(・○・)50年

国家のプライドをへし折られた敗戦から20年、東京オリンピックに合わせて3000億円以上の費用をかけて新幹線が開業した。
当初1800億円の建設予定費用は、世界銀行=合衆国から288億円を借りても、まだ不足した(2015年10月加筆、この頃の日本の予算は1兆8000億円弱、国家予算の10%ということは安倍政権の水増し予算を例外として、福田、麻生時代を基準とすると9兆円ほど)。数年がかりとはいえ、国家予算の6分の1程も費やしたので、後年、この程度の負債は単独で返済できるくらいの利益をあげていたにも関わらず、結局、当時の負債が積もり積もって27兆円になり、破綻へと向かってしまった。
また、この開業は世界中の技術者に高速鉄道の可能性の期待をもたせ、ドイツは1971年には在来線で最高時速200km、1991年には高速新線で最高時速280kmの運転を行い、フランスは1981年に高速新線で最高時速260kmの運転を開始し、在来線への乗り入れも自由自在なので、幹線以外の所要時間も短縮し、イタリア、オーストリア、オランダ、チェコ、スペインの諸国も高速化に成功した。

ただ、技術者たちは夢を見てしまった。金さえかければ全国に新幹線を走らせることが可能というのは分かったが、金もないのに建設したいと思ってしまったのだ。
そこへ国会議員である。自民党主流、その前身の立憲政友会以来、基盤は地方の金持ちである。彼らが飛びつかない理由はない。連合艦隊でも建造する勢いの無謀な計画が立てられてしまった。

それでも民営化直後はあるもので何とかしようと頑張ったものだが、21世紀に入って弱者切り捨ての趨勢の中、やりたい放題の度合いが加速してしまった。もっとも、運輸省は民営化直前の1987年2月に新幹線を如何に建設するかなんて当時から妄想一直線だったのだが。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ