第55期王位戦第七局

二週連続で陣屋での対局、ここで決めたいのか、こういう時の相矢倉、4六銀、3七桂と攻撃系に組む羽生に、総矢倉で迎え撃つ木村八段。一日目は銀交換(木村は左銀を交換しているが、積極的に飛び出しているし、右銀を4二に下げているので大したことはない)だけでゆるやかな流れであったが、夕方になって羽生が1四歩と垂らしたところで飛車の頭に3七銀と打ち込み、そのまま一日目終了。
封じ手は飛車を見捨てての1五香と走る手、そのまま1三に殺到しようという訳。そして飛車を取らせてる間に先手は1三へ殺到。一方、木村は焦点の6六歩と打ち、金を下げたところで4七銀成と角取りに成る、しかし、角を取っても拠点が減ってしまうのではないだろうか。それは杞憂で、8六歩と突き捨ててから1八飛と打ち込み、縦横から揺さぶりをかけ、6八歩と受けさせてから、2二歩と自陣に手を入れて、金と成香を精算させる。
ここで羽生が飛車の頭に8三香と捨てる、???、飛車は6二に逃げたが、次に桂馬を取るってことなのか?そして2一銀不成と王手で桂馬を取って、その桂馬を2四に打って王様を縛る。ここで桂馬の効きに3二銀と打つ手があったらしい。そうではなく、4二の銀を3三に上げて、板上の桂馬を消しに来た。この手自体、飛車を横に効かせるという意味があるが。
銀桂交換から精算して飛車取りに5三銀、縦に逃げれば詰む。木村は二枚飛車を活かして6九角と打ち、7八金と一旦受けさせる。だが、取りに行って、今度は銀を打ち込む。羽生は面倒を見ずに3二桂成と王手、飛車で取らせて攻撃力を緩和した。
飛車を引きずり出して、銀で狙う。取られそうな銀を巧みに動かして、取れば両取りの形に持ち込む羽生。木村は玉を上げて顔面受けで対抗するが、飛車が逃げれば王様が取られるように角を打つ。木村は受けを放棄して斬り合いに6九銀、それとも形作り?羽生は飛車を取って王手、そしてその飛車を5二に打ち込んで王手、後は簡単な詰み、この手を木村は見落としていたのかもしれない。さすがに木村投了、そして4勝1千日手2敗で羽生が王位を防衛した。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 東京優駿’17 結果分析 (05/29)
  • SS様 「1000mで63秒1、オークスより遅い、1800mで1分53秒1、ダート戦か」まっく 「タイムから見れば酷い凡戦ですよね」SS様 「というか、このレー
  • 東京優駿’17 展望 (05/28)
  • SS様 「混戦だ、牝馬より弱いとか言われてたけど、それなりにメンバーが揃ったんじゃないか、で、本命は」まっく 「それでもスワーヴリチャードです」SS様 「左回り
  • Bリーグチャンピオンシップファイナル (05/27)
  • 第1クォーターは互角、第2クォーター終了で栃木6点リード。しかし第3クォーター、川崎の猛攻で4点差をつけたが、第4クォーター、逆転に次ぐ逆転、9度もひっくり返り
  • それにつけても・・・ (05/26)
  • 木曜夕方、騒ぎが走った。明治が8月をもってカールの生産を大幅減少し、近畿以西のみの発売とすると。今後は小浜、関ヶ原、名張、熊野では入手できず、舞鶴、米原、宇陀、
  • 優駿牝馬’17 結果分析 (05/22)
  • ほべが 「ガチの内有利、ミエミエのスローペースでの上がり勝負」 べが 「逃げたフローレスマジック(結構人気してて5番人気)が6着に粘ってるくらいだし」ほべが 「
  • Bリーグチャンピオンシップ準決勝 (05/22)
  • NHK-BS1をつけてみると、なんとロースコアなゲームかと、なんのことはない、1勝1敗だった時の第3戦は前後半5分ずつ、言ってみれば延長戦ということである。第1戦は川
  • 優駿牝馬’17 展望 (05/20)
  • ほべが 「別路線組も多数いたり、桜花賞惨敗組が回避したりして500万条件でも抽選で出走可能になったわけだけど、本命は?」 べが 「リスグラシュー」ほべが 「内有
  • 今度は岡山理科大か (05/18)
  • 岡山理科大が獣医学部を特区で新設するというので、またも首相の口利きがあったとのこと。安請け合いで口約束で役人に押し付けて、発覚したら責任逃れを連発するというのか
  • Bリーグチャンピオンシップ準々決勝 (05/16)
  • 旧NBL勢が上位を占め、旧bjリーグ勢は三遠と琉球とbj上位チームのみ、しかも琉球は大阪と熾烈な争いを演じたと言っても、西地区では唯一の旧NBLの三河が圧倒的に強く、両者
  • 妖怪のせいじゃないよね (05/15)
  • 「妖怪ウォッチ」とその関連商品の2016年の売上が102億円まで低下した。2014年には500億円以上売り上げていたことを考えると、落ち目になったのか、それとも
ニー屋 腕時計 通販ショップ