FC2ブログ

東京優駿’19 展望

SS様 「さすがにタガノディアマンテは買えないだろう」
まっく 「昔は、皐月賞とダービーの間で一戦使ったけど、今年はナイママに先着できたらいいんじゃないの」
SS様 「今は皐月賞の前が共同通信杯、更にさかのぼって京成杯、更にさかのぼってホープフルステークスだからなあ」
まっく 「というか、皐月賞自体がダービーのステップレース化してきてるんだけど」
SS様 「2000ギニーが英ダービーの叩き台に過ぎないのと同じか」
まっく 「レイデオロなんかこのパターンですね。今年のランフォザローゼスみたいに青葉賞が藤沢パターンなんですけれど、皐月賞とダービーは別系統と見てるんでしょう」
SS様 「皐月賞は消耗戦でダービーは瞬発力勝負ってことか」
まっく 「皐月菊花の二冠って結構いますけれど、ダービーと菊を制したのはタケホープ以来出ていないですしやすしきよし(そして今年も出ることは無いでしょう)」

SS様 「では、本命は」
まっく 「ダノンキングリー」
SS様 「ヴェロックスじゃなくて」
まっく 「そっちは対抗、サートゥルナーリアが3番手というのも少し変だけど」
SS様 「ヴェロックス勝ったら北野誠が嫌がるだろうけど、ダノン本命の理由は」
まっく 「ディープ☓ストームキャット牝馬だから、怖いのはノーザンファーム生産馬じゃないこと」
SS様 「ヴェロックスの二番手は?」
まっく 「ジャスタウェイ産駒だから、距離伸びてどうなるか、母の父がモンズーンでも」
SS様 「同様にサートゥルナーリアもか」
まっく 「四番手に予定してるアドマイヤジャスタも配合方法は同じだし」
SS様 「荒れる要素は?超高速コースで2分21秒台も出そうな感じだけど」
まっく 「1枠2頭が飛び出し、大外からリオンリオンが先頭に立とうとしたときでは、皆が末脚を失う消耗戦になればとんでもないのが飛んでくる可能性もあるけど、基本ダービーは2000m保つスタミナがなくても勝ち負けできるレースだし」
SS様 「ところでサートゥルナーリアってサトゥルヌスと関係あるの?」
まっく 「サトゥルヌスの祭ってことよ、サターン祭ってことやね、せ~が~」

優駿牝馬’19 結果分析

 べが 「予想通りジョディーが飛び出して、その後ろにコントラチェック、エールヴォア、その後ろに先行集団」
ほべが 「4コーナーでジョディーがたれだして、先行勢が一斉に上がってくると」
 べが 「そこからカレンブーケドールが抜け出して、大穴開けるかとところで、外からぶん回したラブズオンリーユーが一気に交わしてゴール」
ほべが 「カレンブーケドールはだれも予想できなかったという」
 べが 「スイートピーステークス組は軽視されるから」
ほべが 「クイーンステークスでクロノジェネシスの1馬身差4着ってのがあったのよね、そのクロノジェネシスはまた3着」
 べが 「秋華賞3着も狙おうか」
ほべが 「そんなナイスネイチャ要りません」
 べが 「ウィクトーリアが4着」
ほべが 「後方一気は流石に辛かった、アクアミラビリスなんか最後方から一気狙ったけど、前が止まらなくて8着だし」
 べが 「ダノンファンタジーは5着」
ほべが 「なだれ込んだという感じ」
 べが 「コントラチェックは9着」
ほべが 「藤沢厩舎の人気の無いほうのシェーングランツ(7着)にも負けちゃった」
 べが 「彼女も後ろから」
ほべが 「中団からの差しは効いたのだけれど、追い込みまでは届かなかったと」
 べが 「これでミルコ完全復活かな、全クラシック制覇だし」
ほべが 「DMM何かくれないかな」
 べが 「くれたわよ、朝8時までの21時間メンテ、そこから始まるクリアさせる気のないイベント」
ほべが 「おいおい、まあ、達郎さんがラストにかけたのが嫁さんの『本気でオンリー・ユーだったし』」
 べが 「というか、あなただけ愛してなのよね」
ほべが 「桜花賞で大スポの記者がクリィミーマミのネタふりしてたけど、マジカルエミのほうはどれだけの人間が知っているのやら」

優駿牝馬’19 展望

 べが 「一番人気でも4倍近くつく混戦よね」
ほべが 「桜花賞馬がマイルカップに出て、???な結果だったというのが」
 べが 「藤沢厩舎というか、ノーザンファームの使い分け戦術ゆえなのか」
ほべが 「藤沢先生はフラワーカップ使ったところで、間隔きついし、コントラチェックはオークス直行と言ってたけど」
 べが 「勝ち負けできそうなの」
ほべが 「五番手かな、姉のバウンスシャッセでも好走してるし、レーン騎乗だし」
 べが 「姉は・・・姉よ」
ほべが 「何よ、某海防艦のような発言は、姉は一級建築士とでも来るかと思ったわ」
 べが 「ソッチのほうが古いわ、で「本命は」
ほべが 「もう一度、ダノンファンタジー」
 べが 「桜花賞4着だったけど」
ほべが 「差して届かずは無いと思う」
 べが 「対抗は」
ほべが 「ラヴズオンリーユー」
 べが 「重賞未勝利の裏街道で一番人気ってのが気になるけど」
ほべが 「三番手評価のクロノジェネシスとは鞍上の差」
 べが 「オーナーがオーナーだけにねえ」
ほべが 「DMMが馬に乗ってるわけじゃないので」
 べが 「四番手は」
ほべが 「ウィクトーリア、昔と違って、フローラステークス組が勝負にならないってことが無くなってるし、小島調教師はなにか仕掛けてきそうで怖いし、関東の戸崎は信頼できるし」
 べが 「五番手にしてるコントラチェックは?」
ほべが 「今回は逃げられないでしょう、最内からジョディーが逃げるだろうし(まさかの逃げ切りをやってたら脳内の山下達郎が裏声で歌いだしそう)」

ほれ、言わんこっちゃない

フーシ派はきっちりサウジに爆撃を食らってしまった。それで犠牲になるのはイエメンの一般国民なのに。

ヴィクトリアマイル’19 結果分析

 べが 「アエロリットが逃げて、ラッキーライラックがつかまえにゆき」
 ほべが「しかし、その外にはクロコスミアが、後ろにはノームコアがピタリとついて」
 べが 「2ハロン目が10秒6、3ハロン目が10秒8とハイペースで逃げてたから後ろからくる短距離馬が有利かと思いきや」
ほべが 「プリモシーンあたりが勝つ展開よね」
 べが 「ところが前が止まらず2着まで」
 ほべが「勝ったのは人気背負って真っ先に仕掛けなきゃいけなくなったラッキーライラックの後ろにいたノームコア」
 べが「レーン騎手って何者?」
ほべが 「、トーセンスターダムにG1勝たせるだけの腕の持ち主、親も調教師って、若い頃の豊さんみたいな雰囲気がある」
 べが 「少年時代にメルボルンカップのデルタブルースに憧れたという」
ほべが 「彼は3200mでも短い馬だったからねえ、関東主戦場だけど、ダービーは角居厩舎の馬に乗るからねえ」
 べが「キセキは川田騎手が手放さないでしょうけど」
ほべが 「そして3着がクロコスミア」
 べが 「ノーザンファーム掲示板独占に待ったをかけるわ、オルフェーヴル産駒に立ちはだかるステイゴールド産駒という条件戦でよく見る光景」
ほべが 「で、ラッキーライラックは4着」
 べが「重賞一番人気のオルフェーヴル産駒は勝てないのジンクスにもハマってしまったね」
ほべが「この血統、4歳春に一度落ち込むからねえ、そのまま落ち込んでしまうのもあるけれど」
 べが「逃げたアエロリットが5着」
「そこまで前が止まらなかったってことよね」
ほべが 「ノームコアがハービンジャー産駒、ミエノサクシードが6着に来るし、ステイゴールドが孫を含めて3,4,6着と意外とスタミナが必要だったと」
 べが「後ろからじゃなんにもできないと」
ほべが 「ソウルスターリングに塞がれたレッドオルガが11着だったてのがね」
 べが「ただ、1分30秒5ってのが早すぎない」
ほべが 「延期されたプリンシパルステークスが1分58秒台なんで1分32秒くらいで走るかと思ったんだけど」
 べが 「勝ったノームコアが剥離骨折するくらいだし」
ほべが 「安田記念に外国馬が来なくなるんじゃ」

なぜ攻撃する

イエメンのフーシ派がサウジアラビア軍を攻撃した。馬鹿か、なぜ攻撃する必要がある。今のままならサウジやUAEを悪役にできるのに。

ヴィクトリアマイル’19 展望

 べが 「ステラマドリッドの牝系のG1馬が有力なのかなあ」
ほべが 「心情的にラッキー」
 べが 「オカメ」
ほべが 「先輩の名前でボケるってあなたねえ・・・」
 べが 「で、そのラッキーライラックなんだけど、運がないのだわねえ」
ほべが 「阪神牝馬ステークスは行くところ行くところ皆詰まり、中山記念は次走香港で快勝するウインブライトに負けてるだけだし」
 べが 「ステGの産駒は孫の前に立ちはだかるからねえ」
ほべが 「もっともオルフェーブルの兄弟も4歳春は蹉跌を食らっちゃうからね」
 べが 「対抗はすんなりアエロリットで」
ほべが 「前走、謎のアメリカ遠征がどうなのかなあ」
 べが 「三番手は」
ほべが 「レッドオルガ」
 べが 「姉ちゃん去年の3着だし、弟もマイルカップ3着だし、クラレントは東京1600の重賞勝ってるし」
ほべが 「でもG1勝利は無いんだよね、立ち止まっちゃいけないんだけど」
 べが 「鉄血のオルフェンズで返しますか」
ほべが 「怖いのはオルフェーヴル産駒の前に立ちはだかるクロコスミアとミエノサクシード、前者のほうがより怖そう」

アリステアとアーチーボルト

ヘンリー王子とメーガン妃の第一子が6日に生まれ、まず男の子と公表され、ついで、名前はアーチーと公表された。
アーチボルトではなく、省略形のアーチーが正式名みたいだ。
アーチーとくればステアだろ、正式にはアリステアとアーチーボルトだけど。もちろん、キャンディ・キャンディですよ。歳がバレるよね。どっちが兄でどっちが弟か調べ直したら、弟のほうで、生き残ったほう(アリステアは第一次大戦に従軍して戦死している)だった。
丘の上の王子様じゃないけど、おじさまはウイリアムだし。

マイルカップ’19 展望

SS様 「あの雹はすごかったね」
まっく 「中1週でプリンシパルステークスやって、調子維持できるのかなあ」
SS様 「アーモンドアイやフィエールマンと真逆だね」
まっく 「それでノーザンの馬が勝ったらどうするんだろうか」
SS様 「雹も本番では溶けてるだろうけど、本命は変わらんのだな」
まっく 「外人病の藤沢、モレイラが来ない以上、ノーザンの主戦のルメール、グランアレグリアは普通に強いんだから」
SS様 「やけっぱちだね」
まっく 「コントラチェックとか、藤沢厩舎に有力3歳牝馬が複数いるから、そのくせ頼める騎手が少ないからね、使い分けしないと」
SS様 「対抗は」
まっく 「ミルコであろうとアドマイヤリード、牡馬舐められてる感があるし」
SS様 「穴は」
まっく 「前哨戦勝ってるワイドファラオ、ハッピーアワー」
SS様 「お前の生産牧場じゃないか」
まっく 「大穴は三巻王のファンならにやっとくるトオヤリトセイト」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ