくってたものなあ)」
まっく 「追い負けたヴィブロスが4着、ダンビュライトは5着、G1になるとこの辺で落ち着いてしまうのか」
SS様 「サトノダイヤモンドはノーブルマーズなどに交わされて6着」
まっく 「調子が戻ってないのか、成長が止まったのか」
SS様 「キセキが8着」
まっく 「暴走癖を抑えようと後方待機したんだけど(追記、それどころじゃなくなってしまった)」
SS様 「連覇を狙ったサトノクラウン」
まっく 「雨が止んだからだめというのではなく、調子ガタガタでは」

宝塚記念’18 展望

SS様 「しょぼいメンバーって言われてますね」
まっく 「去年のダービーの1着馬と2着馬がいませんよね、レイデオロは藤沢先生の主義に殉じ、スワーヴリチャードは庄野先生がやらかしたと」
SS様 「オープン特別レベルの馬とか、準オープン勝ち上がったばかりのとか」
まっく 「パーシャンボーイはそのパターンで勝ってますけど」
SS様 「あのときは、4歳でしょ、サイモンラムセスは8歳馬じゃないか」
まっく 「流石に来るとは思わないので」
SS様 「本命は」
まっく 「パフォーマプロミス」
SS様 「6月の阪神、ステイゴールド産駒だからか」
まっく 「まあ、そういうところです」
SS様 「二番手は」
まっく 「キセキです」
SS様 「また引っかかるんじゃ」
まっく 「梅雨で推進力を奪われてますし、ミルコがなんとかしてくれるのでは」
SS様 「三番手は」
まっく 「ヴェルテル、じゃなく、ワーザーで、休養明け二戦目、前走は1600m、心配は輸送がどうかということで」
SS様 「四番手は」
まっく 「ダンビュライト、こちらも香港帰りですけど、4歳勢、なんとかしてくれないかなと」
SS様 「里見さんところの2頭は?」
まっく 「見限れませんが、調子が上がってきてないようなので、五番手、六番手くらいでしょうか」

安田記念’18 結果分析

SS様 「スワーヴリチャードが好スタート、一方、サトノアレスは出遅れ」
まっく 「レーヌミノルが逃げようとするが、逃げ宣言のウインガニオンが大外から交わして逃げて前半1000mが56秒8」
SS様 「サイレンススズカのあの天皇賞で57秒4なのに」
まっく 「4コーナー回って内ぴったりというか内ラチ頼って回ってきたスワーヴリチャードが外に寄せて伸びてくる一方、ハイペースで前崩れになって14番手から大外回ってきたサトノアレスが見せ場を作ったものの4着」
SS様 「ペルシアンナイトも出負けして、中団から6着流れ込み、ブラックムーンに至ってはどんじり」
まっく 「スワーヴリチャードが外へ行ってぽっかり空いた最内を突いたのがモズアスコット」
SS様 「連闘?!」
まっく 「二週前登録19頭で誰か回避すると思ってたら、誰も回避しない、仕方なしに賞金稼ぎのためにダービーウイークの安土城ステークスを使ったら出遅れてよもやの2着」
SS様 「で、直前に藤沢先生が3頭回避したんだろ」
まっく 「それで滑り込めての勝利」
(ここから20日近く放置されている)
SS様 「アエロリットが2着」
まっく 「ハイペースの割には粘り込んでるんですよ」
SS様 「スワーヴリチャードが3着」
まっく 「やってしまいましたなあ、左回りだからってこんなところ使って」
SS様 「リスグラシューは8着」
まっく 「前が残ってるからね」
SS様 「リアルスティールは17着」
まっく 「海外遠征から回復してないんじゃ」

安田記念’18 展望

SS様 「サクソンウォリアーは4着か」
まっく 「距離の壁かもって言われてますね」
SS様 「さて、安田記念だが、スワーヴリチャードをどう見る?」
まっく 「2000~2400の馬でしょうから、ここは無印で」
SS様 「本命は?」
まっく 「サングレーザーで」
SS様 「前哨戦のマイラーズカップ、勝ってるからなあ」
まっく 「藤沢先生が京王杯を勝ったムーンクエイクを回避させ、3着のサトノアレスを出してきますし、あ、無印です」
SS様 「対抗は?」
まっく 「マイルチャンピオンシップの覇者、ペルシアンナイトです」
SS様 「穴は?」
まっく 「人気ないですが香港のウエスタンエクスプレス」
SS様 「他には?」
まっく 「一昨年は同じルートで惨敗しましたがリアルスティールで」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ