ここまで手が付けられなくなったか

「 子ども・若者育成支援推進法」を換骨奪胎して「青少年健全育成基本法」にいじり倒す法案が上程された。
ただでさえ問題のあった法案がますますひどくなっている。
明らかに表現規制法案で、国民にある方向を向けさせようと企む改悪である。そもそも「日本国憲法及び児童の権利に関する条約にのっとり」という文面すら削除されている。そのくせ子供、親、雇用者の義務ばかり背負わせたがる。
大人、いや、年寄り、いや、戦前回帰思想を持つ連中が国民を洗脳して皇国臣民再びという発想なのだろう。
日本国って子どもの権利条約を批准しているはずなんでしょうがねえ。

そういえば、北野高校を頂点とするピラミッドを作り、ドロップアウトした人間は使い捨て、もしくは自衛隊にでも送り込むという計画をした知事がいましたっけ。

結論は、いつもの通り、民主も大概だったが、自民は輪をかけてどうしようもないってことか。GHQの公職追放が甘かったのか、仕方がないな、対ソ連のために反共というだけで許した連中がごっそりいるもの。
関連記事

comment

Secret

No title

>GHQの公職追放が甘かったのか、仕方がないな、対ソ連のために反共というだけで許した連中がごっそりいるもの。
もしあの時、この劣悪な遺伝子を持った連中を纏めてポア(死語w)していたとしたら、今の日本は全く違った国になっていたに違いない。逆にこいつらが生き残った結果がこれだよ!何ならターミネーターにお願いして始末してもらいますかの?

公職追放がもしなければ

あれもいい加減で、特務士官だったというだけで仕事につけなかったりとか、妙なところがあるしすてむでした。
腐ったみかんは箱ごと捨てろといった感じでしょうか。
本当は個々の人物を調べなければいけなかったのでしょうが。
逆に、旧体制を残さなかったのがイラク、お陰でただでさえ問題のあった国家運営のための官僚がおらず、今のような状態に。
これは、宗教が絡んでいるのもあるのですが。宗教に無頓着な日本人で何とかならんでしょうかねえ。

キャリア組を各省庁200人ずつぐらい送り込んで、現地で働かせたらどうでしょうか、死ぬまで帰ってこなくていいからね
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ