第55期王位戦第七局

二週連続で陣屋での対局、ここで決めたいのか、こういう時の相矢倉、4六銀、3七桂と攻撃系に組む羽生に、総矢倉で迎え撃つ木村八段。一日目は銀交換(木村は左銀を交換しているが、積極的に飛び出しているし、右銀を4二に下げているので大したことはない)だけでゆるやかな流れであったが、夕方になって羽生が1四歩と垂らしたところで飛車の頭に3七銀と打ち込み、そのまま一日目終了。
封じ手は飛車を見捨てての1五香と走る手、そのまま1三に殺到しようという訳。そして飛車を取らせてる間に先手は1三へ殺到。一方、木村は焦点の6六歩と打ち、金を下げたところで4七銀成と角取りに成る、しかし、角を取っても拠点が減ってしまうのではないだろうか。それは杞憂で、8六歩と突き捨ててから1八飛と打ち込み、縦横から揺さぶりをかけ、6八歩と受けさせてから、2二歩と自陣に手を入れて、金と成香を精算させる。
ここで羽生が飛車の頭に8三香と捨てる、???、飛車は6二に逃げたが、次に桂馬を取るってことなのか?そして2一銀不成と王手で桂馬を取って、その桂馬を2四に打って王様を縛る。ここで桂馬の効きに3二銀と打つ手があったらしい。そうではなく、4二の銀を3三に上げて、板上の桂馬を消しに来た。この手自体、飛車を横に効かせるという意味があるが。
銀桂交換から精算して飛車取りに5三銀、縦に逃げれば詰む。木村は二枚飛車を活かして6九角と打ち、7八金と一旦受けさせる。だが、取りに行って、今度は銀を打ち込む。羽生は面倒を見ずに3二桂成と王手、飛車で取らせて攻撃力を緩和した。
飛車を引きずり出して、銀で狙う。取られそうな銀を巧みに動かして、取れば両取りの形に持ち込む羽生。木村は玉を上げて顔面受けで対抗するが、飛車が逃げれば王様が取られるように角を打つ。木村は受けを放棄して斬り合いに6九銀、それとも形作り?羽生は飛車を取って王手、そしてその飛車を5二に打ち込んで王手、後は簡単な詰み、この手を木村は見落としていたのかもしれない。さすがに木村投了、そして4勝1千日手2敗で羽生が王位を防衛した。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ