天皇賞(春)’16 結果分析

SS様 「いやあ、モーリス強いなあ」
まっく 「4番手追走から直線抜けだして圧勝という」
SS様 「これは安田を使って宝塚でデュラメンテとの対決が楽しみになってきたが」
まっく 「堀先生がどうするかでしょうね、それより本題へ」
SS様 「しかし、場内どころか淀駅の改札抜けたところから紫一色だったなあ」
まっく 「プリンスのフィルムコンサートでもするのかという感じでしたが、皇室の色ですから」
SS様 「キュアマジカルでも出てくるんじゃないかと」
まっく 「それ、府中の昼休みにやってました」
SS様 「さて、キタサンブラックから」
まっく 「最内枠から好スタートをきめたところで逃げることを決めたようです」
SS様 「あとは完全にペースを支配して、4コーナーへ、そして差し返しはすごかったなあ」
まっく 「一旦、首の差くらいつけられてるんですけど、こちらも宝塚が楽しみですね」
SS様 「で、13番人気をはね返したカレンミロティックだが」
まっく 「去年3着なんですけどね、8歳というので嫌われまくったのが理由でしょう」
SS様 「去年と同じようなレースしてるんだけどな」
まっく 「内枠から出て逃げ馬のすぐ後ろを走って4コーナーを回ったところでぬけだしてるのですが、あの差し返しは考えてなかったでしょう」
SS様 「3着にシュヴァルグラン」
まっく 「敗因は福永、以上」
SS様 「それで片付けるのはどうよ」
まっく 「猛烈に差してきても、前が止まらない以上どうしようもないですよ」
SS様 「4着にタンタアレグリア」
まっく 「上がり最速でも、シュヴァルグランよりもっと後ろからでは届かないですよ」
SS様 「5着にトーホウジャッカル」
まっく 「こちらはシュヴァルグランと同じ位置にいて、先に仕掛けたわけで、4コーナー回った時は夢を見ましたけど、ぼちぼち戻ってきてますねえ」
SS様 「あとは大敗した有力馬を、フェイムゲームは8着」
まっく 「タンタアレグリアより更に後ろでは」
SS様 「ゴールドアクターはなんと12着」
まっく 「厩舎サイドは外枠も敗因の一つと言ってますが、気負いすぎていたのほうが理由として大きいでしょう」
SS様 「サウンズオブアースは15着」
まっく 「デムーロだったらという声が場内で上がってましたが、去年も15着ですし、コース合わないんじゃないですか」
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ