FC2ブログ

皐月賞’18 展望

SS様 「パソコン、大丈夫?」
まっく 「ハングひどかったですから」
SS様 「それより中山グランドジャンプは凄かったね」
まっく 「アップトゥデイトに今度は逃げさせないと絡みつき、最後は突き放してて大差レコード勝ちのオジュウチョウサン、コウエイトライとかが同時期にいないのでグランドマーチス以来の名ハードラーかどうかはわかりませんが」

SS様 「ここまでステイゴールドで引っ張ってきたということは本命はマイネルファンロンかな?」
まっく 「さすがに、それは・・・」
SS様 「どうせ、エポカドーロだろ」
まっく 「オルフェーヴルの牡馬産駒が春のクラシックに間に合うとは思いませんでした、前へ行くと入ってますが、すぐ内のアイトーンが逃げるでしょうから、二番手追走で粘り込みを、なにしろ人気二強は複勝圏内に入っても勝ちきれるかどうかなんですから、切るわけにいかんのですが」
SS様 「内のワグネリアンから」
まっく 「そりゃあもう、鞍上でしょう、福永の牡馬中長距離は切れは鉄則ですから」
SS様 「外のステルヴィオは?、鞍上くいすとふ、うえーーーるだぞ」
まっく 「ガールフレンド(仮)を持ち込まないで下さい、ロードカナロア産駒でしょ、2000mですからねえ、アーモンドアイみたく行かないでしょうけど」
SS様 「では、その国枝厩舎のオウケンムーンは?」
まっく 「ノーザンファーム生産、超一流厩舎所属、最近流行の共同通信杯勝利からの直行と切れませんね」
SS様 「ブルースリの去年の種付け頭数がたった1頭、おそらく福井オーナーの所有牝馬だろうけど」
まっく 「トニービン直系だし、エリシオ入ってるのでダービーのほうが怖いのですけれど」
SS様 「あと、鞍上人気だけじゃないだろうキタノコマンドール、昔、巨泉さんがタケシツービートって名付けた馬がいたそうだが」
まっく 「DMMの目玉商品ですが、いきなりクラシックの有力馬を送り込んできたんですから」
SS様 「42000円か、これ書いてるやつが毎月1000円ずつ艦これにぶちこんでいるけど、3年6箇月分で一口買えたんだな」
まっく 「(苦笑)、3月まで現役で走っていたデニムアンドルビー(2006年生まれのトーセンジョーダンとも2014年生まれのスワーヴリチャードとも一緒に走っている)の全弟ですから、ディープ産駒でも長いこと楽しめるんじゃないですか」
SS様 「あとはこの馬場だから」
まっく 「タイムフライヤー、前走のボロ負けが気になりますが、ブライアンズタイムが入ってる分、斬れが要求されない展開になってくれるのではないかと」
関連記事

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • チャンピオンズカップ’18 展望 (12/02)
  • SS様 「リッジマンがステイヤーズステークスを勝ったぞ」 まっく 「それがどうした」 SS様 「庄野厩舎だぞ、長距離でも勝てるぞ(ウリウリ)」 まっく 「いや、目
  • ジャパンカップ’18 展望 (11/24)
  • SS様 「レイデオロがいない、去年2着馬が出馬登録していない」 まっく 「東京大好き、長距離は無意味と言うくせに2400mは大好きと公言する藤沢先生が使わない」
  • 高度成長の夢なんか見てどうするんだろうね (11/24)
  • 前評判圧倒的有利(相当アフリカ諸国に金をまいた)だから、負けることはないだろうとは思っていたし、舞洲夢洲咲洲が荒れ地でなくなるし、うれしくないといえばウソになる
  • マイルチャンピオンシップ’18 結果分析 (11/20)
  • まっく 「前半1000mが58秒8、ややスローペースで逃げるアエロリットにはおあつらえ向きなペースだったが」 SS様 「直線たれて12着」 まっく 「スタートでね
  • マイルチャンピオンシップ’18 展望 (11/18)
  • とりあえず予想だけ 外人買ってたら3着内に2頭来るだろうし、豊さんはノースヒルズではちょっと辛い本命 モズアスコット対抗 アエロリット三番手 ロジクライ四番手 
  • エリザベス女王杯’18 展望 (11/10)
  •  べが 「アーモンドアイはジャパンカップに行っちゃったんだけど」ほべが 「格上格上と戦ってゆくのも価値を上げる方法だし、間隔を開けたいのと、中2週で二度の上洛は
  • 仏教国、タイでの葬儀とはいえ (11/05)
  • イギリスでの葬儀に続き、タイでもヴィチャイ氏の葬儀が行われ、王族の内親王、いや、姫君も参加される少々堅めの葬儀となったが、イギリスでの別れの会同様、レスターの選
  • 悲しい、ただひたすらに悲しい (10/31)
  • 死亡した5名は、ヴィチャイオーナーと秘書?を含むスタッフ、正副操縦士であった。キングパワースタジアムの入り口脇は花束やレプリカジャージで埋め尽くされている。ここ
  • 最新鋭機の信じられぬ事故 (10/30)
  • レスターの悲劇 (10/29)
  • いつもと同じようなプレミアリーグの試合。レスターシティはアゲンストの展開ながら、後半遅くに岡崎を出し、終了間際に追いついてウエストハムと1対1で引き分ける。試合
ニー屋 腕時計 通販ショップ