第27期竜王戦第四局

3手目に6六歩と角道を塞いで後手糸谷の角換りを阻止する先手森内、糸谷は6手目に3三角と上がって振り飛車を匂わせるが、この手は向かい飛車を狙わない限り緩手になるという手だった。ネット解説では、まだ棋士紹介をやっているあたりで、早くも死命を決する局面だっとは。森内は4八銀として、3七銀と上がり、居飛車なのか、相振り飛車なのかわからない序盤とする。
結局、糸谷は中飛車、森内は居飛車の対抗形になる。森内が7筋の位を取れば、糸谷が7四歩と突いて反発、これには銀冠構築中の森内が7八に金を上げずに飛車を回す。小競り合いの末、一段落ついて銀冠を組んで一段落ついて一日目終了。
封じ手後、森内が穴熊に潜ってしまう。そして8筋の位を取って角を8六に上げる。これには糸谷も遊んでいた銀を右方へ回す。さすれば、森内は糸谷の3三の角を目標に攻める。6手目の角上がりがこういうことになってしまった。3三~2四~1五と逃げまわる糸谷の角、取られる前に5六歩と突くが、手順前後でここは先に6六歩と突いて、角損ながらと金2枚で攻めたほうが良かった。
角を先に入手しただけ、森内が好調に攻めるが、5六金打ちが変調。糸谷は森内の王様を引きずり出すことに成功するが、なおも森内はガシガシ攻めてゆき、銀交換で糸谷の王様を丸裸にする。糸谷は歩で受けるが、森内は6四角と飛び出すが、ここは金を6三に進めてねじ込めば優勢を維持できた。糸谷の6二金が好手の上に、森内はここで1分将棋になる。ついに糸谷に攻撃のチャンスが巡ってくる。森内も王手竜で応戦するが、6六角が厳しい、ややあって森内投了。7七の桂馬は元は美濃囲いの受け駒だった駒だが、三段跳んでここまでやって来た。これで森内はカド番に追い込まれた。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ