旅路の第二章は

種牡馬入りしたものの、7歳12月でやっとG1を勝った馬では超晩成型と勘違いした生産者もいて、種牡馬としてやっていけるか保証されず、社台スタリオンステーションには入れず(おじのサッカーボーイも当初入れなかった)に日高の2箇所の種馬場を2年毎に移動することになった。
初期の活躍馬にコスモ、マイネルのラフィアン系の馬が多かったが、2年目産駒のドリームジャーニーがフューチュリティステークスを勝ったのには皆びっくりした。ステイゴールドが2歳G1を勝つのか、しかも母の父が超晩成型と思われていたメジロマックイーンでまたびっくりしたのである。社台系列でも傍流の白老ファームの生産である彼は、4歳秋で大化けして宝塚、有馬と春秋のグランプリを制するのであった。
2010年晩春、テレビ東京のカメラが東京競馬場を訪れた。この日のメインレースはオープン特別のメトロポリタンステークス、といっても競馬ではなく、「空から日本を見てみよう」の取材であった。このレースを制したのはナカヤマフェスタ。次走に宝塚記念を選びブエナビスタらを破って勝利(ステイゴールド産駒としては2年連続)、更に何と凱旋門賞に行くと発表した。エルコンドルパサーで遠征経験のある二宮調教師だが、これは無謀と思われたが、ワークフォースのアタマ差2着と予想を上回る結果を上げた。同じ頃、新潟で2歳馬がデビューしたが、これが勝利の後の表彰式すらできない暴れん坊、彼の名はオルフェーヴル、ドリームジャーニーの全弟であった。10着に敗れるなど、派手に負けながらも、3歳春に開眼して7頭目の牡馬三冠馬となり、二度のフランス遠征でも惜しいところまでいった。
オルフェーブルがダービーを制してからしばらく、一頭の芦毛馬が北海道でデビューした。ステイゴールド産駒で母の父がメジロマックイーンという理由で注目された彼、いや、ゴールドシップはその後G1を5勝し、11億円以上稼いでいる。レース中にやる気を無くす癖を見せているのは残念であるが。
それどころか、この配合が黄金配合と呼ばれ、今のところG1を14勝あげている。繁殖牝馬を首になり、乗馬になったマックイーン牝馬を生産牧場が買い戻したなんてことがあったくらいだ。
今、オルフェーヴルの全弟で3歳にアッシュゴールドというのがいるが、果たしてどうなるのやら。もしかしたら、そろそろ次代にバトンを渡そうということなのかもしれない。安らかに。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ