Gのレコンギスタ 23話

マニィがルインのもとに戻ってきたガランデンは、ジット団が乗り組んでいるフルムーン・シップと手を組もうと動き出した。
マッシュナーはクノッソスからロックパイらを出撃させる。全面交戦はするなとあくまでも釘を差して。
一方、プリンセスプリキュアアイーダ、ベルリ、ラライア、ノレド、はラトルパイソンに到着し、座乗するグシオンからは、メガファウナごとアメリア軍に復帰して戦うことを要請される。だが、地球のどの勢力にも組せず、海賊船扱いのメガファウナのままがいいと断るレイハントン姉弟。それでもアメリアへの協力を約束するベルリ。一方、アイーダはグシオンにベルリが実の弟だと話し、これまで育ててもらった感謝を告げて、3機のモビルスーツはメガファウナへ戻ってゆく。
マスクの援護に出撃したベッカー隊は、ミノフスキー粒子散布下でレーダーが殺された状態でもランゲバインの光学照準を用いて砲撃させそのまま突っ込ませて、サラマンドラから出た敵部隊を制圧しようとする。ミックはヘカテーのビットでその攻撃を防ぐ。だが、ロックパイのビーム・マントに潰されてベッカー機が破壊されてしまう。
 戦争の根を取り除きたいと考えるベルリは、アメリア、キャピタル・アーミィ、ドレットの三つ巴の戦況を見極めようとして、戦闘経験のないビーナス・グロゥブのポリジットに戦場の光には誘い込まれていくんじゃないぞと釘を刺す。だが、1機がフラフラと光に吸い寄せられ、ロックパイに破壊される。ビーム・マントを駆使してロックパイに翻弄されるベルリのG-セルフだが、アサルトモードの発動でロックパイを殺してしまう。その時、人の絶叫を聞いて寒気がとれなくなる。
被弾しながらも戦場近くにとどまっていたクノッソスだが、ロックパイの死を感じ取ったマッシュナーは戦線からの離脱を艦長に命じて撤退してゆく。
ベルリは下着から着替え(接触通信でラライアのG-ルシファーと交信しながらなので、ナニまで見られてしまう)。
同じ頃、ガランデンがフルムーン・シップと会合し、ルインがフラミニアやクンやチッカラと出会った頃、アメリア艦隊もカシーバ・ミコシに接触し、メガファウナもそちらへ向かうのだった。


関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ