菊花賞’16 展望

SS様 「予想通り、大阪杯がG1昇格することになったが」
まっく 「これでG1勝利数が1つ増えると」
SS様 「過去に遡るってことはない、ステイゴールドのドバイシーマは翌年からの昇格だから申請しようとすればできたけど」
まっく 「24年も経っていればダメか」

SS様 「さて、マカヒキがいなくとも出走馬の半数がノーザンファーム生産という」
まっく 「社台と白老が2頭ずついるから合計13頭、7割以上」
SS様 「で、ディープインパクト産駒もキングカメハメハ産駒も2600m超えるとまだ勝っていないのだが」
まっく 「全兄のブラックタイド産駒が去年勝ちましたし、2着3着は山ほどあるのですが」
SS様 「キングカメハメハ産駒のほうはスタミナ勝負になると辛いだろうなあ」
まっく 「上がり600m最速でないと勝ちきれないのですが、4コーナー最後方では勝てないのですよ」
SS様 「本来は先行馬なんだけど、エアスピネルの神戸新聞杯の位置取りでは難しいなあ」
まっく 「ましてや7枠となると、来たらごめんなさい、豊マジックと言うやつです」
SS様 「人気のディープ産駒は斬り捨てるの?」
まっく 「流石に馬群に沈むというのは考えづらいです、2着3着という可能性は高いのでは」
SS様 「ある意味、軸ということか、では、勝つかもしれない相手は?」
まっく 「前走、4コーナー後方にいた馬、乗り替わりの馬、前走惨敗の馬を消してゆくと、残ったのがカフジプリンス(これも神戸新聞杯4着なので微妙)、プロティガルサン(去年の2着馬の全弟だけど外枠)だけ」
SS様 「もう少し枠に余裕をもたせたら?」
まっく 「シュペルミエール、後方からだけれどレッドエルディスト、キングカメハメハ産駒だけどミッキーロケット」
SS様 「まとめると」
まっく 「軸がディーマジェスティとサトノダイヤモンド、相手がカフジプリンス、シュペルミエール、レッドエルディスト、プロティガルサン、倍率次第でミッキーロケット、馬連でもワイドでもお好きに」

追記
SS様 「プロティガルサンって、輸送に弱いらしいよ、関東馬で初上洛だし」
まっく 「先週、ビッシュがああいう結果になったし、あれは牝馬だけと見切って無視できるかな?評価を下げたほうがいいのかも」
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ