永さん、また身を退くのか

永六輔さんが9月いっぱいで土曜ワイドTOKYOを降板することになった。かつては六輔七転八倒を放送していた時間帯だが。
10月以降は月曜夕方(現在のパカパカ行進曲の枠か?)に移動するそうだが、病、そして体調が理由だろうが、うるさ型を生ワイドから追放して、安倍ルフにしっぽをふる上層部ってのも見え隠れしてしまう。

え、浜村さん?多少声に艶はかけているが元気なものよ。昭和プロの力もあるし、何より息子の存在は大きいわな。
関連記事

comment

Secret

一先ずはお疲れ様でした。

永さんが降板しても曜日が月曜に移るだけだし(これも生放送らしい)、それにこのラジオ局には大沢悠里とか久米宏と言ったうるさ型がまだ健在ですから、その方々に一層頑張って貰わないとね。
10月以降も外山惠理さんが永さんの介護サポートをなさるのでしょうね、きっと。しかしまあ、彼女もアナウンサーデビューの頃の危なっかしさがあったのが嘘のように無くなりましたね。これも永さんの御陰でしょう。

No title

ご無沙汰しております。

今日も放送中ですが、まだ後継の月曜夕方の番組のタイトルも決まっていないそうです。
ある筋からの圧力も否めないかもしれません。

先週の放送に反動評論家の冨坂聰が解説で出てきたくらいですし。
(「ニュースえり好み」というコーナーでした。アシスタントの外山惠理アナと解説者のコーナーで、普段はTBSの解説委員が出るのですが、なぜか出しゃばってきました。)

あれでもまろやかになった方です

富坂は中国の専門家なんで、2007~8年頃にマスコミに出てきた頃は、とりあえず中国批判してりゃいいやってかんじでした。当時の朝日放送や読売テレビ(ここは今でもひどいが)は保守反動の巣窟でしたから。
ここ数年は日中双方を冷静に見ているようになってMBSラジオが呼んだりしてますから。
今怖いのは読売テレビですよ、日テレの比じゃありませんから。

何時からそうなったのやら。

>今怖いのは読売テレビですよ、日テレの比じゃありませんから。
今や讀賣系と言うよりも産經系、いやそれよりも先鋭化しとりますからなぁ。
チャンネル櫻と手を組んどるのかいなぁ。フジサンケイグループの方が大人しくと言いますか、マトモに見えてしまう今日この頃です。幾ら何でも極右化が酷すぎますがな。世界で最も危険なメディアだったりして。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ