これが世界のサッカーの流れをどう変えるのか

FIFAは2022年のカタール大会を11~12月に開催すると決定した。言うまでもなく、本来の5~7月の開催では暑すぎるからである。南半球開催でも現地で晩秋の5~6月開催にこだわってきたことに対して大きな変化である。
当然、欧州クラブの反発は大きいだろう、リーグ戦まっただ中での2ヶ月ほどの中断はクラブの財政的に存立にも関わるだろうから。ただ、選手は出がらしではないのでコンディションはいい事は確かだろう。逆に春秋制の国には出がらしの選手が出てくる可能性がある。日本の場合は天皇杯とのからみをどうするかという問題もある。ま、予選突破できない可能性もあるけれど。
関連記事

comment

Secret

どうなるんだろうか。

それ以前に当大会の開催地決定へ至る経緯について疑惑が浮上しましたが、結局有耶無耶になりズルズルといってしまいそうですな。こんなコトでエエのか。FIFAもロクな団体じゃないのかな。

>逆に春秋制の国には出がらしの選手が出てくる可能性がある。日本の場合は天皇杯とのからみをどうするかという問題もある。
私はJリーグの秋春制に賛成です。理由は簡単な事で、欧州に合わせた方が日本サッカーにとって合理的だからです。それなのに、この国のサッカーファンの中には何で?って思うくらい頑固なまでに秋春制に反対する春秋制支持者がいたりするのだから困ったモノです。彼等は必ずと言っていいほど冬の積雪等の天候を反対の理由に挙げたりしますが、欧州の同じような天候の国だって色々工夫していますからそれらを参考にしてやればいいだけの話です。それもせずに闇雲に反対するだけなんて、コイツら下手すりゃそこらの老人よりも老化が激しいわな。
天皇杯とのからみよりもこちらの方が問題だったりします(苦笑)。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ