FC2ブログ

天皇賞春’19 結果分析

SS様 「予想通りヴォージュが逃げて、大外からロードヴァンドール、その後ろにメイショウテッコンという逃げ先行勢」
まっく 「エタリオウが最後方から行くとは思わなかったなあ、京都外回りの2200m以上は4コーナー先団が勝ちパターンで最後方一気は通用しないのに」
SS様 「友道調教師が『作戦が違う』と言ったとか」
まっく 「次、降ろされるかもしれないよ」 SS様 「まくりはよほどうまくいかないと、ゴールドシップの場合は、お前さんの血が入ってるからできたけど、3回やって成功したのは1回だけだし」
まっく 「ミルコがプライベートで背負ってるからなあ」
SS様 「2周めの坂でフィエールマンに仕掛けられたところで先行勢は勝負あった」
まっく 「4コーナーまでメイショウテッコンが粘ったのがなんとか、最後は見事に止まって11着」
SS様 「ヴォージュに至っては右前脚の屈腱不全断裂で競争能力喪失だし」
まっく 「命だけはつながりそうだけど」

SS様 「関東馬のワンツーというのは春天では結構あることなんだけど」
まっく 「実質、天栄のワンツーだけどな、しかし、ここまで縁のなかったディープインパクト産駒同士がこの距離で火の出るような叩き合いを見せるとは、どちらも血統的には裏付けはあるけれども」
SS様 「フィエールマンはお母ちゃんがイタリア最後のG1のリディアテシオ賞やフランスの2400m、2500mの重賞を勝っている(JCターフにも参戦している)し、グローリーヴェイズはメジロだからねえ」
まっく 「その一言で解決するのかよ」
SS様 「お前さんだってそうじゃないか」
まっく 「僕は吉田ファーム(その前は吉田隆牧場、生まれた頃は吉田堅牧場)の生まれだけど」
SS様 「出馬表の裏表紙の写真がメジロマックイーン」
まっく 「わかりやすいヒントだこと」
SS様 「フィエールマンが6戦目、グローリーヴェイズが8戦目という1947年、第15回のオーライトの9戦目で天皇賞勝利という記録を更新したという」
まっく 「3ヶ月に一度しか使えない体質だからなあ、にしても、平成が終わろうとするときに昭和、というか戦後最初の記録が更新されるのか、といっても中央開催は秋になってようやく開催できたのだし、大体、この時の名称は平和賞だ」
SS様 「しかも平和賞の勝ちタイムが3分34秒1」
まっく 「なんでや、戦後は阪神競馬場関係ないやろ、というか、逆瀬川移転が宙に浮いていて、阪神競馬場存在してないやろ」
SS様 「冗談はそこまでにして、パフォーマプロミスが3着」
まっく 「藤原先生が58kgはこなせるかどうかと、泣き入れてたのだけど」
SS様 「6歳の宝塚記念で体験していたのだけども」
まっく 「ステイゴールド産駒同士で3着争いの叩き合いをやってエタリオウを競り落としたと」
SS様 「その代償が骨折か、復帰は早くても有馬くらいかねえ、もう7歳だし」
まっく 「デビューが3歳9月だし、フィエールマンよりはるかに体質の弱い馬なんよ、ノーザンさんは知っての上よ」
SS様 「ユーキャンスマイルは5着」
まっく 「この馬も後方からだったし、ダイヤモンドステークスは天皇賞とリンクしないんよ、カレンミロティックくらいじゃないかな」
SS様 「クリンチャーの10着はどうよ」
まっく 「精神的ダメージが回復してないのかなあ」
SS様 「キセキ、サトノダイヤモンドあたりか、G1勝ってないクリンチャーではなおのこと」
まっく 「フランス行って戻ってきてあっさり勝つのってジェンティルドンナやオルフェーヴルという化物クラスだからなあ、物見遊山と勘違いしていたようなゴールドシップすら戻るのに半年かかったのだし」

天皇賞春’19 展望

SS様 「しょぼいと批判されるのはどういう理由なんだろうなあ」
まっく 「13頭立てというが、2000年前後は11~12頭立てってのがあるし、5歳世代がそっぽ向いてるってのが理由だろうなあ」
SS様 「レイデオロ、キセキ、スワーヴリチャードあたりか、あのへんは2400には必死なくせになあ」
まっく 「ネガティヴな連中は叩くことしか考えないのさ、去年の菊花賞の1,2,3着馬(5着+14着も)がこぞって出ているというのに」
SS様 「それよりもシャケトラの幻影と戦わないといけないのが大変だわな、で、本命は」
まっく 「2ゲッター、エタリオウ」
SS様 「勝てないまでも連は守るってことか、対抗一番手は?」
まっく 「クリンチャー」
SS様 「もうよれよれだよ」
まっく 「去年の3着馬だし、新天皇とオーナーがともに2月23日生まれ、しかも今になってわかった内弁慶、僕もそうだったけど」
SS様 「三番手は」
まっく 「フィエールマン、お母ちゃんはイタリア最後のG1のリディアテシオ賞に、フランスの2400m、2500mの重賞を勝ってるからスタミナ面では問題はないから、マチカネフクキタルのようなことはないはず」
SS様 「四番手は」
まっく 「メイショウテッコン、母の父がミスタープロスペクター系とはいえ、スタミナおばけのレモンドロップキッドだから」
SS様 「大穴は」
まっく 「チェスナットコートとカフジプリンスというハーツクライ産駒、ただ、長距離実績の乏しい矢作厩舎だけになあ」

皐月賞’19 結果分析

SS様「6着、大外、後方からでよく伸びてきたと思うけど」
まっく 「大体、8枠なんて実況で歯牙にもかけられてなかったし」
SS様 「次は京都新聞杯なんだって(19日追加)」
まっく「中2週の連続は辛いけど、中5週で白百合ステークスくらい、あとは短距離とダートだけしかないからなあ」
SS様「それよりも、先行勢の後ろを走って、4コーナーで外へ出して、上がり600mを最速で勝ったサートゥルナーリア」
まっく「中距離までなら強いことは強いね、年末からトライアル使わずに年明け初戦がここと角居調教師(1月初旬は免許停止中だったけど)は公言してたからね」
SS様「ノーザンファームのお家芸って感じだけど」
まっく「トライアル無視というよりも、皐月賞がダービーの叩き台という感じになってきてるね」
SS様「2400m保つのかね」
まっく「ロードカナロア産駒とはいえ、お母ちゃんがシーザリオだし、日本なら保つんじゃないの、ダービーはマイラーでもなんとかなる時があるし、どうせ秋は菊には行かないんだし」
SS様「凱旋門賞病?」
まっく「ま、兄ちゃん(エピファネイア)がすでに勝ってるってことだろう、海外に行かなくても秋天じゃないの」
SS様「ヴェロックスは頑張ったよな」
まっく「内をうまいこと回ってたけど、最後はサートゥルナーリアとぶつかり合ってたのは案外距離の限界かも、ジャスタウェイ産駒だし」
SS様「ダノンキングリーが3着」
まっく「こっちは距離の壁だね」 
SS様 「アドマイヤマーズは4着」
まっく 「こっちは4コーナーでの位置、ここまで先行有利だと、しかも上位馬の上がりが上だと、ダービーもこの4頭が中心かな、大逃げとか考えないといかんのかな」

皐月賞’19 展望

SS様 「書き上げてUPしたはずの桜花賞の結果分析が消えてることに呆然としている作者、別の日に書いた分を移した際に肝心のページに展開するのを忘れて別の文章をコピペしたので、元の文章も消えてしまったと、おねおね各書くか、さて一本かぶりまでは言えないが、単勝1倍代のサートゥルナーリア(どこで切っていいのかわからない、というか切れないらしい)」
まっく 「ルメールが選んだ馬というだけで無条件に支持されているのかもしれないけれど、人気倒れではないわな、勝てはしなくとも2着か3着までには踏ん張りそう」
SS様 「兄ちゃん(エピファネイア)が勝ってるから、ロードカナロア産駒だけに菊は不要、春2戦に全力投球らしいけど」
まっく 「お母ちゃんがスタミナ系というところはアーモンドアイと一緒だわな、最大の問題は乗り替わりってこと」
SS様 「ミルコがアドマイヤマーズに騎乗するからなあ、そのアドマイヤマーズは?」
まっく 「今年の馬場はマイラー向きとも言われてるけど、1800mの共同通信杯負けてるのがなあ、ダノンキングリーもファンタジストも信頼が置けない」
SS様 「まさか、単勝万馬券のタガノディアマンテを本命に?」
まっく 「来てくれたらうれしいけどね」
SS様 「じゃあ、他は?」
まっく 「ヴェロックス、アドマイヤジャスタよりもこっちのほうが来そうな」
SS様 「他には?」
まっく 「ランスオブプラーナとメイショウテンゲンを、大荒れに荒れてくれとどこかで思ってる」

桜花賞’19 展望

 べが 「予想がしにくい、常識をことごとく覆す馬が出てきて勝っていったから」
ほべが 「アーモンドアイね、トライアルを使わず、天栄で仕上げて10にちたったら使うという方法ね」
 べが 「今回のメンバーでも天栄やしがらきで直前まで鍛えてるのも多いけど」
ほべが 「半分はノーザンだからね」
 べが 「御託並べても本命はダノンファンタジーなんでしょ」
ほべが 「昨日、派手に鞍上がやらかして負けたラッキーライラックだけど、ジュブナイルフィリーズとチューリップ賞をきっちり勝って2着を守ってるからね」
 べが 「というか、相手が難しい」
ほべが 「ノーザンファーム生産馬はローテーションから推せないし、他のレースの勝ち馬は生産牧場から推せない」
 べが 「それでもというと」
ほべが 「エルフィンから開くけどアクラミラビリス、チューリップ賞の上位組のシゲルピンクダイヤ、ノーブルスコア、福永だからという理由でビーチサンバ」

大阪杯’19 結果分析

SS様 「キセキより先に、エポカドーロが逃げをうって、三番手にアルアインという展開」
まっく 「4コーナー回るまでは、エポカドーロが残る予感がしてたんだけど」
SS様 「直線の坂でズルズル後退して10着」
まっく 「まさか、鼻出血とはなあ」
SS様 「オルフェーヴルも5歳春にやって、宝塚記念での黄金配合対決が幻になったからなあ」
まっく 「それはその年の有馬記念で実現して、オルフェーヴルがウインバリアシオンを8馬身ちぎって勝ったんだけど」
SS様 「出走停止期間は明けてるけど宝塚も無理だね(作者追記、吉沢westに一旦放牧しました、その後は北海道では)」
まっく 「ドリームジャーニーも4歳夏はG3を走ってるし、オルフェーヴルも阪神大賞典でやらかしてるから、この時期はなにか蹉跌があるんだよなあ」
SS様 「粘るキセキの内側をすくったアルアインが皐月賞以来の勝利」
まっく 「内枠からいいところを走れたわなあ、北村友一騎手はこれがG1初勝利、先週の宮記念のダノンスマッシュのやらかしがあっただけに」
SS様 「こちらも菊花賞から銀や銅を引っ張ってくるキセキがまたも2着」
まっく 「このままじゃよしだみほ先生の飯のタネになりそうだけど、歯車のかみ合わせがどこかで変われば、勝てるって、天敵レイデオロのいないところで勝っておきたいわな、向こうはドバイでやらかしたし」
SS様 「3着がワグネリアン、4着がマカヒキと友道厩舎のダービー馬」
まっく 「1番枠、2番枠と内をうまくつけたと」
SS様 「エアウインザーが5着」
まっく 「4コーナーで大事なところで勝てない一族なんだなと思ったわ」
SS様 「6着がブラストワンピース」
まっく 「大外ぶんまわしでダメと思ったわ、この馬は切れ味勝負でなく、前々で粘り込むタイプなのに」
SS様 「ステルヴィオがどんじり14着だったのは」
まっく 「距離なんじゃないの」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ