The Long and Winding Road

今泉元三段がプロ編入試験で3勝目をあげ、勝ち越しを決め、15年4月1日付の四段昇段(と、言うべきなのか)を決めた。
三段リーグの年齢制限に引っかかり26歳になった第25回で奨励会を退会、それまでに18回、23回の二度、次点になっているが、次点2回でフリークラス入りの制度が第20回から制度化されたので、遡及しての適用はされなかった。
されど、トップアマで活躍して、三段リーグ編入試験を受け合格、師匠も小林九段から桐谷七段に変えて(これは身元保証人みたいなもの、三枚堂四段の師匠の内藤九段みたいに名目だけのものもある)、2007年前期の第41回から再挑戦するも、11勝7敗→6勝12敗→11勝7敗→5勝13敗と規定の2年4回で上位2人に入れず再度の退会となった。この間、後手いきなり三間飛車(角道もつかずに2手目に3二に飛車を振る)で升田幸三賞を受賞している。
そして、竜王戦6組ではアマチュア枠で出場して何度もプロに勝利、ついに対プロ勝率6割5分を越え、10勝以上挙げる条件を満たして、プロ編入試験資格を得た。
棋士番号の若い順(四段昇段が遅い順)5人と対局して、勝ち越せば(3勝すれば)四段昇段というもの。
まず、大阪で宮本四段、三段リーグでは2戦2敗()だったが勝利、続いて似たようなところがある(三段時代に「超速3七銀」で升田幸三賞受賞)星野四段、やはり三段リーグで1戦1敗(43回)だったが、朝日オープンにつづいて勝利して王手をかけた。
上京して三枚堂四段、接点がない(三枚堂四段は一期抜けなので)が惜敗空気よめよ。石井四段も関東所属のため上京、そして石井四段を投了させ3勝目をあげ、四段昇段=プロ入りを決めた。

次点2回でフリークラスの制度が以前からあれば、15年は早くプロ棋士になっていただろうが。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • マイルチャンピオンシップ’17 展望 (11/18)
  • SS様 「大混戦なんだけど」まっく 「ふるいにかけましょうか、ここ10年で連対したことのない3歳馬、乗り替わり、これでごそっと消えるよ」SS様 「残ったのがヤン
  • エリザベス女王杯’17 展望 (11/12)
  •  べが 「色々事情があって本命以外の予想を全部やり直したんだって」ほべが 「本命は一緒なんだ、で誰?」 べが 「ルージュバック」ほべが 「ムーアが乗るからか」 
  • 対ブラジル戦 (11/11)
  • 呼ぶのが面倒ってのもあるが、小うるさい本田やいてもしようがないけど香川や、プレミアでも呼べたと思える岡崎を外してもいつもと同じフォーメーション、だが、格上では何
  • 天皇賞(秋)’17 結果分析 (10/30)
  • SS様 「狙ったグレーターロンドンは9着」まっく 「4コーナーまでは見せ場あったのですけれどね、二週連続の台風馬場にヘタったのでしょうか」SS様 「最後の直線は
  • 天皇賞(秋)’17 展望 (10/29)
  • SS様 「三週連続の大雨なんだけど」まっく 「土曜日は良馬場に回復したものの、また不良に逆戻り」SS様 「本命は」まっく 「グレーターロンドン」SS様 「先週キ
  • ついに独立宣言 (10/28)
  • ついにカタルニア議会が独立宣言を行い、対抗してマドリードの中央政府が自治権を停止した。独立派は中央政府を信用してないし、統一維持派は鎮圧しろと互いにデモを繰り返
  • 駒を進めよ (10/26)
  • 一挙手一投足が話題の藤井四段だが、周りに押され、高校進学を決定した。学校行ってる暇があれば、その間に研究したほうが強くなれると思ってしまうのだろう。だが、実際、
  • A380十周年だけど (10/25)
  • もう初就航から10年も経つのかと思う。A340がエンジンに制約されて発展性が無かったことから大型エンジン四発の史上最大の旅客機を目指したのだが、リーマンショック
  • 読みはただしかったのだろうなあ (10/23)
  • 今回の衆院選ほど、結果が読めているといわれて興味を持たれなかった選挙、そんなことより村田のリターンマッチやフィギュアのグランプリシリーズ、それ以上に台風21号の
  • 菊花賞’17 結果分析 (10/22)
  • SS様 「キセキも魔法もあるんだよ」まっく 「お前は美樹さやかか」SS様 「閑話休題、3分18秒9より遅いタイムの菊花賞ってのは、3分26秒4(1946、第7回
ニー屋 腕時計 通販ショップ