第40期棋王戦第一局

やたら宇都宮での対局が多いのは下野新聞の冠堂社長(毎日新聞からの天下り)が将棋好きだからなんだろうか。一方で、朝日新聞がプライドだけで名人戦主催にこだわり、記事がスカスカなのが気になる。

さて、羽生が渡辺に挑戦するという超常対局頂上対局、先手渡辺の横歩取りに進む。3八金と立たずに3八銀と上がる。一方、後手の羽生は5二の中住まい玉から5一金、6二銀とする。一路左にずれているが、美濃囲いに似ている。現在は玉を5二から6二へ動かし、7二銀と立ち、さらに玉を7一、場合によっては8二にまで持って来る場合もある。ひねり飛車もどき(ひねり飛車は縦歩取りの変形)である。
渡辺は3七銀と上がって3八金と締まる。この間に羽生が8筋から攻め、7七で角交換となる。一転、1筋を突き捨ててから7四飛と引くと渡辺が5六角と打つ。玉頭であるが、この角の頭を攻められるようになると渡辺がまずい。
渡辺は突かれた1筋を逆用して攻めるが、羽生に7筋でなく9三桂と上がられると、辛いです。仕方なく、2筋から攻めて桂交換するが、1八角~3六角成と羽生に馬を作られる。

この間に渡辺が1筋を突破するが、羽生も受けの要の3八金を攻め、そして取られそうになっている2三の銀を逃がす。ここで5四歩が正着だったらしい。渡辺は羽生の飛車を責めてるが、渡辺の金が6六に上がってくるということで、逆に渡辺の飛車が6六に回らせないようにしているのである。まだ1九に逼塞しているのに。そして羽生も渡辺のその飛車を攻めるが飛車が逃げた手が羽生の馬に当たり、交わす一手の間に渡辺が羽生の玉目指して攻めだす。
お互いに飛車を取り合い、敵陣に打ち込めばどちらが先に詰ませられるかの展開になるが、ここで手番は渡辺、2二飛と打たれて羽生投了。渡辺がまず1勝をあげた。
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • メイちゃんの冒険 (04/19)
  • なんと、2020年までの下院を解散して、6月8日に総選挙を行うと英国のメイ首相は発表した。これでEU脱退に対して確たる支持を得てEU、というかドイツ、というかメルケ
  • 皐月賞’17 結果分析 (04/18)
  • SS様 「アルアインの勝因は?」まっく 「直前に芝を刈って短くしたこと(笑、実際は土曜夜に散水しなかったこともありそうですが)」SS様 「確かに、ディープインパ
  • 皐月賞’17 展望 (04/15)
  • SS様 「低レベルとか言われてる今年の3歳牡馬で、牝馬が距離を求めて食指をのばしてきたのだが、本命は」まっく 「スワーヴリチャード」SS様 「共同通信杯を勝った
  • 桜花賞`17 結果分析 (04/10)
  •  べが 「カワキタエンカが引っ張って、前半800mが46秒5」ほべが 「これは桜花賞ペースですね(笑)」 べが 「杉本清さんじゃないんだから」ほべが 「あの馬場
  • 日本には不利にはないらないのだろうが (04/09)
  • スーパーラグビーのチーム数が来シーズン(’17-’18)から2~3チーム削減されるそうだ。15チームからサンウルブスを含む18チームへ拡大したが、チームのレベル差
  • サンウルブス 今シーズン初勝利 (04/09)
  • 劇的なキックで2点差をひっくり返すとは思わなかった。
  • 桜花賞`17 展望 (04/08)
  •  べが 「ソウルスターリングが圧倒的人気を占めてるんだけど」ほべが 「実際は毎年恒例の社台ファーム対ノーザンファームの兄弟対決で4対7(サロニカが取り消したので
  • 大阪杯’17 結果分析 (04/03)
  • SS様 「サトノクラウンはいいとこなしの6着」まっく 「冬馬だとかいわれてますけれど、レースがチグハグでした」SS様 「キタサンブラックを追いかけてピタリと横に
  • 大阪杯’17 展望 (04/01)
  • SS様 「さあ、第1回なのか第61回なのか知らないが、G1になった大阪杯だ」まっく 「ということは、私のG1勝利数も5になると」SS様 「ならない、遡ることはしな
  • 高松宮記念’17 展望 (03/25)
  • SS様 「去年より更にわからないなあ、ドバイのほうが盛り上がってるし」まっく 「作者に至っては日経賞のミライヘノツバサの複勝を当てたので満足らしいし」SS様 「
ニー屋 腕時計 通販ショップ