有馬記念’16 結果分析

SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」
まっく 「サトノダイヤモンドが向こう正面で上がっていったのは、直線一気は効かないとルメールは思ってたということでしょう」
SS様 「4コーナーで前を交わすと思ったのだが、そこからキタサンブラックが更に伸びたし」
まっく 「坂の下では3着までと思いましたよ」
SS様 「そこから一気に伸びて交わせたのは?」
まっく 「斤量差ですね、後一週間で同一斤量になるのですから、1.75kgほどサトノダイヤモンドのほうが有利だったということです、有馬は3歳馬有利と言われる所以ですね、まして2ヶ月前の菊花賞を勝っていると言うとは、春の2冠よりも勢いがあるということです」
SS様 「キタサンブラックは?」
まっく 「逃げかまされて、サトノノブレスにも突かれたのに、2着ですからね、偉大ですね」
SS様 「それ、四半世紀前のお前じゃないか、自分偉いと言いたいのかい、自分で偉いなんて言ってるのは菅義偉くらいだぜ」
まっく 「逃げるは恥だが役に立つと思ったのですけれどね」
SS様 「ゴールドアクターは?」
まっく 「騎手の差とか言われてますけれど、完璧に乗ったと思いますよ、前門の虎、後門の狼を同時に相手する必要があったのですから」
SS様 「4着がヤマカツエース」
まっく 「2000mのG3専門とたかをくくってたのですが、金鯱賞の勢いがあったのでしょうか」
SS様 「ミッキークイーンが5着」
まっく 「サトノダイヤモンドが勝ったように、瞬発力勝負の馬が上位に来れるレースだったのでしょう、下位に沈んだ有力馬は不向きだったと、マリアライトのように」
関連記事

comment

Secret

ルメールはん、頼んまっせ。

里見治さんという御方もさんざん苦労して持ち馬がG1勝利を収めたのですから、これくらいの御褒美を戴いてもよかろうもんですわな。そうそう何時までも「まつり」を歌わせても良いってモンじゃないでしょう(でも歌ってまったわな)。

キタサンブラックを含めて、来年の凱旋門賞が楽しみです。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • フェブラリーステークス’17 結果分析 (02/19)
  • 西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイ
  • フェブラリーステークス’17 展望 (02/18)
  • 西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」東べが 「私と区別するためよ、
  • グダグダだった割には (01/04)
  • 構成がチグハグ、場内を回りまくったタモリとマツコが結局会場に入らずに出てゆく、やたら外でのアーチストが多い(ザ・ベストテンかよ)。これはSMAPが出場した場合の構成
  • その勢い、とどまるところを知らず (01/02)
  • 強い鹿島が帰ってきた。レアル・マドリーに対して善戦できたことが自信になったのか、J相手では鎧袖一触であった。
  • 選抜 (12/29)
  • かつて、AKBはテレビ出演やCM出演のたびに人選を行い、「○○選抜」と称していた。が、人気が出て、SKE、NMB、HKT、NGTと次々誕生する中、主力メンバーは固定してゆき、選抜
  • 有馬記念’16 結果分析 (12/25)
  • SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」まっく 「サトノダイヤモンド
  • 有馬記念’16 展望 (12/24)
  • SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でし
  • 夢は見させてもらったが (12/19)
  • 52分から60分までは、レアル・マドリーに対してリードすらした。最後はマドリーの個人技の前に力尽きたが、90分戦い抜いて、引き分けたのだから、十分誇っていいので
  • ジャイアントキリング (12/16)
  • メデジンが航空機事故で憔悴していたということがあっても、南米最強のクラブに勝ったのだから、十分誇れるのではないか。ジーコ達が育て上げた、4-4-2を踏襲し続け、
  • オーストリアやり直し大統領選 (12/06)
  • 極右勢力の構成を押し切り、なんとかリベラル派の候補が当選するというけっかになった。さすがにアドルフを産んだ国はこういう大統領は出せないということなのだろう。
ニー屋 腕時計 通販ショップ