やっぱりドラゴンズの主砲だよな

繁盛していた名古屋の中華料理屋を白血病で閉じて、療養しながらお千代保稲荷で餃子を焼いていたけど、やはり白血病は許してくれなかった。後一年大丈夫なら完治したといえたのだけど。
囲い込みのために、球団職員として一旦採用し、そこからドラゴンズへ入団した。言うまでもなく、当時も今も合法だし、この前には熊本商業の伊東をライオンズが、この後には甲府工業の中込をタイガースが囲い込んで球団職員にして入団させている。

はっきり言って、守備走塁はお察しくださいのレベルだったが、その分は長打力ですべて帳消しにできるレベルだった。同じ時期にジャイアンツに呂明賜がいて、台湾のスラッガーという共通点もあったし、だから背番号は王貞治の記録(当時)の55。で、91年には26発、93年には25発と狭いナゴヤドームとはいえホームランの数も増え、落合がジャイアンツへ出て行った94年には38発、107打点の二冠王になった。なお、これだけ打ったのだから、打率も3割1分と好成績を記録した。これがチームに活気をつけ、10.8までもってゆけた。
だが、故障とナゴヤドームに本拠地が移動したこともあり、星野監督は守りの野球をするためにタイガースの久慈に目をつけた。久慈がフロントともめていたこともあり、大砲が欲しいタイガースはトレードに応じたが、これに関川と矢野が加わり、2対2のトレードになった。関川と久慈は99年のリーグ優勝に早速貢献したが、タイガースは暗黒時代ど真ん中。西宮のほか弁屋で弁当を待つ間にも素振りをする生真面目さも、ジョンソンが一塁にいたりして活躍機会も減り自由契約に、星野監督に再び拾われたが、02年限りで引退することになった。皮肉にも星野監督がタイガースに移り、矢野がタイガースの正捕手として君臨するのはその後である。大阪のスポーツニュースですらネタのないオフシーズンとはいえ、3日連続大豊の話だったんだから。
ま、あれだけ美人な奥さんのもとに行ってしまったと考えればいいんだろうか。

関連記事

comment

Secret

台湾の英雄。

私は、名商大時代の大豊さんを見た事があります。
当時の私は、名商大と同じ愛知大学野球リーグに所属する某大学の学生でした。授業の合間に暇潰しのため大学内の野球場に行ってみたら、私の大学と名商大との試合が行われており、名商大の4番を打っていたのが大豊さんでした。当時から彼の名前は名古屋では有名であり、こういう人がプロへ行くのだな、と思いました。それくらいの風格が彼にはありました。

持っているものは大変素晴らしかったと思いますが、その割には残した数字は今一つだったか。もっと数字を残しても、と思いましたがそれでも94年の二冠はお見事でした。
本拠地が移った事が彼の成績に大きく影響したのは事実ですね。狭いナゴヤ球場から広いナゴヤドームに変わった事で、ドラゴンズの野球の質も大きく変化したように感じますが、これが観客の質とか動員数にも影響しているかも知れませんな。攻めの野球から守りの野球へ。これがあまりにも突き詰められ過ぎたのが今のドラゴンズではないでしょうか。これでは観客動員数が減るのも当然か(尚、私は球団発表のこの数字を信用していません。というのは、テレビで見る限りとてもじゃないけどその数字が入っているようには見えませんのでね)。その辺りを大豊さんはどう見ていたのでしょうか。

先立った最初の奥さんは元女優、その間に生まれた長女は現在宝塚の男役で活躍しています。
彼は、お千代保稲荷の境内に店を移してから再婚していたんですね。先日の喝で張さんがその辺りの詳しい話をしておられました。今後は奥さんが店を切り盛りしていくのでしょうか。

惜しい人を亡くしました。御冥福をお祈りします。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ