皐月賞’15  結果分析

まっく 「養分とぶった切った馬にワン・ツー」
SS様 「この作者、どうしてエアグルーヴが嫌いなんだ?」
まっく 「嫌いっていうか、五十嵐理論の信者だったから、エアグルーヴの配合はオープン特別を勝てばいいレベルと書かれて、伊藤雄二調教師が激怒して、サン出版(当時、競馬塾という競馬雑誌を出していた)を厩舎取材出入り禁止にしかけたんだ」
SS様 「武豊がベストセラーズ社に長らく取材拒否していたようなものか、1993年生まれで優秀な配合って何だったんだ」
まっく 「シロキタクロス(神戸新聞杯)、トウショウオリオン(北九州記念)、ダイワカーリアン(札幌記念)くらいでしょうか、その下のクラスでビッグバイアモン(ラジオたんぱ賞)」
SS様 「ダンスインザダークとかは」
まっく 「エアグルーヴと同じレベルですね、2000年代後半だと、そのレベルですらその年で最優秀の配合になっちゃうんですけれど」
SS様 「均質化したのか、血の袋小路に入っていったのか、それよりよく降着にならなかったな」
まっく 「あんな横っ飛び、どう考えても降着ですよ、進路の邪魔をしたらどしどし降着でいいじゃないですか、国際ルールがおかしいんですよ」
SS様 「(どうやらトラウマを刺激したようだ、話を戻そう)、桜花賞があるからもっとハイペースになるかと思ったんだが」
まっく 「スピリッツミノルが逃げられず、逃げたのがクラリティスカイ、その後ろにキタサンブラックという流れ」
SS様 「5着と3着だから、決して先行不利の展開ではなかったんだよな」
まっく 「ドゥラメンテの末脚だけが際立ってたと、凱旋門賞挑戦とはしゃぐのも問題ですけどね」
SS様 「デムーロ兄がこのコースをカモにしているってこともあえて忘れていたし」
まっく 「大レースの乗り替わりは消しなんですけど、ルメールとこの二人は乗り替わっても平気だから、大体、調教ですら乗ってないのに」
SS様 「キングカメハメハが今年の中山で良績が無いからと思われたんだが」
まっく 「元々中山は得意だったのを忘れてましたね、トゥザワールドなんて中山専用機がいるくらいなのに」
SS様 「リアルスティールが2着」
まっく 「決め脚(と)の差なんでしょうけれど、ディープインパクト産駒って中山でなにかうまく行かないなあ、ダービーは巻き返しがありそうだけど、如何せん鞍上が福永だから」
SS様 「ブラックエンブレムが4着」
まっく 「ネオユニヴァース産駒だし、ダービーでも見限れないですね」
SS様 「サトノクラウンは6着」
まっく 「距離に壁があるのかなあ、母の父が短距離というけど、その父はミスワキだし」
関連記事

comment

Secret

今週も無敗馬は勝てなかった。

>「あんな横っ飛び、どう考えても降着ですよ、進路の邪魔をしたらどしどし降着でいいじゃないですか、国際ルールがおかしいんですよ」
その気持ち、お察し致します(苦笑)。でもこれで降着にならなかったのが不思議であります。
ミルコが言ったように、ドゥラメンテってかなり操るのが難しい馬の様ですね。あそこであんなに横っ飛びするなんて、ここまでクセの強い馬だとは。これでミルコは2週に亘って騎乗停止になりましたが、悪いのはドゥラメンテか、それとも彼をコントロール仕切れなかったミルコなのか。
でも、オモシロイ馬なのは確かです。凱旋門賞はともかく、これでダービーが楽しみになりました。

Re: 今週も無敗馬は勝てなかった。

一昨年くらいから改訂された降着のルールは、馬のパフォーマンスを妨害した場合のみ降着になるようになっています。従来のルールではアウトだったものも、ほとんどがセーフとなり、騎手にだけ罰金や騎乗停止がかかるケースが殆んどです。先週、1位入線降着が一つありましたが。
対話している「まっく」の元ネタのメジロマックイーンは、1991年の秋の天皇賞でスタート直後に派手に斜行して1位入線からどん尻18着に降着を食らった(G1の1位入線降着はあと2006年のカワカミプリンセスしかない)という事実を元に、日頃冷静なのに降着に関してはキレるというキャラにしているのです。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ