第54回三段リーグ完結編

第17回戦までの上位陣は
星野三段(順位 2位) 12勝4敗
宮本三段(順位 9位) 11勝5敗
大橋三段(順位11位) 11勝5敗
梶浦三段(順位32位) 11勝5敗
となった。星野三段は8日の2局のうちどちらかを勝利すれば四段昇段、宮本三段は連勝すれば四段昇段できる。

ところが、午前中の第18回戦で星野三段が坂井三段に敗れてしまう。いや、相手は西田、都成、梶浦の上位者を屠ってきたのだ。それでもまだ順位の差で最も有利なのであるが。残る3名の5敗組は全て勝利し、6敗組の昇段の目は消えた。
午後の対局、順位順に勝てば四段昇段、負ければそこまでである。そして、4人全てが勝利した。
4人が同星の13勝5敗、頭ハネで星野と宮本が四段昇段、大橋が次点持ちとなった。25歳と27歳、勝ち越さないと年齢制限がかかり、さらに強制退会まで見えてくる年齢でなんとか突破した。
星野四段といえば、対ゴキゲン中飛車の有力戦法、超速3七銀戦法の考案者である。今泉元三段のようにあれだけの戦法の考案者がプロになれなかったという事態だけは避けられた。何故か3年前に関西に移籍していたらしい。二段以下なら奨励会対局でわかるのだが。
宮本四段は毎度毎度昇段レースに乗りながら、あと一歩を繰り返していた。86年1月生まれだけに、すでに28歳。プロになれるかなれないかでは人生の差が大きすぎる。すでに三段で四段以上に勝ちまくっていただけに。
前期53回は15回まで終わって7勝7敗、16回戦に敗れて残り3局を全て勝たないと退会というなか、しかも最終19回戦は鈴木三段との9勝8敗同士の負けたほうが退会のデスマッチだった(忘れてた、あっさり四段昇段がきまったから)。
今回はさぞかし煙が目にしみただろう。

また、年齢制限で望月、竹内、渡辺愛生の各三段が退会してゆく。最終が竹内対渡辺とは。
三段昇段が遅かったので(最低4期は三段リーグに在籍できる)まだ指せる知花三段を除いて、奨励会から昭和生まれがこれで消えてしまった。

関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 東京優駿’17 結果分析 (05/29)
  • SS様 「1000mで63秒1、オークスより遅い、1800mで1分53秒1、ダート戦か」まっく 「タイムから見れば酷い凡戦ですよね」SS様 「というか、このレー
  • 東京優駿’17 展望 (05/28)
  • SS様 「混戦だ、牝馬より弱いとか言われてたけど、それなりにメンバーが揃ったんじゃないか、で、本命は」まっく 「それでもスワーヴリチャードです」SS様 「左回り
  • Bリーグチャンピオンシップファイナル (05/27)
  • 第1クォーターは互角、第2クォーター終了で栃木6点リード。しかし第3クォーター、川崎の猛攻で4点差をつけたが、第4クォーター、逆転に次ぐ逆転、9度もひっくり返り
  • それにつけても・・・ (05/26)
  • 木曜夕方、騒ぎが走った。明治が8月をもってカールの生産を大幅減少し、近畿以西のみの発売とすると。今後は小浜、関ヶ原、名張、熊野では入手できず、舞鶴、米原、宇陀、
  • 優駿牝馬’17 結果分析 (05/22)
  • ほべが 「ガチの内有利、ミエミエのスローペースでの上がり勝負」 べが 「逃げたフローレスマジック(結構人気してて5番人気)が6着に粘ってるくらいだし」ほべが 「
  • Bリーグチャンピオンシップ準決勝 (05/22)
  • NHK-BS1をつけてみると、なんとロースコアなゲームかと、なんのことはない、1勝1敗だった時の第3戦は前後半5分ずつ、言ってみれば延長戦ということである。第1戦は川
  • 優駿牝馬’17 展望 (05/20)
  • ほべが 「別路線組も多数いたり、桜花賞惨敗組が回避したりして500万条件でも抽選で出走可能になったわけだけど、本命は?」 べが 「リスグラシュー」ほべが 「内有
  • 今度は岡山理科大か (05/18)
  • 岡山理科大が獣医学部を特区で新設するというので、またも首相の口利きがあったとのこと。安請け合いで口約束で役人に押し付けて、発覚したら責任逃れを連発するというのか
  • Bリーグチャンピオンシップ準々決勝 (05/16)
  • 旧NBL勢が上位を占め、旧bjリーグ勢は三遠と琉球とbj上位チームのみ、しかも琉球は大阪と熾烈な争いを演じたと言っても、西地区では唯一の旧NBLの三河が圧倒的に強く、両者
  • 妖怪のせいじゃないよね (05/15)
  • 「妖怪ウォッチ」とその関連商品の2016年の売上が102億円まで低下した。2014年には500億円以上売り上げていたことを考えると、落ち目になったのか、それとも
ニー屋 腕時計 通販ショップ