旅路の第二章は

種牡馬入りしたものの、7歳12月でやっとG1を勝った馬では超晩成型と勘違いした生産者もいて、種牡馬としてやっていけるか保証されず、社台スタリオンステーションには入れず(おじのサッカーボーイも当初入れなかった)に日高の2箇所の種馬場を2年毎に移動することになった。
初期の活躍馬にコスモ、マイネルのラフィアン系の馬が多かったが、2年目産駒のドリームジャーニーがフューチュリティステークスを勝ったのには皆びっくりした。ステイゴールドが2歳G1を勝つのか、しかも母の父が超晩成型と思われていたメジロマックイーンでまたびっくりしたのである。社台系列でも傍流の白老ファームの生産である彼は、4歳秋で大化けして宝塚、有馬と春秋のグランプリを制するのであった。
2010年晩春、テレビ東京のカメラが東京競馬場を訪れた。この日のメインレースはオープン特別のメトロポリタンステークス、といっても競馬ではなく、「空から日本を見てみよう」の取材であった。このレースを制したのはナカヤマフェスタ。次走に宝塚記念を選びブエナビスタらを破って勝利(ステイゴールド産駒としては2年連続)、更に何と凱旋門賞に行くと発表した。エルコンドルパサーで遠征経験のある二宮調教師だが、これは無謀と思われたが、ワークフォースのアタマ差2着と予想を上回る結果を上げた。同じ頃、新潟で2歳馬がデビューしたが、これが勝利の後の表彰式すらできない暴れん坊、彼の名はオルフェーヴル、ドリームジャーニーの全弟であった。10着に敗れるなど、派手に負けながらも、3歳春に開眼して7頭目の牡馬三冠馬となり、二度のフランス遠征でも惜しいところまでいった。
オルフェーブルがダービーを制してからしばらく、一頭の芦毛馬が北海道でデビューした。ステイゴールド産駒で母の父がメジロマックイーンという理由で注目された彼、いや、ゴールドシップはその後G1を5勝し、11億円以上稼いでいる。レース中にやる気を無くす癖を見せているのは残念であるが。
それどころか、この配合が黄金配合と呼ばれ、今のところG1を14勝あげている。繁殖牝馬を首になり、乗馬になったマックイーン牝馬を生産牧場が買い戻したなんてことがあったくらいだ。
今、オルフェーヴルの全弟で3歳にアッシュゴールドというのがいるが、果たしてどうなるのやら。もしかしたら、そろそろ次代にバトンを渡そうということなのかもしれない。安らかに。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 天皇賞(春)’17 展望 (04/29)
  • SS様 「♪立て 飢えたるものぞ 今ぞ日は来たり」まっく 「なんでインターナショナルなんですか」SS様 「平日にメーデー開催しても組合員が来ないので、今日やっち
  • 八つ当たり (04/27)
  • 自派閥の議員が問題発言で首を飛ばされたから、二階幹事長は、マスコミに対して「余すところなく記録を取り、一行でも悪いところがあれば首を取れと。なんということか」と
  • 言った場所も言った内容も悪かった (04/26)
  • 今村復興相が二階派のパーティーで「被害総額は25兆円にのぼる、これが東北だからこの程度でよかった、これが首都圏だったらこの程度ですまなかった」と発言、4日の発言
  • メイちゃんの冒険 (04/19)
  • なんと、2020年までの下院を解散して、6月8日に総選挙を行うと英国のメイ首相は発表した。これでEU脱退に対して確たる支持を得てEU、というかドイツ、というかメルケ
  • 皐月賞’17 結果分析 (04/18)
  • SS様 「アルアインの勝因は?」まっく 「直前に芝を刈って短くしたこと(笑、実際は土曜夜に散水しなかったこともありそうですが)」SS様 「確かに、ディープインパ
  • 皐月賞’17 展望 (04/15)
  • SS様 「低レベルとか言われてる今年の3歳牡馬で、牝馬が距離を求めて食指をのばしてきたのだが、本命は」まっく 「スワーヴリチャード」SS様 「共同通信杯を勝った
  • 桜花賞`17 結果分析 (04/10)
  •  べが 「カワキタエンカが引っ張って、前半800mが46秒5」ほべが 「これは桜花賞ペースですね(笑)」 べが 「杉本清さんじゃないんだから」ほべが 「あの馬場
  • 日本には不利にはないらないのだろうが (04/09)
  • スーパーラグビーのチーム数が来シーズン(’17-’18)から2~3チーム削減されるそうだ。15チームからサンウルブスを含む18チームへ拡大したが、チームのレベル差
  • サンウルブス 今シーズン初勝利 (04/09)
  • 劇的なキックで2点差をひっくり返すとは思わなかった。
  • 桜花賞`17 展望 (04/08)
  •  べが 「ソウルスターリングが圧倒的人気を占めてるんだけど」ほべが 「実際は毎年恒例の社台ファーム対ノーザンファームの兄弟対決で4対7(サロニカが取り消したので
ニー屋 腕時計 通販ショップ