夜ノヤッターマン 5話

雪祭りが行われているのは札幌市ではなく、サッパリ市にやってきた一行、オダさまは雪像に小便をひっかけているんで、これはやばいと思った一行だったが、その脇で立ちションベンをしている少年がいる。この少年の名前はタケシ、ジロン・アモスではない(中の人=小滝進=大滝進矢はイッパツマンの隠球四郎だね)。彼から翌日に相撲とボクシングとレスリング(といっても、アマレスではなく、アマチュアのプロレス)の大会が開催され、優勝者に賞品の羊とお小遣いという名の賞金が贈られることを知る。ただ、出場条件は未成年のみ、そこでガリナが相撲大会に出場することに。ところがタケシも病気の母親の医者代を稼ぐため相撲大会に出場するのである。そしてトンズラー相手に稽古するガリナの脇の木にまたも立ちションベン、この少年、ボヤッキーのインチキ商売にも引っかかるくらいだけど大丈夫か?
同じ頃、ゴロー将軍はヤッターメカの生産を監視していた。シビレステッキを接触させ、工場内部を壊すまではお約束。
いざ大会、付け焼き刃のガリナも奮戦するがやはり敗れてしまう、一方、タケシは勝ち上がってゆくが、ヤッターマンのヤッターヨコヅナヤッター前頭10枚目を強化したヤッターコムスビに決勝で敗れてしまう。インチキぶりに飛び出すドロンボー、今回のメカはジンギスカンメカ。ヤッターマン側もヤッターオヤカタに進化するが鎧袖一触で飛ばされて爆発、ボクシング、レスリングでも、ワンガルーヤッターカンガルー、ヤッタータイガーが猛威を振るっていたが、カンガルーは股間ガルー子カンガルーにドロンジョが翻弄されるがそれだけで倒し、トッタルニャンヤッタータイガーはあっさり倒され33-4ヤッターキャットにしてしまった。
指名手配書が出ているにもかかわらず、商品とお小遣いをもらえたドロンボー、お小遣いというのは出場者が未成年だから賞金じゃないってことなんだね。賞金の代わりに図書券(今なら図書カード)で支払われたようなものだ。もっともその図書券で漫画を買うんだけど。
だが、そのお小遣いも商品のヤギ三匹(三種目全て制したので)タケシに渡して去ってゆき、タケシはまたも立ちションベンをして去ってゆくのである。体冷えてるんじゃないのか。
そして、ドロンボーはゴロー将軍とヤッターパグの攻撃を受け、メカ爆発で三輪車で逃亡なのはお約束。というか、ギャグの合間にシリアスを挟むのがタイムボカンシリーズのお約束。

ところで、EDにスフィアの曲が流れているが、4人共出演はしていないのはともかく、バックの絵がガリナとアルエットである。ただドロンボーに同行しているだけではなさそうだ。それに今のところヤッターマン側が所有しているヤッターパグが走っているのがコノ後どうなるのか今のところ謎である。


関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ