FC2ブログ

ジャパンカップ’18 結果分析

SS様 「唖然」
まっく 「呆然」
SS様 「あのタイムはなあ」
まっく 「確かに2分20秒6というのはとんでもない時計だけど」
SS様 「カプリの陣営なんて、こんな馬場では走れないと言って帰っちゃったからなあ」
まっく 「サンダリングブルーに負けてるようじゃなあ、あの馬は高速コースのシャンティイだった去年の凱旋門賞で惨敗してるからなあ」
SS様 「アーモンドアイが不世出の名馬扱いされてないのは冷静だな」
まっく 「名馬に違いはないけれど、逃げたキセキが絶妙だった」
SS様 「最初の800mは48秒くらいだろ」
まっく 「その後さらに加速して800mずつを46秒台半ばで逃げてるのだけど、アーモンドアイがそれに追随してゴール前に交わしちゃったと」
SS様 「キセキがこの秋から変わったね」
まっく 「差し馬が脚質転換して高速で逃げる様になるとはね、泥沼の菊花賞を勝ったのだからスタミナは保証されているし」
SS様 「6着までが2分21秒台で走ってるけれど」
まっく 「前が引っ張ればなあ、逃げ馬と上がり600mが変わらないようでは」


ジャパンカップ’18 展望

SS様 「レイデオロがいない、去年2着馬が出馬登録していない」
まっく 「東京大好き、長距離は無意味と言うくせに2400mは大好きと公言する藤沢先生が使わない」
SS様 「その理由はおそらく」
まっく 「ルメールを先にアーモンドアイ陣営が確保したから」
SS様 「大嫌いと公言する中山の有馬記念(クリスエスやロブロイは使って勝ってるんだけど)を使わざるを得ないと」
まっく 「ノーザンファーム内部の主導権争いもあるんでしょうよ」
SS様 「で、そのアーモンドアイ、お母ちゃんのフサイチパンドラも掲示板に載ってるからまず大丈夫だな」
まっく 「あの差し脚はロードカナロアでもなく、キングカメハメハでもないと、君の子供、一番近いのがディープインパクトらしい、ただ、切れすぎるのがどうでるか」
SS様 「ジェンティルドンナよりも切れるからなあ」
まっく 「中団からだと進路がふさがる危険性もあるんで、差して届かずの危険性もあるので連軸までで」
SS様 「じゃあ、本命は?」
まっく 「デムーロ兄弟のどっちかなんだよね、スワーヴリチャードは天皇賞での大やらかしがあるんで連覇まで考えてシュヴァルグラン」
SS様 「現に去年勝ってるからな、三番手は」
まっく 「キセキ、極悪馬場専用機のイメージをようやく脱しようとしているし、前々で立ち回れるのが主導権を握れそうなので」
SS様 「四番手は」
まっく 「サトノダイヤモンド、スランプを京都大賞典で脱したし、ディープインパクト産駒お得意の府中だし」
SS様 「五番手は」
まっく 「スワーヴリチャード、無視はできないでしょう」
SS様 「外国馬は?」
まっく 「イタリア競馬が崩壊して、金稼ぎの場としていたドイツ馬がアゴアシ付きだから来てたのだけど、JC招待の基準となるバーデン大賞典でイギリス馬に負けちゃって今年は来ようが無いらしい」
SS様 「カプリは?アイルランドダービー勝ってるんだけど」
まっく 「このクラスの馬をナショナルハント(日本で言うと障碍レース:大昔はそう書いてた、最近この表記が蘇るとは)の種牡馬に回すのは忍びないし、去年、アイダホでも掲示板に載れたという自信があるのかな、でもよほどの消耗戦でない限り、勝ち切るのは難しいでしょう、もう一頭はどうでもいいや」

高度成長の夢なんか見てどうするんだろうね

前評判圧倒的有利(相当アフリカ諸国に金をまいた)だから、負けることはないだろうとは思っていたし、舞洲夢洲咲洲が荒れ地でなくなるし、うれしくないといえばウソになるんだが、橋下一派がデカい面してしゃしゃり出るわ、マスコミが提灯持ちしかしなくなるわ、関西電力が妙なCM流してるわ(電気事業連合会の洗脳CMはマシだが裏はある)、いろんなものを建設しようと企むだろうし。
東京オリンピック(モントリオール以来の派手な借金はともかく、感動の押し売りになること請け合い)の二の轍を踏むのかねえ。

マイルチャンピオンシップ’18 結果分析


まっく 「前半1000mが58秒8、ややスローペースで逃げるアエロリットにはおあつらえ向きなペースだったが」
SS様 「直線たれて12着」
まっく 「スタートでねえ、内からスティルヴィオ、アルアイン、ロジクライ、ウインブライトと飛び出していったからねえ」
SS様 「ロジクライは見事に後退(14着)してしまったが」
まっく 「外人騎手が馬を知り尽くしてないのが理由じゃないし、それじゃあビュイックが勝ってる理由がわからない」
SS様 「アルアインのすぐ後ろを追走して直線内から抜いていったんだよね」
まっく 「で、2着に中団から伸びたペルシアンナイトが入ってるから、Cコースになって、内有利になってるのかもしれない、冬競馬みたいに」
SS様 「同じように人気背負って13着に敗れたモズアスコットは?」
まっく 「4コーナーで接触があったとはいえ、スタート時点から興奮してたからねえ」
SS様 「エキサイトしすぎて、消耗してたこともあるのか」




マイルチャンピオンシップ’18 展望

とりあえず予想だけ 外人買ってたら3着内に2頭来るだろうし、豊さんはノースヒルズではちょっと辛い
本命 モズアスコット
対抗 アエロリット
三番手 ロジクライ
四番手 アルアイン
五番手 ペルシアンナイト

清書はお昼に

エリザベス女王杯’18 展望

 べが 「アーモンドアイはジャパンカップに行っちゃったんだけど」
ほべが 「格上格上と戦ってゆくのも価値を上げる方法だし、間隔を開けたいのと、中2週で二度の上洛はきついと」
 べが 「では、今年の本命は」
ほべが 「カンタービレ」
 べが 「直前までモズカッチャンの連覇と考えてたんじゃ」
ほべが 「リピーターが来るレースなんだけど、今の京都は瞬発力勝負になりそうなので、ディープインパクト産駒のほうが来そうな気がして」
 べが 「じゃあ、対抗は」
ほべが 「ここでモズカッチャン」
 べが 「三番手は」
ほべが 「リスグラシュー、惜しい馬はいつでも惜しい、エタリオウがそう言ってた」
 べが 「四番手は」
ほべが 「ノームコア」
 べが 「本当は切りたいんでしょ、でも今のルメールならロバでも勝てそうだし」
ほべが 「トライアルだけ使って本番出てこないという滅茶苦茶なローテーションだけにねえ」
 べが 「五番手は」
ほべが 「スマートレイアー」
 べが 「8歳牝馬よ、もうさすがに」
ほべが 「ディープインパクト産駒だからね、でも先行しちゃうような気がするけど」
 べが 「豊さんと外人騎手騎乗ばっかりね」
ほべが 「ノーザンさんが日本人騎手に見切りをつけてるからね、ノリさんがJBCで『関東の騎手、ここにいるぞ』って叫んでたけど」

仏教国、タイでの葬儀とはいえ

イギリスでの葬儀に続き、タイでもヴィチャイ氏の葬儀が行われ、王族の内親王、いや、姫君も参加される少々堅めの葬儀となったが、イギリスでの別れの会同様、レスターの選手たちもはるばる参列した。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ