ジャパンカップ’16 結果分析

SS様 「うわぁ、後ろに何もさせねえや」
まっく 「キタサンブラックが逃げを打った段階で、だれも絡みに行かなかった段階で半ば勝負あったってところですし」
SS様 「吉田隼人が金縛りにあった感覚って言ってたくらいだし」
まっく 「人気の一角のゴールドアクターですらこれですからね、それでも4着になだれ込んでますし」
SS様 「四半世紀前の誰かさんも人気背負って4着だったし」
まっく 「あれは今回勝った鞍上が女性問題で悩んでたのが理由で、瞬発力がないとかということではなく」
SS様 「サウンズオブアースが3度めのG1で2着」
まっく 「G2も4回2着があるので合わせて7度目の2着」
SS様 「ミルコが乗って未勝利すら勝ってない(未勝利を勝ったのは弟のクリスチャン・デムーロ) ネオユニヴァース×デキシーランドバンド牝馬ですから距離は長ければ長いほどのタイプのはずなんだけど、春天2年続けて惨敗してるのがねえ」
まっく 「というか、 秋天出てないからわからないけど、57kg超えると斤量泣きするんじゃないでしょうか? ステイヤーズステークス使ってみたらどうだったんだろうね、あれなら56kgだし」
SS様 「シュヴァルグランが3着」
まっく 「不利な外枠と言われてましたが、外からきっちりと伸びてきてます、まだG1では3着止まりですけど」
SS様 「リアルスティールは5着」
まっく 「 やっぱり距離の限界だったんですかね、来年も現役でしょうから、香港カップへ行ったほうがよさそうです」
SS様 「レインボーラインが6着」
まっく 「3歳再先着はこの馬、後方ぶんまわしではこの展開では辛いところです、まくりをうてなきゃ」
SS様 「イキートスが7着、外国馬では最先着」
まっく 「シアトルスルーでないボールドルーラー系の母系にサドラーズウェルズ系という配合は一番不要と思ってたんですが、勝てはしなくとも、2~3着はあるんじゃないかと見せ場十分まで持ってくるのがドイツの恐ろしいところですわ」
SS様 「他の2頭は去年より順位を下げてるんだけど」
まっく 「不利があったとかなんとか去年いわれてましたが、力負けでしたね」
SS様 「ディーマジェスティの13着ってのはどうよ」
まっく 「史上最強世代とか言われてますけど、決してこの世代の牡馬は強くないと思うのですけれど 」

 
 
 
 

 

 
 
 
関連記事

comment

Secret

強い!絶対に強い!

それは黄金バット。でも、多分次のレースとなる有馬記念でもこういう勝ち方をすれば、文句無しに黄金バット級になれますな、キタサンブラックは。
暮れの中山でも「まつり」を聞くコトになるのかいな。
サウンズオブアース、見事なまでにグレードレースでの勝ちが無いとは。こちらは稀勢の里か?
シュヴァルグランの3着、そろそろ大魔神の持ち馬で牡馬でのG1勝利が見たいです。
ディーマジェスティ13着、どうした?
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
  • これはポピュリストでなくても否定するわ (12/05)
  • イタリアの首相戦でレンツィ首相が大敗して、辞任の見通しとのこと。国会無視して法律出せるようにするなんて、無茶すぎるわ。
ニー屋 腕時計 通販ショップ