赤川次郎さんに言われてるぞ

本来、この話は6月2日に書く予定のものを、ここまでずらしておりました、申し訳ない

ネタが尽きた成長戦略の一環として、リニアの新大阪までの一斉開業の建設費を国が出すという、結局公共事業かという情けない話が出ている。これに対して、そんな金勿体ないという声が出ているが、そういう声を上げる人は得てしてその金を新幹線建設費に回せという尚更情けない状態である。
この話、CBCで出ないのはJR東海が怖いからからな?ま、つボイさんは世代的にも生まれた場所的にも家庭環境的にも新幹線命なので、反対のお便りを黙殺するからだろうけれど。

さて、赤川次郎さんが岩波の広報誌で「リニアを建設したがっているが、日本の母子家庭の半数が年収120万円しかないという、こんな状態でこの国はやっていけるのか」と書いている。蓋し、正論である。
関連記事

comment

Secret

No title

赤川さんがそう仰るのは当然です。しかしまあ、この国の上層部には批判を無視して強行突破すればええねんという連中しかおらんのだろうか。
CBCにJR東海批判が出来る訳がありません。いや、それどころか東海三県のメディアにとってそんなモノは御法度なのでしょう。出来るのがあるとすれば4月に開局したInterFM Nagoyaくらいでしょうが、ここの番組は今のところほぼ全てが東京本社制作の番組で占められておりますからな・・・。でも世間一般に知られている企業のCMはまず流れませんから(故に収入が少ないという悩みがある)、DJ達も自由闊達な所があって結構言いたい放題だったりしますから、たとえ東京発でも批判するのは可能かもしれません。

Re: No title

どこだって、JR、電力会社の批判はできないものです。関西でも尼崎事故(都市対抗野球出場チームに関しては後日に)が唯一の叩き場所みたいなものですから。
昨日の毎日新聞大阪版の夕刊が夜行列車廃止にひた走るJRを「お寒い経営」と批判してました。よく言ったものです。でも、夕刊の特集面って、東京に比べて一週間遅れ(調べてない)の時がありますから。東京9日の16球団増設話(これも後日に)も大阪は16日掲載ですから。

そうそう、それとは関係なく、つボイさんに新幹線批判はご法度なのです。数年前、ネットラジオで時事ネタを投稿した際、新幹線批判がらみのネタだけ没にされてますから。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ