Gのレコンギスタ 23話

マニィがルインのもとに戻ってきたガランデンは、ジット団が乗り組んでいるフルムーン・シップと手を組もうと動き出した。
マッシュナーはクノッソスからロックパイらを出撃させる。全面交戦はするなとあくまでも釘を差して。
一方、プリンセスプリキュアアイーダ、ベルリ、ラライア、ノレド、はラトルパイソンに到着し、座乗するグシオンからは、メガファウナごとアメリア軍に復帰して戦うことを要請される。だが、地球のどの勢力にも組せず、海賊船扱いのメガファウナのままがいいと断るレイハントン姉弟。それでもアメリアへの協力を約束するベルリ。一方、アイーダはグシオンにベルリが実の弟だと話し、これまで育ててもらった感謝を告げて、3機のモビルスーツはメガファウナへ戻ってゆく。
マスクの援護に出撃したベッカー隊は、ミノフスキー粒子散布下でレーダーが殺された状態でもランゲバインの光学照準を用いて砲撃させそのまま突っ込ませて、サラマンドラから出た敵部隊を制圧しようとする。ミックはヘカテーのビットでその攻撃を防ぐ。だが、ロックパイのビーム・マントに潰されてベッカー機が破壊されてしまう。
 戦争の根を取り除きたいと考えるベルリは、アメリア、キャピタル・アーミィ、ドレットの三つ巴の戦況を見極めようとして、戦闘経験のないビーナス・グロゥブのポリジットに戦場の光には誘い込まれていくんじゃないぞと釘を刺す。だが、1機がフラフラと光に吸い寄せられ、ロックパイに破壊される。ビーム・マントを駆使してロックパイに翻弄されるベルリのG-セルフだが、アサルトモードの発動でロックパイを殺してしまう。その時、人の絶叫を聞いて寒気がとれなくなる。
被弾しながらも戦場近くにとどまっていたクノッソスだが、ロックパイの死を感じ取ったマッシュナーは戦線からの離脱を艦長に命じて撤退してゆく。
ベルリは下着から着替え(接触通信でラライアのG-ルシファーと交信しながらなので、ナニまで見られてしまう)。
同じ頃、ガランデンがフルムーン・シップと会合し、ルインがフラミニアやクンやチッカラと出会った頃、アメリア艦隊もカシーバ・ミコシに接触し、メガファウナもそちらへ向かうのだった。


関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • さすがに相手の手の内で踊らされたか (07/03)
  • 高校一年生で四段になったものの、ここ数年精彩を欠き、最年少プロも増田四段、さらに藤井四段へと奪われていた佐々木五段。先手佐々木が相掛かり模様から玉を6八に、後手
  • プロ入りから29連勝というのは凄いのだけど (06/27)
  • 角換わり模様から、後手の増田が角交換を拒否して雁木に組むが居玉のまま、それどころか右の銀も右の桂馬も動かない、先手藤井は玉を一路動かしただけで3五歩と突っかかっ
  • チャタリングネイビー (06/26)
  • やえもん先生の初期の作品(「雲の墓標」だったか)に、自分達の戦果を喧伝するさまを表して、あれじゃサイレントネービーでなくチャタリングネイビーだと皮肉る箇所がある
  • 宝塚記念’17 結果分析 (06/26)
  • SS様 「デムーロの勝利騎手インタビューの時、場内白けきってたなあ」まっく 「拍手すら起こらなかったと、ファンも来てるし、サトノクラウンの単勝買ってた人もいたは
  • 宝塚記念’17 展望 (06/24)
  • 20本以上書いているのですが、パソコンがハングしたり、一度故障して故障したままで使っているので、アップできておりません。結果の解っているもの(選挙の予測とかも)
  • 都合の悪いことは口封じしたいんだ (06/23)
  • サウジアラビアなど4箇国が国交回復のためにカタールに突きつけた条件の中に、アル・ジャジーラの廃局というのがある。向こうも一緒なんだ、自分達に都合の悪い真実を流さ
  • ついにタイ記録の28連勝 (06/22)
  • 神谷五段(当時)の記録なんて、凄いメンバー相手に勝っているわけじゃないし、これに並んだと言ってもなあと思っていても、これがデビューからの28連勝となると、驚くし
  • 安田記念’17 結果分析 (06/04)
  • SS様 「まさかのアラジン大開放」まっく 「前哨戦も負けてたし、もういいかなと考えてました、血統的にはラキシスの全弟ですから、いつかどこかで勝つかもしれなかった
  • 安田記念’17 展望 (06/03)
  • SS様 「短距離路線組だけじゃなく、大阪杯でキタサンブラックに破れた組がみんなここへ来たな」まっく 「例年ならあそこから天皇賞に行くのもいるのですが、長距離路線
  • ああ、遂にやっちまいやがったあの馬鹿 (06/02)
  • 娘のイヴァンカさんや、ティラーソン国務長官(石油企業エクソン・モービルのトップだった人だ)らの反対を押し切り、トランプ大統領は気候変動に対するパリ協定から脱退を
ニー屋 腕時計 通販ショップ