FC2ブログ

Bリーグチャンピオンシップファイナル

第1クォーターは互角、第2クォーター終了で栃木6点リード。しかし第3クォーター、川崎の猛攻で4点差をつけたが、第4クォーター、逆転に次ぐ逆転、9度もひっくり返り、最後は栃木が6点差をつけて引き離して初代Bリーグ王者の座についた。
NBL時代は強豪でもなく、Bでも東京、千葉といった強豪を押しのけて勝っていたのは何か。一つにはお客さんの存在であろう。川崎の選手が「こんなに客が入る中で試合したことはなかった」と言っていたくらいだ。bjと違って社員がいやいや応援に付き合わされていた実業団ではなく、本当に応援に来てくれているのだから。

川崎に関して心配なのは、母体であり、スポンサーである東芝がどうなってしまうかである。これはこれでまたの機会に。
関連記事

comment

Secret

当日は仕事があったので、帰宅後に録画したのを観戦。
見応えのある、良い試合でした。

>川崎の選手が「こんなに客が入る中で試合したことはなかった」と言っていたくらいだ。bjと違って社員がいやいや応援に付き合わされていた実業団ではなく、本当に応援に来てくれているのだから。
先日も書いたのですが、1試合平均の観客動員数で言えば栃木は上位で川崎は下位と、その差はハッキリと出ています。やはり実業団をルーツに持つチームとほぼゼロから立ち上げたチーム(一応元となるチームはあるそうですが)との違いが現れていますね。栃木はそれこそ「おらが栃木のブレックス」を一所懸命応援しようというブースターの意識が強く、それがチームの力になっていました。当日の代々木の客席で目立っていたのは殆ど栃木の黄色であり、川崎の臙脂色はそうじゃなかったように見えました。

>川崎に関して心配なのは、母体であり、スポンサーである東芝がどうなってしまうかである。
オフィシャルスポンサーには東芝の他に三井住友海上や大林組、清水建設、東急グループなど有名企業が名を連ねていますが、やはり東芝の存在感は抜きん出ています。此処がスポンサーなどやっとれんなどという重大な事態になったら、チームの運営にも大きく響くでしょう。
川崎に必要なのは、栃木のような地域密着の姿勢だと思います。こちらのオフィシャルスポンサーには有名企業もありますが、それよりも地元の企業が多く目立ちますし、その数も川崎よりもずっと多いです。
いや、それよりも川崎市にはJリーグの川崎フロンターレという格好のお手本があるじゃないですか。此処に教えを請うのもよろしいんじゃないでしょうか。
参考になる点は大いにあると思います。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • 宝塚記念’20 展望 (06/27)
  • SS様 「また、夫婦漫才頼むわ」 いくの 「というわけで、本命はラッキーライラック、対抗はクロノジェネシス、単穴がサートゥルナーリア、ハマればキセキなんでしょ」
  • 安田記念’19 結果分析 (06/08)
  • まっく 「まさかね、グランアレグリアは1400m専用機で絶対にいらないカモと思ったんだけど」 いくの 「桜花賞勝ってるんですよ」 まっく 「秋華賞はあの調教師
  • 安田記念’20 展望 (06/07)
  • SS様 「あなた、安田記念2着なんだから担当しなさいよ」 いくの 「一騎打ちかと思いきや、アーモンドアイの一本かぶり」 まっく 「そりゃあ、前馬未到の8つめのG
  • 東京優駿’20 展望 (05/31)
  • SS様 「雨が降ってきたようだけど(予想組み直し)、本命は」 まっく 「それでもコントレイル、菊いくかどうかわからないけど、皐月賞で勝負付けが済んでしまって、勢
  • やられたらやり返す (05/26)
  • ツイッター社からセンシティブな内容の烙印を押されたトランプ大統領、早速フェイクニュースといって反撃のツイート、それだけ気に食わなくとも、ツイッターは手放せないん
  • 野放しは危険とばかりに (05/25)
  • ツイッターを使いこなすのは日本人でなけりゃこの人と言われるドナルド・トランプ合衆国大統領、ただ、あまりに政治的で過激な内容がおおいせいか、ツイッター社がフィルタ
  • 優駿牝馬’20 展望 (05/23)
  •  べが 「デアリングタクトの前に再度立ちはだかる2戦2勝馬が2頭」 ほべが 「2回しか戦ってないだけじゃん」  べが 「デゼルは人気よ」 ほべが 「スイートピース
  • ヴィクトリアマイル’20 結果分析 (05/19)
  •  べが 「ただただ呆れるほど強い」 ほべが 「トロワゼトワルが逃げて、それをあっさり交わすだけ」  べが 「しかも持ったまんま」 ほべが 「得意コース、得意距離
  • ヴィクトリアマイル’20 展望 (05/16)
  •  べが 「すごいね、単勝万馬券で勝ってしまったマイネルコロンブス」 ほべが 「お母さんは133戦したり、8歳で年間27戦したトウホクビジンでしょ、鉄の女ならぬ、
  • マイルカップ’20 結果分析 (05/12)
  • SS様 「レシステンシア鞍上のルメールはレース前の意図が120%うまくいったという絶妙の逃げをうったよな」 まっく 「直線に入って砂ぼこりも上がる、後ろの馬も
ニー屋 腕時計 通販ショップ